福井県への移住【メリットやデメリット】

福井県の基本情報

福井県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.fukui.lg.jp/
人口(人) 787099
面積(平方km) 4190.49
人口密度 187.83

福井県で人気の市区町村

福井県越前市への移住

福井県越前市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/越前市]

越前市(えちぜんし)は、福井県嶺北地方の中南部に位置する市。

三方を山で囲まれた武生盆地の中央部に市街地を形成している。

福井県大野市への移住

移住マップ

大野市(おおのし)は、福井県の東部に位置する市である。

福井県内の市町の中では最大の広さを持ち県面積のおよそ5分の1を占める。
市街地はかつての城下町の面影を強く残し、越前の小京都として知られる。

福井県坂井市への移住

福井県坂井市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/坂井市]

坂井市(さかいし)は、福井県北部に位置する市。

名勝東尋坊や古城丸岡城など、全国的に知られる観光地を擁していることが特徴である。

福井県敦賀市への移住

福井県敦賀市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/敦賀市]

敦賀市(つるがし)は、福井県南西部(嶺南地方)の敦賀湾に面する市である。
原子力発電所が多く立地する都市、昆布の加工地として知られている。

気候は季節風の強まる冬でも、日本海沿岸地域では比較的穏やかとされている。
古代より畿内と北陸道を結ぶ北国街道の脇街道である西近江路(あるいは鯖街道、若狭街道、敦賀街道、七里半越とも(現国道161号、国道367号等))、深坂越、新道野越(現国道8号等)や木の芽街道(現国道476号等)、山陰道への丹後街道(現国道27号等)が通り、また畿内や瀬戸内海に繋がる水運を利用できる琵琶湖からは愛発関を越えてすぐ北側に位置するため交通の要衝とされ、街道沿いには氣比…

福井県福井市への移住

福井県福井市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/福井市]

福井市(ふくいし)は、福井県北部(嶺北)の都市で、同県の県庁所在地である。
施行時特例市。
旧足羽郡。

2002年(平成14年)の「21世紀を拓く創造プラン」(第5次福井市総合計画)策定より、「人、街、自然、文化の『交・響・楽・彩 ふくい』(まじわり・ひびきあい・たのしみ・いろどるまち)」をスローガンに街づくりを進めている。

福井県の市区町村一覧

福井県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、福井県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、福井県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。福井県へ移住するならいつ?

福井県の移住支援情報

市区町村 支援内容
坂井市 【空き家情報バンク】市内の空き家情報を提供。【空家取得支援事業】U・Iターン者又は子育て世帯に空き家バンク登録の空き家を購入する費用の1/3、上限50万円を補助【空家改修支援事業】U・Iターン者が空き家バンク登録の空き家をリフォームする費用を上限60万円で補助【空家活用定住支援事業】市外からの転入者が、空き家バンク登録の空き家を貸借する際、家賃の1/2、2万円/月を上限に1年分を補助
越前市 【越前市UIJターン就職奨励金】越前市に福井県外から移住して、越前市内の企業に就職された方に奨励金を交付。交付対象者1人当たり10万円(創業した方は一人当たり20万円)、扶養親族とともに転入した方は扶養親族一人当たり5万円を加算、その他上限額等あり。【住まい情報活用支援事業-住まい情報バンク】売却・賃貸可能な市内空き家等情報を集約し、その情報を市内外の購入・借入を希望する方に提供する。
あわら市 空き家情報バンク制度
鯖江市 【子育て世帯および移住者への住まい支援事業】空き家の購入またはリフォームに要する費用の1/3を補助(上限50万円)。【空き家情報バンク】鯖江市内の空き家情報の提供を行う
勝山市 移住者を対象に引越しに関する助成、家賃助成、市外通勤助成、Uターン奨励金のほか、住宅を新築、中古住宅を購入する場合及びそれに合わせてリフォームをする場合の助成、定住化促進事業、U・Iターン者・子育て世帯空き家住まい支援事業、空き家情報バンクがある。お試し移住体験施設事業がある。その他、医療・介護人材奨励金の交付、育英資金奨学金返還免除、教育資金利子補給、民間賃貸社宅助成制度がある。
大野市 市内での住宅取得や市営住宅入居への支援。市内に移住定住した人に奨励金を支給。
小浜市 空家の購入補助として、子育て世帯・移住者を対象に、空家情報バンクに登録された一戸建て住宅の購入費用に対する助成(購入費の1/3上限額50万円)空家のリフォーム補助として、子育て世帯・移住者を対象に、空家情報バンクに登録された一戸建て住宅のリフォーム費用に対する補助(リフォーム費の1/3上限額50万円)
敦賀市 【敦賀市空き家・空き地情報バンク】による空き家等の購入・賃借希望者等へ情報提供のほか、移住者及び子育て世帯に対して、空き家の購入や空き家のリフォームを支援する【子育て世帯や移住者への住まい支援事業】や、多世帯が同居・近居するための住宅取得(購入・新築)や同居するためのリフォームを支援する【3世代ファミリー定住支援事業】を実施している。
福井市 住まいの支援として、U・Iターン若年夫婦世帯等住宅取得支援など、補助制度9件。起業支援として、熱意ある創業支援など、補助制度4件。就農支援として、U・Iターン者就農奨励金など、補助制度4件。その他、女性U・Iターン支援として採用試験交通費、引っ越し費用補助や、市内企業訪問及び各種支援制度の紹介を行う就職・定住支援を実施。
市区町村 支援内容

【体験談】福井県へ移住する長所・短所

福井県へ移住するメリット

福井県へ移住するデメリット

-敦賀市のメリット-

人口が約6万と大きくないが小さくも無い。北陸新幹線の終点として整備される。終点の為、全新幹線が止まる予定。関西まで90分。中京へ約60分で特急電車が1時間につき1本走っている。港町としてフェリーもあり新潟、苫小牧にも行ける。福井県南部としては1番の都市であり各種チェーン店はある程度揃っている。

-敦賀市のデメリット-

医療格差。県庁所在地と言うわけではないので県立病院など大規模病院に乏しい。車社会であり公共交通機関に乏しく、バスの運行本数が少ない。(場所によっては一日に1~2本と言う事も)地元密着のスーパー等はあるがイオンやツタヤ等のまだ進出して来ていないチェーン店もあり買い物に不便なところもある。

-敦賀市のメリット-

一言でいうと程よい田舎という街です。海と山に囲まれて自然はあるけど自然だらけというわけではなく、買い物をするためのお店が適度にあります。それにアパートの家賃が安いので生活はしやすいのではないかと思います。それに新幹線も開通するので、そうなれば他県への移動もかなり楽になるんじゃないかと思います。

-敦賀市のデメリット-

娯楽は少ないと思います。夏は海、冬はスキーなどと自然を利用した楽しみはありますが、娯楽施設というものはあまりありません。それと田舎なので車が大事な移動手段になりますが、運転マナーはかなり悪い方です。電話をしながら運転している光景をよく見かけるので、いつか大きな事故が起きるんじゃないかと心配しています。

-福井市のメリット-

住むメリットとして人が温かい。田舎なので水がおいしいです。空気もきれいだと思います。

山や海も身近な距離にあるので行こうと思えば比較的楽に行けます。

賃貸を借りる場合ですけどやはり田舎なので都会とは違い比較的安く借りることが出来ると思います。

山が近いので水も汲みに行くことが出来ます。

-福井市のデメリット-

デメリットはやはり田舎なので交通の便は悪いですね。

バスにしても多くて一時間に一本とかです。なので正直車がないとかなり不便です。

遊びにいくにしてもとにかく田舎なのでほとんどありません。

仕事に関してもやはり田舎なので都会に比べるとかなり限られてきますし求人自体そんなにありません。

-福井市のメリット-

山が川がそばにあり田舎だが、程よくなんでも揃っていて車があれば不便しない。県内では珍しく、わりと電車やバスが走っている。教育、福祉が整っていて、待機児童なども少ない。自然の中で、地域の間に守られながら、伸び伸びと子育てしやすい。お米や、周辺の市の海の幸など食べ物も美味しい。

-福井市のデメリット-

新幹線が通っていないため、京都や大阪はまだしも東京に出るには乗り換え込みで3時間半はかかる。空港がなく、どこへ行くにも基本的には乗り換えが必要、海外へ行くにも県外の空港を利用しなければならないため、まずは国内旅行がセットになる。地方のため、流行りのお店などはなかなかできない。

-福井市のメリット-

保育園の待機児童がおらず、子育てしやすい環境。
県外にはない美味しいお菓子がある。(いちごもち、あべかわ餅(静岡のものとは違う)、六寶焼、水ようかん(冬に食べる))
犯罪が少ない
駐車場がないところがほとんどない。会社はほぼマイカー通勤。
魚が美味しい。
米どころであり、そば処でもある。
あまり混雑しない。

-福井市のデメリット-

民放が2つしかみれないので、ほとんどの家庭でケーブルテレビに加入する。テレビ東京系の番組は見れないので録画放送で見る程度。
交通の便がものすごく悪い。車がないとどこにも行けない。
有名なお店はほとんどない。
空港もなく、新幹線もないので、東京へ出るのにすごく時間がかかる。
雪が降るので、冬は通勤前に雪かきの必要がある。(最近はかなり減ったが)

-おおい町のメリット-

・田舎なので静かです。近くに山があり空気がきれいなので居心地も良いく、夜は星空がきれいです。
 そして、さまざまな動物などの自然と触れ合うこともできます。また、近くに海もあり有名な海水浴場もあるので海水浴も
 海づりも出来ます。海の幸がおいしいです。
・全日本ラリーの一つでもある若狭ラリーのコースが有り実際に走れるので(一般道の為法定速度で)好きなひとは一度行って
 みるのもおすすめです。
 また、ラリーコースに行かなくても走っていると海が見えたりと景色がきれいなためドライブにもお勧めです。
・有名な花火大会やスーパー大火勢という祭りなどがあるのも楽しみの一つです。
 以上のことをまとめると田舎なので静かで住みやすいけども、何もないわけではなく催し事もあったりと住んでて面白いとい
 うことです。

-おおい町のデメリット-

・都会に比べるとコンビニやスーパーなどが少なくしかも一つ一つが遠いため少し不便です。大きな商業施設に行こうとすると
 県外や県内でもかなり時間かけていかないと無いです。
・メリットに書いた自然が豊かということは夜になると街灯もないような暗い道が多く、一人歩きが危険な所があります。そし
 て、自然が多い為夜カエルの鳴き声がうるさかったり、虫が多いです。

-勝山市のメリット-

空気・水がきれいで澄んでいる。
近くに山があることもあり、自然と触れ合える機会が多くある。
車の交通量が多くなく、排気ガス臭いと感じることもがないので、ウォーキング・ランニングを楽しむことができる。
冬は雪が降ると、近くのスキー場でスキー・スノーボードを楽しむことができる。

-勝山市のデメリット-

田舎特有の村の繋がりが強い地域もあり、市外・県外などから移住してくる人に冷たい態度をとる方もいる。
スーパー・コンビニなどの買い物をするお店が近くにない地域もあるため、車が必要になる。
子どもが遊べるレジャー施設などがあまりなく、休みの日は近くではなく、市外などに遊びに行く必要も出てくる。

-坂井市のメリット-

3人め以降のこどもにお金がかからなくて、祖父母や親戚・近所などの手も借りやすく都会のワンオペ育児のような孤独を感じることがない。車移動が基本で公共交通機関を利用しないですむし一軒家が多いのでこどもの騒音を過度に抑えなくていい。児童科学館はそれほど混んでいなくて楽しい。

-坂井市のデメリット-

店舗は横に広く、見て回るのに疲れる。人間関係が濃密で少し煩わしい。車が一人に1台必要でお金がかかる。こどもの進学先の選択肢が少ない。全国を巡回するイベントでも回ってこない。田んぼが多く人通りも少なく街灯もまばらで夜道が少しこわい。雪が降るときは大量に降って除雪が追いつかないこともある。

-福井市のメリット-

北陸3県は教育環境も良く、住み心地の良い地方として、多くのランキングで上位になっています。
そんな中でも福井県の県庁所在地である福井市は、人口26万程度で、中核市です。
福井駅周辺には繁華街もあり、少し郊外に行けば多くの見どころもあり、都市機能と田舎の良さの両方がある点が大きなメリットです。

-福井市のデメリット-

福井市はご存知のように日本海気候で、近年雪は減少傾向にありますが、毎年30cm程度の積雪は何度かあります。
幹線道路は除雪されますが、駐車場から車を出す時等、除雪が必要で、この点だけは面倒で、雪に慣れない人には苦痛に感じられる事もあるかも知れません。
また繁華街には夜遅くまで開いている飲み屋等もありますが、大都市圏ほどの賑わいはありません。大都市の生活が長い人には少し刺激が少ないと感じられる人もいるでしょう。

-坂井市のメリット-

・静かであること

住んでいる地域は騒音がほとんどなく静かであること

朝起きると鳥の鳴き声が聞こえ、風の流れる音が聞こえるほど静かです。

自然に近い生活音が楽しみながら過ごせるので、都会とは違ったギャップが田舎の良さでもあります。

キジの鳴き声が聞こたりカラスといった自然動物の鳴き声も聞こえてくるので、音が敏感な方には田舎町はとても落ち着いて過ごすことが出来ます。

・食品は新鮮な状態で手に入りやすい。

魚などの新鮮さが大事な食品は、都内とは違い比較的安い値段で購入できます。

私自身、蟹やスイカなどの食品にお金を払ったことがない人(貰えるか親戚の集まりで食べられる機会が多いため)もいるほどで、都内での蟹やスイカなど販売価格には驚かされます。

-坂井市のデメリット-

・公共交通機関が不便

バスの便が非常に少なかったり、近くに電車、あるいは駅やバス停がないパターンがほとんどで車が必要な前提の生活になります。

・スーパーや買い物に行く場所が遠い

食品売り場が自宅から遠いことに不便さを感じます。

車があればそれほど支障を感じませんが、車がない場合はかなり不便な生活になります。

・車が必要

車がないと会社に通勤できないのと買い物に行くにも一苦労します。

車は維持費がかかるうえ、雪も降る地域なので、豪雪が降った場合は車までなかなかたどり着けない経験もしました。

しかしどちらにせよ、車がないと満足に生活できないので、車の所持は強制的に必要になります。

・新幹線がない

遠出をするときの時間短縮する手段が乏しいのでなかなか遠出しにくいです。

空港もないので東京に行くときはどうしても4時間以上はかかってしまいます。

たくさんの乗り換えや交通機関を利用することになるので、遠出が多い人には最大のデメリットを感じます。

都道府県ページへ

Top