宮城県への移住【メリットやデメリット】

宮城県の基本情報

宮城県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.miyagi.jp/
人口(人) 2334215
面積(平方km) 7282.22
人口密度 320.54

宮城県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】宮城県へ移住する長所・短所

宮城県へ移住するメリット

宮城県へ移住するデメリット

-仙台市のメリット-

宮城野区は仙台市の北東部に位置していて、人口は約20万人の区です。
多賀城市や利府町などと隣接していて、仙台駅がある中心部と比べると田園風景もあり郊外に位置しています。
メリットは、中心部と比べると家賃などが比較的リーズナブルなので、コスト的にもあまりかかりません。
さすがに、榴ヶ岡公園付近は中心部とさほど変わりありませんが、離れるに連れてリーズナブルになってきます。
中心部を除いて、長町や泉中央ほどではありませんが、主要な街の幹線道路の近くにはショッピングセンターや飲食店も揃っています。
中心部のようにがやがやしていません。
都会でもなく田舎過ぎないので住むのには丁度良いです。

-仙台市のデメリット-

住むエリアによっては、変質者が出たり暴走族で騒音に悩まされることがあります。
特に国道45号線沿いにある地区は、交通量が多く騒音もあるので、あまり自然を感じられません。
また、住宅地が多いせいか訪問セールスもそれなりに来ますね。
その他のデメリットは、旅行などで関東や関西など他の地方に出かける時は、移動するのに時間とお金が掛かってしまう点です。

-仙台市のメリット-

規模が小さい町のため車がなくても十分生活していける。徒歩圏内で街中を探索しやすいし、薬局やスーパーも充実している。生活用品が買えるのに加えて服や雑貨などのショッピングもしやすく、ちょっとした買い物やお出かけにも適している。仙台市民は流行に敏感なため、新しい店舗が数多く出店されている。

-仙台市のデメリット-

新しい店舗が充実する分その入れ替わりも激しく、1年後には退店してしまう店も多い。また、メイン通りであるアーケードは道の構造が似ているため、初めて来た人にとっては現在地を把握しにくい。
東北地方のため冬は気温が低くなりやすいので雪が降った翌日などは除雪作業が行われるものの道に氷が張り、転倒の原因となっている。

-利府町のメリット-

仙台に隣接している街ですが、住宅地が多いので車での通勤には便利なのがメリットで、町内には自動車専用道路も通っています。
町内にはインターチェンジが数か所あるので、旅行などの遠出する時には色々な方面へアクセスできます。
また、田園や山林などもあり、自然と調和されているので、街中と比べると空気も透き通っていますね。
東北地方最大級のショッピングセンターが2020年に誕生する予定なので、買い物には便利になりますね。

-利府町のデメリット-

公共交通機関の便が悪い点です。
団地があるエリアから、JRの駅までは2km以上離れているので、駅利用者は近くにある駐車場を利用している方が多いです。
バスも一応通っていますが、本数は少ないので不便です。
電車については、通勤時間帯は1時間に2本程度はあるものの、乗り遅れたりする方も多く送迎の方が別な駅まで移動する光景を目にします。
また、終電が22時台と早いので、帰りが遅くなると足が限られてしまうのがデメリットですね。

-仙台市のメリット-

太白区は、自然と街がバランス良く調和されている区で人口は約22万人で、規模的にも住みやすいです。
特に長町は、通勤や通学などで仙台市中心部に通う副都心の機能を持っています。
鉄道以外に地下鉄が通っていて、その周辺には商業施設が立ち並んでいるので、利便性も高いです。
近くには広瀬川が流れているので、ウォーキングやサイクリングなどにも丁度良いですね。
また、区内には秋保大滝や秋保温泉があり、そのロケーションに優れているので、レジャーにも便利です。

-仙台市のデメリット-

グルメに関しては、好き嫌いがハッキリ分かれるかと思います。
長町駅周辺には、居酒屋や焼き鳥屋さんなどは多くありますが、その反面おしゃれなカフェ・子連れでも行けるファミレス・食堂は殆どありません。
夜に飲みたい人にとっては楽しめますが、カフェなどでちょっと休憩したいとか、美味しいランチを食べに行きたい人にはあまり楽しめません。
また幹線道路沿いは、夜でもそれなりに交通量があるので、騒音でうるさいこともあります。

-柴田町のメリット-

このまちのメリットですが、自然が豊かなので、ウォーキングやジョギングがしやすいです。
近所の方がとても優しく、たまに野菜やちょっとした料理を頂いております。
この町は、桜が非常に綺麗で、毎年桜のシーズンになると、県内外からお花見のお客さんがきます。

毎年、桜のシーズンになると道がこみあったりしますが、この町に住んでいると徒歩や自転車をこぐだけで、お花見が出来ちゃいます。

学生タウンで、幼稚園や小学校、中学校、高校、大学まで揃っています。

-柴田町のデメリット-

デメリットは、電車の本数が少ないことです。
一本乗り遅れた場合には、都会と違って30分弱待たなくてはなりません。

学生タウンなので、夏になると夜にバクチクの音が聞こえる日もあります。

都会と違って、新しいお店や、話題のお店が多くないので、そういった場所に行くには、他の町や市に移動する必要があります。

-仙台市のメリット-

おそらく仙台駅から一番近い動物園の八木山動物園があります。また宮城県ではCMで有名なベニーランドがあります。仙台駅からバスで20分程度で行くことができるのでアクセスもしやすいです。最近は地下鉄も開通し、さらにアクセスしやすくなりました。自然がたくさんあります。

-仙台市のデメリット-

まず店が少ないです。銀行や保育所など最低限の店はありますが、スーパーや八百屋などが軒並みつぶれています。高齢者が多い地域なのですが、食材を確保するためにはバスや車を使わなくてはいけないため、住んでいる人からは不便だという声があがっています。また地下鉄が開通したせいか、バスの本数が減り、逆に不便になったという声も聴きます。

-泉区のメリット-

宮城県仙台市泉区は、人口が213,758人(平成30年4月1日現在)を数え、仙台市中心部へ通勤するベットタウンの区です。
区内には、豊かな自然を楽しめる泉ヶ岳があり、市民の屋外レジャースポットとしても知られています。
また、地下鉄の始発駅にもなっているので、仙台市中心部への通勤や通学にも向いています。また、駅周辺や国道四号線沿いなどには、商業施設もも整っていて、バランスが取れている区だと思います。
駅周辺などには、ちょっとした飲食店並んでいるので、普段の生活には困りません。
街中のように騒がし過ぎずかと言って田舎過ぎないので、住むのには適していると思います。

-泉区のデメリット-

唯一のデメリットは、地下鉄は夜遅くまで運行していますが、遅い時間になると駅から各方面へ向かう
終バスが早くなってしまったことです。
ですので、駅からやや離れている団地に住んでいる人は、10時前に仙台市内から出ないと、終バスに乗れなくなってしまいます。
そして、駅周辺には飲み屋さんも点在し、タクシー乗り場にはタクシー待ちの行列ができるので、中々つかまらないのもデメリットです。
会社や友人たちと夜から集まって飲食する時は、帰り時間に気を付けなければいけません。特に親しい友人たちとは、住んでいるエリアが違うだけで、周りよりも1時間以上早く帰らなければならないこともあります。
泉区はエリアが広いので、住む場所によって利便性が変わってきます。

-泉区のメリット-

仙台市泉区は、JRは通っていないものの、中心部へのアクセスとしては、市営地下鉄が通っているので、その沿線沿いに住めば、生活には便利です。

特に、泉中央駅は始発駅にもなっていて、周辺には医療機関や商業施設も整っていて、主要な幹線沿い脇にもこれらが整っているので便利です。

ちなみに、普段の食事や買い物では、仙台駅まで出向く必要もなくエリア内で生活が完結できる点は、泉区の強みでもあります。 

-泉区のデメリット-

沿線沿いに住んでいるのであれば、大きなデメリットはありません。しかも、市の中心部と比較して空気が透き通ったようにきれいな街並みです。

唯一のデメリットは、23時以降の便が廃止されたことによる影響が大きいです。郊外の団地方面へ向かう終バスの出発時刻が早くなってしまった(22時代)ので、例えば仙台駅周辺で飲み会があり遅くなった時は、タクシーしか足がありません。

なので、仙台で最寄りの駅から10数分歩くような場所で飲んだ時は、21時30分過ぎには帰る準備をしないと、行き先によっては終バスに乗れないこともあるのです。

-青葉区のメリット-

仙台は東北一の都会で、活気がある。街並みが綺麗で、ケヤキ並木などの緑が多く、すがすがしい。真夏でもそれほど暑くないので過ごしやすい。雪も少なく、冬も過ごしやすい。大学や専門学校が多く、若者の割合が高い。街がコンパクトなので、どこへ行くにもアクセスがしやすいです。

-青葉区のデメリット-

仙台市は街は大きいけれど、支店都市であり、地元の企業がほとんどない。また、電車の便が悪く、中心部はほとんど走っていない。その代わり地下鉄やバスが発展している。大都市とはいえども東北なので、訛りがある人が多い。仙台人の気質として、他所者には最初は冷たい。打ち解けるまでに時間がかかる。

-仙台市のメリット-

宮城野区は、新幹線が発着する仙台駅まで近く、榴ケ岡などの中心部に近いエリアは家賃相場が高くなってしまいます。

ところが、郊外エリアは田園などの自然もあり、幹線道路沿いは飲食店などの商業施設も並んでいて、家賃も安くなるので、リーズナブルに住みたい人には向いています。

-仙台市のデメリット-

 通勤・帰宅の時間帯は、電車の本数もそれなりにありますが、日中になるとその本数が少なくなますので、急ぎや時間指定の用事がある場合は、不便さを感じてしまうのは否めません。

 なので、ファミリー世帯は、異動の手段として自動車が必要になってきます。

 また、幹線道路沿いは、夜中になると暴走族などが走り安眠できない時もしばし起こります。

 これらが、住むのにはデメリットと感じてしまう点です。

 

都道府県ページへ

Top