鳥取県への移住【メリットやデメリット】

鳥取県の基本情報

鳥取県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.tottori.lg.jp/
人口(人) 573648
面積(平方km) 3507.05
人口密度 163.57

鳥取県で人気の市区町村

鳥取県倉吉市への移住

鳥取県倉吉市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/倉吉市]

倉吉市(くらよしし)は、鳥取県中部の市。
当市は鳥取県中部の玄関口としての役割もある。

市内には打吹玉川地区をはじめ土蔵が多く、白壁土蔵の街として知られている。
当市を含めた中部の市や町は、「とっとり梨の花温泉郷」を形成している。
生活文化や慣習、方言については鳥取市など鳥取県東部の影響を強く受けているところが多い。

鳥取県境港市への移住

鳥取県境港市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/境港市]

境港市(さかいみなとし)は、中国地方の北部、鳥取県西部の市。
三方を海に囲まれ、日本海側の重要港湾として栄えてきた街である。

白砂青松の続く弓ヶ浜半島は東南にそびえる大山を背景に風光明媚な景観を呈しており、「日本の白砂青松100選」や「日本の渚100選」に選ばれている。

県内の中で最も人口が少ない市で、中国地方、山陰地方と県内の中で最も面積が狭い市である。

鳥取県鳥取市への移住

鳥取県鳥取市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鳥取市]

鳥取市(とっとりし)は、日本海に面した鳥取県東部(因幡地方)の特例市で、同県の県庁所在地である。

全国の県庁所在地の中で最も人口が少なく、また平成の市町村合併により面積が拡大したこともあり人口密度も山口市に次いで低い。

鳥取県日吉津村への移住

鳥取県日吉津村への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/日吉津村]

日吉津村(ひえづそん)は、鳥取県の西部に位置する村。
米子市に三方を囲まれている。
2004年11月1日以降、県内唯一の村となった。

箕蚊屋平野に面し、北は日本海・三方を米子市に囲まれている日野川の東側に位置する平坦な田園地帯である。

鳥取県米子市への移住

鳥取県米子市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/米子市]

米子市(よなごし)は、鳥取県西部に位置する都市。

江戸時代初期から商業都市として発展し、『山陰の大阪』とも呼ばれる。
山陰両県の中央に位置する立地から、両県を統括する企業や機関が米子市や同じくほぼ中央に当たる松江市に置かれるケースが多い。
そのため、県庁所在地ではないが鳥取大学医学部・附属病院や山陰放送(テレビ・ラジオ兼営局)などがある拠点都市となっている。

鳥取県の市区町村一覧

鳥取県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、鳥取県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、鳥取県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。鳥取県へ移住するならいつ?

鳥取県の移住支援情報

市区町村 支援内容
境港市 空き家情報バンク。
倉吉市 (1)空き家情報の提供。(2)【空き家取得支援事業助成金】空き家バンクの物件を購入する定住希望者に交付金を交付。住宅取得支援制度:県外からの転入者に対し、住宅を整備する費用の一部を支援。(3)【空き家バンク賃貸物件家賃等助成金事業】県外からの転入者が、空き家バンク物件に入居した場合、入居するための費用の一部を支援。(4)若者の新築住宅固定資産税減免制度:35歳以下の人が住宅を新築した時には、3年間固定資産税の一部を減免(共同住宅や賃貸住宅は除く)。
米子市 (1)移住者が住宅を取得・改修する際に経費の一部を助成(2)移住定住専任相談員による移住相談への対応。(3)3軒の「お試し住宅」(移住体験住宅)で最大3ヶ月間の移住体験ができる(有料)。(4)県外大学を卒業し米子市で就職をした方を対象とした奨学金返還利息の助成。(5)米子市空き家情報バンクによる空家情報の提供。
鳥取市 (1)鳥取市内、首都圏、関西圏の相談窓口にて、相談員によるきめ細やかな相談対応を実施(2)お試し定住体験施設8棟で移住体験ができ、空き家バンクにより情報を提供。また、空き家の改修や家財道具の処分へ最大40万円を交付(3)Uターン希望者に対して鳥取市の情報提供を行う制度や鳥取市内で行う就職活動に対する交通費助成あり
市区町村 支援内容

【体験談】鳥取県へ移住する長所・短所

鳥取県へ移住するメリット

鳥取県へ移住するデメリット

-米子市のメリット-

県内の中では一番栄えている場所なので買い物や住みやすさもいいのでそこがメリットだと思っています。またほかのの都市へのアクセスも空港や駅もありますし電車やバスで出かけることができるのでそういった部分もメリットであるかなとおもっています。自然が多いのもいい部分です。

-米子市のデメリット-

どうしても地方なので買い物をする際は不便なことが多い。店が閉まるのが早かったりいいお店がなかったりするので県外のお店に買い物に行くことのほうが多いので交通費がかかってしまう部分も正直苦しい部分ではあります。快適さはあるが便利さや楽しさを考えるとそこがデメリットです

-鳥取市のメリット-

人口に比例して、交通量も少ないため、自家用車での移動がしやすく、郊外にある量販店などに買い物に行きやすい。子育て世代に税金が手厚く使われており、医療費などの負担が少なくて済む。コミュニティが小さいため、重大な犯罪等も少なく、治安が良いため生活がしやすい。物価が安い。

-鳥取市のデメリット-

アミューズメントパーク等の娯楽施設が少ないため、余暇の過ごし方が限られている。交通手段が自家用車が主であるため、高齢者にとっては移動手段が少なく、大変である。医療教育等の分野においても、その道の専門家が少ないため、大きな病気や高いレベルの学校に進学する等、高度な技術を要するものに乏しい。

-鳥取市のメリット-

県庁所在地ということもあり、街の中心部は田舎なりに賑わっており、そこそこ大きな商店街やデパートなどもあるので買い物に困ることはありません。砂丘や海などの観光地も近く、気晴らしにすぐ訪れることができます。魚が好きなので魚料理が美味しい店が多いのも良いと思います。

-鳥取市のデメリット-

やはり大都市に比べると商業施設は圧倒的に見劣りすると思います。そして商店街の各店舗の閉店時間が早過ぎますね。夜8時頃には既に街から明かりが消えて寂しさを感じます。後、個人的に映画が好きなのですが、大きい映画館が無いのが非常に残念です。見たい作品が上映されていないときは、違う市の映画館まで行くかレンタル待ちになってしまいます。

-鳥取市のメリット-

自然が豊かで緑が多く、空気が綺麗で、水道水もそのまま飲めます。夜は綺麗な星空を眺めれます。
共働きの家庭が多いため、子育て王国の鳥取では、たくさんの支援を受けることができます。また、名探偵コナンの作者青山剛昌さんなどの多数の漫画家が活躍し、まんが王国にもなりました。

-鳥取市のデメリット-

バスや電車の本数が少なく、1、2時間に1本しか通っていなかったりするので、公共交通機関が不便です。遊園地などの遊び場が少なく、遊ぶところがあまりありません。そのためか、家やラブホテルで遊ぶカップルが多く、鳥取県は中絶率が高いです。大勢の若者が都会へ進学などで鳥取を離れるので、少子高齢化が進んでいます。

-鳥取市のメリット-

スローライフを楽しむことができ、物価(特に野菜や魚など)が安い。また野菜や魚は新鮮で、市場や漁業市場へ出かけると見たこともない大きさのものや格安なものを手に入れることが出来る。週末はこれで時間を潰すことが出来るため田舎と言えども楽しい。家賃も安く、近所から野菜などが貰えるため良い。

-鳥取市のデメリット-

東京などの都会のように週末にショッピングへ出かける時の選択肢が極端に少ない。移動には車が必須であり、チェーン店や有名なファミリーレストラン(例えばサイゼリアなど)がないということがよくある。またどんよりとした天気のため、日光が少なく気分が優れないという日がよくある。

-境港市のメリット-

漁港が近いので美味しい海鮮物が日常的に食べられるところ。人口が少なく外食文化も東京と比べてあまり一般的ではないのですが、ちょっとした定食のお刺身だけでも東京のお店とは比べものにならないくらい美味しいです。
安価な家賃で広い部屋に住めるところ。人口がとても少ないので基本的に混雑とは無縁で、住居に対する競争率も極めて低いので単身者は5万円で広々としたマンションに住むことができる。

-境港市のデメリット-

車がないと生活ができない。最寄りの駅までは徒歩で30分以上、バスの本数も少ないのでどこへ行くのにも車がないと不便です。
冬がとても寒い。日本海に面しているので積雪量も多く、冬の冷え込みはこたえます。あまり知られていないのですが、飛行機が欠航するほどの大雪になることもあります。

-米子市のメリット-

車で20分もあれば、海にも山にも行けるのでアウトドアに最適。全国的に見ればもちろん田舎ではあるが、すべてがほどよい感じの規模なので、人が多すぎて混雑に見舞われたり、店舗が少なすぎて買い物に困るといったこともなく、娯楽を求めすぎずに生活していく分にはとても住みやすい街だと思う。

-米子市のデメリット-

娯楽を求めることを考えると、遊ぶ場所が極端に少ない。デートなども下手をすればいつも同じようなコースばかり行くことになる。買い物をする場所がないわけではないが、服などでもカジュアル向けや家族向けのお店が多く、そうでない服が好きなタイプは服の買い物にはほとほと困る。

-米子市のメリット-

郊外なので自然がまだ多く残っており、気候も穏やかな部類。

犯罪の発生件数も少ないので、治安はかなり良い方です。

中国山地や日本海も近いので各種レジャー類も一応豊富。

島根県松江市が近いので、そちらで行われるイベントは大体参加可能。一応商業都市なので交通や物流網も田舎の割に良好。

-米子市のデメリット-

放送局の数が少ない為、見れない番組(特にアニメ)がかなり存在する。日本海側には新幹線が通っていないので大都市に用事がある場合、特急列車で中国山脈を通って一度岡山市に出るか飛行機を利用する必要がある。日本海側に位置する為たまに大雪が降って交通が麻痺する。県庁所在地の鳥取市が遠いので不便。

-鳥取市のメリット-

家賃などの物価が非常に安くいです。またおいしい食材が安価で手に入ります。スーパーマーケットには、地元の魚、鶏、豚、牛、野菜が並んでおり、新鮮です。食の都と呼ばれています。保育園の待機児童は0人で、子育てにもとても最適です。自然の中でのびのびと子育てができます。ストレスフリーな生活をおくることができます。

-鳥取市のデメリット-

都会からのアクセスがあまりよくありません。鉄道やバスの便がとても少ないので、車が必要になります。車の維持費がかかってしまうことがデメリットとしてあげられます。また地域柄、近所の付き合いなどがとても多いので、社交的でない方にとっては少し窮屈に感じるかもしれません。

-米子市のメリット-

米子市は、山陰地方ですが、米子駅、高速道路、米子空港と交通アクセスはひじょうに便利です。また医療施設は、鳥取大学医学部付属病院、山陰労災病院、
国立医療センターと充実しています。
買い物も日吉津イオンモールを始め、米子高島屋、天満屋と充実しています。皆生温泉、大山と海と山のレジャーも楽しめ、自然豊かな街です。

-米子市のデメリット-

米子市は、山陰地方と言う事もあり、日照時間は全国の平均に比べて短いです。
また、冬場は寒く雪の多い地方であります。中小企業が多く働く労働面においては職域も狭く選択肢が少ないです。平均賃貸も低くいのも痛いですね。また公共交通機関が少なく、買い物、仕事に行くのに必ずマイカーが必要になります。自動車の維持費もかかります。

 

都道府県ページへ

Top