愛知県への移住【メリットやデメリット】

愛知県の基本情報

愛知県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.aichi.jp/
人口(人) 7484094
面積(平方km) 5172.48
人口密度 1446.91

愛知県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】愛知県へ移住する長所・短所

愛知県へ移住するメリット

愛知県へ移住するデメリット

-長久手市のメリット-

治安が良く、公園(青少年公園や杁ヶ池公園など)が多く自然が感じられる街で、愛知万博以降は商業施設が充実してきたほか、名古屋や栄までのアクセスも1時間以内という便利さ。商店街が充実している藤が丘駅までのアクセスは30分から1時間程度であり、生活に困ることはない。

-長久手市のデメリット-

名古屋や栄という主要な街への交通アクセスは整備されていますが、日進や東郷のほうに向かう交通は未だ不便に感じる。直通のバスもあるがぐるっと巡回しながら目的地に向かうためどうしても時間が掛かってしまい、自転車を利用したほうが早くつく場合もある。また、競合企業がないため物価が安くない。

-長久手市のメリット-

最近栄えてきたので、街並みが新しい。住んでいる人たちも若い人が多くさびれていない。イオンやイケアがあり買い物に困らない。モリコロパークを筆頭に公園が比較的多く、自然豊か。名古屋までが近い。市役所横にエコタウンというリサイクルセンターがあり、段ボール等の回収を行っており、様々なものを回収してくれるので環境に優しい。

-長久手市のデメリット-

イオンやイケアができたせいで渋滞がひどい。特に土日の夕方は悲惨。モリコロパーク付近も土日昼間は渋滞する。電車がリニモしかなく、少し不便。リニモは他の路線に比べて高い。地価が高騰しているのか家賃は高め。付属する駐車場もあまり安くはない。日進や尾張旭日まで行かないと飲食店があまりない印象。

-瀬戸市のメリット-

「せともの」の名前になっているほど、かつては盛んだった陶器の街です。
産業があるので、多くの方が地元に愛着・誇りを持っている印象を受けました。
また、陶芸作家志望の方が「土」と「利便性」を求めて引っ越してくることも多かったです。
地元の人が窯があることになれているので、多少煙がでていても怒られないのだそう。
名古屋市へは電車で40分程、通勤にも便利で山側へ向かうと蛍が見られるような川もあり、文化・生活・自然とバランスがよく住み心地がいい街だと思います。

-瀬戸市のデメリット-

市の中心部は便利ですが、それ以外は電車が通っておらず自家用車が必須です。
また、坂が多いので、お年寄りの方は住む場所を考えないと大変だと思います。
隣が長久手市という、全国版住みたいまちランキングでいつも上位を獲得する街なので、そこと比較してしまうと物足りないかもしれません。一方で、IKEAや大きなイオンなど、長久手市に施設が出来ることで近くにお出かけスポットができて楽しみが増えるので恩恵を受けていると言えるかもしれません。今後ジブリランドもできるので楽しみです。

-江南市のメリット-

最寄駅で江南駅があり、特急から普通までほぼ全ての電車が使えるので、交通の便が非常に良いです。また、名古屋に行くのにも電車で30分ほどです。
車が使えるのであれば、岐阜方面へも30分ほどで出かけることが出来るので、レジャーなどにも向いています。
ショッピングモールや公共施設等もある程度あるので、暮らすに当たって不自由はあまりないでしょう。

-江南市のデメリット-

都会でもなければ田舎でもない、とても中途半端な印象です。
ビル群があって活気あふれる街かと言われればそうではないですし、緑豊かで自然に囲まれているかと言われればこれもまた違います。住む分にはあまり不自由はしませんが、いまいちパッとしないです。有名な観光スポットもないので正にベッドタウンという印象が強いです。

-幸田町のメリット-

この街に住むメリットとしまして、自然が豊かであることが第1に浮かんできます。ここ数年で駅が増え、大型ショッピングモール、電化製品屋さん、薬局など自然が多くある中でどんどん住みやすい環境に変わっていっていることが魅力だと思っています。是非一度、幸田町に遊びにおこしください(^^)

-幸田町のデメリット-

この街に住む上でのデメリットとしまして、交通の便があまり活発でないことが挙げられます。電車を例に挙げてみますと、1時間に1本、あるいは2本程度しかないことが挙げられます。また、周りにコンビニ等が無い場所が多くあり、歩いてコンビニまで‼︎ということが安易にできないこともデメリットと感じています。

-刈谷市のメリット-

アイシン系工場所謂トヨタ系の工場が多く都心の名古屋まで30~40分と言うアクセスで働く=稼ぐから遊ぶまでを楽しめる都市として何もない田舎って程田舎でもなく都会って程ではないが食べたり飲んだりの外食もほどほどな感じと田舎として丁度良い感が生活圏として良く感じる点が魅力。

-刈谷市のデメリット-

都心の名古屋までの電車でのアクセスは刈谷駅からは快速や特別快速で便利なのですが、やはり終電の点が0時前後と夜中を飲み明かす点では遊び足りなく感じてしまいます。そのため補う点が地元刈谷市で飲みに出るになってしまう点、名古屋に飲みに出ても終電が気になる点や帰りの終電で酔いが覚めてしまうデメリット。

-稲沢市のメリット-

 JRの普通しかとまりませんが、15分ほどで名古屋に行けます。会社勤めをしていたときは、帰りの電車で一本見送れば名古屋~稲沢まで座れるので随分楽でした。駅も比較的新しく、陸橋の横幅も広いので自転車で思わず快走したほどです。
 家賃も安く、特に駐車場代が安いと思います。砂利の駐車場ですが1か月4000円で借りています。
 

-稲沢市のデメリット-

 夜8時を過ぎると駅周辺は暗いです。特に自転車置き場は人気がないところにあるので、帰りが遅くなったときは自転車に乗るのをあきらめて(それでも夜8時くらいですが)ダッシュして帰ることもあります。
 商店もいくつかありますが飲み屋が中心で、家族や女性が気軽に入れる店が少なく、駅でご飯を食べようかということにはなりません。

-一宮市のメリット-

名古屋駅から電車で10分、岐阜駅から電車で15分と大変交通の便が良い。電車はJRと名鉄の両方が通っており、またいずれも特急電車なども停車する。田舎特有のあたたかみや緑がある。都会に比べ土地が非常に安く、物価も安いため新生活をはじめるのによい。賃貸でも名古屋市で暮らすのに比べ同額であれば広い部屋に住むことができる。

-一宮市のデメリット-

治安があまりよくなく、空き巣被害においてはナンバーワンと言われている。田舎であるため街路灯も少なく、夜の一人歩きはあまりお勧めできない。また市の中心部以外は田舎であるため、店舗なども多くはなく車がないと生活しがたい。バスも1時間に2本しか通っていないということはよくある。

-あま市のメリット-

名古屋駅から名鉄・津島線で約20分くらい、中心部の栄までは30分で行けるため、交通のアクセスは良いです。のどかな街で自然が多く、小中学校は充実しています。すぐ近くに、ファミリーレストラン、スーパーがあるので、ご飯に困ることはないです。何よりも治安が良く、事件に巻き込まれた等の話は、滅多に聞かないです。

-あま市のデメリット-

デメリットは、すぐ近くにファミリーレストランがあるのは、便利だが、ただ
車がないといけない場所にあったりするので、あま市に住むなら車は絶対に必要不可欠です。ペーパードライバーには、不向きです。近くに、スーパーはあるのは良いことではありますが、大型商業施設等は近くにないので、遊ぶ場所は名古屋・栄駅エリアに限られます。

-天白区のメリット-

愛知県名古屋市天白区は名古屋市の中でも平針運転免許センターに一番近い地域でもあります、免許センターの他に最近ではプライムツリー赤池と言う大型ショッピングモールも近所に出来たため、遠くまで出かける手間がなくてとても住みやすい環境だと思います、電車などの交通手段も手広く地下鉄やバスが常に運行しています。

-天白区のデメリット-

愛知県名古屋市の主要都市は中区や千種区などと、名古屋の中心に面していますが、天白区は少し外れた位置に面している為あまり都会感が感じられないのがデメリットかと思います、また電車などの交通手段で名古屋駅や栄などの主要都市に向かうと、30分以上の時間を要するのもデメリットのひとつかと思います。

 

都道府県ページへ

Top