鶴見区への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鶴見区_(横浜市)]

神奈川県鶴見区周辺への移住

移住マップ(@e10map)では、各都道府県・市区町村の情報を掲載しています。

鶴見区への移住計画や転居・支援の参考にご覧ください。

鶴見区(つるみく)は、神奈川県横浜市を構成する18の行政区の一つ。

鶴見区は、横浜市の最東端に位置し、東京湾に面する。
北は川崎市の川崎区・幸区に接し、西は横浜市の港北区・神奈川区に接し、南端部の大黒埠頭から横浜ベイブリッジで同市中区につながる。

市区町村 神奈川県鶴見区
地域 横浜市の区一覧
人口(人) 285404
面積(平方km) 33.23
人口密度 8588.75

神奈川県鶴見区の男性・女性の割合

神奈川県鶴見区の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
神奈川県 鶴見区 1,800円 4,400円 4.025% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,800円 4,400円 70,840円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 182,640円

神奈川県鶴見区の移住支援情報など

 

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】神奈川県鶴見区へ移住する長所・短所

鶴見区へ移住するメリット

鶴見区へ移住するデメリット

-鶴見区へ移住した方の口コミや体験談1-

よろしくお願いいたします。

箇条書きとなりますが、記載させていただきます。
1.会社が東京のため、通勤時間が短い(ドアツードア1時間)
2.買い物に便利(近くにショッピングセンター有り、トレッサ横浜、川崎ラゾーナ)
3.交通の便が良い1(バス多し、電車も複数路線利用可能)
4.交通の便が良い2(道路渋滞少ない)
5.交通の便が良い3(羽田空港が近い、1時間以内)
6.静か(夜は、静か)
7.緑が多い(近隣に大きな公園あり)
8.涼しい(鶴見川の近くのためか、夜は、涼しい)
9.温泉、スーパー銭湯が多い(2Km以内に7箇所)
10.ジョギングコース有り(鶴見川沿いに人、自伝車専用道路有り)
11.東京、横浜に近い
12.物価が安い(と思います)
13.アクアライン利用でアウトレット利用可

-鶴見区へ移住した方の口コミや体験談1-

よろしくお願いいたします。

箇条書きとなりますが、記載させていただきます。
1.鶴見川が汚い(夏場は、臭いこともあり)
2.住民税が高い(と思います)
3.夜暗い(住宅街のため、街灯のみ)
4.夜人通りが少ない(住宅街のため)
  ただし、治安は、いいと思います
5.緑が多い分、虫が多い(妻が虫苦手のため)
6.上末吉中学校が、急な坂の上(通学が大変)
7.駅までは、バスを利用(バス本数多いですが、近くに電車の駅がない)
8.終バスが早い(平日22時45分、深夜バス23時40分あるが料金倍)

神奈川県の市区町村一覧

Top