神奈川県への移住【メリットやデメリット】

神奈川県の基本情報

神奈川県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.kanagawa.jp/
人口(人) 9127323
面積(平方km) 2415.83
人口密度 3778.13

神奈川県で人気の市区町村

神奈川県鎌倉市への移住

神奈川県鎌倉市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鎌倉市]

鎌倉市(かまくらし)は、神奈川県、三浦半島西側の付け根に位置し、鎌倉を中心部とする市である。

鎌倉市は横浜市の南西、藤沢市の東、逗子市の北西に位置し、南は相模湾に面している。
三方が低い山で囲まれ海に面する地であり、かつては幕府が置かれ政権の要の地であった。

神奈川県川崎市への移住

神奈川県川崎市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/川崎市]

川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、7区の行政区を持つ。
政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は非都道府県庁所在地の市の中では最大である。

市内全域が旧武蔵国で、内部に旧相模国に属した地域を持たないのは神奈川県内の市町村で唯一である。

神奈川県茅ヶ崎市への移住

神奈川県茅ヶ崎市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/茅ヶ崎市]

茅ヶ崎市(ちがさきし)は、神奈川県中南部に位置し、相模湾に面した湘南地方の中心に位置する特例市である。
市名は中世以来の郷名による。

相模川下流域の沖積平野に位置し、高座郡の内、旧茅ヶ崎村、鶴嶺村、松林村が合併し現茅ヶ崎市の原型である茅ヶ崎町が出来る。
昭和30年の小出村の合併を加えほぼ現況に至る。
高座郡の郡衙が茅ヶ崎北陵高校の地域にあったと推測されるが、発掘は近年であり現在に至る歴史の流れは掴めていない。

神奈川県秦野市への移住

神奈川県秦野市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/秦野市]

秦野市(はだのし)は、神奈川県中西部の市。

現在の市名は「はだの」であるが、古くは『和名抄』に「波多野郷」とあり、万葉仮名は清濁を区別することから「はたの」であったと考えられる。
しかし、波多野郷が秦氏に由来するとして「はだの」であったとも考えられる。
明治以降、西部の上秦野村は「はたの」、他は「はだの」と称した。

神奈川県横浜市への移住

神奈川県横浜市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市]

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地。
政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。
現在の総人口は日本の市町村では最も多く、人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。
神奈川県内の市町村では、面積が最も広い。
市域の過半は旧武蔵国で、南西部は旧相模国。

神奈川県の市区町村一覧

神奈川県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、神奈川県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、神奈川県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。神奈川県へ移住するならいつ?

神奈川県の移住支援情報

市区町村 支援内容
南足柄市 空き家バンク
海老名市 (1)【若者(学生)定住促進家賃補助金】2017年1月2日以降に当市に転入した学生(申請年度末時点で30歳未満)を対象に、申請年度内に支払う家賃月額の1/2相当額(月額上限2万円)を補助。他要件あり(2)【海老名市若者定住促進奨学金返還補助金】2017年4月開始。満30歳未満で奨学金を返還している方に、返還額の月額1/2、上限2万円までを補助する制度。大学、大学院、短大、専門学校に在学している期間に奨学金等の貸与を受けた方が対象。
厚木市 【親元近居・同居住宅取得等支援事業補助金】市内に居住する親世帯のもとに、子世帯が市外から新たに住宅を取得する際に要する費用の一部を補助する。同居60万円、近居40万円。中学生以下の子(孫)がいる+10万円。子世帯夫婦のどちらかが40歳未満+10万円。定住促進地域に住宅を取得+10万円。市内に通勤する方が住宅を取得+10万円。2022年度までの期間限定事業。
三浦市 【トライアルステイ(お試し居住)事業】三浦市への移住をお考えの方に、市内の空き家に短期間滞在していただくプログラム。期間中には、地元の方との交流会や市内ツアーを実施。
小田原市 空き家の所有者と空き家の利用希望者とのマッチングを行う空き家バンクを実施している。
横須賀市 (1)空き家バンク(2)子育てファミリー等応援住宅バンク助成制度(3)2世帯住宅リフォーム助成制度
市区町村 支援内容

【体験談】神奈川県へ移住する長所・短所

神奈川県へ移住するメリット

神奈川県へ移住するデメリット

-逗子市のメリット-

日本有数のビーチがすぐ近くに存在し、いつでもリゾート気分を味わうことができる。サーフィンなどはウェットスーツがあれば年中することができるし、夏には子供を連れて小魚やカニ、ヒトデといった海の生き物を採取することもできる。また、森も近いため海のみならず山も十分に楽しむことができる点。

-逗子市のデメリット-

サーファー等を始めとして、マナーの悪い人がたくさん外からやってくる点。上半身裸のまま平気で市街地に侵入してくるし、酒盛り等をしている人すらいる。夜中まで花火などをしたりして大騒ぎをしている人を夏の期間中に見かけないことはないほどである。よほどのサーフィン好きであれば逗子はぴったりだと思うがそこまで好きでは無いもしくはやらない人にとっては、あまり住み心地が良いとは言えない。

-秦野市のメリット-

丹沢をはじめ、登山・ハイキングコースが多いです。新宿までロマンスカーで約1時間、東名高速のインターもあるので、都内にも通勤可能です。鶴巻温泉をはじめとして、複数の日帰り温泉施設があります。サイクリストの聖地・ヤビツ峠も。護摩屋敷の水など、水がおいしいことでも知られています。

-秦野市のデメリット-

車がないと、移動が不便な場所が多いです。大規模な産婦人科がないので、赤ちゃんを産む方は大変かもしれません。日常的な買い物をするショッピングセンターやスーパーはありますが、おしゃれな商品を購入するならば、平塚のららぽーとや鴨宮のダイナシティまで行く必要があります。

-秦野市のメリット-

小田急線が通っていて新宿まで1時間半もあれば着くベッドタウンだと思います。
土地もさほど高くなく、例えば建売、車二台駐車で2000万円で買えるところもあります。周りは自然な囲まれ、登山好きなら表丹沢がすぐそこ。
水も美味しく、家庭菜園なども出来ます。
海も近くて平塚や大磯までも1時間圏内です。東名もあるので車さえ有ればどこにでも行けます。
静かで過ごしやすい町だと思います。

-秦野市のデメリット-

娯楽は少ない街と言えるでしょう。夜は普通に居酒屋など華やかな街ではありません。ホームセンターなどは多いですが、ファッションを求めること難しいですね。イオンに行くしかありません。
まだ、下水道が通って無いところもあります。
国道246が通っていますが、片側1車線の国道なので土日や通勤ラッシュ時は大変混みます。

-小田原市のメリット-

小田原駅は始発駅になっているため、東京方面に移動する時も座って移動できる点がメリットだと思います。
都心へのアクセスが便利な割には、都心やその周辺の都市と比べる違いが分かるほどリーズナブルですね。
よって、生活費を抑えるられることが可能です。
小田原市は自然にも恵まれていて、広大な海はもちろんのこと、箱根や熱海などの有名な観光地にも近いです。
それ以外にも有名な観光地スポットが近くにあるのでどこに行こうか迷ってしまうほど。
しかも、距離が近い所ばかりなので、交通費もあまり掛かりません。
そして、海鮮をメインにしたご飯とても美味しいです。
駅前には、それなりに飲食できる店が揃っているので基本的な生活には困りません。
都会過ぎす田舎過ぎないところが気に入ってます。
プチ田舎暮らしに向いていますね。

-小田原市のデメリット-

住んでいて特にデメリットを感じたことはありません。
強いて言えば、観光シーズンになると箱根方面や熱海方面に向かう車で大変混雑してしまう点です。
箱根駅伝などの大きなイベントが開催される時は、周辺の道路が身動き取れないほどになることも。
道路が渋滞することが多いのが、唯一のデメリットですね。

-鎌倉市のメリット-

鎌倉時代という名前に見られる通り、1300年代から続く都市であり、風情のある街並みが至るところに残されており、身近に見ることができる点。他の都市に住む友人などを家に呼んだ時も、家のすぐ近くの観光地であるため飽きさせることがなくとても楽しい時間を過ごすことができる。

-鎌倉市のデメリット-

観光地ならではのデメリットとして、外国人観光客もしくは日本人であってもマナーの悪い人がたくさん外部からやってくる点。その土地に住んでいる人もいると言うことを忘れ、傍若無人に振る舞う人が多くゴミを放置されたり夜中まで騒いだりと言うような住宅地にあってはならない問題点がある。

-愛川町のメリット-

大きい マンションはないので、夜、星がたくさん見れます。近くに川や山があり、家の中でゲームをするのではなく、外で走り回ったり、川に泳ぎにいったり、釣りが出来るので楽しめます。町のイベントでご近所さんが皆参加していたので、世代を問わず、友達に近い人がたくさん出来、困ったときはお互いに助け合いが自然に出来ます。

-愛川町のデメリット-

駅に行くのに車やバスを必ず使わないと行けない。近くにはコンビニ位しかないので、たくさん買うなら、山を一つ越えないとショッピングセンターが無いので、お年寄りは大変です。自然災害も弱く、雪が降ると、車を動かせなく事もあります。チェーンが無いと雪の日は家から動けなくなります。

-葉山町のメリット-

首都圏にもかかわらず海山の自然に恵まれ、日々清々しい空気の中で過ごせるのが魅力です。地産の魚介類や野菜も美味しいですし、身近にもハイキングコースやゴルフ場等、アウトドアで思い切り身体を動かせる施設が整っており、オフを大変有意義に過ごせます。住民の質も高いのか犯罪やトラブルも非常に少なく、安心して過ごせます。

-葉山町のデメリット-

横浜や東京に比較的近い葉山町ですが、これらのエリアに直接アクセス可能な鉄道が町内に全く通っておらず、通勤には路線バスで時間を掛け、逗子市や横須賀市の駅に一旦出る必要があります。
海岸エリアに住んでいると、秋口の台風で住宅が塩を被るケースも増えます。また夜遅くの帰宅となると街中はかなり暗く、犯罪が少ないとはいえ少々不安な気持ちになる事もあります。

-葉山町のメリット-

なんと言ってもロケーションが最高です。
海の幸がおいしいです。
お金持ちがたくさん住んでいますが、以外と普通の方もいます。
横浜あたりのベッドタウンが最近の役割でおうちが増えました。
海や山、お店など、あそぼうとおもえばいろいろあります。のんびりできます。
鎌倉が近いのも気に入ってます。

-葉山町のデメリット-

家賃がものすごく高い!!と感じます。
東京へのアクセスは、悪くはないのですがやはり一時間かかるので、頻繁に用がある方だと微妙です。
遊びに行っても特によるなどは早めに切り上げざるを得ないことが多いです。付き合いに影響が出ます。
人口が少なく税金が高めです。
意外なことに近くに大きな病院がありません。

-平塚市のメリット-

まず、都心まで電車(JR平塚駅から)で1時間程度で行ける距離なので、公共交通機関は便利です。通勤ラッシュの電車は、一本待てば座れます。隣の茅ケ崎駅では、なかなか座れません。
夏の季節に七夕まつりという全国的にも有名なお祭りがあり、季節感を楽しめるのもメリットです。
また、市内にJ1のサッカーチーム湘南ベルマーレの拠点があり、サッカーの応援も盛んでサッカー好きにはメリットだと思います。

-平塚市のデメリット-

平塚駅の近くは、夜のお店が多く、女性一人で夜遅くに歩くのには少し怖いのがデメリットです。
また、平塚市は人口25万人程度の都市ですが、鉄道の駅はJR平塚駅のみしかないので、人が集中し、休日は結構混雑します。
あと、平塚市の北の方にアジア系の外国人の方が沢山住んでいる地域があり、小学校中学校の雰囲気はあまり良くないと聞いたことが有ります。

-二宮町のメリット-

山、川、海といった自然がとても豊かで、空気がとても澄んでいる。大きなモールやビルなどがないので、運転がしやすい。人口もそこまで多くないので静かで落ち着ける。どちらかというと田舎で、人が親切な人が多い。都会の雑踏で、人とぶつかることもない。町のシンボルに、吾妻山があり、頂上はアスレチックがあり、富士山も見えるので、この街の人気観光スポットとなっている。高すぎる山ではないのでいつでもサクッと登れるのが嬉しい。

-二宮町のデメリット-

スーパーマーケットや美容院はあるが、大きなショッピングモールや、映画館、いきやすい居酒屋などはないので、車を出してそこまで行かなければならない。買い物もおしゃれな洋服などが売っているお店がない。車がないと少し不便。東京まで遠すぎるわけではないが、電車で1時間以上はかかるので、そこはめんどくさい。

都道府県ページへ

Top