愛知県への移住【メリットやデメリット】

愛知県の基本情報

愛知県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.aichi.jp/
人口(人) 7484094
面積(平方km) 5172.48
人口密度 1446.91

愛知県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】愛知県へ移住する長所・短所

愛知県へ移住するメリット

愛知県へ移住するデメリット

-天白区のメリット-

愛知県名古屋市天白区は名古屋市の中でも平針運転免許センターに一番近い地域でもあります、免許センターの他に最近ではプライムツリー赤池と言う大型ショッピングモールも近所に出来たため、遠くまで出かける手間がなくてとても住みやすい環境だと思います、電車などの交通手段も手広く地下鉄やバスが常に運行しています。

-天白区のデメリット-

愛知県名古屋市の主要都市は中区や千種区などと、名古屋の中心に面していますが、天白区は少し外れた位置に面している為あまり都会感が感じられないのがデメリットかと思います、また電車などの交通手段で名古屋駅や栄などの主要都市に向かうと、30分以上の時間を要するのもデメリットのひとつかと思います。

-名古屋市のメリット-

名古屋は新幹線で東京から大阪へ向かう途中にある立地で、どちらの街へ向かうにも都合がいい街です。大きな通りが多く、そういった通りでは車道、自転車走行空間、歩道いずれも比較的よく整備されています。全国5大都市には必ず入る街なので、ショッピング等はもちろん、各種資格検定試験を受験するのも容易です。

-名古屋市のデメリット-

自動車や自転車の運転マナーが悪い方々が目立ちます。自動車の場合は、信号が黄色に変わったので減速したら後続車からクラクションをならされたり、信号の無い横断歩道で歩行者が立ち往生していても九分九厘の自動車は止まりません。自転車のマナーも悪く車道逆送、夜間無灯火、信号無視等は当たり前です。また、中心市街地や大きな通りは道路も良く整備されているのですが、一歩外れると一方通行や入り組んだ道が多く残っており、そういった道路では夜間に車道のド真ん中を黒ずくめの歩行者がふらふら歩いていることもあります。

あとは、空き巣の発生件数が多く、居住される場合は鍵の確認やオートロックなどセキュリティは万全になさってください。

-名古屋市のメリット-

交通インフラは地下鉄、JRや私鉄がありそこそこに栄えている。地価も割と安く住みやすい。地元が本社の会社が多く採用も地元志向が強いので就職の機会が割と多い。台風、雪害など天候による極端な被害も少なく極端な変化があまりない。一部の栄や名古屋駅以外は田舎で緑も多く子育ての環境としても悪くない。

-名古屋市のデメリット-

半端に栄えているので、東京、大阪に比べ店舗が少なく品揃えも少ない。名古屋人は見栄っ張りで他所者に冷たいと良く言われる。交通インフラはあるが、かなりの車社会で実はどこにいくにも車がないと不便。観光に乏しく、知り合いが来ても案内する所がない。スポーツチームも強いチームは皆無で、地元で誇れるものがほとんど無い。

-名古屋市のメリット-

地下鉄、バスなど愛知県の中で公共交通機関が最も栄えている場所で便利です。

車の運転もできるとなお移動が便利です。

イオンモールなどがあちこちにあり、20分もあればどこかで買い物ができて困りません。

名古屋駅周辺は高層ビルが多いですが、一駅二駅離れると木々がよく生えていて、自然との共存が見えます。

-名古屋市のデメリット-

離れすぎると田んぼなとどんどん田舎になっていくため、名古屋市外となると暮らしが少し大変かもしれません。電車も地下鉄でなくJRを使うととても交通費がかかります。遊ぶ場所は名古屋駅や栄駅、大須駅などに行かないとなかなかありません。もしくは車で向かうことになります。

-豊田市のメリット-

近くにコンビニが、たくさんあります。

買い物にも、少し車で行けば大きなショッピングモールがありとても住みやすいです。

刈谷市、知立市、三好に近い。

トヨタ系の仕事場が豊富。

ファミレスや喫茶店など、近くにたくさんあります。

友達とのおしゃべりしたりするには、ちょうどいいです。

-豊田市のデメリット-

交通量が、多い。

時間帯で、渋滞するところがあるのでその時間帯は通らない方が良い。

公園がすくなく、小さい子を遊ばせるには不便。

近くに、駅がない。

バス停は、あるが本数が少ない。

車が、ない人は不便。

駐車場がないので、来客の時時々こまります。

小学校、中学校少し距離があるので、通学の時は心配です。

-豊田市のメリット-

大企業がある中都市です。そのおかげで、特に子供に対して手当が充実しており家族で住むには暮らしやすい街だと思います。山と街が混在しており、普段の生活には不自由ないほどの商業施設や生活利便施設があり、休みの日には少し足を伸ばせば、自然豊かな山林や公園、綺麗な川でレジャーが楽しめます。

-豊田市のデメリット-

公共交通機関が発達しておらず、車を持っていないと不便です。特に大きなショッピングモールも無く、休日は、遊ぶ場所もなく市街に出て行きます。大企業がある事と、車の所有率が高いので、平日の出勤や帰宅時には道路が大渋滞します。そして、交通マナーも悪く事故も多いです。あと、需要が高いからか、田舎の割に土地の値段が高いです。

-豊田市のメリット-

田舎なので山や田んぼが多くて、のんびりできる。また、子供や障害者が家族にいたら、以前住んでいた場所より手当てがもらえるので助かる。駐車場代が無料で遊べる大きな公園がたくさんある。近隣の市にもたくさん遊べる場所があるので、毎回同じ場所じゃないので子供も飽きない。

-豊田市のデメリット-

田舎なので、子供がいてもいなくても、車を少なくとも1台は所有していないと不便です。スーパーも近くになく、車で行くしかない。自転車だと、坂などがあるため電動自転車じゃないと意味をなしません。また、子供がいる場合坂道が多いので自転車に乗せることができない。親にもよりますが、危険を感じます。

-豊橋市のメリット-

必要なものがすべて揃う中堅地方都市です。小さいながらデパートやコンサートホールもあり、おそらく一生市外に出なくても生きていけます。仕事も幅広く豊富にあり、選ばなければ困ることはないと思います。物価も安く、社会人1年目でも贅沢をしなければ十分生活できます。道路がよく整備され、走りやすいです。

-豊橋市のデメリット-

完全な車社会のため、公共交通機関の便がいまいちです。ローカル線は1時間に1本のど田舎並です。また、運転が荒い人が多く、死亡事故もよく起きています。都会とも田舎とも言えず、悪く言えば無個性な街です。気候は夏暑く、冬寒いのですが地形には恵まれず、自然でのレジャーは近場には殆どありません。

-豊橋市のメリット-

生活する上で必要なものがみんな揃っている。特に農業が盛んな街なので野菜が安く、美味しい。大きな商業施設もあり書籍などの購入にも不自由しない。駅の周辺には娯楽施設もあり、市内で生活を完結させることができる。

また市外へ出るにも名古屋鉄道やJRの始発・終点となるため利便性が高い。

-豊橋市のデメリット-

豊橋駅の周辺を離れると一気に畑や農園が増え、施設がまばらに点在するようになる。バスや電車も市内全域をカバーしているが、特に郊外へ住む場合自家用車がないと生活がかなり不便になる。

自転車を日常の足として使う場合もあるかもしれないが、市内は風が強く、向かい風が吹く日には非常に体力を消費することになる。

-東海市のメリット-

ファミリー層が多いので治安が良く、雰囲気が落ち着いている。

市内におしゃれなお店はないが、名古屋や中部国際空港へのアクセスが良い。

公園が多く、病院や育児支援の施設も充実していて子育てしやすい環境だと思う。

コンビニやスーパーの駐車場が広い。

スーパーや薬局、電気屋やチェーン店の洋服屋があるので必要なものはそろう。

-東海市のデメリット-

近くに工場があり、風に乗って流れてくる鉄粉の被害に悩んでいる人が多い。

車やベランダはすぐに汚れるので、こまめに掃除しなければいけない。

道路が整備されていないところもあり、車道や歩道が狭く危険を感じる。

若い人が好むおしゃれなお店は無いので、市外へ行く必要がある。

車は1人1台が当たり前なので、車が無いと不便を感じると思います。

 

都道府県ページへ

Top