愛知県への移住【メリットやデメリット】

愛知県の基本情報

愛知県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.aichi.jp/
人口(人) 7484094
面積(平方km) 5172.48
人口密度 1446.91

愛知県で人気の市区町村

愛知県岡崎市への移住

愛知県岡崎市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/岡崎市]

岡崎市(おかざきし)は、愛知県の旧三河国のほぼ中央に位置する市。
全国的には「八丁味噌」の産地として知られ、豊田市とともに西三河を代表する都市。
中核市に指定されている。

研究教育施設や史跡が多く、市の規模に比して文教都市の色が濃い。
また、伝統地場産業には八丁味噌、花火、石製品、額田の豆腐などがある。

愛知県豊田市への移住

愛知県豊田市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/豊田市]

豊田市(とよたし)は、愛知県北部(西三河地方)に位置する市で、中核市である。
トヨタ自動車が本社を置く企業城下町として有名であり、愛知県下で人口は名古屋市に次いで2位、面積は県内で最も広い都市である。

濁音で「とよだ」と誤読される事があるが、正しくは清音で「とよた」である。
ただし、市名の由来であるトヨタグループの創始者豊田佐吉や一族の姓は「とよだ」と濁音である。

愛知県豊橋市への移住

愛知県豊橋市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/豊橋市]

豊橋市(とよはしし)は、愛知県の南東部にある都市。
東三河地区の中心都市であり、同地区の人口の約半数を占める。
中核市に指定されている。

太平洋岸は片浜十三里(表浜海岸)と呼ばれ、ウミガメの産卵で知られる。
三河湾と接する地域は大規模な埋め立て地があり、工業地の他、神野新田など穀倉地帯となっている

愛知県長久手市への移住

愛知県長久手市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/長久手市]

長久手市(ながくてし)は、愛知県北西部にある人口約5万の市で、名古屋市の東に隣接する。
小牧・長久手の戦いの中で行われた長久手の戦いがあったのがこの地である。
現在では名古屋市のベッドタウンとして発展しており、東洋経済「住みよさランキング2015」では、県内1位、全国2位にランクインした。

愛知県名古屋市への移住

愛知県名古屋市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/名古屋市]

名古屋市(なごやし)は、愛知県西部(尾張地方)の政令指定都市であり、同県の県庁所在地である。
全16区から構成される。

東京特別区部を除けば、横浜市・大阪市に次ぐ全国第3位の人口を有する都市であり、都市圏人口も三大都市圏の一つに当たる中京圏の中枢都市である。
中京圏を擁する中部地方の政治・経済・文化・交通の中枢となっている。

愛知県の市区町村一覧

愛知県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、愛知県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、愛知県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。愛知県へ移住するならいつ?

愛知県の移住支援情報

市区町村 支援内容
みよし市 【空き家活用事業補助金】空き家バンクに登録された住宅の取得、リフォームにかかる費用を補助。
田原市 【田原市定住・移住促進奨励金】「田原市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に定めた「定住・移住促進」の取組として、若者・子育て世代を対象に新規の住宅取得を支援。市内に新築住宅を取得して定住する若者・子育て世帯(45歳以下)に対して奨励金を交付する。一定の奨励金に加え、世帯・区域・市内事業者建築加算を行う。1件上限60万円。【田原市空き家活用促進事業補助金】空き家バンク登録家屋の改修費の助成。
日進市 空家バンクを設置しており、空家バンク成約物件の中で、市外からの移住者に対して、空家バンク仲介手数料等補助金、定住促進リフォーム補助、子育て世帯定住促進補助を行っている。
豊明市 【同居・近居に係る固定資産税相当額一部補助事業】親と同居または近居するため、新たに住宅を取得した者に対して家屋の固定資産税の一部を補助。
岩倉市 【空き家バンク】愛知県宅地建物取引業協会と連携し、市内に存在する空き家等について、売りたい、貸したいと考える所有者からの申し出により、その物件を調査の上、ホームページに掲載し、買いたい、借りたい人との媒介を行う。
新城市 新城市空き家改修事業(空き家の改修費に補助金を交付)
犬山市 【ふるさと・働きて定住促進サポート事業】近居支援型・在勤支援型の場合上限20万円、同居支援型の場合、費用の1/2、上限60万円。
蒲郡市 空き家バンク制度。
豊田市 (1)豊田市中山間地域空き家情報登録制度「空き家情報バンク」。(2)移住体験として、「里山暮らし体験館」が一泊1,800円で、2地域居住として、農園付の戸建住宅である「帰農者滞在施設」を年間約23万円で利用できる。(3)いなか暮らし総合窓口として、住まい探しや暮らし、生業に関する総合相談を行う窓口を、都市と山村の交流コーディネートを行う「おいでん・さんそんセンター」内に設置。
津島市 【空き家利活用事業】津島市まちなか歴史・文化地区の活性化を目的とした空き家の利活用をする際の改修費の一部を補助。最大140万円(加算含む)。市外からの転入で加算あり。
豊川市 【豊川市まちなか居住補助金】所有する土地・家屋に係る固定資産税相当額(最大3年間・面積要件あり)を補助。さらに、対象世帯の中学生以下に対し1人当たり10万円(1回限り)の奨励金を補助。対象条件あり。【豊川市空家バンク】バンク登録物件について交渉を希望する場合は、事前に豊川市空家バンク利用登録申込書の提出が必要。
春日井市 【高蔵寺ニュータウン空き家バンク】空き家の売買等を希望する所有者等から申込みを受けた情報を空き家の利用を希望する者に対し紹介を行うホームページ。市を構成員に含む「高蔵寺ニュータウン住宅流通促進協議会」が運営。サイト管理の事務局は春日井商工会議所。(http://k-akiyabank.com/ippan/)
瀬戸市 (1)空き家情報バンクの設置(2)築後20年以上の空き家を購入して子育て世帯や40歳以下の若い世帯が市外から市内へ入居する場合に応援金を補助。(3)築後20年以上の空き家を購入して子育て世帯が親世帯との同居・近居を行う場合に応援金を補助。
一宮市 包括連携協定を結んだ金融機関による、各種ローンの優遇制度(ローンの種類および金利は、金融機関により異なる)
豊橋市 首都圏在住の女性を対象とした移住体験ツアーを開催
市区町村 支援内容

【体験談】愛知県へ移住する長所・短所

愛知県へ移住するメリット

愛知県へ移住するデメリット

-田原市のメリット-

とても田舎です。そのため、外が騒々しいということはなく、夜になるとシーンとしています。山も海もあるため、山側では虫の声、海沿では波の音が聞こえてくるため、かなり癒し効果があると思います。どちらも車ですぐいけてしまうので、わざわざ海や山まで見に行く必要はないので、癒されたい人にはおすすめです。

-田原市のデメリット-

田舎すぎるため、公共交通機関がありません。そのため、必ず自家用車を1人1台必要です。高校卒業と同時に車を買う必要があるので、親にはお金が必要です。子供たちも簡単には出かけることができないので、閉鎖空間で育つことになります。そのため、知らない職業なども多く、夢が幅が狭くなっていると大人になってから感じました。あと考え方が昔すぎるため、結婚・出産への重さが都会に比べて強いと思います。

-長久手市のメリット-

程よく都会で程よく田舎な都市。名古屋市中心部までのアクセスも良く、住む場所によっては地下鉄1本でいくことが可能。土地の値段が高いので、人も比較的に落ち着いた人が多く、治安も良い。住民の平均年齢が30代と若いため、子どもも多く、子育てもしやすい。市の面積が小さいため、市内であれば移動が苦にならない。

-長久手市のデメリット-

人口が急激に増えている市のため、学校の数や保育園の数が足りないなど、行政のサービスが追いついていない部分が多い。市の施設などを建てるにしても、税収がみこめる大企業がなく財政が豊かではないためスピードが遅い。市にまた、小さな市のため、警察署やハローワークなど行政機関がなく、手続きの際は管轄の市までわざわざ行かなければならない。

-知多市のメリット-

町は大変静かで、治安も良いと思います。公園などが多く自然を身近に感じることができ、海は近いので遊びに行くのに好都合です。子供に対する施設が充実しており、子育てするには良い環境だと思います。小さい町ですが病院は多い方です。名古屋と空港の間にあり、公共交通機関を使えばどちらへ行くにもあまり時間がかかりません。

-知多市のデメリット-

飲食店が少ない上、あってもチェーン店ばかりなので外食するために市外へ出ることは多く、アミューズメント施設など遊ぶ場所も少ないのでこれも市外へ出ざるを得ないです。車が無いと生活する上で不便です。製鉄所が近くにあり、風向きなどによってはベランダの手すりが真っ黒になるほど汚れます。

-知多市のメリット-

まず、生まれ育った街というのが一番大きい。名古屋まで、名鉄で30分で行ける近さもよいし。程よく自然も残っている。スーパーや飲食店、病院、学校も適度にあり、生活に不便なところは見当たらない。セントレアへのアクセスも全く問題ない。臨海部に大企業の工場が立っており、十分な税収を背景にした住民サービスも充実している。

-知多市のデメリット-

東海市にある新日鉄製鉄所より、鉄紛と思われるものが飛んでくることがある。屋外に設置しているアルミや鉄製品が錆びやすい。海が近いが、内海なので、澄んだ海ではない。ゴミが流れついていることも多く、海水浴をするような状態ではないのが残念。名古屋のベッドタウンなので、車は必須。公共交通機関だけでは生活はできない。

-清須市のメリット-

名古屋駅まで電車で10分、車で2~30分程度ですが、家賃が愛知県内でも安い地域です。電車はJRと名鉄が通っており、高速道路は名古屋高速と名二環の入り口があるので交通の便は悪くないと思います。新型コロナウィルスの対応を見ても市政が市民に寄り添ってくれていると思います。

-清須市のデメリット-

2000年の東海豪雨の時に水没した地域があるので、対策はされていると思いますが、気持ち的には不安になるところはあります。JRの特別快速、名鉄の特急電車が止まる駅がないので、電車の本数は少し少ないです。名古屋から近いが田んぼも多いので、比較的虫が多いような気がします。

-西区のメリット-

子どもの医療費が無料でとても安心して暮らせます。福祉センターも近くにあり、子どものことで困ったらすぐ相談になってくれます。ショッピングモールが近くて便利。子どもが小さいのでお散歩もできますし、建物も綺麗で、授乳室も完備です。
田舎で、田んぼなどの自然も豊かで、静かな環境で暮らしやすい。県庁所在地の松山市の中心街までアクセスがしやすい。

-西区のデメリット-

ラーメン屋さんがかなり少ない。東京みたいにラーメン屋さんで開店待ち行列するくらいの、美味しいお店がない娯楽施設があまりない。娯楽施設と言われるのがショッピングモールくらいで、遊園地とか水族館がないので、子どもを連れて行くところがワンパターンになる大規模な総合病院がないため、大きな怪我や病気は、お隣の松山市内にある大規模総合病院に入院することになる。

-犬山市のメリット-

日本に5つしかない国宝のお城「犬山城」が有名で、その城下町も最近区画整理されとてもきれいになって、今では観光客が多く訪れる尾張屈指の観光地になっています。そのため、人口の割には活気もあって行政のサービスも充実しています。また、モンキーパーク、明治村、リトルワールドなど多くのアミューズメントパークも揃っています。

-犬山市のデメリット-

エリアの半分ほどは人が住める市街地なのですが、もう半分くらいは山や森に覆われている非住居エリアになっているので、他の地域に比べると大きな商業施設は少ないです。中規模のスーパーなどはありますが、映画館やラウンドワンなどの遊ぶところがあまりありません。また愛知の北端にあるので名古屋への距離がちょっと遠いです。

-岩倉市のメリット-

最も有名なのが毎年春の時期に開かれる五条川の桜祭りをすぐ近くで楽しむことができる。そして市内の中心にある名鉄線岩倉駅は、何と特急が停車する数少ない駅の一つなので、距離からすると少し遠いですが特急でたった15分もかからずに名鉄名古屋駅まで到着できる素晴らしい立地にある。

-岩倉市のデメリット-

岩倉駅よりバスが発着しているが停まるバス停の数が少なく、岩倉市西側エリアは車がないと交通の便があまり良くない。開発途上にあるので、大きなショッピングモールは電車で名古屋方面に向かわないとなく、全体的に飲食店の数の少ない。岩倉市に大きな病院はなく、隣の市まで出ないと行けない。

-稲沢市のメリット-

最近は少しずつ駅前を中心としてお店が出来てきているが、少し歩けば田んぼや畑が広がる穏やかな町です。
名古屋にも岐阜にも電車で10~20分以内で到着するし、ショッピングセンターや病院等も多くあるので、住みやすいと思います。また、イチョウ黄葉まつりやはだか祭りという有名な祭りがあったりもします。

-稲沢市のデメリット-

基本的にはクルマが必要になると言うのがあります。駅の周りにすべてが集まっているわけではなく、少しずつはなれたところに広い敷地面積で建物が建っているという形なので、徒歩や自転車だけでは生活しにくいように感じます。また、稲沢市の中でも祖父江町などのほうは大きな駅がなく、名古屋に出るにも乗換えが必要など不便な点があります。

-みよし市のメリット-

この街は、まず財政状態がとても良く公共福祉サービスが手厚い。老後にゆっくり暮らしたい方にはピッタリ。
市が運営するバスも格安で乗れる。そして街並みも自然が多く、かといって自然だらけかというと三好ヶ丘のエリアは閑静な住宅街がありトヨタ関連企業務めの方達、また東海学園大学もあるので若者達も住んでいて自然も楽しめて、住むのには心地良い環境といえる。

-みよし市のデメリット-

元々山だった土地を切り開いて開発されている土地なので、場所によっては起伏がかなり激しい場所があるので、自転車と電車とバスだけで生活しようと思うと、なかなか厳しい部分がある。特に足腰が弱っていたりすると難しい可能性が高い。
ショッピングモールが一つしかなく若者や中堅層の方達の住むエリアからかなり遠い。

都道府県ページへ

Top