岩手県への移住【メリットやデメリット】

岩手県の基本情報

岩手県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.iwate.jp/
人口(人) 1279814
面積(平方km) 15275
人口密度 83.78

岩手県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】岩手県へ移住する長所・短所

岩手県へ移住するメリット

岩手県へ移住するデメリット

-花巻市のメリット-

交通系のアクセスは格段によい。小さいながらも広大な土地のおかげで住みやすいです。
国道四号線を中心に、飛行場・新幹線・電車(在来線)・高速道路とすべてそろっています。
市内にスキー場もあり、温泉街も近い。内陸なので津波の心配もありません。意外と台風の直撃も免れている地域ではないでしょうか?

-花巻市のデメリット-

観光名所となるようなものがほとんどない。宮沢賢治とわんこそばぐらい。旅行客などの集客はかなり難しい。メリットとデメリットが表裏一体で、新幹線(新花巻)があるのだが、電車(在来線)の駅とは別な位置にあり、車で20-30分はかかります。特に新幹線乗り場はお店もなくいくところもありません。

-盛岡市のメリット-

・食料品が大都市と比べて安いこと
・賃貸物件の家賃が安いこと
・魚介類がおいしいこと
・自然が豊かでありつつ利便性もそこそこあること
・ウィンタースポーツが楽しめること
・人口が少ないので公共施設や公共交通機関が混雑しないこと
・夏でも30℃台前半くらいなので過ごしやすい

-盛岡市のデメリット-

・冬季の冷え込みが厳しく、灯油代や車のタイヤ代がかかること
・最低賃金が低いこと
・飲食店は居酒屋系が多く、レストランやカフェが多くないこと
・車が無いと行動範囲が限られること
・都市ガスが整備されていないエリアがまだ多く、プロパンガスだとガス代が高いこと
・電車の本数、路線が少ないこと

-盛岡市のメリット-

・北東北の拠点として企業が支店を構える傾向が有る。
・盛南地区が開発途上であり、更なる発展が見込める。
・中心部の再開発も進めており、一通りの設備、公共施設、商業施設などのインフラの整備、更新が進んできた。それに伴い周回バスなど公共交通機関も更新中である。
・石川啄木など偉人の史跡めぐりが比較的容易。

-盛岡市のデメリット-

・北国のイメージではあるが、積雪時の対応(除雪、排雪、路面凍結)が弱い。その為、冬期間は公共交通機関も含め遅延がちである。(青森や秋田の方が上手)
・基本的には車社会であるが、大規模施設以外で駐車場は充実していない。(枠の広さなど使い勝手が良くない)
・県庁所在地にしては、歓楽街があまり充実していない。

-花巻市のメリット-

都会ではないが田舎でもない 日常の買い物は十分できる 子供服のチェーン店が2つあれば困らない 夫の職場があるから住んでいる 郷土芸能が盛んであちこちで神楽などが開催され見学できる 自然豊かで空気がきれい 冬は思ったほどは雪が多くなく雪かきはあまり苦痛でなく子供は雪遊びが出来る 新幹線の駅がある

-花巻市のデメリット-

選ぶ学校が少ないので教育が不満 高校はいくつかあるがあまりレベルは高くない 希望の高校に通うには片道1時間以上 電車の駅はあるが本数が少ない為不便 街に顔見知りが増えると若干窮屈に感じる だんだん過疎化が進むと思われ将来が不安 仕事に行くまでが通勤時間がかかり不便

-大船渡市のメリット-

東日本大震災による大津波で市街地が壊滅した当市ですが、逆境をバネに新しい市街地は、今までのシャッター街から町づくり会社の企画による斬新なステキな空間へと生まれ変わりました。
また、市内各地では市の起業支援が震災後に充実したために多くの若者がクリエイティブなビジネスを生み出し、起業文化・革命が起ころうとしています。
被災地の中では、2016年に住みたい街ナンバー1に選ばれました。

-大船渡市のデメリット-

震災による津波により、鉄道の復旧が断念となり、新幹線へのアクセスは、BRT(バスによる高速輸送システム)による代替となり定時性の大量輸送が困難となりました。また、主要産業である水産業は水産資源の減少に伴い、漁獲量の減少に繋がり、水産加工業や海産物卸売り業などに負の影響が出始めています。

-宮古市のメリット-

海が近く、めかぶ、鮭、ウニ、牡蠣など、海産物がとてもおいしいです。海産物が好きな人には嬉しい町だと思います。夏は海で遊び放題です。
また、自治体の制度で中学校卒業までは医療費が無料になるので、子育て世代には助かると思います。
都会のように子どもが多くないので、保育園待機児童はいませんでした。

-宮古市のデメリット-

お年寄りが多く、遊ぶところが少ないので若者は物足りないかもしれません。遊びに行ったり買い物に行ったりすると、必ず知り合いに会います。交通の便が悪いので、車がないと生活が不便です。
沿岸なのでしょうがないのですが、地震がくる度に津波がこないかどうかの情報を気にする必要があります。

-花巻市のメリット-

田舎ですが、緑豊かなところで子育てを。とか、余生をとか、考えている人にはもってこいの土地。
宮沢賢治なども有名です。車で走れば、県庁所在地(盛岡)、近くは北上も1時間以内に行けます。
あとなんと言ってもインフラが整っていること。アクセス系も充実。飛行機、新幹線、電車、高速道路など完備されています。温泉好き、スキー(スノボ)をやる人にも便利な立地となっています。

-花巻市のデメリット-

唯一のデメリットを上げるとすると、お店がないこと。大きなお店はイトーヨーカ堂くらいしかありません。盛岡まで行かないとイオンがない。北上まで行かないとさくら野がない。など、ウィンドウショッピングをされる方には窮屈(退屈)な立地に感じると思います。それと、市街地に電車の駅はあるのですが、なぜか新幹線は郊外というか、ちょっと遠い。徒歩では行けない距離。

-盛岡市のメリット-

そこまで田舎感がなくスキー場にも近いため、ウンタースポーツが好きな人には良いと思う。

また、新幹線で東京にも北海道にも行けるため便利。

秋田や青森県へのアクセスもよく、仙台へも車で行ける。

空港もあるので国内旅行には困らない。

焼肉や冷麺が他県よりも遥かにレベルが高く、麺好きにはたまらない環境。

-盛岡市のデメリット-

賃金が低い割に東北の中でも家賃が高い。

人気エリアの家賃は都会とほとんど変わらないほど。

冬は雪こそあまり積もらないものの、道路が凍って非常に危険。

毎年のタイヤ交換が面倒。冬の暖房費が高く、月に数回ガゾリンスタンドまで灯油を買いに行く必要がある。

公共交通機関での移動は困難。車がないと、ほとんど仕事につけない。

-花巻市のメリット-

交通アクセス系は充実しています。

花巻空港、新花巻駅(新幹線)、花巻駅(在来線)、高速道路、がそろっています。

四季を感じることのできる自然あふれる地域。スキー場もあります。温泉街もあり温泉好きにはたまりません。紅葉のシーズンも山が多い地域は観光客も多い。子供をのびのびと育てられる環境が整っています。

-花巻市のデメリット-

花巻空港、新花巻駅(新幹線)、花巻駅(在来線)、高速道路、とインフラ的にはかなり整っていますが、新幹線の駅(新花巻駅)と電車の駅(花巻駅)がかなり離れていて使いづらい面があります。

花巻には大きい商業施設がないため、買い物などを楽しみたい方は盛岡や北上まで行く必要があります。

良くも悪くも自然しかない「市」です。

-一関市のメリット-

JRの駅から15kmくらい東に行った方に住んでいた。日本百景の猊鼻渓の近くで、とても緑の自然がきれいで空気もおいしくのんびりできる。ちょっと車を東へ走らせれば太平洋に出て、海の食べ物がとてもおいしいところです。

また、川がきれいで時期にはアユがたくさん取れたりする。

-一関市のデメリット-

大きなスーパーもないし遊ぶところもない。夜になると飲食店もお店がやっているところがない。コンビニは一つ二つかあったが、夜もやっていたかどうか。夜は真っ暗といった感じ。夜に遊びたい人には物足りないかもしれない。一ノ関駅あたりしか栄えてなくて、買い物などしたいなら車で30分ぐらい走らないと楽しめない。

 

都道府県ページへ

Top