長野県への移住【メリットやデメリット】

長野県の基本情報

長野県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.nagano.lg.jp/
人口(人) 2099759
面積(平方km) 13561.6
人口密度 154.83

長野県で人気の市区町村

長野県飯田市への移住

長野県飯田市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/飯田市]

飯田市(いいだし)は、長野県南部に位置する市。

信州で最も南にある市で、南信州広域連合を形成する最大の自治体。
長野県内に5都市存在する、人口10万人超の市のうちのひとつで、南信地方では最大の人口を擁する。
県内では長野市、松本市、上田市に次ぐ4位。

長野県伊那市への移住

長野県伊那市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/伊那市]

伊那市(いなし)は、長野県の南部に位置する伊那谷北部の市。

東に赤石山脈(南アルプス)、西に木曽山脈(中央アルプス)がそびえる中、中央部を長野県諏訪市・下諏訪町・岡谷市にまたがる長野県で一番の広さの諏訪湖より、南へ向かって太平洋に流れる天竜川が縦断する。
最高標高地点は、東南部に位置する南アルプスの塩見岳東峰(3,052m)。

長野県上田市への移住

長野県上田市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/上田市]

上田市(うえだし)は、長野県東部(東信地方)にある市。
東信地方および上小地域(じょうしょうちいき)の中心都市で、県内では長野市、松本市に次ぐ規模の都市である。
千曲川右岸の旧市街は、戦国時代に真田氏が築いた上田城を中心とする城下町。
千曲川左岸の塩田は鎌倉時代の執権北条氏の一族塩田北条氏の所領で、安楽寺、北向観音などの多くの文化遺産が残されており「信州の鎌倉」の異称で呼ばれる。

長野県長野市への移住

長野県長野市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/長野市]

長野市(ながのし)は、長野県北信地方に位置する都市。
長野県の県庁所在地であり、中核市である。

長野県北部の中心都市で、善光寺の門前町として有名である。
門前町としてのみならず、周辺の観光地への前線としても重要な位置を占める。
善光寺門前町を中心とする旧長野町などは上水内郡に属していたが、現在の市域はその外、旧更級郡、埴科郡、上高井郡にまたがる。

長野県松本市への移住

長野県松本市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/松本市]

松本市(まつもとし)は、長野県中信地方に位置する市。
特例市や国際会議観光都市に指定されている。

国宝松本城を中心とする旧城下町である。
幸いにも戦災を免れたことから、旧開智学校(重要文化財)などの歴史的建造物が多く残る。
他に戦災を免れた中規模の旧城下町としては、金沢市や川越市などがある。

キャッチフレーズは「文化香るアルプスの城下町」、「三ガク都(楽都、岳都、学都の三つのガク都。
音楽、山岳、学問で有名なため)」などがある。
市のマスコットはアルプちゃん。

長野県の市区町村一覧

長野県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、長野県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、長野県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。長野県へ移住するならいつ?

長野県の移住支援情報

市区町村 支援内容
安曇野市 【安曇野市おためし住宅】貸付料一日当たり2,000円。日数7日以内。貸付条件あり。【安曇野市空き家バンク】安曇野暮らし支援協議会HP内に開設。無料会員登録で閲覧可能。
東御市 【東御市空き家バンク】市内の空き家情報を提供。空き家バンク登録物件に限り、空き家片付け補助有り(1/2の補助、上限10万円)【定住アドバイザー】県外から市へ移住してきた市民をアドバイザーとして任命し、移住希望の方、移住してまもない方へのアドバイスを行う。【移住定住ポータルサイト「とうみぐらし」】東御市への移住情報を更新。
千曲市 定住促進のため、希望者に空き家情報を提供。空き家に関する詳しい情報は、建設課空き家対策係。市内で活動する移住・独立・定住サポート団体と連携し、移住の相談から定住後のフォローを行っている。お問い合わせは、観光交流課ブランド・交流係まで。
佐久市 【空き家バンク「おいでなんし!佐久」】市内の賃貸・売却できる住宅の所有者が登録した空き家バンクを開設し、利用希望者に情報提供している。【佐久市移住促進サポートプラン】佐久市に転入し、新築物件の取得または新規や中古物件を購入された方に補助金を交付している。
塩尻市 市外から市内賃貸物件(アパート等)に転入した夫婦に地場産品をプレゼントする事業で、年齢制限や転入時期、今後3年以上定住する意思のあるなどの要件があり。
茅野市 【田舎暮らし楽園信州ちの協議会によるサポート】(1)1~2ヶ月利用可能で家具・家電付き移住体験住宅(1室はペット可)、(2)楽園信州ちの空き家バンク、(3)物件見学ツアーの実施、(4)大都市圏での移住セミナーの実施及びイベント参加、(5)twitter、facebookでの情報発信【ようこそ空き家住宅改修事業】上記空き家バンク掲載物件の改修費50万円以上の場合、茅野市が25万円を補助(条件あり)
飯山市 空き家バンク登録物件、住宅地、住宅建設補助など移住定住に関する情報を提供。
大町市 移住者の方が、空き家を市内施工業者により改修し、新たに入居する際の改修工事費用の1/2、30万円限度を助成。I・Uターン者に市内で使える商品券(3万円分)を贈呈。
中野市 空き家バンク事業、空き家改修の補助。
駒ヶ根市 (1)【移住関係ワンストップ窓口設置】(2)【若者の住宅取得補助制度】市外から転入し住宅を新築または購入する人、および竜東地区に転居し住宅を新築または購入する人を対象に補助金を交付
伊那市 全域において空き家の情報提供及び助成金制度あり。さらに空き家所有者に対する支援制度あり。1年以上定住した世帯に10~15万円、中学生以下2万円/人を助成、単身世帯は5~7万円を助成(一部地域)。新築・空家の取得・増改築の経費の2/10以内、150万円を限度に補助(一部地域)。就職や住居の確保等移住・定住準備のための仮住まいの提供(家賃2万円、最大6か月間)。子育て世代向けに一部市営住宅の家賃を軽減(20%)。
須坂市 空き家バンク、移住体験ツアー。
諏訪市 空き家バンク、諏訪圏移住相談センターの窓口開設、空き家バンクに登録されている物件を購入または賃借した移住者と物件の所有者に、不動産仲介手数料の一部を補助(仲介手数料の1/2、上限5万円)。一度は諏訪市を離れた人が、諏訪地域の企業への就職や市内での企業のために諏訪市に戻り、市内の空き家を改修して居住する場合の改修費用の一部を補助(対象経費の1/3、上限50万円)。
飯田市 (1)移住全般相談(2)就労相談・無料職業紹介(所3)空き家バンク制度。バンク登録住宅を購入または賃借で改修補助。バンク登録住宅に入居した子育て世帯に補助。(4)起業相談、各種支援(5)就農相談、農業ワーキングホリデー(6)滞在型体験農園施設クラインガルテン7)地区指定での寄付ができるふるさと納税「飯田市20地区応援隊」【地区限定】(1)IUターン促進補助金(2)不動産取得支援(3)住居支援(4)就労支援補助金事業
岡谷市 移住等を目的として岡谷市を訪れ、市内の宿泊施設を利用する者に対して、当該宿泊施設の宿泊に係る費用の一部を助成する。助成額は、対象者が宿泊した費用の1/2(上限2,500円)とし、連続する2泊以内で年1回とする。
上田市 (1)上田市空き家情報バンク制度(2)移住体験ツアー(3)移住セミナー(4)UIJターン就職支援事業(5)空き家バンク利用者引越費用補助金(空き家バンクを利用し物件を購入した者の引越費用の1/2を補助[上限10万円])
松本市 (1)総合的な相談窓口を設置(2)空き家バンクに物件を掲載
長野市 人口増推進課内に移住・定住相談デスクを設置し、移住・定住専門相談員を3名配置するなど、相談体制の充実に努めている。長野県外から市内に移住して起業する50歳未満の方を対象とした「移住者起業支援金(最大100万円)」や、市内各地の利活用可能な空き家情報を提供している「長野市空き家バンク」、中山間地域のバンク登録物件は「中山間地域空き家改修等補助金(最大130万円)」の対象とするなど、移住者向けの支援制度もある。
市区町村 支援内容

【体験談】長野県へ移住する長所・短所

長野県へ移住するメリット

長野県へ移住するデメリット

-飯田市のメリット-

山や川など自然が多く釣りやキャンプなどのアウトドアを気軽に楽しめます。
また、あまり有名ではありませんが飯田市は日本一の焼肉の町と宣言しているだけあって、人口あたりの焼肉店の数が多いです。
高級店よりも庶民的な店が多く、週末平日問わずいつもお客さんで一杯です。
焼肉が好きな人にとっては最高な町です。

-飯田市のデメリット-

大都市に行くのが大変です。
JR飯田線を利用するよりも高速バスを利用した方が時間が短いです。
そうは言っても高速バスで名古屋まで2時間、新宿まで4時間かかります。
同じ長野県の長野市までさえ3時間かかります。
近い将来リニアが開通するそうですが、まだしばらくの間は大都市に行くことはちょっとした旅行になりそうです。

-小諸市のメリット-

私の住む街のシンボルは雄大な浅間山、特に冬季の雪を冠した浅間山は絶景の一言です。
また、もう一つのシンボルは懐古園、元小諸城の跡ですなのですが、特に春の桜、秋の紅葉は息をのむ程の美しさです。
小諸の自然・環境は、“一見の価値アリ”です、コロナ自粛が明けたら是非皆さん訪ずれて見てください。

-小諸市のデメリット-

街中の交通アクセスは悪いです。
一般的な街のような乗り合いバスがありませんので、代わりに市内交通として“愛乗りくん”という乗り合いバスがあります。
300円と安価ですが、予約制のうえ1日に上下12本のみ、また利用者が多いと時間通りに目的地に到着しないというのが一番の難点です。

-軽井沢町のメリット-

自然が豊かで、四季の美しさが感じられる。空気が都会に比べて圧倒的にきれいである。夏は涼しく、特に夜は熱帯夜になることはないのでゆっくりと寝ることができる。寒さは厳しいが、雪はそれほど多くないので、雪かきすることは少ない。東京から新幹線で1時間ちょっとなので、日帰り圏内である。

-軽井沢町のデメリット-

何といっても観光地なので、休日は道路が渋滞しがち。魅力的なスーパーマーケットがあるのだが、都会の人々であふれ、特に今のコロナの状況では、恐怖を覚えるくらいである。都会の人たちのマナーは悪く、注意すると逆切れされる。寒さは厳しく、一番寒い時で、マイナス15度くらまで下がるので、寒さが苦手な人にはつらい。冬の光熱費も高額になる。自動車がないと生活しづらく、大人一人に1台必要になる。

-安曇野市のメリット-

自然が近くに感じられてのびのびと過ごせます。
また、都会より移住者を募っているため、子育て支援やUターン、Iターンの人への市等の様々な援助がとても役に立ちました。
(何日か一軒家を借りて試しに生活ができる等の制度があります。)
また、観光地となっているためおしゃれなカフェやパン屋さん等飲食店が多く休日なども楽しめる場所でした。

-安曇野市のデメリット-

車がないと生活が難しいと思います。
また、場所にもよりますがコンビニ、スーパー等が近くにないところもあります。
虫やカエルは多いです。普通に窓にくっついていたり家に入ったりすることもあるので苦手な方は大変かもしれません。
年配者も多いため地域のつながりが根強く残っているところもあるため、地区の掃除やごみ当番等への出席が必要となることもあります。

-飯田市のメリット-

自然が多い地域なので、四季を感じながらのんびりと暮らすことができます。が、冬場の雪は少ないです。野菜や果物はスーパーでも地元の方が作った新鮮なものが並んでいることが多く、直売所もあったりと、とても新鮮なものが多いです。焼肉の町ということもあり、市内には様々な焼肉屋さんがあります。

-飯田市のデメリット-

他の県、東京などへのアクセスは不便です。電車も本数が少ない上に、新幹線などは2時間ほど離れた市町村からしか出ていません。地元を走る電車も少ないため、車がなければ生活しにくいです。また、大型のショッピングモールや幼い子どもが遊べるスペースなどは少ないので、子育て中は多少不便に感じることが多いです。

-須坂市のメリット-

人口30万人を超える長野市に隣接し、新幹線・JR線長野駅や高速道路(須坂東インター)へのアクセスがとてもよいです。基本的には車社会ですが、ホームセンターやスーパーマーケットも多いので、中心部に住めば徒歩や自転車でも日常的な買い物は可能です。臥竜公園は桜の名所として知られ、仁礼地区ではホタルがみられる場所もあり、自然も豊かな環境です。

-須坂市のデメリット-

須坂市を走る長野電鉄は距離当たりの運賃が高く、毎日の通勤通学手段としては微妙で、長距離の移動にはやはり車に頼ることとなります。日常生活面では、ごみ捨てが記名式で分別ルールが厳しく、ルールが守れていないと回収してくれないこともしばしばです。また観光面では、隣接の長野市や小布施町など、近くに人気のある観光地を抱えている分、いまいち盛り上がりに欠ける印象があります。

-諏訪市のメリット-

とにかく自然がいっぱいです。ちょっと山側のほうに行くと野生の鹿やウサギ、きつねやタヌキを見かけることがあります。諏訪湖沿いですと、通年通してたくさんの鳥が飛び交い、冬は白鳥がいます。
諏訪湖の周りには温泉があり、温泉宿がたくさんあります。駅やサービスエリアにも温泉があります。温泉好きにはたまらないと思います。

-諏訪市のデメリット-

とにかくお店が少ないです。洋服を購入するところがなかなかないのには苦労します。場所によりコンビニまでが遠いところもあります。
交通面では特急列車が止まる駅ではありますが、普通列車の本数が少ないこと、バスの運行が少ないこと等を考えるとメインが自家用車で行動となるため車がないと不便だと思います。

-上田市のメリット-

平日は、どこのお店に行っても混んでいないので、のんびり過ごせる。
通りががりの知らない人でも、困っていると親切にしてくれたり、気軽に話しかけたりしてくれて仲良くなれる。
車で1時間圏内に、山登りや渓流釣りキャンプなどができる自然のレジャースポットが沢山あるので、週末の気分転換ができる。いちご狩りやりんご狩り、ぶどう狩りなどが出来る。

-上田市のデメリット-

大型の商業施設が限られているので、休日はショッピングモールが大変混み合ってしまう。また、田舎なので、流行のものが店頭に並ぶまでにタイムラグがある。あるいは、ブームが下火になって来てから話題のお店ができ始めたりする。
電車の本数が、多くても1時間に2、3本しかないので、乗り遅れると、最悪1時間くらい待たないと次の電車が来ない。

-松本市のメリット-

長野県は山が多いので、登山が好きな方にとってはメリットです。車で多くの登山道に行く事ができます。
松本駅は新宿から電車で乗り換えなしで行けるので、都内とのアクセスは良好です。
市民農園が盛んで、格安で畑を借りることができます。農業体験は自分で育てた安心感のある野菜をたべることができ、教育にも良い環境だと思います。

-松本市のデメリット-

都会と比べ、最新のファッションや家電製品があまり店頭に並びません。最新のものを購入する場合はネットショッピングをするか、都会まで買い物に行く必要があります。
冬場稀に大雪で外出が困難になる事があります。また、季節のタイヤ交換がほぼ必須なため、タイヤを置くスペースを確保する必要があります。田舎のため各家庭2台ほど車を所有しているケースが多く、タイヤ8個分のスペースとなるとそれなりの広さが必要です。

-松本市のメリット-

安曇野、上高地、美ヶ原など自然環境や観光資源また温泉にも恵まれ一年をつうじてアウトドアライフを楽しむことができます。信州大学の医学部や県内トップクラスの高校もあり医療、教育環境にも恵まれています。郊外には水田や果樹園が広がっており、新鮮な野菜や米、果物も豊富です。

-松本市のデメリット-

冬が寒いことが一番のデメリットです。その年にもよりますが、最高気温が零度以下の真冬日が数日続いたり、最低気温がマイナス10度以下になることもたびたびあります。積雪は長野県内では少ない方ですが30cm以上降ることもあります。大都市圏へのアクセスは新宿まで3時間、名古屋まで2時間と良いとはいえません。

都道府県ページへ

Top