愛知県への移住【メリットやデメリット】

愛知県の基本情報

愛知県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.aichi.jp/
人口(人) 7484094
面積(平方km) 5172.48
人口密度 1446.91

愛知県の市区町村一覧

愛知県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、愛知県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、愛知県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。愛知県へ移住するならいつ?

愛知県の移住支援情報

市区町村 支援内容
みよし市 【空き家活用事業補助金】空き家バンクに登録された住宅の取得、リフォームにかかる費用を補助。
田原市 【田原市定住・移住促進奨励金】「田原市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に定めた「定住・移住促進」の取組として、若者・子育て世代を対象に新規の住宅取得を支援。市内に新築住宅を取得して定住する若者・子育て世帯(45歳以下)に対して奨励金を交付する。一定の奨励金に加え、世帯・区域・市内事業者建築加算を行う。1件上限60万円。【田原市空き家活用促進事業補助金】空き家バンク登録家屋の改修費の助成。
日進市 空家バンクを設置しており、空家バンク成約物件の中で、市外からの移住者に対して、空家バンク仲介手数料等補助金、定住促進リフォーム補助、子育て世帯定住促進補助を行っている。
豊明市 【同居・近居に係る固定資産税相当額一部補助事業】親と同居または近居するため、新たに住宅を取得した者に対して家屋の固定資産税の一部を補助。
岩倉市 【空き家バンク】愛知県宅地建物取引業協会と連携し、市内に存在する空き家等について、売りたい、貸したいと考える所有者からの申し出により、その物件を調査の上、ホームページに掲載し、買いたい、借りたい人との媒介を行う。
新城市 新城市空き家改修事業(空き家の改修費に補助金を交付)
犬山市 【ふるさと・働きて定住促進サポート事業】近居支援型・在勤支援型の場合上限20万円、同居支援型の場合、費用の1/2、上限60万円。
蒲郡市 空き家バンク制度。
豊田市 (1)豊田市中山間地域空き家情報登録制度「空き家情報バンク」。(2)移住体験として、「里山暮らし体験館」が一泊1,800円で、2地域居住として、農園付の戸建住宅である「帰農者滞在施設」を年間約23万円で利用できる。(3)いなか暮らし総合窓口として、住まい探しや暮らし、生業に関する総合相談を行う窓口を、都市と山村の交流コーディネートを行う「おいでん・さんそんセンター」内に設置。
津島市 【空き家利活用事業】津島市まちなか歴史・文化地区の活性化を目的とした空き家の利活用をする際の改修費の一部を補助。最大140万円(加算含む)。市外からの転入で加算あり。
豊川市 【豊川市まちなか居住補助金】所有する土地・家屋に係る固定資産税相当額(最大3年間・面積要件あり)を補助。さらに、対象世帯の中学生以下に対し1人当たり10万円(1回限り)の奨励金を補助。対象条件あり。【豊川市空家バンク】バンク登録物件について交渉を希望する場合は、事前に豊川市空家バンク利用登録申込書の提出が必要。
春日井市 【高蔵寺ニュータウン空き家バンク】空き家の売買等を希望する所有者等から申込みを受けた情報を空き家の利用を希望する者に対し紹介を行うホームページ。市を構成員に含む「高蔵寺ニュータウン住宅流通促進協議会」が運営。サイト管理の事務局は春日井商工会議所。(http://k-akiyabank.com/ippan/)
瀬戸市 (1)空き家情報バンクの設置(2)築後20年以上の空き家を購入して子育て世帯や40歳以下の若い世帯が市外から市内へ入居する場合に応援金を補助。(3)築後20年以上の空き家を購入して子育て世帯が親世帯との同居・近居を行う場合に応援金を補助。
一宮市 包括連携協定を結んだ金融機関による、各種ローンの優遇制度(ローンの種類および金利は、金融機関により異なる)
豊橋市 首都圏在住の女性を対象とした移住体験ツアーを開催
市区町村 支援内容

【体験談】愛知県へ移住する長所・短所

愛知県へ移住するメリット

愛知県へ移住するデメリット

-豊田市のメリット-

・子どもの手当や補助が手厚く、こども園の保育料が安い
・子育て支援のための施設やこども園の開放など、子育てしやすい環境が整っている
・市民税が他の市に比べて安い
・車の販売店が多く、故障や事故の時対応してくれる為安心
・豊田スタジアムでのイベントやライブなどが多い
・全国的に有名な花火大会がある

-豊田市のデメリット-

・バスが通っていなかったり、駅から遠い地域が多く、車がないと困ることが多い
・トヨタ関連の工場が多い為、通勤時間帯はよく渋滞している
・電車やバスの本数が、名古屋などと比べると少ない
・市街地は祭りなどで通行止めになったり、豊田スタジアムでイベントがあると歩行者だらけになったりと、車で通行するのが大変
・市内にアミューズメント施設がほとんどない

-豊橋市のメリット-

名古屋や浜松などの大都市に行く際に、電車1本で45分ほどで行くことができ、新幹線も停車するので、とても便利です。豊橋駅周辺も栄えているので、ショッピングや食事をするのにも便利です。駅から離れると田舎町になり、のどかな景色を楽しむことができます。都会が便利で好きだけれど、人が多すぎて苦手という人にはちょうどいい街だと思います。

-豊橋市のデメリット-

豊橋駅周辺に住んでいれば、買い物にも困ることはないのですが、少し田舎のほうに行くと、全くお店などのない田園風景が広がっているので、バスは走っていますが、やはり車がないと生活するには難しいかと思います。街灯も少なく、道もきれいに舗装されていないような場所もあります。

-尾張旭市のメリット-

名古屋都心部まで名鉄瀬戸線で栄まで25分、大曽根まで20分程度で移動でき、地下鉄藤が丘駅までもバスで20分程度で移動できるので便利です。尾張旭市は名古屋市守山区、名東区、春日井市と隣接しており、商業施設にも比較的近く郊外として住むには非常に便利です。市内には森林公園があり自然も豊かなので住環境としては申し分ない

-尾張旭市のデメリット-

鉄道だけでの移動には限界があり、自動車での移動が主となる。商業施設への移動は車がないと不便な部分が有る。名古屋市内と比較すると、店舗数等は限られる。運転免許の更新等は市内に警察所がないので、春日井警察、名古屋市の運転免許試験場で更新せざるを得ない。名鉄瀬戸線が主要交通手段となるが、高架路線ではないため、度々人身事故が発生し交通への影響が有る部分がデメリットと思われる。

-半田市のメリット-

ベッドタウンなので、住むのにはとてもいいと思う。子育てしやすい環境で、大きい公園や、児童館もある。スーパーやコンビニもたくさんあるので、生活しやすい。周りの市町村はプロパンガスだが、都市ガスなので料金も安く済む。近隣と比べて1番人口が多いので、その分栄えている。

-半田市のデメリット-

名古屋まで遠いこと。急行で3、40分かかる。台風や災害などで電車が動かないときは困る。あとは人身事故などで電車の運休、遅延があると他に線がないので帰れない。田舎なので刺激がない。田んぼが多く、目立ったショッピングモールもない。近隣には空港やコストコ、イオンなどがあるが、車で行く必要がある。

-東浦町のメリット-

名古屋市から30km離れている郊外ということもあり、閑静な住宅地が広がっています。
土地が安いので、一軒家を建てることができます。
トヨタ系をはじめとする工場が多数あるので就職は容易に見つかります。
高速道路も整備されているので、名古屋市の繁華街まで車で30分で行くことができます。

-東浦町のデメリット-

街が車を所有している前提で計画されているので、徒歩で買い物に行くのに不便です。
居酒屋は駅前にしかないので、友人たちとの食事は駐車場のある飲食店に限られてしまいます。
キャバクラなどの女性がサービスしてくれるお店はまばらにしかなく、
風俗店に至っては近隣には皆無です。

-清須市のメリット-

足軽バスという100円でどこまでも乗れる市内バスが運行していています。未就学児は無料で200円で乗り放題のチケットが買えるのでとても便利です。車を運転出来ない年配の方がよく利用しています。自分も利用したことがありますがスーパー・図書館・市役所などに止まってくれるので助かります。

-清須市のデメリット-

粗大ごみの料金が高いことです。以前住んでいた名古屋市西区はごみの大きさによって250円と500円の2種類あったのですが清須市は800円です。また以前東海豪雨があり、それ以降も川辺の畑やゴルフ場が流されるほどの水害があったのでまた同じことが起こるかもしれない不安があります。

-瀬戸市のメリット-

近隣の市が発展してるので栄えているところと自然が多いところといろいろ楽しめる街です。また、瀬戸市は陶器の街なのでお皿やティーカップなど喫茶店に入るとそういうところにもこだわっているお店が多いのでちょっと優雅な気分になれます。災害もほとんど聞かないので安心して住めます。

-瀬戸市のデメリット-

古い町並みなので一歩入り組んだ道に入ると一方通行も多く、車の運転が苦手だと大変だと思います。
又、自然が多いところは車がないと暮らすには話になりません。雪が降ると同じ市内でも積もってるところと全然なんともないところとあるので、車などの装備を準備した割には全く使わないといったこともあります。

-常滑市のメリット-

常滑市は静かですが、常滑を代表する観光地の焼き物散歩道には焼き物にまつわる、おしゃれなお店が多く、のんびりプラプラできる。少し移動すればショッピングモール、りんくうビーチ、イオンやコストコがあり、週末にはアーティストのイベントが行なわれている。また、中部国際空港セントレアでもイベントが多く、これからもっと発展すると思います。

-常滑市のデメリット-

電車は便利だと思いますが、市内でのバスなど公共交通機関が発達していないため自動車が必須です。最近では居酒屋が増えてきましたが、駅前にお店が少なく日常のお買い物をするところがあまりできません。住んでいる住宅街の道路が狭く普通車がすれ違えずに通行できないところもあります。

-春日井市のメリット-

閑静な住宅街で、治安も比較的良い方だと思います。
立地としては、名古屋の繁華街まで車で30分以内で到着することができます。
また、イオンやザ・モールなどもあり、生活雑貨は揃えやすく、住みやすいと思います。
近所には落合公園や朝宮公園があり、運動や自然に触れ合うことができ、市運営の温水プールもある為、健康的な生活を送ることができます。

-春日井市のデメリット-

公共交通機関があまり整備されていまい印象があります。
電車はJR中央線と名鉄になるのですが、市街地からは若干離れており、あまり便が良い方ではありません。
※駅前もそれほど賑わっている訳ではありません。
バスは各方面に走っていますが、やはり自家用車がないと、生活しづらい点は多いかと思います。

-岡崎市のメリット-

閑静な新興住宅地が多く、道路も広いため、とても住みやすい街です。またスーパー、ドラッグストアなども多く、大規模のイオンモールもあり便利です。
美容院も多いです。
公立高校で東大進学率全国トップになったことがある、高名な岡崎高校があり、教育熱心な土地柄です。岡崎高校以外でも高偏差値の公立高校が多く、私立に進学させなくてもいいのはメリットでしょう。
JR、名鉄を使えば、名古屋まで30分。豊田へは愛知環状鉄道があり、交通の便もよいです。

-岡崎市のデメリット-

車社会のため、バスは路線が限られています。駅が近くにないと、不便かもしれません。
また、大手チェーンが多く個人経営の飲食店は少なめです。土日はどこもいっぱいで、待たされます。
商業施設も少ないです。
イオンモールは近隣でも大きいため、東三河からも人が来るため、土日は幹線道路が大渋滞。(イオン渋滞と呼ばれています。)
愛知はトヨタの国です。トヨタであらずんば人にあらず。
パートに行けば、「旦那さん、どんなお仕事?」ではなく、「どこにお勤め?」とズバリ会社名を聞かれます。
トヨタ関係か、大手企業でなければ、あからさまに下に見られることになります。そういう土地柄です。

 

都道府県ページへ

Top