北海道への移住【メリットやデメリット】

北海道の基本情報

北海道への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.hokkaido.lg.jp/
人口(人) 5383579
面積(平方km) 78421.3
人口密度 68.65

北海道の市区町村一覧

道北地方(上川/留萌/宗谷)
旭川市
士別市
名寄市
富良野市
留萌市
稚内市
愛別町
枝幸町
遠別町
小平町
上川町
上富良野町
剣淵町
下川町
鷹栖町
天塩町
当麻町
苫前町
豊富町
中川町
中頓別町
中富良野町
羽幌町
浜頓別町
美瑛町
東神楽町
東川町
比布町
美深町
幌加内町
幌延町
増毛町
南富良野町
利尻町
利尻富士町
礼文町
和寒町
音威子府村
猿払村
占冠村
初山別村
道央地方(空知/石狩/後志/胆振/日高)
赤平市
芦別市
石狩市
岩見沢市
歌志内市
恵庭市
江別市
小樽市
北広島市
札幌市(全域)
砂川市
滝川市
伊達市
千歳市
苫小牧市
登別市
美唄市
深川市
三笠市
室蘭市
夕張市
厚真町
安平町
岩内町
浦臼町
浦河町
雨竜町
えりも町
上砂川町
喜茂別町
京極町
共和町
倶知安町
栗山町
黒松内町
様似町
積丹町
白老町
新十津川町
新ひだか町
寿都町
壮瞥町
秩父別町
月形町
当別町
洞爺湖町
豊浦町
奈井江町
長沼町
南幌町
新冠町
仁木町
ニセコ町
沼田町
日高町
平取町
古平町
北竜町
むかわ町
妹背牛町
由仁町
余市町
蘭越町
赤井川村
神恵内村
島牧村
新篠津村
泊村
真狩村
留寿都村
道東地方(網走/十勝/釧路/根室)
網走市
帯広市
北見市
釧路市
根室市
紋別市
足寄町
厚岸町
池田町
浦幌町
遠軽町
雄武町
大空町
置戸町
興部町
音更町
上士幌町
上湧別町
清里町
釧路町
訓子府町
小清水町
佐呂間町
鹿追町
標茶町
標津町
士幌町
清水町
斜里町
白糠町
新得町
大樹町
滝上町
津別町
弟子屈町
豊頃町
中標津町
浜中町
美幌町
広尾町
別海町
本別町
幕別町
芽室町
湧別町
羅臼町
陸別町
更別村
鶴居村
中札内村
西興部村
道南地方(渡島/檜山)
函館市
北斗市
厚沢部町
今金町
江差町
奥尻町
長万部町
乙部町
上ノ国町
木古内町
鹿部町
知内町
せたな町
七飯町
福島町
松前町
森町
八雲町
札幌市の区一覧
厚別区
北区
清田区
白石区
中央区
手稲区
豊平区
西区
東区
南区
北海道

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、北海道へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、北海道での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。北海道へ移住するならいつ?

北海道の移住支援情報

市区町村 支援内容
北斗市 (1)空き家バンク(2)北斗市空き家バンク利活用事業補助金(最大100万円)(3)北斗市三大都市圏・札幌圏ウェルカム移住支援事業補助金(最大20万円)。
北広島市 空き地空き家バンク
伊達市 【空き家バンクすみか】住宅、空き地の紹介・斡旋。【移住体験】移住体験物件「グランテージ北湘南」12.1万円/月~。冷蔵庫や洗濯機など生活に必要な最低限の備品あり。【新規就農】市が認めた青年等就農計画に基づき研修を受けている方を対象に、月額10万円を最大2年間支援。住宅賃貸契約時の諸費用(敷金・礼金・契約金・火災保険金)の全額と毎月の家賃から1.5万円を引いた額を最大2年間支援する。
恵庭市 移住担当窓口対応(移住に関するご相談などをワンストップで対応)。移住・定住の情報サイト開設。市内案内ツアー。東京など首都圏への出張相談会。恵庭移住者交流会の実施など。
登別市 登別市の移住体験事業(ちょっと暮らし)登別温泉街にある移住体験施設で、登別の暮らしを体験可能。1室1名・7泊8日で1万6,100円、8泊以降1泊2,300円。1室2名・7泊8日で3万100円、8泊以降1泊4,300円。1室3名・7泊8日で4万600円、8泊以降1泊5,800円。
富良野市 (1)ワンストップ相談窓口(2)空き家バンク
深川市 移住希望者のワンストップ窓口として「移住定住サポートセンター」を設置。実際に深川へ移住した専任コンシェルジュ2名が皆様をサポート。また、日帰り1DAYツアーから最長6ヶ月の長期滞在まで各種移住体験プランをご用意しているほか、深川市へ移住後2年以内に自らが住む住宅を建設または購入された方には1.5万円分の商品券を移住記念品として贈呈。
歌志内市 (1)【定住促進制度】市内で新築住宅を取得した場合等、最大で450万円の奨励金を交付(2)【空き家バンク】(3)【短期移住生活体験】
砂川市 1ヶ月3万円~5万円(別途光熱水費)で1週間~2ヶ月間の移住体験ができる(完全予約制、応募多数の場合は抽選)。市内にある空き家空き地の物件情報を所有者等の申請を受けて、登録・公開している。
滝川市 市内事業者と連携した「住まいネットワーク」により、土地や住宅に関する情報提供を一括窓口で対応。住宅を新築・購入した方に最大100万円の補助金を交付。
千歳市 移住相談窓口の開設、千歳市空き家・空き地情報のホームページを開設
根室市 (1)移住体験住宅によるお試し暮らし(2)ワンストップ窓口の設置(3)空き家・空き地バンク制度の実施(4)根室市移住交流促進協議会による各種移住事業の実施(5)市内で新たに創業等をするUIターン者を支援
三笠市 (1)若者移住定住促進家賃助成(支払家賃を基準に最大月3万円を商品券で交付)。(2)住宅建設等費用助成(転入者分、新築最大150万円、中古購入最大50万円助成)。3)移住定住向け民間アパートの建設費用一部助成(1棟あたり最大600万円の助成)。※詳細はみかさぐらし三笠市移住定住情報のサイト参照。
名寄市 【新規就農者等支援事業】営農実習助成金(1人当たり年額10万円以内等)、営農指導助成金(1人当たり月額7万円以内)、経営準備支援助成金(1人当たり月額10万円以内等)、経営自立安定補助金、農用地取得借入金償還利子補給金。【お試し移住住宅貸付】1泊2,600円から3,200円で、1週間から1ヶ月まで。
士別市 (1)1泊1,700円~(住宅の種類により変動)で、5日から2ヶ月間滞在可能。生活備品が一通り揃っており、気軽に「移住生活」や「二地域居住生活」を体験することができる。(2)空き家・空地バンク制度の実施。
紋別市 おためし暮らし体験生活の実施。紋別市定着奨励助成金としてU・Iターン希望者が紋別市に移住し、人手不足の業種の企業で常用雇用となった際に、企業が対象者へ移住に係る経費を支給した場合、その企業に対して紋別市への移住に要した交通費、引越運送料、賃貸契約に係る敷金などを助成。
赤平市 おためし暮し(1泊1,500円で1週間から1ヶ月までの移住体験)。空き家対策として「あかびら住みかエール」として、市内の空き家の情報提供を行い、希望者に物件所有者との連絡の斡旋を行う。【民間賃貸住宅家賃助成事業】市内民間賃貸住宅に居住する移住者に3万円を上限として市内商品券を助成。
芦別市 空き家・空き地情報バンク。持ち家取得奨励事業(住宅を新築・購入した者に地元産木材使用加算を含め、最大140万円の奨励金を交付)。
美唄市 【美唄市移住・定住促進助成金】新築住宅等を購入した者に対して助成金を最大150万円、中古住宅を購入した者に対して助成金を最大50万円交付。さらに15歳未満の子が3人以上の場合は3人目以降1人につき助成額10万円の加算あり。また美唄市への移住・定住情報も提供。
稚内市 2015年度より稚内市への移住を検討している方に対し、1週間から1ヶ月以内で、「稚内市移住体験住宅」の貸付を行い、実際に稚内での生活を体験してもらう「ちょっと暮らし移住体験推進事業」を実施している。2018年度より郊外に2棟を追加したほか、ウィークリーマンション事業者と連携し3室を整備し、市街地1棟と3室、郊外4棟の体制で移住体験者の受け入れを行なっている。
網走市 網走市で1ヶ月以上の滞在を希望される方を対象に「お試し暮らし滞在用物件」をご紹介している。
岩見沢市 (1)住宅購入支援助成金。(2)空き家・空き地情報の提供。(3)お試し暮らし事業。(4)新規就農サポート事業。
夕張市 夕張市新築住宅取得費補助金、夕張市中古住宅住宅取得費補助金、夕張市リフォーム工事費補助金、夕張市不動産情報ホームページの開設。
北見市 移住コンシェルジュが移住に係る相談対応や移住後のフォローのほか「北見で暮らす」という視点で市内案内ツアーを随時実施。
帯広市 短期移住体験のための滞在施設を割安で提供。
釧路市 直接的な移住支援制度ではないが、マンスリーマンション等の確保や滞在中に役立つ生活情報等の発信による受入環境整備を行うなど、民間事業者と連携し、お試し暮らしとして一定期間滞在していただく、長期滞在事業を実施。
室蘭市 シーズンステイ(ちょっと暮らし)住宅の提供
旭川市 (1)「移住ワンストップ窓口」の設置(2)市のホームページやSNS、パンフレットなどでの情報提供(3)短期から長期までお試し暮らしが可能な移住生活体験住宅を3棟設置。地域おこし協力隊が運営する、まちなかで移住体験ができるゲストハウスと連携(4)【山村定住促進補助金制度】江丹別地域に住宅を新築又は購入して移住者に、1件あたり最大300万円を補助。加算あり。(5)移住体験ツアーや移住サロンの運営(地域おこし協力隊への委嘱)
小樽市 市に移住の相談を受けるワンストップ窓口を設置しているとともにホームページによる情報提供を行っているほか、起業希望者を対象とした体験ツアーを実施している。
函館市 首都圏等で移住を検討されている方に対応するため、東京都内のふるさと回帰支援センターに当市の情報ブースを設置し相談にも応じているほか、函館市内においても、移住相談や移住後の暮らしのサポートを行うための窓口として移住サポートセンターを開設している(業務についてはNPO法人に委託)。また、住んでみてわかる函館の魅力や暮らしを体験するため、ウィークリーマンションなどを紹介する「ちょっと暮らし in はこだて」事業を実施している。
市区町村 支援内容

【体験談】北海道へ移住する長所・短所

北海道へ移住するメリット

北海道へ移住するデメリット

-栗山町のメリット-

まず、車が少ないので空気がきれいです。それと夜になればそとから鈴虫の鳴き声が聞こえてくるので、とても季節感を感じることができます。星もきれいです。以外かもしれませんが害虫、特に蚊は少ないです。やはり人間の多いところに集まるのでしょう。土地も安いので一軒家の購入を考えているならチャンスかもしれません。

-栗山町のデメリット-

まずは大型複合施設はないです。それと交通機関がないので車が必須ですね。田舎は人間が暖かいというステレオタイプがありますがそんなことはありません。田舎には田舎のコミュニティがあるので、町外から来た人はいつまでたっても「よそ者」扱いです。あと害虫は少ないですが虫はやはり多いので苦手な人は住むのは難しいと思います。

-網走市のメリット-

オホーツク管内では比較的大きな街です。学校や大学などもあり街自体に活気があります。飲食店も多くありレストランやカフェ、地元で魚を捕れた新鮮な海産物を活かしたお寿司屋さんや居酒屋さんもあり、近隣からも食べ物目当てで訪れる人も多くいます。博物館や美術館もあり、文化的なものにも触れやすい環境にある街です。

-網走市のデメリット-

大学があり一人暮らしの人が多い割には、アパートが少なく、平均の家賃が高い方の街だと思います。郊外にアパートもあるのですが、まわりにスーパーなどの商業施設がないので、車がない人にとっては不便な環境だと思います。寒いので、寒いのが苦手な人にとっては、心して住まなければならない土地だと思います。

-北見市のメリット-

北見市は盆地になっており、海がないため潮風がなく夏場でも体がべたつくこともないです。また、北見市は北海道にあるので本州と比べて涼しく気持ちよく過ごすことができます。北見市の町は都会ではありませんが、落ち着きのある街並みです。だからこそなのか、住んでる人の人あたりも良く住みやすいです。

-北見市のデメリット-

北見市は盆地なので、冬場には山から寒い風が下りてくるため北海道の中でも比較的気温が低く、本州の気温に慣れている人だと厚着をしても耐えられない程寒くなることもあります。また、降雪量が多く朝出勤する人などはいつもより1時間早く起きて除雪をしてから出社するというのはめずらしくはありません。

-北見市のメリット-

日照率が高く夏は暑いですがカラッとした気候のため過ごしやすいです。ソーラーカーの大会などが行われるほど天気は良い町なので、雨が嫌いな方などは北見市に住むことで快適な生活を送ることができます。またホタテやエビなど近隣に美味しい魚介類が豊富なので、グルメを楽しみたい方にも最適です。

-北見市のデメリット-

日照率は高いのですが冬は雪が降ります。毎日のように降るわけではありませんが1回で数十センチ程度の積雪量になるため雪かきが大変な点がデメリットになります。また冬道は慣れていないと滑りやすく、事故のリスクも若干ですがあります。ただスキーなどのウィンタースポーツを楽しめる利点もあります。

-北見市のメリット-

北海道の東に位置しており、交通の便がいいとは言えませんが、女満別空港、JR、バスなど道内外とのアクセスは可能で、小さい街なので市内までの道のりもそれほど長くはありません。最近では、カーリングで話題を集めていますし、焼肉で町おこしをしていたり、ハッカやタマネギなどの特産品も多く、魅力ある街です。

-北見市のデメリット-

道東にあるため、札幌など中心地に向かうにはJRで4-5時間かかり、不便に感じる場面があります。東京へ向かうにも飛行機の便数が少なく、旅行日程を組む際には苦労します。また、夏場は暑く、冬場は大雪で自然にふりまわされ、厳しい住環境に慣れなくてはいけません。レジャー施設や観光名所が少ないため、デートや家族で遊びにいくのはもっぱら市外です。

-北見市のメリット-

空気は美味しいし、海のもの、山ものなどは近いので美味しいものがたくさんあります。夏は暑く、冬は雪が降るので子供達にとってみたらとても楽しい場所だと思います。冬はスキーやスケートをやることができます。夏は海も近いので便利です。
エアコンがなくても扇風機だけでも頑張れば生活できます。

-北見市のデメリット-

冬は雪が降ってたまに除雪が入ってないと車が出れないことがあります。そして雪の影響で車を運転していると見通しが悪いところが多々あります。バスなどの便がちょっと少ない感じがしますのできちんと考えて行動しないと大変になります。冬は寒いので燃料代が結構かかります。暖房なしでは生活できません。

-北見市のメリット-

オホーツク管内では一番大きな市になるので、サラリーマンの人も多くいる街です。デパートや大型店のスーパーや、映画館もあるので、普段の買い物や遊びも満足できる環境にある街です。ちょっと離れた場所には山もあり、スキー場もあるので、自然に触れることができる環境もあるのが魅力の街です。

-北見市のデメリット-

北海道の中でもトップクラスの冬の最低気温が低い街なので、家選びなどをかなり気をつけないと後で後悔することになります。バスや列車の交通機関の時間の便が悪いので、車がないと、買い物するのにも、仕事に行くのにも、不便さを感じる場面も多くあると思います。特に寒いので待ち時間は地獄です。

-函館市のメリット-

北海道の中でも有名な観光名所であるため、夜景や教会など見所満載の街です。また、季節に応じて桜、港まつり、クリスマスイルミネーションなどの催しものがあり、住民としても四季を楽しめます。海が近いことから、海産物が特産品で、新鮮な魚や海鮮丼がお手頃価格で楽しむことができます。スイーツやハンバーガーなど函館ならではのグルメもあり、魅力の多い街です。

-函館市のデメリット-

元町、五稜郭付近は観光地として栄えていますが、それ以外の場所については一般的な地域と変わりありません。漁業で栄えてきた背景もあり、言葉のなまりがきつかったり、車の運転が荒かったりと、函館出身者以外からみると違和感を感じる場面が多々あります。札幌まではJRで4時間、空港も小さく、道外とのアクセスはいまいちです。新幹線についても費用、時間ともに不便さを感じます。

-八雲町のメリット-

自然が多く空気が綺麗で静か、落ち着いて暮らせる環境です。農産、水産ともに盛んで新鮮な食べ物がおいしいです。スーパーが数軒、衣料品店家電量販店などもあり買い物にはそれほど困りません。総合病院もあり安心できます。養老施設などの福祉も充実していると思います。北海道でも南の方なので比較的暖かいです。雪は降りますが除雪頻度は高いので比較的過ごしやすいです。

-八雲町のデメリット-

若年層には物足りなく感じる街だと思います。映画館など娯楽施設が無く、ファストフード店もないので集まって遊べる場所がありません。最低限必要なものは買えますが、大きなデパートなどが無いのでほとんどの住民が函館市まで買い物に行きます。また街中を移動する手段がタクシーや自家用車しかなく少し不便です。

-弟子屈町のメリット-

緑深く自然豊かな街です。温泉が有名で、その温泉目当てで観光客の人も多く訪れる観光地です。仕事は、林業が盛んで、ホテルや宿、ネイチャーガイドなどの観光業も盛んで、道外からの移住者の人も多く、町の人たちも移住者の人を受け入れやすい意識があります。カフェなど面白いお店も多いです。

-弟子屈町のデメリット-

観光業が盛んなので、シーズンが過ぎてしまうと活気が薄れて寂しい街並みになります。仕事も限られるので、季節労働で滞在するなら良いのかもしれませんが、定住して仕事をするとなると、住居や職探しは難しいと思います。病院なども少ないので健康に自信がない人にはオススメできない土地だと思います。

 

都道府県ページへ

Top