京都府への移住【メリットやデメリット】

京都府の基本情報

京都府への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.kyoto.jp/
人口(人) 2610140
面積(平方km) 4612.19
人口密度 565.92

京都府の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】京都府へ移住する長所・短所

京都府へ移住するメリット

京都府へ移住するデメリット

-京田辺市のメリット-

基本的にスーパー、飲食店、デパート、コインランドリーなど生活していくには便利な施設がそろっています。街並みも大通り以外では、日本の昔の雰囲気が残っていますので楽しめます。京都にはやや劣りますが、探検してみる分にはいいでしょう。近くに同支社大学があるので学生の方々が多く住まわれています。

-京田辺市のデメリット-

郊外ではあるので交通の面に関しては、車や二輪車などがあったほうが便利かなと思います。一応JRは通っており、近くに近鉄線もあります。夜は賑やかになるので、静かな場所を好む方にとってはあまり向かないかもしれません。加えて、賃貸で住む場合、全体的に物件が高めなのでやはり人を選ぶかもしれません。

-精華町のメリット-

新興住宅地が多く、とても美しい街です。
ATRや国立国会図書館、パナソニックや島津製作所やサントリーなど、研究施設なども多いです。
図書館も大きく、ショッピングセンターもどんどん出来ているので、買い物や知的探究心には困らないかと思います。
TSUTAYAやカフェ付のパン屋さんもあります。

-精華町のデメリット-

どちらかというと田舎なので、車がないと生活には本当に困ります。あと、バス代が本当に高いです。光台から祝園駅まで、片道だけで300円かかります…。
研究施設や会社がどんどん建設されているので、朝のバスはめちゃくちゃ人が多いです。時間に来ないことも多いので、早めに家を出なければならず、大変です。

-京田辺市のメリット-

京都府の南に位置し、京都市内の中心部に出掛けるのも電車で30分程度で行けるので買い物や遊びにもとても便利でなうえ、実際に住むには適度な田舎な感じも残っていて落ち着いた住宅地が多いです。
30年ほど前に同志社大学のキャンパスが開校したのをきっかけに学生マンションが増え、ショッピングセンターや飲食店が多くできバイパスなどの道路整備も進みとても住みやすい町になっていると思います。

-京田辺市のデメリット-

以前に比べると開発が進みいろんなことが便利にはなっていますし、京都、奈良、大阪へのアクセスも悪くはないので十分な通勤圏内ではありますが、それでも電車で乗り換えを含め、30分から場所によれば1時間以上かかる事もあるので毎日の通勤時間を考えれば楽ではないと感じます。

-京都市のメリット-

閑静な住宅街で、心地よく、ほどよい距離にスーパー、マクドナルド、コンビニ、ディスカウントストアなど生活に便利な店が点在しています。自転車があれば、40分くらいで嵐山まで行くこともできますし、小道が多く自転車のほうが移動しやすい町です。また徒歩圏内にはJR向日町駅もあり交通面も良好です。

-京都市のデメリット-

近隣には工場や地下道などがあり、空気が悪く感じます。実際に住んでいて声が変わりました。また、道が細い場所や、段差が多い場所が多いので、障害者の方やお年寄りの方には向かないかと思います。細い道を猛スピードで自転車が駆け抜けるので、いつもベルを鳴らされて避けなければなりません。

-向日市のメリット-

小さい町ですが、必要なものが全て揃っていると思います。まず、JRの駅1つに阪急の駅2つ。安いスーパー(マツモトと言います。)にnamcoのちょっとした複合商業施設(焼き肉・カラオケ・ビックリドンキー等)。また、市内を走るバスも少ないながら走っており、生活には大変便利です。

-向日市のデメリット-

とにかく水道代が高い。以前テレビで見たところ、全国でも2位の高さでした。(一人暮らしで5500円程度)。治安はそこまで悪くはないが、夜はうるさいバイクが走っている音が時々聞こえることがあります。また、場所によっては、どこの駅からも遠く、かなり不便になることもあります。

-宮津市のメリット-

まず、自然と共に暮らせること。海、山、川すべてに富んでいて四季折々に景色を堪能することができる。また、海の幸も満足でき、都会に比べ安価で、さらにとれたて新鮮な物を味わえることができる。近くに海水浴場もあるため夏はBBQや花火、海水浴など家族で楽しむこともできる。自然に囲まれているため空気も汚れておらず、夜は静かで晴れていれば満天の星空を眺めることもできる非常に素晴らしい町である。

-宮津市のデメリット-

都会ではないため、ラウンドワンやバッティングセンターなどの遊べる場所が少ないこと。また、大きいショッピングセンターなども無いので少し不便。電車・バスの料金が高い+1時間に一本などがほとんどで車がないと生活していけない。夜は静かですごしやすいが、街灯が少なく、夜出歩くときなどは少し怖い。

-福知山市のメリット-

自然が豊かで、森も川もある。
なのにスーパーや、服、外食などしたいことは全て出来るので、苦労にはならない。
人が多くもなく少なくもなくいいくらい。
家もひっついていないし、田舎だから近所の人も大抵知っているので、なにかあったらみんなが助けてくれるので安心して過ごせる。

-福知山市のデメリット-

車がないと、移動手段が困る。
車の免許のない人たちは自転車に乗るしかないが、自転車だったら1時間くらいかかる場合もある。
電車の時刻も1時間に一本だったりと少ない。バスもあるけど、本数が少ないのと、終電が早い。
都会みたいに服などこだわろうと思ってもこだわれない事。

-精華町のメリット-

学研都市でとても美しい街です。
緑も多く、公園も大きく、とても整備されています。
病院もありますし、スーパーなども、車があれば、困ることはありません。
国立国会図書館もあります。
町立図書館もとても大きいです。子供向けの絵本もたくさんあります。
犬も飼いやすく、どちらかといえば富裕層が多いので、変な人も少ないです。

-精華町のデメリット-

バス料金が決して安くはないこと。住んでいる場所から駅まで、徒歩でいけるひとは少ないと思うのですが、大体300円ほどかかると思って頂いて間違いないです。
また、バスは通勤ラッシュ時、めちゃくちゃ混みます。
町内に会社や研究所がどんどん出来ているので、通常10分で着くところが、雨がふると、倍以上の時間がかかることもめずらしくありません。

-京田辺市のメリット-

同志社大学の郊外のキャンパスに通うために住んでいたのですが、どえらい田舎だったので、家賃が非常に安いです。月3万円もあればそれなりの家に住むことができます。スーパーとコンビニもそこそこあって、大学街なので、学生に必要なものはそれなりにそろっているので、最低条件で暮らすことが可能です。

-京田辺市のデメリット-

逆に言うと、どえらい田舎だったので、娯楽施設もなければ、京都駅や四条駅など繁華街へ行くには電車で40~60分くらいかかります。しかも、電車は15分に1回くらいしか来ません。交通費がやたらと掛かります。情報過疎にもなりやすいです。災害が起こると後回しにされることも多いように感じられました。

-京田辺市のメリット-

京阪神どこでも通勤しやすい立地の良さが最大の魅力だと思います。
梅田まで40分、京都まで40分、神戸まで50分程度で電車で行くことができます。
コストコも近くにあり、他にもスーパーなど買い物には困りません。
子育て支援などの福利厚生のしっかりした市なので、子育て世代の方も住みやすい所です。

-京田辺市のデメリット-

盆地になるため、夏はかなり気温が上がり過ごしにくい気候です。
全国でも指折りの最高気温を叩き出しています。
電車、バスもありますが車の方が圧倒的に利便性が良いので、運転免許や車を持っていない方にとっては利便性の悪い地域になると思います。
小中学校の学区が京都市内などに比べて広いので、通学時間が長くなりがちです。

 

都道府県ページへ

Top