徳島県への移住【メリットやデメリット】

徳島県の基本情報

徳島県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.tokushima.jp/
人口(人) 756063
面積(平方km) 4146.65
人口密度 182.33

徳島県で人気の市区町村

徳島県上板町への移住

徳島県上板町への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/上板町]

上板町(かみいたちょう)は、徳島県の北東部、吉野川の北岸に位置する町で、板野郡に属する。

堰の改良計画をめぐり世論を二分し住民投票も行われた吉野川の第十堰は、この上板町と対岸の石井町の間にある。
産業面では、藍染めの原料となる藍すくもや、高級和菓子などに使われる阿波和三盆糖の産地でもある。

徳島県徳島市への移住

徳島県徳島市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/徳島市]

徳島市(とくしまし)は、日本の四国北東部に位置する都市で、徳島県の県庁所在地である。
徳島市のブランドステートメントは、心おどる水都・とくしま。

徳島市は江戸時代に徳島藩の城下町として栄え、幕末には藍産業の発展で国内で人口が上位10位に入る城下町となった。
徳島県の政治・経済・文化の中心都市であり、古来より近畿地方との繋がりが深く現在でも神戸淡路鳴門自動車道や関西地方のテレビ、ラジオを通じて人的・物的・経済的な交流が盛んである。
地理的には「四国三郎」と呼ばれる吉野川の河口に位置し、紀淡海峡に面している。

徳島県鳴門市への移住

徳島県鳴門市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鳴門市]

鳴門市(なるとし)は、四国の東端、徳島県の北東端に位置し、鳴門海峡の西側に位置する市。
旧板野郡。

鳴門公園やドイツ館など多数の観光地を抱える徳島県下有数の観光都市であると同時に、地元発祥の大塚グループ関連の工場や企業、施設が多数立地する企業城下町としての側面も持ち合わせている。

特産品として、鳴門金時(なるときんとき)(金時)や鳴門わかめなどが有名である。

徳島県三好市への移住

徳島県三好市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/三好市]

三好市(みよしし)は、徳島県西部に位置する市。
四国4県の市町村の中では最も面積が大きい。

徳島県の最西端に位置し、香川県、愛媛県、高知県と接する山間過疎地域。

剣山(つるぎさん)、吉野川など、西日本や四国を代表する山河が揃い、豊かな自然に恵まれている。

徳島県吉野川市への移住

徳島県吉野川市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/吉野川市]

吉野川市(よしのがわし)は、徳島県北東部に位置する市。

徳島県下をおよそ東西に走る吉野川のほぼ南岸に位置し、徳島市方面より四国を横断する際の幹線道路(国道192号)が走っている。

徳島県の市区町村一覧

徳島県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、徳島県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、徳島県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。徳島県へ移住するならいつ?

徳島県の移住支援情報

市区町村 支援内容
三好市 木造住宅を建てる際に助成あり。原則として40歳以上の方を含む個人または家族等、お試し暮らし住宅で6泊7日以上、最長1ヶ月まで移住体験ができる。三好市移住者支援事業として、空き家に移住する奨励金(最大20万円)や売買又は賃貸借契約を締結した空き家の改修に要する経費(限度額100万)を交付。
美馬市 【移住者向けリフォーム支援事業補助金】移住者の空き家改修に対する補助。上限40万円。【移住創業促進事業補助金】移住後の創業に対する補助、上限100万円。【移住おためし住宅】移住体験施設。1日630円最長30日間利用可能。等
阿波市 移住交流支援センターの設置。空き家バンクの設置。転入促進リフォーム補助事業。移住おためし物件。
吉野川市 空き家バンク。
阿南市 (1)移住に関する総合窓口及び移住促進コーディネーターの設置(2)宅建業協会と連携した物件情報の提供(3)阿南市人材バンクの運用(ハローワークと連携した職業紹介)
小松島市 (1)市外から市内に定住し、農業経営を行う強い意志がある者(雇用されて就農する者も含む)に、住居費の一部(申請日から起算して2年を限度、1/2以内[限度額2万円])を支援。(2)移住希望者向けに農業及び漁業体験の参加費を助成。(3)空き家バンク制度を実施。
鳴門市 空き家バンク制度を実施。空き家判定業務支援事業、空き家リフォーム支援事業(所有者/移住者用)として、一定の要件を満たした空き家の所有者または移住者等に対し、費用の一部を補助する。お試し滞在助成制度として、一定の要件を満たした移住希望者が、市への移住を目的に住居や仕事探しなどを行う際の市内滞在費を助成する。市内宿泊施設での宿泊費に対し、1日3,000円(同行者は2名まで、乳幼児を除く)合計10泊まで補助する。
市区町村 支援内容

【体験談】徳島県へ移住する長所・短所

徳島県へ移住するメリット

徳島県へ移住するデメリット

-徳島市のメリット-

美しい自然に恵まれ空気も綺麗で、日々を穏やかに過ごせます。市の中心部に位置する眉山の桜や紅葉、田畑も多く田植えの後にはカエルの鳴き声、秋には虫の声、稲刈りの後の香り、あらゆる場面で四季の変化を感じ楽しむことができます。また海にも面しているので新鮮な魚介類が食べられます。

-徳島市のデメリット-

電車はありません。公共交通機関はバスですが、年々利用する人も減ってきたため便数が少なくなりました。こちらで暮らすには自家用自動車がないとかなり不便だと思います。自転車通学と自動車通勤が多いです。また昨年、駅前のそごうデパートが撤退してしまい、現在はデパートがありません。

-徳島市のメリット-

田舎なので身の回りは自然だらけです。子供はのびのびと育てられると思います。海や川や山に行くにも車で数十分走ればすぐに着くし、昆虫採集をしたり自然の遊び場所が沢山あります。治安も比較的良いので犯罪などに巻き込まれる心配もほぼありませんし、のんびり暮らせる町だと思います。

-徳島市のデメリット-

公共交通機関が十分でないので自家用車が一家に一台は必要になることです。常に車移動のため、歩くことをあまりしないので徳島は糖尿病患者が多いと言う事を聞いたことがあります。テーマパーク的な子供が遊べる場所や、大きな百貨店がないので中心街もあまり繁栄していない感じがします。魅力度ランキングも毎年45位あたりです。

-吉野川市のメリット-

自然が豊かで、とてものどかな街です。吉野川沿いにある堤防は、散歩やランニングのコースになっています。畑が多く、庭に木を植えている家が多いので、朝は鳥さえずりやセミの鳴き声で目が覚め、夜は、田んぼのカエルや鈴虫の鳴き声が聞こえます。大きなビルも少ないので、空がとても広くて月も綺麗です。

-吉野川市のデメリット-

公共の交通機関が少ないので、移動手段は自家用車かタクシーを利用する事が多くなります。車を運転しない高齢の方は、自転車に乗りますが、天気の悪い日にはタクシーを使います。それが、大きな出費になるそうです。また、若い人が都会に就職することが多く、町の活気が少なくなっています。

-徳島市のメリット-

川内町の良いところは、自然が豊かで海が近く釣りや海水浴やサーフィンを楽しめます。
お魚も美味しいのですが、農産物も有名でおイモ畑が広がっています。
通りに出るとたくさんの飲食店やスーパーマーケットなどお店もあり、とても生活環境が整っていてとても住みやすい
町だと思います。

-徳島市のデメリット-

畑が多く強風時は砂がとても舞うので窓を開けていると窓際がザラザラしたりします。
海が近いので、潮風が吹きベタベタする時があります。
畑が多く強風時は遮るものがないため、じかに風を受けてしまい自転車の通学時などは前に進むことが辛かった。
海の近くなので、津波の心配があります。

-徳島市のメリット-

電車がないのでほとんど車で移動する。だから、通勤ラッシュはあるが、車の中なので息苦しい思いをしたり、痴漢にあったりしない。今はコロナなので異例だが、大阪や神戸が二時間ほどで行けるので、都会気分もちょっとした小旅行で味わえる。車を乗っているみなさんがのんびりしているので、あおりや怖い思いをすることもなく、どちらかというと、譲り合いをしていて、運転が楽。

-徳島市のデメリット-

人が少ないのですぐに近所の噂になる。近所の目が怖い。噂話が好きなので、人に自分のことを話せない。信じれる人だと思っていても、すぐに話は広がる。遊ぶ場所がないので、ゆめタウンかイオンしか行くところがない。たいてい、このふたつに行くと、知り合いに会い、世間話をしなくてはいけなくなりめんどうくさい。

-徳島市のメリット-

公営の公園がたくさんあり、大体駐車場も無料でついているので子供を外で思いっきり遊ばせることができる。また、雨の日も公営の育児支援施設があまり高く無い駐車料金で利用できるので、小さい子供を育てる親には過ごしやすい環境だと思う。地価が安いため、戸建て住宅を建てやすい。農業従事者が多く、品質の良い野菜が安く手に入る。どこも滅多に混雑しない点ではストレスがない。人口に対して医療機関の数が多い。ラーメン屋とカフェの数も多いと思う。

-徳島市のデメリット-

公共交通機関が縮小しており、車がないとどこにも行けない。必然的に、車を所持し、駐車場を維持し続けなければならなくなる。もうすぐ県下唯一のデパートが姿を消す。買い物は特に若者中心に魅力のある店が少ない。お洒落をしたければ、市外のゆめタウンか、高速バスで県外に出るしかない。沿岸部は、南海地震で津波の被害が及ぶ危険性が唱えられている。川に囲まれた地形なので、市内の所々に大雨の時水没する道路がある。

-徳島市のメリット-

徳島(市)のテレビ事情ですが、四国放送、NHK総合、Eテレの3つと思われがちですが、意外やテレビ和歌山、テレビ大阪、サンテレビ、関西テレビ、毎日放送、ABCテレビも映るので沢山の番組が見られます。また、交通アクセスが良く、大阪京都など京阪神方面の高速バスが豊富に出ています。全国に誇る阿波踊り、アニメイベントのマチアソビが徳島市にあるのも魅力の1つです。あと、アパートマンションの家賃も安いです。

-徳島市のデメリット-

仕事の求人数も少ないですが、給料も安い所が非常に多く見受けられると思います。また正社員よりも非正規社員の求人数が多い様に思います。徳島市の象徴ともいえる徳島駅前の百貨店「そごう」が2020年8月末に閉店が決まっており、さらなる過疎化が心配です。東新町商店街というのがありますが、すっかり寂れてしまい夜になるとゴーストタウンみたいになり怖いです。とにかく過疎化が進んでいっているのが実感されます。

-徳島市のメリット-

とにかく自然が多いので空気がきれいです。晴れた夜には星もきれいに見え、子供が自然の中でのびのびと遊び、虫や動物に触れることで自然について学習し、優しい気持ちを育てることが出来ると思います。犯罪が少なく治安も良いので、子供から高齢者まで安心して暮らせる地域だと思います。

-徳島市のデメリット-

公共交通機関が充実していないので、車に乗れない場合は非常に不便です。通勤時以外の時間(昼間)はバスや汽車の待ち時間が1時間ぐらいあるのも普通です。それと、テーマパークや室内で遊べるような施設があまりないので、子供を遊びに連れて行ったり、デートする場所がありません。

-徳島市のメリット-

山や川が近くにあり、自然を楽しむことができる。子育てはやりやすい。家賃が高くないので生活はしやすい。働きながら仕事もしやすい。
事件なども少なく、平和な街だと思う。
適度な田舎なので、生活がしやすい。空気もよく、夜には星もきれいに見える。近所づきあいもあるし、老後ひとりぼっちになってしまうという雰囲気はない。みんなで協力して生きている感じ。

-徳島市のデメリット-

交通機関が少ないので車がないと不便。汽車の本数も少ない。本州に行きたいときに、橋を渡る必要があるので交通費が高くなってしまう。今年には唯一の百貨店そごうもなくなってしまう。観光名所など少なく、知名度も低い。高収入の仕事が少ない。高齢者が多い。
遊ぶところが少ない。

-阿波市のメリット-

阿波市は徳島市から40 km 離れていますが徳島市のベッドタウンとして開けています。住宅地が広がりとても静かな地域です。車をお持ちであれば瀬戸大橋に近いので岡山から広島に行くのには1時間半で行くようです。気候の特徴は雨があまり降りません。寒暖の差もあまりないのでとても住みやすいです。

-阿波市のデメリット-

ほとんど遊ぶところはありません。車にのって5分ほどでスーパーマーケットはありますが吉野川を超えないとコンビニもあまりありません。住宅地なのであまり大きな声を出すことはできないと思います。バスは1時間に一本もないです。2時間に一本程度です。 JR は無人駅を含めて三つぐらいでしょう。仕事場もあんまりないのでとなりの藍住町に通っている人が多いと聞きました。

都道府県ページへ

Top