移住を決断したきっかけや決め手

移住を決断したきっかけや決め手とは

物事を新しく始めるには、非常に大きなパワーが必要となります。

引っ越しや移住も同じで、今までと違う環境となるため、苦労することも多いです。

大人になると変化を嫌い、現状のままでいいやという方が多いのですが、最近注目されている「移住」をしたいという方も増えています。

では、実際に移住を経験した方は、なぜ、移住しようと思ったのでしょうか?

また、移住を決断したきっかけや決め手は何だったのでしょうか?

きっかけや決め手

行政からの金銭的な援助

ある市区町村では、移住をした方に金銭的な援助を行う施策を取っています。

月々5万円づつ支給されるケースもありますし、住宅の改装費としてまとめて援助するケースなど、市区町村によって様々です。

また、企業を誘致したい市区町村では、移住者が起業した場合に、資金援助を行うというものもあります。

単純に、お金が無くて、都市部に住んでいては出来なかったことことが、移住することで可能になる。

これが、移住をする決め手になったという方も多いです。

金額的には200~300万円ほどの援助をもらえることが多いので、都心部にこだわりのない方にはメリットとなります。

子どものために移住

生まれてきた子どもが病気にかかってしまったので、子どものために移住をするという方も多いです。

都市部では、排ガスなどの影響で空気が悪いです。そのため、空気の良い田舎に引っ越し、治療したいというケースです。

田舎暮らしでは、基本的には、野菜中心の食生活になり、規則正しい生活になります。

また、水が綺麗なところが多く、身体には良い影響を与えます。

実際に、東京では、よく風邪をひいていたが、田舎に暮らすようになり、風邪をひかなくなったという方もいます。

やりがいや充実感を求めて

東日本大震災をきっかけに、自分の生活を充実させたいと考える方が増えています。

3.11では多くの方が亡くなりました。身近な方を亡くした方もいるでしょう。

これをきっかけに、「死」を身近に感じた方も多いのではないでしょうか?

何気ない毎日を過ごすことも良いのですが、毎日仕事をするだけで良いのか…。

家と会社の往復だけでなく、

  • 人生に幅が持たせたい
  • 楽しいことをしたい
  • 一回きりの人生だから充実させたい

と、本当に今の生活をしていてよいのかと考えている方が多いです。

近い将来、大きな地震が来ると予想される方も多くいます。

「行動するなら今」考えていても時間は過ぎてしまいます。

 
<< 移住する前に考える、移住の問題点 移住をするベストなタイミングはいつ? >>

移住マップでは

移住マップでは、各市区町村の仕事や物件をまとめました。

また、各市町村が行っている移住支援情報などをまとめました。

どこの街に住もうか迷っている方は、メリット・デメリットを踏まえた上で移住を検討してみては?

移住とは

移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動です。

人が移住を選択する要因は多くあり、要因は「引かれる」要因と「出る」要因の2つに分けられます。

より良い経済的機会やより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例として挙げられ、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例として挙げられる。

都道府県ページへ

Top