東京都への移住【メリットやデメリット】

東京都の市区町村一覧

【体験談】東京都へ移住するメリット・デメリット

東京都へ移住するメリット

東京都へ移住するデメリット

-文京区のメリット-

とにかく交通便利でした。電車バスの路線がたくさんあり、すぐに乗って都心に行けます。コンビニや食べる所はたくさんあります。文京区は私立公立学校がたくさんあるので、学校が選べるしまた子供が通いやすいです。昔の文化人もたくさん住んでいたせいか歴史的建物も多く、町を見て歩く楽しさがあります。治安もいい方だと思います。

-文京区のデメリット-

デメリットはあまりないですが、春日通など大きな通りがあり、いつでも車やバスでいっぱいで騒音や排気ガスによる空気汚染があります。家やビルが沢山立ち並んでいて窓を開けるとすぐ近所のマンションが見えます。物価が高いので安い買い物をしたい時は不便。住んでいたところは近くにあったスーパーは高級スーパーのクイーンズ伊勢丹だったので、売られているものは良い質でしたが、値段は高かったです。

-品川区のメリット-

駅から少し歩きますが、バスが沢山出ていてどこいくのにも便利なところ。商店街がすごく大きいので色々な買い物ができるので週末も平日も楽しめるところ。少し歩けば隣の駅も楽しめるところ。住宅街も多いので静かで住心地も良いところ。緑が多いので冬以外は散歩などが楽しめるところ。

-品川区のデメリット-

家賃が平均的に高いところ。少し駅から離れた場所でないと条件がいいところに住めないところ。住むまでに10軒以上は内見に行きました。食べ物など物価が少し高いのでスーパーも業務用とかに行かないと高くつくところ。仕事で夜遅くになるとお店が居酒屋しかやっていないところ。

-品川区のメリット-

交通の便が良い。(二つの路線が止まる駅なので、都心にも横浜方面にも出やすい。)

閑静な住宅街のため、夜も静かで落ち着いている。そのうえ道の電灯が明るく、人通りもある程度あるため治安が良い。駅前や商店街にドラッグストアやスーパー、コンビニなども揃っているため日用品の買い物に困りません。少し歩けばホームセンターや大きな総合病院もあり便利。

-品川区のデメリット-

道路はやや狭く、一通の道も多いので、車で生活するのは少し不便かもしれません。(車で遊びに来た友人が苦労していました。)日用品は購入できますが、衣服や贈り物などを扱うお店はほとんどありません。また飲食店や娯楽施設などはほとんどなく、人と食事をしたり、遊んだりする場が限られています。

-中野区のメリット-

新宿などに近いため交通の便が良いので、通勤通学に便利だと思います。また、日用品などが安く揃えられる店もあり、何かを買いにわざわざ都心まで出なくても済むと思います。商店街も充実しており、家から近い場所でふらっと遊びに行ったり、飲み歩いたりすることもできる楽しい街です。

-中野区のデメリット-

外から人が来る街でもあり、特に休日は街が混み合うため、落ち着いて暮らしたい方には向いていないかもしれません。また、駅近ですと当然家賃もそこそこ高いので、家賃を安く済ませたい方には厳しいです。また、都心に近い分、かえって通勤通学の際にすでに満員になった状態の電車に乗ることになるため、ラッシュ時は常に辛いです。

-大田区のメリット-

仕事などで地方と東京都をいったりきたりする場合があるのですがその際に、よく空港を利用するのですが大田区ですと、羽田空港から電車で大田区はさほではなれていない距離に位置しているので通勤にはとっても便利だなとつくづく住んでみて感じています。あと街の雰囲気も治安の意味では不安はありません。

-大田区のデメリット-

仕事や学校など東京都の都心にあった場合、都心に住んでいる方とくらべまして、通勤通学などで電車を使う場合、電車の京急蒲田→新宿を使った場合、東京都の都心から距離がありますので、乗り継ぎなしの直通でありましても自分の経験からよく見積っても30分はかかってしまうところが若干のストレスです。

-昭島市のメリット-

水道水が天然の地下水源を使用しているので

夏は冷たく、冬は暖かい飲料水を利用できたことです。

また時間をかけてゆっくりと時間をかけて自然のろ過機能で溜まった地下水源を使っているので

飲料水にするための費用が安く、水道代が他の地域より安めだったと思います。

新宿などへのアクセスも30分程度で行けるので便利だと思います。

-昭島市のデメリット-

ゴミ袋が燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチックごみと3種類専用の袋を購入して

出す必要があるのでゴミ出しに関する費用が掛かりました。

あと自分は線路沿いのアパートに住んでいたのですが、休日の朝出かけようとアパートに止めてある自転車を見たらサドルが盗まれていた事があり、治安が悪いとは思わないですが、自衛は心得た方がよいと思いました。

-三鷹市のメリット-

飲食店が多く、朝から夜まで、食べるものの選択肢がたくさんあるところ。スーパーなどの小売店も多数あり、買い物にも困らない。また、JR総武線、東京メトロ東西線の始発駅になっており、座って通勤できる。加えて、三鷹市自体がコンパクトにまとまっており、公共の機関を利用しやすい。

-三鷹市のデメリット-

狭い道や一方通行の道が多く、車で移動する際は、ストレスを感じる。人気が高まってきているからか、土地が高く、家賃も高い。深夜になると街から人がいなくなるため、女性なんかは怖いと思うかも知れません。電車にトラブルがあると、駅の混雑は凄まじく、入場するのも困難になることがある。

-三鷹市のメリット-

玄関口の三鷹駅はJR中央線で新宿まで約20分、東京までは約30分。隣の駅は吉祥寺と便利な所です。特別快速が停車します。また総武線や地下鉄東西線は、始発駅なので座って行く事ができます。また駅から離れれば閑静な住宅街がほとんどです。学校も多いので生活の拠点に適しています。

-三鷹市のデメリット-

三鷹駅周辺はそれほど栄えていません。三鷹の森ジブリ美術館は、吉祥寺からの方が近いです。ちょっと気合いを入れて買い物しようとなれば、吉祥寺や新宿に出るしかありません。三鷹市の各地から駅までのバス路線は、吉祥寺行きがメインです。静かでよい所ですが、最近世間を騒がす凶悪犯罪の舞台になる事が多いです。

-港区のメリット-

セレブ・お金持ちが集まる地域として有名ですが、中には私のように普通の人も、普通に暮らしています。街や公園がきちんと整備されていて、お散歩する場所には困りません。観光客の方はあまり知らないかもしれませんが、昔ながらの銭湯があるのも魅力の1つです。また、羽田空港からアクセスしやすいのも、良いです。

-港区のデメリット-

とにかく、治安が悪い。六本木に近いエリアですと、夜は特に気を付けた方が良いです。信号待ちをしていると、いきなり背中のリュックに重みを感じたので振り返ると、酔っ払った大柄の外国人が私のリュックの上にもたれかかっていた、ということもありました。昼間は大丈夫ですが、夜中は極力出歩かないようにしていました。

-江東区のメリット-

ショッピングモール、スーパー、商店街が充実しているため、買い物がしやすい。昔ながらの商店街、砂町銀座はTVでもよく取り上げられ、食べ歩きが楽しい。深川は下町だったため歴史的建造物も多く、散策がお勧め。臨海区は大きなイベント会場も。昔ながらの赤提灯で美味しい店も多く、飲ん兵衛にもたまらない町。

-江東区のデメリット-

区内南北の鉄道が無いため、亀戸付近の住民は、臨海区に出るために大回りし、高い料金で行かねばならない。バスは走ってはいるが、特別便で本数が少ない。城東地域は、近年外国人が多く移住し、現在比較的治安は良いが、将来的な不安がある。高層マンションが多く建てられ、日照権の問題も無視できない。

 

都道府県ページへ

Top