愛知県への移住【メリットやデメリット】

愛知県の基本情報

愛知県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.aichi.jp/
人口(人) 7484094
面積(平方km) 5172.48
人口密度 1446.91

愛知県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】愛知県へ移住する長所・短所

愛知県へ移住するメリット

愛知県へ移住するデメリット

-瀬戸市のメリット-

名古屋市などと比較し物価が安いです。
緑や公園が多く、大変閑静な町なので住みやすいです。
のんびりと暮らしたい人には最適です。
年1回9月にせともの祭が有り、安く陶器を購入することが出来ます。
名古屋の栄まで30分ほどで行け、近いです。
名古屋駅まで50分ほどで行け、便利です。

-瀬戸市のデメリット-

人がだんだん減ってきています。今は129684人ほどです。ここ数年増えることは有りません。
少子化で若者がいなくなってきたので、町内での自治会の仕事が早く回ってきます。
大きな企業が有りませんので税収入が心配です。
断層が近くに有るそうなので、地震が起きた時により心配です。

-稲沢市のメリット-

郊外で程良く田舎だけれど、名古屋に近くてアクセスがよいのが最大のメリットだと思います。田んぼや畑が多くて田舎だけど、市内にはスーパーやコンビニ、ショッピングセンター、病院なども充実していて、基本的に生活に困ることはありません。名古屋には電車で特急だと約10分で行けるのも便利です。でも名古屋に比べると物価も安いです。

-稲沢市のデメリット-

あまり子供を連れて遊ぶところが充実していないように思います。近くの小さな公園はありますが、子供が思い切り遊べる大きな公園があまりないので、市外で遊ぶことが多いです。あとは市内の場所にもよりますが、特に子供がいると車が必須です。鉄道やバスがそこまで発達しているわけではないので、何かと車がないと不便に感じます。

-豊田市のメリット-

都会でもなく田舎すぎるでもなく、家族世帯がのほほんと暮らすのに最適です。私の家は上挙母駅に10分で歩いていけますし、中心部の豊田市駅まで1駅、歩いても30分の距離なので歩いてもぜんぜん大丈夫です。その途中に大きいドンキホーテ、イオンがありフェルナやえぷろんなどスーパーも近くにあるため、暮らすには充分です。

-豊田市のデメリット-

田舎過ぎず、とは言いましたがそれなりに田舎なので名古屋などに比べますと不便はあります。まず無人駅がいくつかあることと、楽しむためのレジャー施設はカラオケ以外はほとんどありません。トヨタ自動車が近くにあるためか車の交通量はおおく、夕方はとくに混み合います。人の少なさと車などの多さがなんとなく混沌としています。

-長久手市のメリット-

愛知県名古屋市のベッドタウン。住みよさランキング2018で全国2位。市民の平均年齢が全国で最も若い。名古屋市、もしくは豊田市に勤めている方が多く、通勤しやすい。公園が多く点在しており子育てしやすい街である。モリコロパーク(愛・地球博記念公園)があり、週末にはイベントが行われ、子どもが1日遊べる施設がある。ジブリパーク建設予定。イオン長久手店をはじめ、スーパーや薬局も多く、買い物には困らない。大学生や若い人が市を盛り上げようと様々なイベントを企画している。飲食店が多く、外食に行く時も選択肢が多い。

-長久手市のデメリット-

イオンやイケアができたことにより、店舗周辺やグリーンロードが渋滞するようになった。名鉄バスやNバス(長久手市営バス)もあるが、曜日や時間帯によっては時間通りになかなか来ない。これからジブリパークができたらさらに混雑することが予想されるので、近隣にすむ私たちにとってはあまり好ましく思えないこともある。住宅侵入盗や車上荒らしが他の市町村に比べて多い。昔から残る歴史もあるが、住宅が建ちすぎて自然が少しずつ減っている気がするし、新しい人が多いのであまり地域の繋がりが感じられない。転入出が激しい地域。

-大府市のメリット-

名古屋まで電車で15分と移動も便利なところは便利です。
また企業がたくさんあるためか、転勤してくるひとが多く、他の地域からの移ってきてもとても住みやすいところだと思います。商業施設や飲食店なども多く、車で移動する分には買い物などに不自由しないと思います。生活していても不便を感じません。

-大府市のデメリット-

車があれば商業施設などに楽に行くことができますが、駅の周辺は特に買い物できるようなところはあまりないと思います。車がないと少々不便かと思います。
住宅街は夜になるととても静かなので防犯的にどうなのかなと思います。また地価が高いので大府市で戸建ての購入と考えるとなると高くつくと思います。

-碧南市のメリット-

西三河でも田舎の方に部類されるので土地、または賃貸物件が安い
田舎ではあるが静かで暮らし易く、衣食住に関するお店は最低限よりかは近場にあるので問題なし
4市と隣接している街だが、どれにもアクセスが容易であり渋滞ともほぼ無縁である。
一応海のある街なので、新鮮な海鮮がある程度は安く入手できると思う。

-碧南市のデメリット-

住むには衣食住に関するものが近場で確保できるが、それ以上を求めるとなると基本市外に行かねばならない。
娯楽施設がない、またショッピングモールもないので双方を求めるとやはり市外に出ることになる。
公共交通は名鉄三河線の終点地であるのであるにはあるが終電は0時辺りなので、名古屋から帰宅するとなると22時を過ぎると時間が気になりだす。
車ありきの環境、公共交通は期待できないので普通自動車免許を持ち、一人一台の自家用車がないとお話にならない。

-江南市のメリット-

子育て支援センターや児童館など、無料で未就園児とその保護者が他の子どもたちや保護者とふれあう機会がある場所が充実している。また未就園児の子どもと保護者向けのイベントや子育て世帯へのサポートが充実している。公園、フラワーパークなど自然豊かな場所が多く、手入れが行き届いている。

-江南市のデメリット-

バスの路線や本数が少ない、また鉄道は市内に名鉄犬山線しかないため、駅の近くに住んでいない人には交通の便が不便である。このような事情から車に頼る人が多いため、都市の規模のわりは交通量が非常に多く、渋滞や交通事故が多い。大型ショッピングセンターが少ないので、若い世代がショッピングをあまり楽しめない。

-長久手市のメリット-

治安が良く、公園(青少年公園や杁ヶ池公園など)が多く自然が感じられる街で、愛知万博以降は商業施設が充実してきたほか、名古屋や栄までのアクセスも1時間以内という便利さ。商店街が充実している藤が丘駅までのアクセスは30分から1時間程度であり、生活に困ることはない。

-長久手市のデメリット-

名古屋や栄という主要な街への交通アクセスは整備されていますが、日進や東郷のほうに向かう交通は未だ不便に感じる。直通のバスもあるがぐるっと巡回しながら目的地に向かうためどうしても時間が掛かってしまい、自転車を利用したほうが早くつく場合もある。また、競合企業がないため物価が安くない。

-長久手市のメリット-

最近栄えてきたので、街並みが新しい。住んでいる人たちも若い人が多くさびれていない。イオンやイケアがあり買い物に困らない。モリコロパークを筆頭に公園が比較的多く、自然豊か。名古屋までが近い。市役所横にエコタウンというリサイクルセンターがあり、段ボール等の回収を行っており、様々なものを回収してくれるので環境に優しい。

-長久手市のデメリット-

イオンやイケアができたせいで渋滞がひどい。特に土日の夕方は悲惨。モリコロパーク付近も土日昼間は渋滞する。電車がリニモしかなく、少し不便。リニモは他の路線に比べて高い。地価が高騰しているのか家賃は高め。付属する駐車場もあまり安くはない。日進や尾張旭日まで行かないと飲食店があまりない印象。

-瀬戸市のメリット-

「せともの」の名前になっているほど、かつては盛んだった陶器の街です。
産業があるので、多くの方が地元に愛着・誇りを持っている印象を受けました。
また、陶芸作家志望の方が「土」と「利便性」を求めて引っ越してくることも多かったです。
地元の人が窯があることになれているので、多少煙がでていても怒られないのだそう。
名古屋市へは電車で40分程、通勤にも便利で山側へ向かうと蛍が見られるような川もあり、文化・生活・自然とバランスがよく住み心地がいい街だと思います。

-瀬戸市のデメリット-

市の中心部は便利ですが、それ以外は電車が通っておらず自家用車が必須です。
また、坂が多いので、お年寄りの方は住む場所を考えないと大変だと思います。
隣が長久手市という、全国版住みたいまちランキングでいつも上位を獲得する街なので、そこと比較してしまうと物足りないかもしれません。一方で、IKEAや大きなイオンなど、長久手市に施設が出来ることで近くにお出かけスポットができて楽しみが増えるので恩恵を受けていると言えるかもしれません。今後ジブリランドもできるので楽しみです。

 

都道府県ページへ

Top