旭区への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/旭区_(横浜市)]

神奈川県旭区周辺への移住

移住マップ(@e10map)では、各都道府県・市区町村の情報を掲載しています。

旭区への移住計画や転居・支援の参考にご覧ください。

旭区(あさひく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つである。

緑地が多いことから横浜市内では夏期の平均気温が最も低く2012年は26.1℃であり、最も平均気温が高かった鶴見区よりも1.5℃低くなっている。
冬季は寒冷な気候で最低気温0度を下回ることは多く、氷点下7度まで下がる日もある。
積雪は30cmをこえることもあり、ニュースでも度々報道される。

市区町村 神奈川県旭区
地域 横浜市の区一覧
人口(人) 247234
面積(平方km) 32.73
人口密度 7553.74

神奈川県旭区の男性・女性の割合

神奈川県旭区の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
神奈川県 旭区 1,800円 4,400円 4.025% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,800円 4,400円 70,840円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 182,640円

神奈川県旭区の移住支援情報など

 

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】神奈川県旭区へ移住する長所・短所

旭区へ移住するメリット

旭区へ移住するデメリット

-旭区へ移住した方の口コミや体験談1-

四季の森公園や大池公園などの大きい公園が比較的多くあるので週末犬と一緒に散歩するのがとても楽しい!鶴ヶ峰駅には地方駅には珍しいサイズの集合型施設があって、TUTAYAやスーパー、レストラン、床屋など中にあるからのでいちいちあっちこっち行かなくてもいっぺんに済ませられるのはとても便利。

-旭区へ移住した方の口コミや体験談1-

娯楽施設がカラオケ店とバッティングセンターぐらいしかなく、ボーリング場に行くのには自転車で30分以上かかってしまう。全体的に歩道の幅が狭いのにもかかわらず意外と車の量が多いので度々身の危険を感じることが多い。鶴ヶ峰駅の周辺にファミマが6店舗あるのにもかかわらず、セブン1店舗、ローソン0店舗。

-旭区へ移住した方の口コミや体験談2-

旭区は緑が多く残されており、ズーラシアなどをはじめ、多くのレジャー施設があります。また、横浜や桜木町など都心部へのアクセスも良いので、お子様をお持ちのご家族には住みやすい街なのではないでしょうか。東京に比べると家賃なども安めで特に相模鉄道沿線はリーズナブルだと思います。

-旭区へ移住した方の口コミや体験談2-

住環境は良いのですが娯楽施設などは少ないので、遊んだり飲んだりするなら横浜や関内方面に出ないといけません。電車やバスの交通の便は悪くはないのですが、やはり車やバイクなどがないとアクティブな方には物足りなく感じてしまうかもしれません。また、起伏の多い土地なのでそういった意味でも足がないと不便ではあります。

神奈川県の市区町村一覧

Top