秋田県への移住【メリットやデメリット】

秋田県の基本情報

秋田県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.akita.lg.jp/
人口(人) 1022839
面積(平方km) 11637.5
人口密度 87.89

秋田県で人気の市区町村

秋田県秋田市への移住

秋田県秋田市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/秋田市]

秋田市(あきたし)は、秋田県の沿岸中部に位置する市で、同県の県庁所在地である。
中核市に指定されている。

久保田藩時代から城下町として、また土崎港は北前船の寄港地として栄えた。
土崎地区には秋田港があり、秋田火力発電所を代表として工業団地が広がる。
また、八橋・寺内地区を中心として国内最大の油田である八橋油田が広がる。
近年は、御所野ニュータウンに代表される住宅地や大型商業施設が市郊外に建設されたことにより中心市街地の空洞化に拍車がかかり、市内中心部にはいわゆるシャッター通りが目立つようになってきている。

秋田県潟上市への移住

秋田県潟上市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/潟上市]

潟上市(かたがみし)は、秋田市の北西、男鹿市の南東に位置する市。

八郎潟、日本海を臨む。
湖南地区の南秋田郡、飯田川町、天王町、昭和町が2005年(平成17年)3月22日に合併して誕生した。

面積は秋田県内の市の中で最も狭いが、県全体の人口が減少を続ける中、国勢調査結果では2000年代前半まで住民基本台帳人口が増加傾向にある秋田県内では数少ない自治体であった。
なお、住民基本台帳人口は2005年度以降緩やかな減少傾向にある。

秋田県大仙市への移住

秋田県大仙市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大仙市]

大仙市(だいせんし)は、秋田県の南東部に位置する市である。

2005年(平成17年)3月22日に、大曲仙北地域の8市町村が合併し誕生した市である。
東京23区より広い面積を有する。

県中央部に広がる出羽山地から、国内有数の穀倉地帯である横手盆地北部の仙北平野、さらに奥羽山脈の真昼山地までの広範囲にわたって位置する。
そのため、1つの市ではあるが8つの地域ごとに多種さまざまな文化や自然を見せる。

秋田県能代市への移住

秋田県能代市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/能代市]

能代市(のしろし)は、秋田県北部に位置する日本海に面した市である。

能代工業高校のバスケットボールでの活躍が有名。
1989年度(平成元年度)からバスケットボールの街づくり事業に取り組んでいる。

市域のほとんどは能代平野に属する平坦地だが、三種町との境付近や海岸部には丘陵がある。
また、東部は米代川流域を除き山地が広がる。

秋田県横手市への移住

秋田県横手市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横手市]

横手市(よこてし)は、秋田県南部に位置する市。
旧平鹿郡。

秋田県県南部の中心都市である。
2月に行われるかまくらが全国的に有名。

2005年(平成17年)10月1日、旧横手市、旧平鹿郡に属する増田町、平鹿町、雄物川町、大森町、十文字町、山内村、大雄村すべてが合併し、新制横手市として発足。
これにより、一時的にではあるが県庁所在地である秋田市を除いて県内で唯一の人口10万を超えるなど、県内第2の人口を有する都市となった。

秋田県の市区町村一覧

秋田県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、秋田県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、秋田県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。秋田県へ移住するならいつ?

秋田県の移住支援情報

市区町村 支援内容
仙北市 【次世代定住支援事業補助金】定住世帯40万円、移住世帯60万円、子育て加算1人10万円。市内施工業者が工事を行う場合10万円加算。【定住促進奨励金】初年から3年間、固定資産税助成。【移住支援一時金事業費補助金】1世帯につき10万円。
にかほ市 条件を満たして転入した方に、最高100万円の定住奨励金を交付。転入後3年間、固定資産税額相当額の宅地・住宅取得支援金を交付。市の温泉施設(5施設)を、家族全員が1年間入浴料無料となる定住世帯温泉無料パスポートを交付。
北秋田市 【移住者住宅支援】住宅購入費の2/10、最大65万円(19歳未満の子と同居は4/10、最大130万円)を助成。住宅リフォーム支援事業と併用で最大170万円。【奨学金返還支援】北秋田市に住民登録をし通勤圏内で就労する奨学金返還中の45歳未満の方を対象に、奨学金返還額の1/2、上限額年20万円または、1/3、上限額年13.3万円を交付初年度から最大60ヶ月助成。【移住当初の経済負担の支援】引越しや冬の暮らしに必要な備品、自動車免許取得にかかる経費に対する助成。
大仙市 空き家物件に関する情報提供(空き家バンク制度)、移住者向け住宅支援(移住者支援住宅取得補助金、移住者支援若年・子育て世帯家賃補助金、移住者支援住宅改修補助金、移住者支援引越し補助金)等
由利本荘市 (1)【定住促進奨励金】市内に定住する意思を持って県外から転入し、一定の要件を満たした方に対して一律30万円を交付(2018年10月1日改正)。(2)【無料職業紹介事業】市外在住者を対象に、求職登録をされた方に職業紹介、斡旋を行う。(3)【住まいの情報提供】住まいを探している方の希望に対応できる不動産業者を紹介する。
鹿角市 (1)【鹿角市ふるさとライフ引越し支援補助金】鹿角市に移住する際の引越し費用補助。補助率1/2、上限9万円。(2)【鹿角市移住者融資資金利子補給費補助金】鹿角市に移住後3年以内の方に市提携金融機関商品のローン利息額を補助。補助率10/10、最大7年間。(3)【ふるさとライフ資格取得補助金】Aターン者等の市内での起業に向けた資格取得費用等を補助。補助率10/10、上限30万円/年(2ヶ年60万円)。
湯沢市 (1)【空き家改修事業補助金】移住世帯を対象に、湯沢市空き家バンクに登録された空き家の改修に係る経費について、最大100万円を助成。(2)【お試し居住体験】参加者が希望する行程で、移住体験を実施。滞在費無料(JR湯沢駅までの交通費は自己負担)(3)【奨学金返還助成】秋田県奨学金返還助成(一般分)の交付決定を受けた者を対象に、奨学金の返還額の一部を助成する(上限6.7万円)。
男鹿市 空き家バンク。
大館市 空き家バンク制度(空き家の所有者と利用希望者の登録制によるマッチング)。定住奨励金制度(大館市空き家バンクに登録されている物件を移住者が成約し居住した場合、1年以内の申請で奨励金を交付するもの)。起業・創業支援補助金制度(移住者への加算あり)。大館市住宅リフォーム支援事業(市外から移住されるかたで、大館市の空家バンクに登録されている空家を購入し、リフォームされる場合は工事費の20%、上限50万円を助成)。
横手市 (1)【移住促進空家対策事業リフォーム補助金】県外からの転入者が空き家を購入した場合、リフォームにかかる費用の一部(1/2以内・上限100万円)を補助。(2)空き家バンク制度を実施。(3)移住コンシェルジュによる移住相談の受け付け。(4)移住体験ツアーの開催。
能代市 <全般>移住相談窓口、移住体験ツアー、移住交流サロン<住まい>空き家バンク、若年世帯移住促進奨励金、住宅リフォーム支援事業、「秋田スギの温もり」木のまちづくり推進事業<仕事>就業資格取得支援事業、起業等相談窓口等の起業支援、地元で働こう新規就農支援事業等の農林業支援<子育て>めんchoco誕生事業、のしろDEマナブゥ事業、能代市ふるさと人材育成・定住促進奨学金、能代市奨学金返還助成など。
秋田市 (1)子育て世帯移住促進事業(一定の要件を満たす子育て世帯が、秋田市へ移住する際に、住宅の購入・賃借および転居に係る費用を助成)(2)オーダーメイド移住相談ツアー(最高5万円まで経費を助成)(3)移住定住無料職業紹介所(移住相談センターと企画調整課内に無料職業紹介所を設置し、紹介状の発行などを行う。)(4)空き家バンク制度(5)空き家定住推進事業(6)多世帯同居・近居推進事業(市内住宅の建築、購入に対する助成)
市区町村 支援内容

【体験談】秋田県へ移住する長所・短所

秋田県へ移住するメリット

秋田県へ移住するデメリット

-秋田市のメリット-

県庁所在地なので、秋田県内の中では1番栄えています。と言っても普段から人が少ないので、落ち着いて買い物ができます。病院、学校、スーパーは徒歩圏内にあり、海も山も車で1時間以内にアクセスできます。空気が澄んでいて水が美味しく、お酒も豊富な酒蔵があります。秋田美人も多いです。

-秋田市のデメリット-

交通手段が少ないので、駅が近くにない場合は車が必須です。電車も秋田駅以外は1時間に2~3本しかなく、時間帯によっては1時間に1本しかないので、自分の生活リズムに合った交通機関があるかどうかは住む前にチェックしておいた方が良いと思います。終電も22時台なので、若い方には遊び場所が足りないかもしれません。ショッピングモールは車がないといけない郊外にあるので、車がないとアクセスが厳しいです。雪が降るので、車は4駆必須です。

-能代市のメリット-

治安がよく、自然がたっぷりです。車で5分くらいで海岸に出ますし、白神山地も近いです。

家賃も比較的安い方だと思います。人口6万弱ですが、総合病院は3カ所あります。昔はバスケの街として有名でしたので、至る所にバスケのリンクがあり、毎年有名高校を招いて能代カップという大会をやっていました。

-能代市のデメリット-

交通の便が悪いので、自家用車が無いととにかく困ります。スーパーや大型店は少し郊外に有りますので買い物には必須ですし、子供の学校への送り迎えにも必要になる場合があります。狭い街なので、兎に角噂が早いです。新しいお店が出来ると、1ヶ月くらい皆が群がります。そしてすぐあきてしまいます。通称能代衆と言われています。

-潟上市のメリット-

自然に囲まれており、子どもたちがのびのび生活できる。スーパー、病院、学校が徒歩圏内にあり、大学まで駅も徒歩圏内でいける。海にも山にも行きやすい。秋田市内まで30分以内で行ける。地価が安いので、秋田市で働く人も潟上市に家がある人が多い。子育て世帯に優しい。温泉がある。

-潟上市のデメリット-

自然に囲まれているが、海沿いは全て風力発電が並んでおり、エヴァの世界にいるようで少し異様。人口が少ない分、太陽光発電パネルが至るところにある。電波が悪くてテレビがつながりにくい。携帯も楽天の電波は届かない。老人が多い。虫が多い。家が古い。プロパンガスしか通っていないところが多い。

-横手市のメリット-

秋田県の中で、秋田市に次ぐ第2の都市。いい感じに開けているので、商業施設もあり、生活しやすい。学校、病院、スーパーなどが近くにあるので、ファミリー層に人気。交通も駅にアクセスしやすい位置ならあまり困らない。大きな病院があり、急な病気の時も安心。夏祭りは子供から老人まで町中が活気にあふれている。地価は田舎の中では栄えている方だが安め。

-横手市のデメリット-

大きなチェーン店は数店あるものの、独立して開業しているようなオシャレな店が少ない。夕方5~6時を過ぎると営業している店が一気になくなり、暗くなる。建物がどれも古い。スーパーはあるもののバラエティには富んでいないので、総菜で生活しようとするとメニューが偏りがち。周りに大学がないので、高校卒業後は市外か県外に出る人が多い。

-大館市のメリット-

山に囲まれており、水がとてもおいしい。美味しい水で育った食べ物も美味しい。忠犬ハチ公のふるさとで、秋田犬に会える。自然に囲まれているので、体調がよくなる。見渡す限り山だらけなので、目に優しい。ドームがあるので有名人がたまに来る。おばあちゃんが優しい。人が少ないのでゆったり生活できる。

-大館市のデメリット-

秋田県の中では夏は暑くなりやすい。交通手段が少ないので、車必須。山道を通らないとアクセスできないので、山道の運転が少し怖い。冬の運転はもっと怖い。1~2時間かかるので、海に滅多にいけない。杉に囲まれているので、花粉症の人は注意。大学は家から通える距離にいい大学がないので、家を出なければならない。

-にかほ市のメリット-

海と山があるので、自然観賞やアウトドアを楽しみたい人にはよいと思います。温泉もあり、日帰り入浴は350円程度で入ることができます(施設により多少誤差あり)。家賃が安いと思います。スーパー、ホームセンター、ドラッグストア等の必要最低限の物を買うところはありますので、畑をいじりながら生活するには良いと思います。

-にかほ市のデメリット-

場所にもよると思いますが、私の住んでいるところはとにかくいわゆる封建的で閉鎖的なところです。暇なのでとにかく干渉してきます。些細なことでも重箱の隅をつつくようなことをされますので、オープンな人間関係を好む人には向かないと思います。田舎特有の嫌がらせもあります。私は事情があり戻ってきましたが耐えられないので出ていきたいです。そういう人も結構います。

-湯沢市のメリット-

秋田県最南端へ位置し、名産品として稲庭うどん、あきたこまちの米所ともなっており、食が豊かで、冬の鍋にあう、セリ、夏にはサクランボ、秋には山菜といった、四季折々で食材が豊富。
また、近隣には温泉が豊富で日帰り入浴が容易にできます。秘湯ブームであった温泉が流れる滝も近くにあります。
子育て支援も行っており、市内で子供をあそばせながら、相談に乗ってくれる場所も休日でも実施している。

-湯沢市のデメリット-

田舎なため、高校卒業後、他県、または湯沢市を出て行ってしまうため、少子化、若者不足になり、娯楽が乏しい。夜も人が少なく、夜の飲食店が多い割には人と出会わなく、活気が乏しい。
仕事も市内ではなく、近隣の市町村へ出勤する場合が多い。自家用車がなければ、生活ができない。

-大仙市のメリット-

とても自然が豊かで、お水が綺麗なのでとても美味しいです。

空気も澄んでいるので、とても気分が安らかになります。

都会のような騒音などに悩まされることもありません。

夏場はカラッとしているので熱いですが過ごしやすいです。

比較的短い期間で夏が終わるため、夏が苦手な方にもおすすめです。釣りやキャンプなど、アウトドアな趣味に熱中も出来ます。

-大仙市のデメリット-

とにかく車社会なため、自家用車がなければ移動が困難です。

冬場はとても多くの雪が降り積もるため、雪かきや防寒対策をしなければなりません。スタッドレスタイヤなど必須なので、車にお金は必然的にかかってきます。バイクは冬以外に限定されてしまいます。

また、娯楽施設やお店がやはり少ないため、どうしても都会よりは娯楽が減ってしまいます。

-大仙市のメリット-

自然が豊かでお米美味しいです。市内には郊外型のイオンショッピングセンター、ヤマダ電機などの大型ショッピングセンターがあります。街にある施設、農業科学館や花火資料館は無料で見学でき他にも無料の施設が多いです。また8月には有名な「大曲の花火」があり全国各地からお客様が集まります。最近では春夏秋冬と花火大会が行われ、つい先日の春の章は夏よりも良かったと話す方もいらっしゃいました。また、なぜか災害が少ないです。

-大仙市のデメリット-

雪が多いです。今年は暖冬だったものの、毎年屋根の雪下ろしがシーズン中に1,2回。自分で出来ないと業者さんを頼まなければならず冬の出費は大変です。雪かきは毎日で朝が憂鬱です。がリタイアされた方など、雪が降ると運動のもなりますし、イキイキと雪かきをされていらっしゃいます。それから車が一人一台ないと生活できません。

-羽後町のメリット-

自然が豊かで土地が安い。冬は雪が降るが、穏やかな積もり方なので、雪を楽しむ余裕がもてる。西馬音内盆踊りなど、伝統文化を大事にする面があり、大きな時間の流れの中で生きているという実感が得られる。お蕎麦や牛肉、スイカ、米、珍しい山菜など農産物も豊か。ラーメン店なども素朴な昔ながらの味が守られており、とても美味しい。平成の大合併を乗り越えて独立している町なので、経済的な安定感がある。クラウドファンディングで作られたワインのお店や新しい道の駅等、開発にも積極的なので、今後が楽しみ。

-羽後町のデメリット-

高級ブランド物のお店は皆無。チェーンのお店はコンビニ程度なので、マクドナルドやケンタッキー、スターバックスやドトールといった、都会であれば無いわけがないと思われるお店も、基本的には無い。交通面では電車の駅はなく、バスも本数が限られているため、色々なお店に行ったり便利な生活がしたければマイカーは必須。

都道府県ページへ

Top