宮城県への移住【メリットやデメリット】

宮城県の基本情報

宮城県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.miyagi.jp/
人口(人) 2334215
面積(平方km) 7282.22
人口密度 320.54

宮城県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】宮城県へ移住する長所・短所

宮城県へ移住するメリット

宮城県へ移住するデメリット

-泉区のメリット-

仙台市泉区は、JRは通っていないものの、中心部へのアクセスとしては、市営地下鉄が通っているので、その沿線沿いに住めば、生活には便利です。

特に、泉中央駅は始発駅にもなっていて、周辺には医療機関や商業施設も整っていて、主要な幹線沿い脇にもこれらが整っているので便利です。

ちなみに、普段の食事や買い物では、仙台駅まで出向く必要もなくエリア内で生活が完結できる点は、泉区の強みでもあります。 

-泉区のデメリット-

沿線沿いに住んでいるのであれば、大きなデメリットはありません。しかも、市の中心部と比較して空気が透き通ったようにきれいな街並みです。

唯一のデメリットは、23時以降の便が廃止されたことによる影響が大きいです。郊外の団地方面へ向かう終バスの出発時刻が早くなってしまった(22時代)ので、例えば仙台駅周辺で飲み会があり遅くなった時は、タクシーしか足がありません。

なので、仙台で最寄りの駅から10数分歩くような場所で飲んだ時は、21時30分過ぎには帰る準備をしないと、行き先によっては終バスに乗れないこともあるのです。

-青葉区のメリット-

仙台は東北一の都会で、活気がある。街並みが綺麗で、ケヤキ並木などの緑が多く、すがすがしい。真夏でもそれほど暑くないので過ごしやすい。雪も少なく、冬も過ごしやすい。大学や専門学校が多く、若者の割合が高い。街がコンパクトなので、どこへ行くにもアクセスがしやすいです。

-青葉区のデメリット-

仙台市は街は大きいけれど、支店都市であり、地元の企業がほとんどない。また、電車の便が悪く、中心部はほとんど走っていない。その代わり地下鉄やバスが発展している。大都市とはいえども東北なので、訛りがある人が多い。仙台人の気質として、他所者には最初は冷たい。打ち解けるまでに時間がかかる。

-仙台市のメリット-

宮城野区は、新幹線が発着する仙台駅まで近く、榴ケ岡などの中心部に近いエリアは家賃相場が高くなってしまいます。

ところが、郊外エリアは田園などの自然もあり、幹線道路沿いは飲食店などの商業施設も並んでいて、家賃も安くなるので、リーズナブルに住みたい人には向いています。

-仙台市のデメリット-

 通勤・帰宅の時間帯は、電車の本数もそれなりにありますが、日中になるとその本数が少なくなますので、急ぎや時間指定の用事がある場合は、不便さを感じてしまうのは否めません。

 なので、ファミリー世帯は、異動の手段として自動車が必要になってきます。

 また、幹線道路沿いは、夜中になると暴走族などが走り安眠できない時もしばし起こります。

 これらが、住むのにはデメリットと感じてしまう点です。

-仙台市のメリット-

東北の中心地。東京駅までのアクセスもスムーズで通勤も可能。流通の中心でもあるため各ショップも充実、病院や学校も充実していて住環境として申し分ない。その上、市街地を少し離れると自然も豊富が豊富で自分にあった環境を選んで住むことができる。どちらの面でも整備が進みこれからも期待ができる。

-仙台市のデメリット-

地価が年々高騰してきており家賃も含め住むためにかかるお金が年々高くなってきている。観光地としてはイマイチでファミリー層が楽しむテーマパークなどの施設が少なく。休日の楽しみ方によっては遠方へのアクセスが必要となってくる場合がある。東北では最大の都市だが、就労の環境としてはイマイチ感がある。

-仙台市のメリット-

やはり東北一の繁華街ということでお店やホテルなどがたくさんあります。地下鉄にJR、バスといった交通機関もとても便利です。プロ野球のホームスタジアムもあり大変賑わっています。子供も大人も遊べるところが多く、公園もたくさんあります。都会に行かなくても十分楽しめる場所です。

-仙台市のデメリット-

気候的に夏場はそこまで気温が上がらないのですが、ジメジメします。冬場は雪は降りませんが風がとても冷たくて強いです。買い物スポットがありすぎてお金を浪費してしまいます。飲み屋なども多数あるのでそこでも浪費してしまいます。節約するには向いていいない街だと感じました。

-仙台市のメリット-

都会過ぎず、かといって田舎過ぎずのバランスが最適です。

国分町といった繁華街もありながら、広瀬川や秋保といった自然も楽しめます。

商業施設としてはアウトレットモールや郊外に巨大ショッピングモールがあり、生活していく上で困りません。

また食べ物の面でも三陸の海の幸や牛タンなど充実しています。

色々な面でバランスが取れていることが最大の長所だと考えます。

-仙台市のデメリット-

東北や北海道出身でない方にとっては第一に寒さが障害となります。

雪はそれほど降りはしませんが、風が強く、冬はかなり冷え込みます。

また交通の面では、地下鉄や電車等の公共交通がそこまで充実していないことが不自由です。バスも市内は走っていますがあまり本数が多くなく、待つことも多々あります。

仙台市内でも行く場所によってはかなり遠回りに移動することがあります。

-仙台市のメリット-

100万都市ですがエリアが広く、密度は高く感じません。公共交通や主要道路も混雑時でもあまりひどくなく、気候も比較的穏やかで、冬も大雪はあまり降りませんので暮らしやすいと思います。東北の中心地であり、生活に必要な機能は一通りなんでもそろっているので日常生活には不自由しません。

-仙台市のデメリット-

ちょっと大変なのが首都圏や他の地方へ行くときです。東京は新幹線で1時間半ほどと体感距離はだいぶ近くなりましたが、東京からさらに乗り換えてどこかへ行くと結構時間がかかります。主要都市への飛行機も路線はありますが、空港まで仙台駅から最短でも17分(ほとんどの電車は24分)とちょっと遠いです。

-仙台市のメリット-

海も山も近いため、アウトドアが好きな人には出かけやすい街です。学都とも言われる仙台は、大学や専門学校も多く、近隣の県のみならず、遠くは関西地方からも進学のために若者が集まってきていますので、国内とは言えど他地方の文化との交流を経験することもできるのもメリットです。

-仙台市のデメリット-

小さな地震が多いことと、宮城県内の温泉の料金は高いことがデメリットです。秋保・鳴子・蔵王など多くの温泉があるのですが、人口が多いせいか、隣の山形県に比べると温泉入浴料金が倍以上も高く設定されているところがほとんどです。東京から新幹線で1時間という近さになったことから、遠くからライブ参加をしに来る人が増え、地元の人がチケットを取りづらくなったこともデメリットと言えます。

-仙台市のメリット-

田舎すぎず、都会すぎずちょうどいい規模のまちだと思います。

気候的にも夏涼しく、冬は東北ですが雪があまり降らないので快適に過ごせます。

東京へも新幹線で2時間かからないので、日帰りで遊びに行けます。

野球チームやサッカーチームなどがあり、シーズン中は応援に行く人も多く、娯楽も充実しています。

-仙台市のデメリット-

若干物価が高いかなぁというくらいです。

仙台市近郊の地域に行くと、お野菜やお魚など仙台市内より明らかに安いです。

そういった意味では、車を持っていた方がより充実した生活を送ることができると思います。

交通網は充実していますが、仙台市近郊や隣県へのスムーズな移動を考えると車は必須アイテムといっても良いのかもしれません。

-泉区のメリット-

仙台駅から市営地下鉄南北線で20分ほど。泉中央駅ならば終点なので、降り過ごすこともないので、飲んで帰ってきたり、通勤に関しても楽。また、ショッピングモールや大型スーパーなども豊富なので生活には困らない。付近は住宅街が多いため、バスもたくさん出ていて車がなくてもなんとかなる。

-泉区のデメリット-

坂が多いので自転車で移動しなければならないのが疲れる。特にスーパーなどが近くにないと、買った物を持っての移動はとても大変。遠くに行くのには車がなければバスを使うしかないので不便さもある。大型ショッピングセンターは土日はどこも混み合う。東北地方の南とはいえ、冬は寒いし風も冷たい。春先まで雪が降ったりする。

 

都道府県ページへ

Top