岩手県への移住【メリットやデメリット】

岩手県の基本情報

岩手県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.iwate.jp/
人口(人) 1279814
面積(平方km) 15275
人口密度 83.78

岩手県で人気の市区町村

岩手県一関市への移住

岩手県一関市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/一関市]

一関市(いちのせきし)は岩手県の最南端に位置する、県内第二の人口・面積を擁する市。

地名の由来

平安後期まで俘囚の長として奥六郡を支配した安倍氏が一の関、二の関、三の関と砦を築いた事によるという説
平安末期に奥州一帯を支配した奥州藤原氏が、平泉の南側を守るために置いた関所に由来しているという説
江戸時代にこの地を治めた田村氏が置いた関所に由来しているという説

など諸説あり。
いずれにしても、この地は古くから「関」であった。

岩手県大船渡市への移住

岩手県大船渡市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大船渡市]

大船渡市(おおふなとし)は、岩手県南部の太平洋沿岸地域に所在する都市である。

主要な産業のひとつは水産業であり、市の沖合いには、「世界三大漁場」ともいわれる北西太平洋海域(三陸漁場)となっている。
大船渡港は、岩手県内の最大かつ最重要港湾であり、岩手県内初の外国定期航路として韓国の釜山とも結ばれている。
また、市内各地に石灰石鉱山があり、大船渡湾奥には太平洋セメント大船渡工場がある。

岩手県花巻市への移住

岩手県花巻市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/花巻市]

花巻市(はなまきし)は、岩手県の中西部に位置する市である。
市の西部に観光地として花巻温泉郷を擁する。

宮沢賢治生誕の地として有名である。

地名の「花巻」はいくつか由来の説があり、中世は「鳥谷ヶ崎(とりやがさき)」と呼ばれていた。

(1) 「花の牧」という名馬を産する牧場があったことから
(2) 北上川が水深く渦を成し、春には花びらが水上に浮かんで美しい風景を見せたことから
(3) アイヌ語「パナ」で、川下に開けた土地
(4) 「端(ハナ)牧」の意味で、川が合流する三角州の牧のこと

岩手県宮古市への移住

岩手県宮古市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宮古市]

宮古市(みやこし)は、岩手県の三陸海岸に面する市。
本州最東端の地である魹ヶ崎を擁する。

三陸海岸を代表する都市の一つであり、「本州最東端のまち」を掲げ、三陸沖の豊かな漁業資源と、三陸復興国立公園・浄土ヶ浜や早池峰国定公園を代表とする森・川・海の豊かな自然環境を背景に、漁業と観光に力を入れている。

岩手県盛岡市への移住

移住マップ

盛岡市(もりおかし)は、岩手県の県庁所在地である。
国から中核市に指定されている。

平安時代、桓武天皇の命により志波城が置かれ、律令制下となる。
安土桃山時代に勢力を広げた南部氏が盛岡城を築いて以後、城下町として発達。
明治以後は岩手県の県庁所在地となる。

岩手県の市区町村一覧

岩手県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、岩手県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、岩手県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。岩手県へ移住するならいつ?

岩手県の移住支援情報

市区町村 支援内容
奥州市 空き家バンク設置事業(市内に移住等を希望する者に空き家を紹介するシステム)。
八幡平市 (1)【新規就農者等支援】市内の研修受け入れ農家での研修期間を含む3年間、生活費を支援。(2)【お試し居住】市が指定する施設で移住体験(詳細未定)を実施。
二戸市 新規就農者支援、漆掻き新規就業者支援のほか、移住・定住補助制度として、移住体験補助金、移住支援補助金、移住定住住宅リフォーム補助金あり。
釜石市 空き家バンク。民泊体験。定住促進住宅の提供。UIターン者向け借り上げ住宅の提供。釜石市産木材活用住宅推進事業補助金。青年就農給付金。釜石ローカルベンチャー推進事業(地域おこし協力隊制度を活用し、起業支援金の交付やメンターによる伴走支援を受けながら地域資源を活用した起業を目指すプログラムを実施)。釜石市Uターン希望登録制度。保育所等同時入所時の第二子以降保育料無料化。医療費給付(中学生まで対象を拡大)。
陸前高田市 被災関連定住支援事業費補助金(東日本大震災時に市外に居住していた人で、今後、市内に住宅を新築して定住する人の経済的負担を軽減する)。定住支援住宅事業助成金(移住者への住宅支援。上限100万円の商品券)。
一関市 移住者が住宅を取得する場合に補助金を最大100万円交付。中学生以下の子を扶養する場合や市に本店または主たる営業所がある事業者が住宅を施工する場合は加算あり。空き家バンク登録物件を利用しようとする場合に必要な改修工事等の経費に対して補助金を交付。
遠野市 (1)で・くらす遠野市民制度(2)空き家バンク制度(3)空き家リフォーム助成制度
久慈市 【空き家バンク(空き家情報登録制度)】市内に移住定住希望の方にホームページ上で物件を紹介・支援を行う。【移住定住促進事業費補助金】市内に移住定住希望の方に市内の住居を取得・賃貸する際の一部を補助。(1)物件購入費・購入に伴うリフォーム代上限50万円(補助率1/2)(2)賃貸物件のリフォーム代上限10万円(補助率1/2)(3)2万円以上の賃貸物件家賃1万円/月。(2)及び(3)の補助は「空き家バンク」登録物件に限る。
北上市 (1)空き家バンク制度を実施。(2)移住体験ツアー開催。(3)【女性UIターン定住促進事業費補助金】県外からUIターンする満20~49歳の女性に対し、採用試験に係る交通費・引っ越し費用を一部助成。(4)【子育て世帯住宅取得等事業費補助金】2018年4月1日以降のUIターン者の子育て世帯が住宅を取得する際、補助金額30万円を加算。
花巻市 (1)UIJターン者を新規雇用した事業所とUIJターン者にそれぞれ奨励金を交付(2)県外から転入した子育て世帯や空き家バンク登録物件利用者が、住宅を取得した場合の改修費等を助成(農業従事予定者は県内からの転入で助成)(3)新規就農者を対象に農業用機械導入費や農地賃借料、家賃等を補助(4)子育て世帯が、市内4地域の中心地域や親と同じコミュニティーに住宅を取得する場合、奨励金を交付
大船渡市 (1)空き家バンクを開設するとともに、空き家バンクを利用して売買又は賃貸借契約を締結された空き家の所有者と市外からの転入者を対象に奨励金(一律5万円)を交付。(2)漁業の担い手確保支援事業として、漁業を営む個人又は法人、団体、協同組合が担い手を招致するために行う宿舎の整備に要する経費に対して、補助金を交付(建築要因、雇用条件等は要確認)。
宮古市 (1)【宮古市空家バンク事業】市内に所在する空き家等の有効活用を図るため、空家バンクへ登録を希望した市内の空家物件情報を市が情報提供する事業。(2)【新規学卒者及びU・Iターン者等就業奨励金】高校、大学(短大含む)、港東線盲学校、専門学校等を卒業後、もしくは市外からの転入者が市内事業所に就職し、12ヶ月離職せずに経過した際に、10万円を交付。
盛岡市 空き家等バンク制度(市内市街化区域内の空き家活用。移住者の場合、改修費補助に10万円の上乗せあり。)
市区町村 支援内容

【体験談】岩手県へ移住する長所・短所

岩手県へ移住するメリット

岩手県へ移住するデメリット

-滝沢市のメリット-

もともとは生まれ育った街で、住み慣れたという言葉が一番なのですが、県庁所在地である盛岡市の西側隣接に位置しているので、県内の一番の街には、比較的短時間で車の移動、あるいは、JR・IGRの鉄道網での2~3駅でも移動できます。自然も豊かなので適度に発展途上エリアと自然との共存ができていると思います。

-滝沢市のデメリット-

盛岡市の近郊エリアの地域なので、目玉となる施設や建物などがあまりない状態です。合併などで昔の地域で発展しているところが点在しており、統一感が見られない。住宅地の造成・発展により、特定のエリアで小学校等が生徒が増大し、最近になって小学校がやっと開校し分散されたので、政策的にはもう少し考えてほしいと個人的な感想です。

-紫波町のメリット-

毎年、四季に合わせて様々なお祭り事が開かれるので行事が好きな人は楽しく過ごせる。春を楽しむ桜まつりから、夏の夜市や花火大会で夕涼みを感じ、秋の例大祭りで山車と神輿のパレードを楽しみ、少し経つと産業祭りが行われ子供は地元の採れたての果物や紫波町産ヒメノモチを使ってつきたてのお餅を味わい大人は焼きたて紫波牛の串焼きと地ビールで一杯、冬には雪まつりがありかまくらで甘酒という寒さの中の温かさに心がほっこりする。普段人が居ないように感じられるが行事の時になるとこんなに人が居るのか、と思うくらい祭り事には力を入れている町です。

-紫波町のデメリット-

自家用車がないと生活ができない。公共機関も電車やバスがあるが本数が少なく料金も高い、ICカードは非対応。スーパーやコンビニ、ドラックストアといった生活に必要なお店が町の中心から少し離れており駅からも離れたところにある、夜も早いところで8時遅いところでも10時には閉まってしまうので買い物が不便。

-宮古市のメリット-

沿岸なので夏は涼しく冬は暖かいです。内陸に住んでいた頃は夏と冬が本当に大変だったので、沿岸は基本的に過ごしやすい気候だと思います。雪も滅多に降らないので朝起きて雪かきの作業もありません。これが本当に楽だと思います。道路はたまに凍りますが雪がないのでそれほど支障はありません。人も良いので住み心地は良いと思います。

-宮古市のデメリット-

気候も人も良く、過ごしやすいところではありますが、お店が少ないのがネックだと思います。スーパーも病院も少ないので何かと不便なことが多いです。公共のバスは本数が少ないのであまり使えないし、車がないと移動は大変だと思います。一番大きな病院が駅から結構離れているので通うのが大変です。

-花巻市のメリット-

昨今のコロナ感染者数が一番少ない県でもあり、広大な広さを誇ります。ただ広くて人口が少ないだけということもコロナの関係ではよい方に出ました。のびのびと子育てができるという点では全国的に見てもかなり上位にくると思います。
アクセス面で見ても花巻市は高速道路、電車、新幹線、飛行機と便利な立地だと思います。温泉街もあり、スキー場もある、全国的に見ても商業的にも良い立地ですし生活面でも不便のない地域かと思います。

-花巻市のデメリット-

ただ一つのデメリットを上げるとすれば、コロナ感染者数が少ない理由の一つでもあるのですが、広大な土地がありながら見るもの、遊ぶものがありません。観光客もほとんどなし。「遊び」という一点はデメリットしかありません。遊びに行くには盛岡か北上まで行く必要があります。花巻市は都会で言うベットタウンみたいな感じでしょうか? 家を建てて寝るために戻ってくる場所?

-陸前高田市のメリット-

油がのった刺身や関東よりも安く海鮮料理が食べられます。また、海水浴場もあり泳ぐだけではなくビーチバレーボールの大会などが実施され夏季は賑やかになります。さらに東日本大震災の影響で被害が多くありましたが顔さえ知らない人同士が協力し助けあうという思いやりの精神があります。

-陸前高田市のデメリット-

遊ぶ場所がなく施設や商店街があまりないため、成人を過ぎた若い方々が市内から出て就職することが多いです。そのため高齢者が多く老人ホームなどの施設が多いのですが、働く人が少なく人員不足で老老介護が行われていることも少なくありません。また、中心地以外はスーパーや日用品を販売している店がなく公共交通機関が少なく不便に思っている人が多くいます。

-滝沢市のメリット-

岩手県の県庁所在地の隣にある街なので、盛岡のベッドタウンとしての位置付けにあり、通勤や遊びに行く場合などで電車での公共機関では、盛岡駅まで1駅~3駅程度で移動が可能なエリアにあります。
また賃貸等も低価格な手ごろな金額で借りられるところもメリットしてはあると思います。

-滝沢市のデメリット-

元々、村の合併(その後、市政)で主要の商店街のような街並みが点在しており、役所への手続きについても出張所が少ないので、書類申請などは公共交通機関はあるが、本数の少なさもあり、車の移動などが必要となる。また、商用施設などもあまり多くなく、象徴的なものがないと感じます。

-大船渡市のメリット-

自然が豊か。海の幸山の幸が美味しい。漁業をしている人や畑がある人が多く食材を頂けることも多い。雪が少ない。渋滞や混雑、行列とはほぼ無縁。ほとんどどこにでも車を停められるので駐車場を探して彷徨うことがない。子供の数が少ないので歳が違っても皆名前を知っていて、上の子たちが下の子の面倒をよく見る。学校ものんびりした雰囲気。

-大船渡市のデメリット-

大きなデパートはないので少しおしゃれな服や靴がなどが欲しいときは大きな街まで出かけなければいけないが遠い。車を使って盛岡まで2時間、仙台まで3時間かかる。新幹線に乗るにも、一番近い駅まで1時間以上かかる。高度な医療を受けたい場合にも大きな病院は近くにはない。公共交通機関はあっても本数が少なく運賃も高いので車が必須。最低賃金が他の都市と比べても低い。

-大船渡市のメリット-

小さな町なので、お店などの方に顔を覚えてもらえ、すぐに知り合いになれます。好みを覚えてもらえたりします。
車さえ持っていれば、道も混んでいないですし、信号も少ないため、動きやすいと思います。駐車場もお店ごとに十分ありますし、無料です。電車などの時間にしばられず、出かけられます。

-大船渡市のデメリット-

商店の数は限られていますので、物価が高いと感じます。自分の好みの商品が市内で手に入らないこともあります。また小売業の種類も限られているかなと思います。
医療機関が少なく、医療の質にちょっと疑問を感じます。少し体調が悪くなったとしても、病院に行こうとは思えません。

-盛岡市のメリット-

私の住む地域は、元々開拓地だったので土地がとても広く宅地整備や造成がしっかりしていたので、(道路がクネクネしていないので真っ直ぐです)小さい頃から少し遠い友達の家に一人で遊びに出かけても、「あれ。ここどこだっけ?」と道に迷わずに自宅に戻る事が出来ました。今は小学生の娘がいますが、一人で散歩や買い物に出かけても、道も広いし街灯も点灯しているので特に問題なく帰宅します。治安もかなりいい方だと思います。

-盛岡市のデメリット-

私の住む地域はとても住み心地はいいのですが、5キロ位離れた地域や旧市内は区画整理があまりよくないので、仕事で車に乗って移動する時やたまに用事があって出かける時に、一方通行や進入禁止。車が通行可能なギリギリの幅の道路があって、車で走る時には、少々不便さを感じます。市内は古い町並みが残っていてそれはそれで風情があっていいのです。

-花巻市のメリット-

とにかく住民が穏やかです。暴走族とかチンピラっぽい人種がいません。町もきれいでゴミなどが目立ちません。特に交通ルールが全般的に守られていて素晴らしいほどです。夜も騒ぐ人などが少ないので静かです。週末の夜でもとても静かなので、安眠が妨害されることがまったくありません。

-花巻市のデメリット-

映画館、ライブハウス、クラブなど若者が遊べそうな場所がありません。車がないと生活が不便です。雪はそんなに積もりませんが、北国なので冬の寒さは厳しいです。冬期間はとにかく寒いです。被服費、暖房費などは高くつきます。若い方は引っ越してきても、あまり異性との出会いが期待できる場所は少ないと思います。

都道府県ページへ

Top