福島県への移住【メリットやデメリット】

福島県の市区町村一覧

【体験談】福島県へ移住するメリット・デメリット

福島県へ移住するメリット

福島県へ移住するデメリット

-福島市のメリット-

自然が多く、静かであることです。人口もそれほど多くないため、ごちゃごちゃしたのが嫌で静かに暮らしたい人にはオススメです。また、果物が盛んで、いつも美味しいフルーツを食べることができます。そらに、福島に住む人は穏やかな人が多いので、温かさを感じることができます。

-福島市のデメリット-

遊ぶ場所が少ないことです。県庁所在地ではありますが、若者が好きそうな場所があまりないことが少し残念です。そのため、市外から福島市に来た人は残念に思うかもしれません。また、県庁所在地にしては交通の便がそれほど良くないため、移動するには自動車が必要になります。市街地から離れた所に住む場合は必須となります。

-福島市のメリット-

交通の便がとても良いです。新幹線を使えば仙台まで30分。東京までも1時間半でつきます。また、果物が非常においしいです。特に桃は他の地域に負けないおいしさだと思います。そして、飯坂、高湯、土湯の3つの温泉があります。少し古いところもありますが、どの温泉も活気を取り戻そうと努力していて、実際に賑わいを取り戻しつつあります。

-福島市のデメリット-

ショッピング施設は、大きな都市と比べると見劣りします。イオンなど郊外型の施設はそれなりに充実していますが、オシャレが好きな人は、仙台に買い物に行くことが多いです。オシャレが好きな人にとっては、遠くまで買い物に行く、つまりよけいにお金がかかる環境といえます。アミューズメント施設も、映画館は充実していますが、それ以外は他の都市には見劣りします。

-福島市のメリット-

以前は神奈川県という比較的利便性の高い土地に住んでいました。しかし、福島県は人口密度が都市部よりも低いため、街を歩いていたり、車を運転していたりしていても人混みに揉まれることがほぼありません。通勤時や通学時にも満員電車に乗ることがなく、ストレスフリーで生活できます。

-福島市のデメリット-

交通手段が少ないところです。基本的に電車がないので車移動が主流です。車を持っていない人はバス移動が主ですが、バスの本数が都市部に比べてとても少なく、また時間通りに来ることが少ないため不便を感じることがおおいです。また、雪が降った時には道路が硬直状態になってしまい、交通網が麻痺してしまいます。

-相馬市のメリット-

時間に追われずにゆったりと過ごすことができる。周りがのんびりしている性格の方が多い印象なので、自分と向き合いながら住むことができる環境である。電車や高速バスを使用し福島市や仙台市に気軽にいくことができる。ここ数年で東京行きのバス(昼行便)も出ているので住む場所としてはそこそこ良い。

-相馬市のデメリット-

田舎なので何もない。遊ぶ場所もないので仙台や福島などに遊びにいくことになる。仕事も製造業や接客・販売などが主なのでwebやITの仕事はほぼない。バスは一応あるが本数が少なく最終バスの時間も早いため車が必須になる。近所付き合いがあり田舎特有の互いが互いを監視しあうような地区もある。

-郡山市のメリット-

都市部分と郊外部分、山間地域がエリア内に存在し、自然に触れることが容易にできるとともに買い物や文化活動にすぐできる利便性が高い。道路や鉄道が交差する要衝地なっているため利便性が高い。都市部の大きさや人口が適度なため混雑も一時的な状況になるものの、平常時はそれほどのこともなくすごしやすい状況になっている。

-郡山市のデメリット-

民活の取り組みは高く暮らしによい影響を与えているが、行政の取り組みが見えず、暮らしへの好影響が明確でない。除雪対応が不十分で幹線道路も山間の道路も降雪時には凍結し事故多発や渋滞の要因となっている。商店街を含む商業施設の設置への一貫性がないため、乱雑で景観への悪影響が堅調になっているため、より景観に配慮した対応があれば良い。

-会津若松市のメリット-

会津若松市は田舎なので凶悪事件などが少ないです。あったとしても身内の揉め事などが原因のことが多いです。ですから子育て世代にも安心して住める街だと思います。スーパーが多く比較的安価で商品を購入できます。観光名所も多いので田舎ではありますが、行く場所は結構ありますし、冬になるとスキー場まですぐに行くことができます。

-会津若松市のデメリット-

やはり田舎なので子供の遊び場や洋服などを買うような大きなモールが不足しています。大きなショッピングセンターが一つしかないので休日はとても混み合います。あとは都会に行くときの交通が不便です。冬には雪がたくさん降るので雪かきがとても大変です。車もスタッドレスに履き替えたりしなくてはいけません。

-いわき市のメリット-

東日本大震災の影響で、引っ越し先となっていることも多く、人口が増えている街です。

そして、復興のための工事もすすみ、街自体が綺麗になっています。

また、東日本大震災では被害はありましたが、復興が早かった場所です。

そのため、安心して住める場所だと思います。

どんどんお店も増えていて、現在とても生活しやすくなっています。

また、海に近いため海産物も豊富でおいしいです。

住民も気さくな方が多く人が優しいです。

-いわき市のデメリット-

復興の最中のため、現在様々な場所で工事が行われています。

そのため、工事中の場所が多い、多少移動のしにくさはあります。

また、以前は昔からの住民が多くのどかな街でしたが、現在は人口が急増しているため、まだ、街自体が調和がとれておらず落ち着いていない印象があります。

そして、居酒屋などの店も増えたため治安も以前よりは悪化しているのではないかと感じます。

-南相馬市のメリット-

時間の流れがゆっくりで、本来の人間の生活リズムが取り戻される感じがする。外に出るだけで、田んぼが広がり、山は紅葉が綺麗で、空もとても青が濃い。海も近いので、すぐに行くことができる距離。山も海も楽しめる。また地元の米や野菜、魚など新鮮でとても安く購入でき、とても健康的な食生活を送れる。

-南相馬市のデメリット-

部落というムラ文化が残っており、10世帯ほどごとに自治が行われている。住んでいれば実質制加入。部落費や草刈り、ゴミ拾いといった仕事が早朝6時ころから月一などであり、世帯で必ず誰か出席しなくてはならない。まだまだ古い時代の頭の人が多く、新しいものを受け入れない。震災の影響は精神的にもまだまだ根深い。

-南会津町のメリット-

山や森が多く空気がとても良いです。夏は綺麗な水の川で、川遊び、魚釣り。川に潜って魚を手づかみなんてこともできます。冬はスキー場でソリ遊びやスノーボードが出来ます。自宅の庭でかまくらをつくることもできます。子供を育てる環境として、とても良いです。土地もたくさんあり、安いと思います。

-南会津町のデメリット-

お店が非常に少なく、車がなければ行けません。お店の種類は、スーパー、レンタルビデオ、ドラックストア、コンビニくらいです。マクドナルドや、吉野家などはありません。付近の都会というと、会津若松市になりますが、車で1時間かかります。都心へ出るには電車で行く4時間ほどかかります。

-浅川町のメリット-

風光明媚で静か、水、空気が美味しい。夏には昔から続く花火大会が有り、その他の時期にも何回かプチ花火大会がある。地盤が堅く地震その他自然災害に強い。町では少子化対策、人口減少対策に乗り出しており、保育費は無料になった。豊かな自然環境とあいまって子育てには適している。

-浅川町のデメリット-

田舎なりに商業施設は少なく、交通の便も良くないので他の地域での都市生活と比べると不便。仕事は町内にもいくらかはあるが、大体は町外に通勤することになる。図書館等公共施設は貧弱で土日も閉館していることが多いので町外の施設を使うことになる。子供の数は少ないので同世代の遊び友達は少なくなる。

 

都道府県ページへ

Top