熊本県への移住【メリットやデメリット】

熊本県の基本情報

熊本県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.kumamoto.jp/
人口(人) 1786969
面積(平方km) 7409.35
人口密度 241.18

熊本県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】熊本県へ移住する長所・短所

熊本県へ移住するメリット

熊本県へ移住するデメリット

-大津町のメリット-

空気もおいしく、緑も沢山で、水も豊富です。熊本市と阿蘇の中間にある町で、アクセス抜群です。JRも通ってますし、色んな方向に行くバスも通ってます。阿蘇くまもと空港にも近いです。大きな会社のホンダ技研工場熊本製作所もあります。町長さんが、とても良い方なので、福祉サービスが充実しています。

-大津町のデメリット-

隣町の菊陽町に比べて、JRの本数が少ないです。また大津町にも、イオン大津店がありますが、客数もまばらな為か、品揃えが豊富ではありません。何故か、熊本市に向かうバスの本数も減りました。コミュニティバスもありません。町役場が熊本地震で被災し、プレハブにて営業してるからからか、今の時期、サービスが縮小してるところも見受けられる感じがします。

-熊本市のメリット-

健軍商店街、市電が近く熊本の繁華街へのアクセスはとても良好です。自衛隊駐屯基地が近くにあり、なんとなく安心感がりますね。バスも1時間に2本ほどありますので、バス、市電と選べ移動が楽です。スーパー、薬局、病院、百均、靴屋等生活に必要なお店が近く子育て世代にはありがたいかぎりです。

-熊本市のデメリット-

道路がものすぐい混みますね。朝の通勤ラッシュ時など、混んでないときは5分の距離が30分かかったこともあります。また、変質者情報など度々耳に入りますので子供がいる方は少々不安になることもあるのかなと思います。道幅が狭く見通しの悪いところ等も多く交通事故を度々みかけました。

-熊本市のメリット-

近くに飲食店、コンビニ、24時間スーパーマーケット、区役所、警察署などがあり、生活がしやすい。町自体が平坦で自転車でも行動できる。近くに高速のICもありすぐ高速に乗れる。中学校も小学校も近いし、多くも少なくもなくちょうどいい都会さ。商店街にも歩いていける距離。

-熊本市のデメリット-

路面電車に乗るまでの距離があり、街に出るにはバスに乗るか車で行くしかない。隣町が地震の震源地の為、まだ壊れている家が多く台風や大雨の際、ごみ等が飛んできた。地震関係でアパートがほとんど埋まっている。引っ越したくても部屋数がなく探すのが大変だった。大きい病院が近くにない。

-水俣市のメリット-

海あり 山あり レジャーには ほとんどこまりません 温泉も山にも海にもあり 効能がとてもすばらしです 最寄り駅から 一駅で 新幹線の駅があります 田舎の為 人口が少なく 治安も それほど 悪くありません 自然豊なため 子供たちのが 生活するためには 最高だとおもいます

-水俣市のデメリット-

田舎なので スーパーなどが 少なく いい商品などが 揃っていないため 隣の町まで 買い物に 行かないと いい商品が 安く手に入らない 高速道路が 開通してないため 交通アクセスが 不便です
人口が 少ないため 個人の競争意識が 少し 都会より 低く なりがちです
商店街などが 閑散としている為 活気が ない

-水俣市のメリット-

自然がいっぱいで 海 山 温泉などが あり とても 素晴らしい 静かで住みやすいところです また 海 山に行くにも わずか 数分で行ける 海 山の 味が とても 美味しい 全国に知れているほど 美味しい ものが 沢山あります お茶 ちゃんぽん 有名です かなり 美味い

-水俣市のデメリット-

田舎で 人口が 少なく 大型商業施設が なく 行くまで 車で かなり 時間が かかります 高速も やっと 開通 する予定 遊び 施設も あまりまく 行くまで 仕事がかかります 新しい 飲食店などが 出来ますが 人口が 少ない為 成り立って いかなくて すぐ 潰れます 右を見ても 左を見ても 山 海ばかりです

-熊本市のメリット-

桜並木の通りがとても近く、春はものすごく綺麗です。

週末は歩行者天国にしてお花見が開かれます。(ピクニックシートをしいてお弁当を食べている人が多いです!)とてものどかな町でチンチン電車に乗って熊本城を見たり、パルコまで行ってお買い物を楽しめたりとのんびりとした気持ちで最新のファッションにも触れることができるのでオススメです!あと至るところに熊本ラーメンがあるのでとったも美味しいです。

-熊本市のデメリット-

都会からくる人はなんだろうこの田舎?と思うかもしれません。大きな坂があり、買い物に行くにも坂を下ったり登ったりしていたので、足腰を鍛えていなかったり、慣れていない高齢者の方にはちょっと大変かもしれません。春は桜が綺麗ですが、その分毛虫が落ちてくるので桜が散ったあとは恐怖を感じました。

-熊本市のメリット-

熊本市中心部の職場まで自転車通勤で10分程度で着くので

何かと便利です。また自宅周辺や近くにコンビニ、ホームセンター、ドラックストアもあり、普通に生活をしていくのに不便さを感じません。

近場に駅もあってその周辺も栄えてきつつあるし、この先が楽しみな地域になりつつあります。

-熊本市のデメリット-

熊本地震の時に思ったのは、意外に通りにある建物やマンションが古い物が多く、被害が多かった事でした。まだまだ現在も取り壊し中の建物もあります。

デメリットとして大きく感じるのは交通渋滞です。時間帯によっては通勤ラッシュや帰宅ラッシュにモロに当たってしまいます。

場合によってはほとんど車が動けない時もあったりします。

-熊本市のメリット-

周囲の施設や公園等も含め、四季を通じてとても魅力的な熊本城に行きたいときにいつでも行けます。それから九州では3番目に人口が多く、政令指定都市で地方都市としては商業施設等も充実して活気ある都市でありながら、1時間そこらで阿蘇の大自然を満喫できる立地は最高です。九州最大の都市、福岡市までは九州新幹線で熊本駅から博多駅までの所要時間わずか40分弱です。自然と歴史が堪能でき、便利さも兼ね備えています。

-熊本市のデメリット-

なんと言っても都市圏人口100万超の割には鉄道網が脆弱で、通勤・通学時間帯は市内中渋滞がひどいです。また、熊本自身の影響で、地震後2年経過時点においても住居が不足気味であることも一因となって、不動産価格が不安定で、とりわけ賃貸住宅の家賃は地震直後からかなり高止まりしていて、賃貸の新築アパートは一般的にある程度収入が多い家庭でなければ手を出しにくい状況が続いています。

-玉名市のメリット-

玉名市は、JR、新幹線が通っており、熊本にも、福岡に行きやすい環境です。高速も通っているので便利です。自然があり、日用品や、食料品のお店、温泉、観光スポットも充実しており、若い方からお年寄りの方まで住むにもお勧めのところではないかと思います。医療費は中学生まで無料です。

-玉名市のデメリット-

熊本と、福岡の間にあるせいか、どうしても、素通りしてされてしまいがちになっているのではないかと思います。そのため、大型店舗がありません。せっかく、玉名駅、新玉名駅があるのですが、その駅周辺の賑わいが乏しくさみしいように思われます。飲食店がもっと増えると盛り上がるのではないかと思います。

-菊陽町のメリット-

人口増加が全国でもトップクラスの町で、活気があります。商業施設も多く、光の森駅の周辺にはゆめタウン光の森など買い物に困りません。特に土日はたいへん賑わいます。子育てがしやすいとの事で小さい子のいる家庭も多いようです。かと言って都会というわけでもなく自然もたくさんあります。

-菊陽町のデメリット-

まず、光の森あたりは平日でも渋滞します。菊陽町といっても広く、田んぼばかりの地域もありその辺りは田舎です。夜は真っ暗なところもあります。また、交通の便が良くないです。特にバスは循環バスは本数が少ないし、それ以外も市内へ向かうものしかなく、車があったほうが良いです。

 

都道府県ページへ

Top