宮城県への移住【メリットやデメリット】

宮城県の基本情報

宮城県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.miyagi.jp/
人口(人) 2334215
面積(平方km) 7282.22
人口密度 320.54

宮城県で人気の市区町村

宮城県青葉区への移住

移住マップ

宮城県石巻市への移住

宮城県石巻市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/石巻市]

石巻市(いしのまきし)は、宮城県東部に位置する、県内第二の人口を擁する市。

広域合併により、市域は北上川下流の仙台平野(石巻平野)から、女川町を除く三陸海岸南端(牡鹿半島)一帯まで広がった。
旧北上川河口に中心部を持ち、石巻都市圏の人口は約21万人(2000年国勢調査時点)、世帯数は59,065世帯である(2006年(平成18年)3月末)。

宮城県泉区への移住

移住マップ

宮城県仙台市への移住

宮城県仙台市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/仙台市]

仙台市(せんだいし)は、宮城県の中部に位置する同県の県庁所在地かつ政令指定都市。
また東北地方最大の都市でもある。

仙台市都心部周囲には広瀬川や青葉山などの自然があり、また都心部にも街路樹などの緑が多いことから、「杜の都」との別名をもつ。
市は「学都仙台」「楽都仙台」などのキャッチコピーも用いている。

宮城県多賀城市への移住

宮城県多賀城市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/多賀城市]

多賀城市(たがじょうし)は、宮城県のほぼ中央に位置する都市である。
旧宮城郡。
市の名称は陸奥国府「多賀城」に因む。

仙台市の北東側に隣接するため、同市のベッドタウンとしての性格も持ち合わせている。
同市への通勤率は43.2%(平成22年国勢調査)。

仙台市の北東に位置し、市街地は丘陵地帯上にある。
市名の由来は古代国府の多賀城よりとっている。
昭和17年(1942年)に海軍工廠が設置されて以降、市南部に工業立地が進んだ。
仙台港の開港もこれに拍車をかけている。
仙台市中心部より鉄道をはじめアクセスが良好であることから、仙台都市圏の一角をなすベッドタウンとしても位置付けられ、市西部の水田地…

宮城県の市区町村一覧

宮城県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、宮城県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、宮城県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。宮城県へ移住するならいつ?

宮城県の移住支援情報

市区町村 支援内容
大崎市 移住支援専用ホームページの運営、田舎体験・自然体験事業の主催・支援、総合窓口の設置、空き家バンク制度、協力事業者登録制度。2016年4月1日から住宅新築・購入支援(最高190万円)やリフォーム支援(最高125万円)などの支援策有。
東松島市 (1)空き家バンク(2)定住化促進事業補助金交付制度
栗原市 (1)ホームサーチ事業(空家の売買・賃貸を希望する所有者からの申し込みを受けて登録した空家情報を居住したい方へ情報提供)(2)若者定住促進助成(40歳以下の転入者または多世代同居者が住宅を新築・購入した際に上限20万円を最長5年間助成)(3)空き家活用移住体験事業(市外在住の移住希望者に短期間無料で貸出)(4)若者遠距離通勤支援事業(40歳以下の者が遠距離通勤する場合に最大月額1万円を2年間助成)
登米市 (1)【登米市移住・定住サポートセンター】登米市への移住・定住を検討している方々に対し、情報提供や支援を行う。(2)【移住体験】無料で2泊3日から9泊10日までの滞在ができる移住お試し住宅を提供。また、移住体験ツアー参加者、移住お試し住宅利用者に対して、旅費及び宿泊費の一部を補助(上限3万円)。(3)【住宅家賃補助金】登米市住まいサポート事業として、家賃の1/2(月額上限1.5万円)を2年間補助。要件あり。(4)【登米市空き家情報バンク】
角田市 定住促進・角田いらっしゃいプラン、空き家バンク。
名取市 閖上地区に住宅を新築又は購入する、閖上地区在住以外の世帯に対して一定額を補助する。基本補助金50万円。新婚・子育て世帯(加算補助)50万円。
白石市 白石市移住交流サポートセンターでの移住相談及び移住体験住宅(2棟)の宿泊事業の実施。定住者補助事業として、転入者で住宅を新築・購入した者に30万円。さらに市内建設関連業者を利用した場合は20万円を上乗せ。空き家物件の情報提供。
気仙沼市 気仙沼市移住・定住支援センターを設置し、UIJターンに関する総合窓口を開設。空き家バンクの登録やマッチング、お試し移住などの事業を実施。
塩竈市 【子育て・三世代同居近居住宅取得支援事業】子育て世帯や三世代同居・近居世帯への住宅取得支援を行う。【海の見える丘のまち~塩竈~住宅支援事業】ホームページなどを活用し、市街の移住者へ空き家情報を紹介。(7月開始予定)
石巻市 【移住コンシェルジュ】移住に関する総合窓口の設置やお試し居住や移住者向けのイベントを企画実施する。【地域活躍支援事業】移住者を呼び込むため、起業者を育成等の人材育成を行なう。【地域交流・定着支援事業】定住促進のため、移住者同士や地域の方々との交流の場の提供する。【空き家等活用支援】石巻市に移住希望する者や起業を考えている者へ空き家の紹介を行う。
市区町村 支援内容

【体験談】宮城県へ移住する長所・短所

宮城県へ移住するメリット

宮城県へ移住するデメリット

-多賀城市のメリット-

宮城県の中枢都市である仙台市から電車や高速道路でのアクセスがしやすく、働く場所としての仙台市に対するベッドタウンとしても住みやすい。国道沿いには飲食店や娯楽施設などが多く、どこの住宅地にもスーパーやコンビニが充実している。田舎と街の中間という雰囲気で治安もよく、穏やかに暮らすことができる。

-多賀城市のデメリット-

仙台市のベッドタウンという側面もあるため、朝の通勤時や夕方の帰宅時には電車が満員になる。飲食店や娯楽施設は国道沿いに集中しており、移動するには車が欠かせない。冬は毎年のように大雪に見舞われ、夏には大雨の被害に遭うこともある。路線は2つあるが、そのうち東北本線は強風や悪天候の日に大抵運行を見合わせてしまう。

-石巻市のメリット-

蛇田周辺を始め、色々な店が集中している。特にイオンや生協、ヨーカドーやヨークベニマル等のスーパーやヤマダ電機、ケーズデンキ等の電機店がある為とっても便利です。農業や水産業が盛んで、米や野菜、魚介類はとっても美味しいですし、スーパーでも色々なものが売られております。

-石巻市のデメリット-

仙台まで1時間ちょっとで着いてしまうのでどうしても仙台と比べると店が少なくて遊べるところも少ないです。その為休みの日は仙台周辺にまで足を運ばないと変えないものもあるかもです。
また、車が無いと石巻の全部を回ることは非常に難しいので、住む場合は車がないと非常に不便だと思います。

-白石市のメリット-

東北地方なので、冬といえば雪山!市内から片道一時間のところにある為、仕事終わりの方もナイターに2、3時間だけと滑りに行く方もいます。
また、東北の新鮮な野菜やお米、魚からお酒まで食べ物に困る事はなく、とても美味しいです。また、東北は県民性で優しい方が多く、都会からきたものにも暖かく迎えてくれます。

-白石市のデメリット-

情報社会である現代、地方に住み、人との出会いの数を減らしてしまう事が自体デメリットではありますが、都会に住んでいても、新しい出会いを拒む方は大勢いる気がします。都会の駅前の喫煙所で知らない人が声かけてきたら、都会すぎる故に、警戒してしまいます。
ただ田舎に住むって事は、買い物の場面や人の部分で苦労する事が多くなるので、ここがデメリットだと思います。

-大崎市のメリット-

自然豊かでとても静かな街。新幹線を利用すると仙台市まで15分で行けるので通勤通学に新幹線利用が許可されていれば便利。高校も3校あり特色も豊かで学業は都心部と変わりないような気がする。都市開発が進み、新しい住宅街ができて若い人も多くなった。全国チェーンの店舗も多くできて買物もだいぶ改善している。

-大崎市のデメリット-

冬は風が強く底冷えする寒さはきつい。暖房代が高い。市内を走るバスがほとんど印象にないほど走っていない。自家用車がないと買物に行けない。小さな子供が遊ぶ公園が少ない。あっても古くて遊ぶには不自由。駅前や街中に人通りが少なく、活気が無い。自分がいた頃は市役所が木造で古くエレベーターもなくベビーカーを担いで2階に行くしかなかった。

-石巻市のメリット-

仙台市よりも人口が少ないので、街中が混雑しているということがほとんどないので住みやすいです。

仙台市までは車なら45分、電車でも1時間程度で行ける距離ですし、イオンなどの大型デパートもあるため買い物にも不自由しません。

保育所も多く待機児童はいますが、仙台市よりも多くないため、子育て世帯も働きやすい環境にあります。

-石巻市のデメリット-

電車やバスなどの本数が少ないため、移動には車が必要不可欠な地域です。

勤務先へも車じゃないと行けない地域も多いため、家族1人につき1台ずつ所有していないと生活が不便です。

日々の買い物に困ることはありませんが、観光スポットや子供の遊ぶ場所が少ないため、他地域へ車で出かけなければならないのも不便です。

特に雨などの天候が悪い日は子どもが遊ぶ場所がなくてイオンしか行くところがありません。

-川崎町のメリット-

田んぼや畑、湖や川のせせらぎ、山に囲まれた自然溢れるのどかな町です。子供手当てはもちろん、赤ちゃんから中学生まで医療費が免除、子育て世代にはとてもありがたいです。美味しいお店もたくさんあります。お米も直接農家さんから安く買えたり、野菜なども食べきれないくらいにお裾分けを貰えたりするので、とても人情あふれるいい町です。

-川崎町のデメリット-

まず田舎なので、交通手段は自家用車がメインです。自家用車を持つと何かと維持費がかかります。車の税金やら、車検やら、ガソリン代やら、保険やら、田舎の山奥なので、冬には雪がけっこう降るので、スタッドレスタイヤも必要なので、色々と大変です。また働く場所も少ないので、上手く働けたとしても、低賃金での労働になってしまう為に、現状では隣町とかに就職する人が多いですね。

-富谷町のメリット-

最近、町から市になった富谷市です。富谷市はお年寄りからお子さんまで幅広く色んな方々が住んでいます。学校も多く閑静な住宅街が沢山あります。しかし、ショッピングモールや施設等もあるため暮らしていく上での不自由を感じませんでした。工場地帯もあるので働きに来る方も沢山います。

-富谷町のデメリット-

仙台市内に比べて少し雪が降ります。また、交通機関がバスだけなので車が必須になると思います。街中までバスは出ていますが片道600円以上かかり、最終便が早く、飲み会等があると送り迎えが必要になったります。また、遊べる施設は無いのでその際は街中に出るしかありません。

-大崎市のメリット-

米どころ宮城らしく、餅が美味しい。ずんだ餅やくるみ餅など、他県ではあまり見られない種類のお餅が常にスーパーで売られているので、餅好きの自分には嬉しかった。おしゃれな服屋はないが、スーパーやドラックストア、クリニックなどがそろっていたので、生活するのに便利であった。

-大崎市のデメリット-

住宅街の道が狭いので、車同士がすれ違う時に気を付けないと、サイドミラーをぶつける危険がある。

冬場は道が凍るのに、新潟などのような雪道対策がされていないので、朝の通勤時、車が滑って事故が起きる率が高い。私が住んでいた頃は、保育園入所に短時間のパートでも可能であったので、都会に比べて入りやすかった。

-仙台市のメリット-

東北最大の都市で交通の便も良いです。住む場合は、仙台の中心部よりも家賃が安く、繁華街からは離れている若林エリアなどが住みやすくおススメです。大学が近くにいくつかることから、学生の割合も比較的多く、良い意味で活気があります。また、仙台エリアは気候も穏やかで、東北でも雪が少ない都市で緑も豊なので、1年を通して過ごしやすいです。

-仙台市のデメリット-

車を保有されている方は、契約駐車場がなかなか無いので、住んでいる所から少し離れた場所に借りなければならないケースが多いです。駐車場付きの物件もありますが、総じて家賃が高めになります。また、道が狭い所が多く一方通行も多いので、運転に不慣れな方は車ではなく自転車での移動をお勧めします。交通の便はよいので、マイカーが無くても十分生活できますが、マイカー必須の方は少し大変です。

-大和町のメリット-

閑静な住宅街。高い建物がほとんどないため、自然の季節感を感じやすい。普段より遠くに見える雪山や鳥のさえずり、キンモクセイの香りなど、未だ四季折々ぶりを感じられる。また、役場や金融機関、中型のスーパーが数々近隣に密集してるため、日常的な用事を済ますにはとても便利である。

-大和町のデメリット-

本屋がない。公共の図書館はなく、学校の図書室のような小さな規模。スーパーや薬局、コンビニは多数あるのに比べて、本屋がない。また、交通手段の面で不便。電車や地下鉄は通っていない。バス停は立派だが、バスの本数の少なさ、バス運賃に高さを感じる。ちょっとした非日常をこなすには、自家用車が必須。

都道府県ページへ

Top