小田原市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/小田原市]

神奈川県小田原市周辺への移住

移住マップ(@e10map)では、各都道府県・市区町村の情報を掲載しています。

小田原市への移住計画や転居・支援の参考にご覧ください。

小田原市(おだわらし)は、神奈川県西部の市である。
国から特例市に指定されている。

小田原ちょうちんとかまぼこ、梅、オシツケ等の特産地として全国的に有名である。
最近では小田原バーガーや小田原どん、かまぼこドッグ、スミヤキ、オリーブを売り出している。

市区町村 神奈川県小田原市
地域 県西地域
人口(人) 194174
面積(平方km) 113.81
人口密度 1706.12

神奈川県小田原市の男性・女性の割合

神奈川県小田原市の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
神奈川県 小田原市 1,800円 3,500円 4.025% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,800円 3,500円 70,840円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 181,740円

神奈川県小田原市の移住支援情報など

市区町村 支援内容
小田原市 空き家の所有者と空き家の利用希望者とのマッチングを行う空き家バンクを実施している。

神奈川県小田原市の移住支援PR動画

 

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】神奈川県小田原市へ移住する長所・短所

小田原市へ移住するメリット

小田原市へ移住するデメリット

-小田原市へ移住した方の口コミや体験談1-

交通の便がいい(新幹線があり、小田急が始発で乗れる。また、JRもある)
歴史が好きなのでお城があったり、北条五代祭りなどの歴史に関わる場所やイベントがあるのが嬉しい
箱根が近いので温泉に行きやすい
ショッピングモールもあり、デパートもあるので自分の買い物もプレゼントも買いやすい

-小田原市へ移住した方の口コミや体験談1-

お年寄りが非常に多いためか、病院に行くと3時間待ちが当たり前である
場所によっては坂が多く、疲れる。小学校、中学校、高校すべてに坂があり、車がないと子供がいた場合は非常に大変だと思う。自分自身も全て通学路に坂のある学校だったので登校が大変だった。
桜が多いのはいいが、それの掃除が結構大変

-小田原市へ移住した方の口コミや体験談2-

 子どもの健康診査の内容が充実しています。特に4か月健診で行われている腎エコー検査は西湘地区では小田原市しか行っていません。ここ20年ほどの乳児の腎エコー検査結果と経過観察の積み重ねで乳児期のある症状は自然治癒するとわかってきたそうです。小さい赤ちゃんは何かあると戻ってこないかよわい存在でもあるので、行政として健診に力を入れているのは安心です。

-小田原市へ移住した方の口コミや体験談2-

 出産後の生活保障が弱い面があります。認可保育園にはご多分にもれず4月入園以外は絶望的であるにも関わらず、0歳児から預かってくれる認可外保育園・託児所が皆無に等しい状態です。
 神奈川県の他の市では育児休業中の収入減が理由で低金利の自治体提携ローンが組めますが小田原市はこの理由では組めません。稼げない、借りられないでは出生率が低く、人口自然減が続くのもうなづけます。

神奈川県の市区町村一覧

Top