長野県への移住【メリットやデメリット】

長野県の基本情報

長野県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.nagano.lg.jp/
人口(人) 2099759
面積(平方km) 13561.6
人口密度 154.83

長野県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】長野県へ移住する長所・短所

長野県へ移住するメリット

長野県へ移住するデメリット

-大町市のメリット-

空気と水と食べ物が美味しい。自然が多く、子供を育てる環境に適している。湖もあり、昆虫など虫がたくさんいるので、色んな体験ができる。夏でも、都会よりも涼しいので避暑地としても便利。畑や田んぼが多いので、夏にはご近所さんから野菜がもらえる。冬には、スキー場が近いのでボードやスキーができるし、庭があればカマクラや雪だるまが作れる。

-大町市のデメリット-

高速道路が近くにないので、遠出するときに不便です。電車の時間が1時間に1本程度なので、一家に一台は必ず車が必要です。冬になると雪が多いので雪かきが大変です。スタッドレスタイヤが必需品なので、維持にお金がかかるし、冬は暖房を使うのでストーブなどの光熱費がかかります。

-大町市のメリット-

空気と水と食べ物が美味しいところです。夏の気温が都会よりも涼しく、カラッとしています。昆虫なども多く、子育てに最適です。自然が多く、環境も豊かですが、自然災害も少なく、北アルプスが守ってくれています。仁科三湖もあり、魚もいます。黒部ダムなど複数のダムもあります。

-大町市のデメリット-

冬になると、雪の量が多いです。雪かきが大変なので、お年寄りには不便です。交通に関しては、高速道路が近くに無く、不便と感じます。電車も、1時間に1本という程度、ほとんどの家では自家用車を持っています。冬は寒く、観葉植物などは枯れてしまいます。暖房費が都会よりもかかります。

-上田市のメリット-

上田城跡がある真田雪村由来の地として有名な地域です。古い町並みが多く、歴史的で風情のある景色が身近にあります。長野新幹線の停車駅であるため、軽井沢のような観光地や東京への移動も容易です。近隣に複数のスキー場があるため、冬期はウィンタースポーツを盛んに行うことができ、好きな人にはオススメです。

-上田市のデメリット-

田舎なこともあり、大型デパートやショッピングモールは少ないです。急な買い物はコンビニエンスストアに頼ることになりそうです。休日に遊べるような娯楽施設もないため、長野市まで出る必要がありますが、ローカル線である篠ノ井線の本数が少ないためアクセスがあまりよくないです。

-伊那市のメリット-

東西をアルプスに挟まれた伊那谷です。山の恵みで台風などの自然災害は少なく、地元で採れる新鮮な野菜、果実(桃、梨、りんご、いちご、ぶどう、柿など)、秋にはマツタケを堪能できます。適度に都市化されていて、日常の食料品や生活用品の買い物は複数のスーパーマーケットやホームセンターがあり大変便利です。保育園の待機児童問題はほぼなく(聞いたことがない)、小中学校は完全給食、学童保育も充実しています。医療においても中核となる総合病院と各科の開業医があり、通常の疾病では心配ありません。図書館や文化会館、古くはありますが映画館もあります。 フィットネスクラブや公共の健康維持を目的としたサークル、コーラスや演劇などの文化活動をする市民サークルも充実しています。 庭つき住居を得れば、農作物を自家栽培することも可能です。東京や名古屋へは中央高速バスで行くことができます。所要時間は片道3~4時間かかりますが料金は3000円程度なので慣れれば苦は感じません。

-伊那市のデメリット-

冬は寒いです。早い年では9月末から朝晩は暖房器具が必要になります。積雪は多くはありませんが、平均気温は低い日が続きます。公共交通機関といえるものはJR東海の飯田線と中央高速バスと市内中心部を巡回するいーなちゃんバスくらいです。 自家用車による移動ができないと生活は難しいでしょう。働く場所も都会のようには選択できませんし、賃金も都会並みというわけにはいきません。また、自治会などご近所さんとのお付き合いが必須です。

-飯田市のメリット-

空気がきれいです。冬は雪が降りますが、南信なので県内でも比較的少ない方です。夜は空を見上げると空気が澄んでいるため、星がとても輝いて見えます。方言がきつくないので人当たりが良く、皆さん真面目にコツコツと働く印象を感じます。お店で買い物をしても、店員さんに接客〜会計まで丁寧に対応して頂け、不快感がありません。

-飯田市のデメリット-

百貨店がありません。人に贈り物をしようと思った時、新しい服を買おうと思った時にちょっと出掛けてショッピングできる施設が無く、松本市、上田市まで高速で買い物に行かなければならない点です。ガソリン代とゴミ袋代がとても高いです。坂道が多く、自転車だと登り坂がきついです。

-長野市のメリット-

長野県の県庁所在地、新幹線も通っており、東京や金沢までそれぞれ二時間弱で行くことができます。

古くから善光寺を中心に発展してきた門前町で、まじめで穏やかな県民性も、とても住みやすい街であることを象徴しています。

車を所有していたほうが長野での生活は楽しめるので、移住の際は車を購入したほうが良いと思います。

自然豊かで、とても暮らしやすい場所です。

-長野市のデメリット-

海なし県ということもあり、海産物がそこまで入ってこないのと、マリンスポーツとは縁遠い地域です。

冬は地域によっては2メートル以上の積雪があったり、長野県自体がとても広いので、逐一移動に時間がかかるということ、長野市は多少は公共交通機関が発達していますが、大都市に比べ本数も少なく終電も早いので、移動手段は車がメインとなってしまっています。

-上田市のメリット-

県庁所在地の長野市、国宝松本城のある松本市、リゾート地である軽井沢が全て

1時間圏内であるということがメリットです。

四季を存分に感じられ、東京に行きたければ新幹線で90分以内には着きます。

適度に商業施設もあり普段不便に感じることはほとんどありません。

県内でも1番住みやすいのではないかと勝手ながら思っています。

-上田市のデメリット-

外から移住などしてきた時に感じるにはやはり冬の寒さではないでしょうか。

私の応援するサッカーのチームもそれを理由に移籍を断る選手が多いそうです。

12月から3月くらいまでは朝晩は氷点下になりますし車のフロントガラスも凍ります。

溶かすのがまた面倒です。郊外は交通網がほとんどないので車が必須ですね。

-松本市のメリット-

医療施設がけっこう充実している。自然災害が少なくて気候も過ごしやすくて空気が良いし、農作物も多く取れて野菜がうまいです。県民性だと思いますが大人しいひとが多いのでご近所トラブルとかも起きずらいと思います。アルプス山脈が近くにあるのでスキーなどのアウトドアスポーツが楽しめます。

-松本市のデメリット-

海が近くにないので新鮮な魚があまり食べられないところや海水浴をせるのにも遠くまで出かけなければいけないのでとても不便です。歴史のある古い町なので城下町周辺などは特に道幅が狭くて渋滞しやすいのでもう少し交通整備をしっかりしてほしいです。山間部などでは野生動物がけっこう居るので注意するための標識がほしい。

-御代田町のメリット-

自然が多くて空気が良いです。夜も静かで都会の様な喧騒がありません。田んぼや畑の田舎の風景に癒されます。日本を代表する火山である浅間山がよく見えます。夏はそこそこ暑いですがエアコンを使わず扇風機だけでも何とかしのげます。田舎ですが大型商業施設も近くにあり買い物には特に困りません。新幹線を使えば一時間強で都心に出る事ができます。

-御代田町のデメリット-

電車やバスといった交通網が発達していませんので車が必須となります。電車は一時間に一本、バスはそれ以下の場合もあります。スーパーやコンビニなどの生活必需品の買い物にもほとんど車が必要です。そして冬はマイナス10℃以下になる事もあり寒いです。雪は比較的少ない地方ではありますが、それでも2、30センチ位の積雪はよくあります。冬は雪や凍結した道路の車の運転に注意が必要です。

-長野市のメリット-

まわりがとても静かで、ご近所もファミリー層が多く落ち着いた雰囲気です。
こどもの声や鳥の鳴き声が聞こえ、夜になると星空が見えます。
また、おいしい物が多く、仲良くなるとご近所さんが野菜や果物をおすそ分けしてくれ、日本の良いご近所付き合いが残っています。
長野オリンピックがあったことから運動公園が市民に開放されており、手軽にスポーツを楽しむことができます。
新幹線が通っていて、関東や名古屋に出やすいのもいいです。

-長野市のデメリット-

百貨店が1店舗がなく、最新のファッションなどはわからないことです。
ネット通販で購入すれば別ですが、ショッピングを楽しむことはできません。
都会では歩いているだけで流行を感じることができますが、何が流行っているのかなどは興味がないとあまり必要性を感じません。
松本市はイオンモールやパルコがあり、軽井沢にはアウトレットがあります。
なぜ長野市にはないのか疑問です。

 

都道府県ページへ

Top