北海道への移住【メリットやデメリット】

北海道の基本情報

北海道への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.hokkaido.lg.jp/
人口(人) 5383579
面積(平方km) 78421.3
人口密度 68.65

北海道の市区町村一覧

道北地方(上川/留萌/宗谷)
旭川市
士別市
名寄市
富良野市
留萌市
稚内市
愛別町
枝幸町
遠別町
小平町
上川町
上富良野町
剣淵町
下川町
鷹栖町
天塩町
当麻町
苫前町
豊富町
中川町
中頓別町
中富良野町
羽幌町
浜頓別町
美瑛町
東神楽町
東川町
比布町
美深町
幌加内町
幌延町
増毛町
南富良野町
利尻町
利尻富士町
礼文町
和寒町
音威子府村
猿払村
占冠村
初山別村
道央地方(空知/石狩/後志/胆振/日高)
赤平市
芦別市
石狩市
岩見沢市
歌志内市
恵庭市
江別市
小樽市
北広島市
札幌市(全域)
砂川市
滝川市
伊達市
千歳市
苫小牧市
登別市
美唄市
深川市
三笠市
室蘭市
夕張市
厚真町
安平町
岩内町
浦臼町
浦河町
雨竜町
えりも町
上砂川町
喜茂別町
京極町
共和町
倶知安町
栗山町
黒松内町
様似町
積丹町
白老町
新十津川町
新ひだか町
寿都町
壮瞥町
秩父別町
月形町
当別町
洞爺湖町
豊浦町
奈井江町
長沼町
南幌町
新冠町
仁木町
ニセコ町
沼田町
日高町
平取町
古平町
北竜町
むかわ町
妹背牛町
由仁町
余市町
蘭越町
赤井川村
神恵内村
島牧村
新篠津村
泊村
真狩村
留寿都村
道東地方(網走/十勝/釧路/根室)
網走市
帯広市
北見市
釧路市
根室市
紋別市
足寄町
厚岸町
池田町
浦幌町
遠軽町
雄武町
大空町
置戸町
興部町
音更町
上士幌町
上湧別町
清里町
釧路町
訓子府町
小清水町
佐呂間町
鹿追町
標茶町
標津町
士幌町
清水町
斜里町
白糠町
新得町
大樹町
滝上町
津別町
弟子屈町
豊頃町
中標津町
浜中町
美幌町
広尾町
別海町
本別町
幕別町
芽室町
湧別町
羅臼町
陸別町
更別村
鶴居村
中札内村
西興部村
道南地方(渡島/檜山)
函館市
北斗市
厚沢部町
今金町
江差町
奥尻町
長万部町
乙部町
上ノ国町
木古内町
鹿部町
知内町
せたな町
七飯町
福島町
松前町
森町
八雲町
札幌市の区一覧
厚別区
北区
清田区
白石区
中央区
手稲区
豊平区
西区
東区
南区

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】北海道へ移住する長所・短所

北海道へ移住するメリット

北海道へ移住するデメリット

-稚内市のメリット-

土地の坪単価が安く、家族で済むと市役所から土地を譲り受け出来たりもしマイホームも簡単に持てます。
魚介類がおいしく、価格も安い。
とくに、ほたて・にしん・鮭・たらが美味しく価格も本州の半分以下、漁師さんと仲良くなると味は変わらないキズものなども持ってきてくれたりします。
特に食はすごい満足です。

-稚内市のデメリット-

周りに大きいショッピングセンターなどがなく、ショッピングなどは札幌・旭川まで出ないといけません。いちばん近くとも往復6時間の為、気軽に日帰りではいけません。
病院なども少なく、大きい病気はやはり旭川・札幌まで出ないといけません。
20時以降は銀行ATMがなく、お金が引き出せないのもデメリットの一つです。

-函館市のメリット-

夜景が綺麗っていうのがまずこの待ちの売りで、
地元に住んでいてもかなり綺麗だと思います。

居心地のいい田舎だなって感じです。

そして極めつけは、人の良さにあると思います。

近所の方は優しく、私自身もお世話になったり、周りの方のお世話になっているのを見ております。
行き過ぎない感じの感じの良い近所付き合いができています。

-函館市のデメリット-

ここの街に住んでいてのデメリットは、

都会などに行くのに距離があったり、

物価自体は安いものの専門的なものがお店が展開していなかったり、
すぐ売れてしまう為、
手に入らなかったり、
都内での最先端技術が体験できないことがデメリットだと思います。

その上施設自体があまり多くはない為遊びにいける部分も限られてくるのが難点です。

-釧路町のメリット-

コンパクトシティに近づいていて、適度に公共・商業施設が凝縮された距離に揃っていて、便利で使いやすい街です。それでいて、まだ開発も行わなわれていて、隣の釧路市と比較してどっちが市なのかわからなくなるほど、発展しているので、廃れる事はないと思います。それだけ活気があります。

-釧路町のデメリット-

湿原と背中合わせの立地で開発されてきてるので、地質が軟らかく、脆弱なため、ちょっとした大雨や暴風ですぐ浸水などの水害に遭う事です。また、風や浜風を防ぐものがない平地がほとんどなので、冬は異常に寒いです。バスなどの公共交通の便が悪く、車がないと不便です。お年寄りにもう少し配慮した街づくりをしてほしいです。

-苫小牧市のメリット-

道内では比較的気候がいいと思います。夏は札幌や旭川に比べると暑くなく、冬は雪が少ないです。東西に長い町ですが、東部の方が開発が進んでいます。イオンを中心に様々なお店が進出しているので、その辺りに住むと買い物などには便利です。札幌からも近いので、仕事や習い事、通院などで定期的に札幌に行くことも可能です。

-苫小牧市のデメリット-

冬は、雪は少ないですが冷えるので道路がかなり凍結し、徒歩や車の運転には注意が必要です。東西に長い町なので車の運転ができないと少々不便だと思います。市内にはバスも走っていますが、冬になるとなかなか時間通りにはやってきません。駅前の衰退が顕著で、中心部で食料品などの買い物ができるところがほとんどありません。

-南幌町のメリット-

札幌まで車で1時間弱ほどで、札幌のベットタウンとして利用できる。閑静な住宅街が多いのでとても静かで暮らしやすい。町内巡回バスも走っているので町内に行き渡りやすい。数年後に北海道日本ハムファイターズの新球場が車で15分ほどの隣町の北広島市に建設される予定なので、日ハムのファンだったらとても通いやすくなる

-南幌町のデメリット-

巡回バスがあるとはいえ時間が限られるので、移動は基本車が無いとどこにも行けない。町内にはスーパーは1店しかなくホームセンター、薬局も最近出来たが規模は小さい。大きい買い物をするには隣町の北広島市や江別市に行く必要がある。鉄道も無いのでこれも北広島市や江別市まで行かなければならない。

-伊達市のメリット-

伊達市は早い時期から移住者受け入れに力を注いでおり、実際に移住者の方が多くいらっしゃいます。海があり、山があり、川があり一通りの施設や店は揃っています。ミスド、モス、マック、ドトール、しまむら、回転寿司、カラオケ、100円均一、どこの街にもある店があるので安心だと思います。また、これは個人的な意見ですが、近隣の街に比べて明るいイメージがあります。北海道の中では暖かい地域なので、果物が豊富にとれるのも魅力です。温泉もありますよ!

-伊達市のデメリット-

一通りが揃った比較的便利な街だと言えますが、やはり田舎は田舎なので、ここにしかない!というものはありません。もちろん、地元の食材はとても美味しいですが、ファッションや雑貨、その他流行に関係するものを手に入れるのは難しいかと思います。地元の方は、伊達紋別駅から電車に乗って札幌まで買い物にいくというのが多いようです。流行が気にならなければ、そこまでデメリットはないと思います。

-帯広市のメリット-

・静かな住宅街が立ち並ぶため、騒音が気にならない。
・隣町には温泉街がある。
・スイーツの街。また値段が安い。
・海に面していないため、津波の影響がない。
・日本で唯一の競馬場『ばんえい』がある。
・日本屈指の花火大会『勝毎花火大会』がある。
・豚丼の発祥地。
・屋台村があり、酒好きにはもってこい。
・北海道特有の訛りが少ない。
・治安が良い。(不良がさほどいない。)

-帯広市のデメリット-

・地震が多い。
・地盤が緩く、地下鉄がない。
・移動手段がほぼ車になる。
・雪が多く道が混雑しやすいため、出勤時間がかなりかかる。
・除雪車の除雪が下手。
・異常なほど歯医者が多いので、どこに行けばいいか迷う。
・有名ブランド店がないので、ネットか都心に行くほかに購入手段がない。
・車の運転が荒い。
・商業施設は充実してるが、市内から少し離れる。

-富良野市のメリット-

四季折々の景色が目の前で楽しめます。
どの季節も見逃せません。
自然が豊かなので、数分もしくは数十分の移動で公園や散策出来る場所へ足を運ぶ事ができます。
そして、駐車場もほぼほぼ無料で停められるのが魅力です!
海外からの観光客も多いので、外国の言葉や文化に触れやすい環境だなと思っています。

-富良野市のデメリット-

冬の運転時には事故を起こさないように夏以上に神経を使います。
海外からの観光客が運転するレンタカーとの事故も多いです。
食品スーパーマーケットや、衣料量販店などはありますが、デパートやショッピングモールへ買物に行きたい時は、旭川や札幌まで足を伸ばさなければなりません。

-稚内市のメリット-

新鮮な魚介が一杯で、食事のおかずに困りません。魚介はほぼ貰い物で過ごして、買った回数の方が少ないです。あとは畑で芋などを作っておけば簡単に自給自足ライフを楽しめます。初夏には昆布干しなどの高単価なアルバイトもあり、仕事も魚介の加工場などもあり、田舎ではありますが、暮らしにさほど困りません。

-稚内市のデメリット-

とにかく寒いです。冬は外に入られませんし、夏だって平気でストーブをつけている様な環境です。私が生まれ育った町ですが、稲作の北限を越えているので、水田を見たことがなく育ちました。理科の教科書に出てくる生き物はほとんど見たことが無かったので、子供時代は不毛にもイモリなど探していました。

-士幌町のメリット-

地元で町民相手の商売をしている。
夫は生まれた時から住んでいるので、親せきや昔からの知り合いがいる。
土地や家もある。小さな町なので、隣近所付き合いもあり安心して住める。
子育ての時は、学校のクラスの人数も少なく先生が目配りしてくれる。
田舎なので自然に囲まれて住んでいます。

-士幌町のデメリット-

大きな近隣の町に行くには車で40分から1時間かかる。
小さな町なので専門の病院がない。スーパーはあるが、日曜日に隣町の大きなスーパーまで
チラシを見て買い出しに行く。衣類など種類がないので地元では買わない。
地元の商店には最低限なものしかない。映画館などの娯楽施設がない。

 

都道府県ページへ

Top