北海道への移住【メリットやデメリット】

北海道の基本情報

北海道への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.hokkaido.lg.jp/
人口(人) 5383579
面積(平方km) 78421.3
人口密度 68.65

北海道で人気の市区町村

北海道帯広市への移住

北海道帯広市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/帯広市]

帯広市(おびひろし)は、北海道にある市。
十勝総合振興局所在地。
計量特定市。

アイヌ語で「川尻が幾重にも裂けているもの」を意味する「オ・ペレペレケ・プ」が語源。

幕末から明治初期の記録には「オペリペリケプ」「オベレベレフ」「オベリベリ」などの記載も残っています。

いずれも帯広川が札内川に合流する直前で、幾重にも分流することに由来しています。

北海道北見市への移住

北海道北見市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/北見市]

北見市(きたみし)は、北海道オホーツク総合振興局にある市。

オホーツク海沿岸から石北峠まで東西約110kmに広がっています。

北海道で一番広い地方公共団体(日本国内では4番目の広さ)です。

この「北見」の名の由来は、明治政府から国名を諮問された松浦武四郎が「この地を従来から北海岸と唱えてきたので北の文字を用い、カラフト島が快晴の日には見えるので、北見としてはどうか」と進言したことによります。

旧北見市市制施行前の名称「野付牛」(のっけうし)は、アイヌ語の「ヌプンケシ」(野の一方の端)に由来しています。

北海道釧路市への移住

北海道釧路市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/釧路市]

釧路市(くしろし)は、北海道東部、太平洋沿岸にある市。

釧路地方裁判所や北海道釧路総合振興局をはじめとした道東地方を管轄する国や道の出先機関のほか、日本銀行支店が設置され、道東の政治経済の中心として役割を持ちます。

市町村面積としては道内で第4位となっていて、また市人口も道東では最大であり道内でも第4位です

1984年以降人口は減少傾向にあり、2014年(平成26年)4月1日には全域が過疎地域に指定されました。

国際バルク戦略港湾(穀物)に選定された釧路港を持ち、製紙工場や食料品工場、医薬品製造工場、発電所などを擁する臨海工業都市でもあります。

また、道東で…

北海道札幌市(全域)への移住

北海道札幌市(全域)への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/札幌市]

札幌市(さっぽろし)は、北海道にある政令指定都市で、道庁所在地(都道府県庁所在地)及び石狩振興局所在地となっている。
10の行政区があります。

日本最北の政令指定都市で、全国の市の中で4番目の人口を有しています。

北海道の政治・経済・文化の中心都市(プライメイトシティ)で、札幌都市圏を形成しています。

北海道函館市への移住

北海道函館市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/函館市]

函館市(はこだてし)は、北海道にある市である。
渡島総合振興局所在地。
2005年(平成17年)10月1日に中核市へ移行した。

室町時代の1454年(享徳3年)、津軽の豪族河野政通が宇須岸(ウスケシ、アイヌ語で「湾の端」という意味)に館を築き、形が箱に似ていることから「箱館」と呼ばれるようになった。
1869年(明治2年)に蝦夷地が北海道となり箱館も「函館」と改称された。

北海道の市区町村一覧

道北地方(上川/留萌/宗谷)
旭川市
士別市
名寄市
富良野市
留萌市
稚内市
愛別町
枝幸町
遠別町
小平町
上川町
上富良野町
剣淵町
下川町
鷹栖町
天塩町
当麻町
苫前町
豊富町
中川町
中頓別町
中富良野町
羽幌町
浜頓別町
美瑛町
東神楽町
東川町
比布町
美深町
幌加内町
幌延町
増毛町
南富良野町
利尻町
利尻富士町
礼文町
和寒町
音威子府村
猿払村
占冠村
初山別村
道央地方(空知/石狩/後志/胆振/日高)
赤平市
芦別市
石狩市
岩見沢市
歌志内市
恵庭市
江別市
小樽市
北広島市
札幌市(全域)
砂川市
滝川市
伊達市
千歳市
苫小牧市
登別市
美唄市
深川市
三笠市
室蘭市
夕張市
厚真町
安平町
岩内町
浦臼町
浦河町
雨竜町
えりも町
上砂川町
喜茂別町
京極町
共和町
倶知安町
栗山町
黒松内町
様似町
積丹町
白老町
新十津川町
新ひだか町
寿都町
壮瞥町
秩父別町
月形町
当別町
洞爺湖町
豊浦町
奈井江町
長沼町
南幌町
新冠町
仁木町
ニセコ町
沼田町
日高町
平取町
古平町
北竜町
むかわ町
妹背牛町
由仁町
余市町
蘭越町
赤井川村
神恵内村
島牧村
新篠津村
泊村
真狩村
留寿都村
道東地方(網走/十勝/釧路/根室)
網走市
帯広市
北見市
釧路市
根室市
紋別市
足寄町
厚岸町
池田町
浦幌町
遠軽町
雄武町
大空町
置戸町
興部町
音更町
上士幌町
上湧別町
清里町
釧路町
訓子府町
小清水町
佐呂間町
鹿追町
標茶町
標津町
士幌町
清水町
斜里町
白糠町
新得町
大樹町
滝上町
津別町
弟子屈町
豊頃町
中標津町
浜中町
美幌町
広尾町
別海町
本別町
幕別町
芽室町
湧別町
羅臼町
陸別町
更別村
鶴居村
中札内村
西興部村
道南地方(渡島/檜山)
函館市
北斗市
厚沢部町
今金町
江差町
奥尻町
長万部町
乙部町
上ノ国町
木古内町
鹿部町
知内町
せたな町
七飯町
福島町
松前町
森町
八雲町
札幌市の区一覧
厚別区
北区
清田区
白石区
中央区
手稲区
豊平区
西区
東区
南区
北海道

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、北海道へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、北海道での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。北海道へ移住するならいつ?

北海道の移住支援情報

市区町村 支援内容
北斗市 (1)空き家バンク(2)北斗市空き家バンク利活用事業補助金(最大100万円)(3)北斗市三大都市圏・札幌圏ウェルカム移住支援事業補助金(最大20万円)。
北広島市 空き地空き家バンク
伊達市 【空き家バンクすみか】住宅、空き地の紹介・斡旋。【移住体験】移住体験物件「グランテージ北湘南」12.1万円/月~。冷蔵庫や洗濯機など生活に必要な最低限の備品あり。【新規就農】市が認めた青年等就農計画に基づき研修を受けている方を対象に、月額10万円を最大2年間支援。住宅賃貸契約時の諸費用(敷金・礼金・契約金・火災保険金)の全額と毎月の家賃から1.5万円を引いた額を最大2年間支援する。
恵庭市 移住担当窓口対応(移住に関するご相談などをワンストップで対応)。移住・定住の情報サイト開設。市内案内ツアー。東京など首都圏への出張相談会。恵庭移住者交流会の実施など。
登別市 登別市の移住体験事業(ちょっと暮らし)登別温泉街にある移住体験施設で、登別の暮らしを体験可能。1室1名・7泊8日で1万6,100円、8泊以降1泊2,300円。1室2名・7泊8日で3万100円、8泊以降1泊4,300円。1室3名・7泊8日で4万600円、8泊以降1泊5,800円。
富良野市 (1)ワンストップ相談窓口(2)空き家バンク
深川市 移住希望者のワンストップ窓口として「移住定住サポートセンター」を設置。実際に深川へ移住した専任コンシェルジュ2名が皆様をサポート。また、日帰り1DAYツアーから最長6ヶ月の長期滞在まで各種移住体験プランをご用意しているほか、深川市へ移住後2年以内に自らが住む住宅を建設または購入された方には1.5万円分の商品券を移住記念品として贈呈。
歌志内市 (1)【定住促進制度】市内で新築住宅を取得した場合等、最大で450万円の奨励金を交付(2)【空き家バンク】(3)【短期移住生活体験】
砂川市 1ヶ月3万円~5万円(別途光熱水費)で1週間~2ヶ月間の移住体験ができる(完全予約制、応募多数の場合は抽選)。市内にある空き家空き地の物件情報を所有者等の申請を受けて、登録・公開している。
滝川市 市内事業者と連携した「住まいネットワーク」により、土地や住宅に関する情報提供を一括窓口で対応。住宅を新築・購入した方に最大100万円の補助金を交付。
千歳市 移住相談窓口の開設、千歳市空き家・空き地情報のホームページを開設
根室市 (1)移住体験住宅によるお試し暮らし(2)ワンストップ窓口の設置(3)空き家・空き地バンク制度の実施(4)根室市移住交流促進協議会による各種移住事業の実施(5)市内で新たに創業等をするUIターン者を支援
三笠市 (1)若者移住定住促進家賃助成(支払家賃を基準に最大月3万円を商品券で交付)。(2)住宅建設等費用助成(転入者分、新築最大150万円、中古購入最大50万円助成)。3)移住定住向け民間アパートの建設費用一部助成(1棟あたり最大600万円の助成)。※詳細はみかさぐらし三笠市移住定住情報のサイト参照。
名寄市 【新規就農者等支援事業】営農実習助成金(1人当たり年額10万円以内等)、営農指導助成金(1人当たり月額7万円以内)、経営準備支援助成金(1人当たり月額10万円以内等)、経営自立安定補助金、農用地取得借入金償還利子補給金。【お試し移住住宅貸付】1泊2,600円から3,200円で、1週間から1ヶ月まで。
士別市 (1)1泊1,700円~(住宅の種類により変動)で、5日から2ヶ月間滞在可能。生活備品が一通り揃っており、気軽に「移住生活」や「二地域居住生活」を体験することができる。(2)空き家・空地バンク制度の実施。
紋別市 おためし暮らし体験生活の実施。紋別市定着奨励助成金としてU・Iターン希望者が紋別市に移住し、人手不足の業種の企業で常用雇用となった際に、企業が対象者へ移住に係る経費を支給した場合、その企業に対して紋別市への移住に要した交通費、引越運送料、賃貸契約に係る敷金などを助成。
赤平市 おためし暮し(1泊1,500円で1週間から1ヶ月までの移住体験)。空き家対策として「あかびら住みかエール」として、市内の空き家の情報提供を行い、希望者に物件所有者との連絡の斡旋を行う。【民間賃貸住宅家賃助成事業】市内民間賃貸住宅に居住する移住者に3万円を上限として市内商品券を助成。
芦別市 空き家・空き地情報バンク。持ち家取得奨励事業(住宅を新築・購入した者に地元産木材使用加算を含め、最大140万円の奨励金を交付)。
美唄市 【美唄市移住・定住促進助成金】新築住宅等を購入した者に対して助成金を最大150万円、中古住宅を購入した者に対して助成金を最大50万円交付。さらに15歳未満の子が3人以上の場合は3人目以降1人につき助成額10万円の加算あり。また美唄市への移住・定住情報も提供。
稚内市 2015年度より稚内市への移住を検討している方に対し、1週間から1ヶ月以内で、「稚内市移住体験住宅」の貸付を行い、実際に稚内での生活を体験してもらう「ちょっと暮らし移住体験推進事業」を実施している。2018年度より郊外に2棟を追加したほか、ウィークリーマンション事業者と連携し3室を整備し、市街地1棟と3室、郊外4棟の体制で移住体験者の受け入れを行なっている。
網走市 網走市で1ヶ月以上の滞在を希望される方を対象に「お試し暮らし滞在用物件」をご紹介している。
岩見沢市 (1)住宅購入支援助成金。(2)空き家・空き地情報の提供。(3)お試し暮らし事業。(4)新規就農サポート事業。
夕張市 夕張市新築住宅取得費補助金、夕張市中古住宅住宅取得費補助金、夕張市リフォーム工事費補助金、夕張市不動産情報ホームページの開設。
北見市 移住コンシェルジュが移住に係る相談対応や移住後のフォローのほか「北見で暮らす」という視点で市内案内ツアーを随時実施。
帯広市 短期移住体験のための滞在施設を割安で提供。
釧路市 直接的な移住支援制度ではないが、マンスリーマンション等の確保や滞在中に役立つ生活情報等の発信による受入環境整備を行うなど、民間事業者と連携し、お試し暮らしとして一定期間滞在していただく、長期滞在事業を実施。
室蘭市 シーズンステイ(ちょっと暮らし)住宅の提供
旭川市 (1)「移住ワンストップ窓口」の設置(2)市のホームページやSNS、パンフレットなどでの情報提供(3)短期から長期までお試し暮らしが可能な移住生活体験住宅を3棟設置。地域おこし協力隊が運営する、まちなかで移住体験ができるゲストハウスと連携(4)【山村定住促進補助金制度】江丹別地域に住宅を新築又は購入して移住者に、1件あたり最大300万円を補助。加算あり。(5)移住体験ツアーや移住サロンの運営(地域おこし協力隊への委嘱)
小樽市 市に移住の相談を受けるワンストップ窓口を設置しているとともにホームページによる情報提供を行っているほか、起業希望者を対象とした体験ツアーを実施している。
函館市 首都圏等で移住を検討されている方に対応するため、東京都内のふるさと回帰支援センターに当市の情報ブースを設置し相談にも応じているほか、函館市内においても、移住相談や移住後の暮らしのサポートを行うための窓口として移住サポートセンターを開設している(業務についてはNPO法人に委託)。また、住んでみてわかる函館の魅力や暮らしを体験するため、ウィークリーマンションなどを紹介する「ちょっと暮らし in はこだて」事業を実施している。
市区町村 支援内容

【体験談】北海道へ移住する長所・短所

北海道へ移住するメリット

北海道へ移住するデメリット

-北広島市のメリット-

札幌に近いのですが、田舎なので静かでのどかで落ち着いた気持ちでいれます。
山に近いので空気も美味しいです。交通量も適度で車の運転も快適です。団地が多く家賃も安いのでいいとおもいます。
2023年にはドームも完成するので、北広島はこれからの発展にも期待できるとおもいます。

-北広島市のデメリット-

大曲のほうに住んでいると買い物や外食などは困らだと思いますが、北広島駅に近い住宅地だと買い物するところも決まってしまっていて、行きたいところにいこうと思うと電車やバスで交通費がかさむので、車を持たないと結構不便なところがあるとおもいます。団地が多いのですが、エレベーターが付いてない所が多いので高齢者の方が多い北広島の住民にとっては少々きつい所があるのかなとおもいます。

-美幌町のメリット-

人口が約2万人と少ないので、あまり物騒な事件もなく、自然豊かでわりと静かなのんびりとした環境で生活出来ます。田舎なので、社会人になると車は一人一台持っていないと不便ですが、公共交通機関による通勤ラッシュなどは経験しなくて良いですし、移動も買い物も車なのでとても楽です。

-美幌町のデメリット-

ゴミの回収日が極端に少ない(生ごみ週一回・プラごみ二週間に一回・資源ごみ月一回)ので、集合住宅だとゴミ集積所が溢れたり、カラスに荒らされて夏場は特に汚いです。潔癖症の人には辛いと思います。スーパーは3店舗しかなく、買いに行くスーパーが偏ります。総合病院がありますが、医師不足なのか休診中の科もあり不便です。

-中標津町のメリット-

牧草地が多く、いわゆる北海道らしい風景が見られること。また、牛乳やチーズ、アイスクリームなど、乳製品がすごくおいしいのは言わずもがな魅力。以前食べたミルキーカレーがおいしかった。海に近いので、海産物もおいしい。人がやさしい。空気が澄んでいてきれい。スピードスケートが楽しめるのは道東ならでは、と言っても良いかもしれない(札幌はスキーが主流?ですね)。年々人口は増加しており、まだまだ栄えていく街。

-中標津町のデメリット-

近くに娯楽施設が少ないこと。もちろん都会ではないので、どこへ行くにも自家用車がなければ不便であり、徒歩で行ける範囲がせまいこと。一応バスは走っています。夏は涼しいけれど、冬は寒く、氷点下何十度ということはざらにある。路面が凍結しやすいため、車はアイスバーンしやすい。

-滝川市のメリット-

特急列車が1時間に約2本(時間帯によっては1本です)走っており、札幌へは50分で、旭川には30分で行くことができ、高速バスでも行くことができるので大変便利です。買い物も市内にスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどが何件もあるので困ることはありません。
また、居酒屋やラーメン屋、焼き肉屋、洋菓子店が何店舗もあり、おいしいと思えるお店がいっぱいあります。
駅から少し行くと大きな河川敷があり、グライダーの飛行場まで行けばグライダーが飛ぶ瞬間や飛んでいる様子をのんびり楽しむこともできます。

-滝川市のデメリット-

洋服を取り扱っているのが大手チェーンのお店しかないのでブランドものが皆無です。そのため着ているものが通りすがりの人と被っていることがままあります。実際に商品を見てみたい、試着したい場合は札幌や旭川まで出かけなければならないのでとても不便です。
化粧品に関しても同様でプチプラと呼ばれるコスメはある程度売っているのですが、雑誌に載っているような高級ブランドコスメやおしゃれなコスメは皆無です。ネットでも頼むことはできますが、色味や使用感を試したい場合は札幌や旭川まで出なければならないのでこちらもまた不便です。

-士幌町のメリット-

嫁いで40年近くになりずっとこの街に住んでいます。夫の親の代からある家で建て替えもしましたが、土地があるので
安く建て替えすることができました。田舎なので自然が多くのんびりと暮らしています。子供たちも中学校まで地元で
幼稚園からの知り合いが沢山います。農業の町です。

-士幌町のデメリット-

子どもたちは高校は1時間くらいの距離の帯広まで行きました。地元は農業高校しかないので不便です。さらに大学となると札幌です。そんなことで子供たちの教育費にはだいぶ費用が掛かりました。内科の病院はありますが、眼科、耳鼻科など専門の病院がないので隣町まで30分かけて行きます。そういう点は不便です。

-釧路市のメリット-

人口15万人弱の都会でも田舎でもないいわゆる「トカイナカ」ってところなので、湿原がメインの緑も身近にありますし、病院や商業施設などの生活に必要な建物や公共施設は揃っています。なので、生活に不自由さは感じません。釧路市なので海産物が豊富でイコールごはんがおいしい!です。

-釧路市のデメリット-

空港も駅もバスもタクシーもあるんですが、正直、マイカーがないと不便です。どこに行くにも、そこそこ距離があるので、徒歩だと疲れます。コンビニですらも、車がないとシンドイです。冬はめちゃくちゃ寒いです。日中でもプラス温度になりません。その為、一日中暖房を入れておかなければならず、暖房代が半端なくかかります。

-岩見沢市のメリット-

北海道の市町村全体に言えることですが、四季を感じることができる、一戸建てだと敷地が広くのびのび暮らせるなどです。また子育て世帯にとっては医療費の補助が年々充実してきており、現在では小学生までは通院費と入院費が無料、中学生までは入院費が無料です。個人的には図書館が充実していて、なかなか借りられないベストセラー等も比較的短時間で手元に来るので頻繁に利用しています。

-岩見沢市のデメリット-

北海道の中でもかなり雪が多い地域です。冬になると雪雲が入ってくるルートにさえぎるものがないので、一日で40センチ~50センチざらに降り積もり、朝車で出ていくと帰りには止めるところがないとか、車の雪下ろしに時間がかかりすぎて出発するのが遅れるとか、かなり前日の天気予報に気を使ってスケジュールをたてないといけないのがとても苦痛です。また田舎にありがちですが、車がないと生活できません。徒歩圏にお店とか病院とかはありません。バスは1時間に一本程度なのであてになりません。年寄りには暮らすのが辛いかと思います。

-岩見沢市のメリット-

農業が盛んな町ですが、買い物するお店など多く、日々の生活の買い物で困ることはないです。自然も多く、公園も多いので子育てにも良いと思います。車で1時間程で札幌にも行けるので遊ぶ場所にも困らないし、住みやすい街です。冬は雪も多いので雪遊びやスキー場なども近くにあるのでレジャーも楽しめます。

-岩見沢市のデメリット-

豪雪地帯なので、冬場の雪かきなどが大変です。かなり雪が降った日は2車線の道が1車線になることも多く、仕事や学校に通う時には雪のせいで遅刻することもあります。住宅地でもバスの本数が少ない所があるので、自家用車がないと通学・出勤や買い物に不便だと思います。アパートも結構数はありますが、駅までの距離が離れている割に家賃が高いです。

-音更町のメリット-

北海道にある音更町は自然が豊かで空気が美味しいです。農業も盛んなので、農作物も美味しいです。田舎なので近所の付き合いもあり、人の優しさを感じられます。スーパーやドラッグストア、電気屋さんなども充実しているので、買い物に困ることはありません。とても住みやすい街だと思います。

-音更町のデメリット-

交通の便は、少し不便だと思います。近くのとかち帯広空港からは、東京行きのみです。普段は車がないと移動が不便です。気候は夏は35度を超える日もあります。そして冬はマイナス20度を下回る日もあり、とても寒いです。北海道の中では夏は暑くて、冬は寒い地域だと思います。

-富良野市のメリット-

景色がとにかく綺麗です。雄大な山脈が遠くに見え、近くには原始的な森や広大な畑が広がり、どこもかしこも写真集に出てきそうな綺麗な風景です。ちょっと車で出かけるだけで楽しいドライブができます。観光客は多いですが、広いので混雑するというほどでもなく、人がすくないところでのんびりできます。農作地帯なので新鮮な野菜が手に入りやすいです。

-富良野市のデメリット-

車がないと生活が成り立たないことが多いです。市の一番の中心地に住んだとしても、買い物などで車がないと苦労すると思います。住宅地でもヒグマが出ることがあり、冬は極寒に加え吹雪が起きるなど、自然の脅威が身近にあります。市街地から離れたところに暮らす場合は、隣人も少ないためさらにたくましさが必要な環境になります。

都道府県ページへ

Top