春日井市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/春日井市]

愛知県春日井市周辺への移住

春日井市(かすがいし)は、名古屋市の北部に隣接する愛知県の市。
特例市。

市域は濃尾平野と尾張丘陵に広がっている。
江戸時代初期まで市の西部には春日井原が広がっていた。
市の南部には庄内川が流れ、JR中央線および国道19号が市を横断している。
また、市の西部には県営名古屋空港の一部があるほか、市庁舎や商工会議所および古くからの商店街が広がる。
一方、東部は高蔵寺ニュータウンをはじめとする大規模団地が開発され、名古屋市のベッドタウンとなっている。

市区町村 愛知県春日井市
地域 尾張地方
人口(人) 306599
面積(平方km) 92.78
人口密度 3304.58

愛知県春日井市の男性・女性の割合

愛知県春日井市の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
愛知県 春日井市 2,000円 3,500円 4% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 2,000円 3,500円 70,400円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 181,500円

愛知県春日井市の移住支援情報など

 

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】愛知県春日井市へ移住する長所・短所

春日井市へ移住するメリット

春日井市へ移住するデメリット

-春日井市へ移住した方の口コミや体験談1-

主要な沿線沿い、高速道路など交通の便がとてもよく、都市部も近いわりに住宅が多いため静かで生活するのにはとてもいい。
人口も増えつつあるので、福祉医療や飲食店など充実している。結婚しても遠くへ出て行く人があまりおらず、逆に移り住んで来る人の方が多い。働き口も多々あるように思う。

-春日井市へ移住した方の口コミや体験談1-

高速道路沿いであるため、車の盗難が非常に多い。また、人口の増加に伴って飲食店や医療が充実しているが新しい建物がどんどん建設されて住宅用土地も減り、土地の値段も高い。保育園の待機児童も年々増加傾向にある。都市部への通勤・通学が便利なため交通手段はどれも毎日混雑している。

-春日井市へ移住した方の口コミや体験談2-

都心の名古屋駅から30分程度で行ける典型的なホームタウンです。緑が多く植物園などの公園も多くあります。治安も悪くなく子供がいる家庭にとっては安心できます。車で数分の所にアピタ、イオン、リビンなどの中規模なショッピングセンターもあるので生活するには便利です。飲食店はあちこちに点在しているので休日に出かけるのも楽しいです。

-春日井市へ移住した方の口コミや体験談2-

主要道路の道幅は広いのですが、山に近いため起伏が激しくて自動車やバイク、電動自転車が無いとかなり不便です。今から30年前辺りから開けた場所であるので古い家が増え始めました。近くに大学やメーカ系企業もあるのですが若い人向けのお店(居酒屋やカラオケ等)は少なく、娯楽施設があまりありません。

-春日井市へ移住した方の口コミや体験談3-

名古屋市のベッドタウンとなっているため、治安も悪くなく落ち着いて過ごすことができます。

また、商業施設も一通りそろっており、外食できる場所も多数あるので普段の生活で不便することはあまりありません。

また、名古屋市内まで電車で10分、車で20分ほどで行けるため、交通の便はとてもよいというがメリットです。

-春日井市へ移住した方の口コミや体験談3-

春日井市内を移動したい場合は主に車を利用することになります。そのため車を持っていないと行動範囲が限定されてしまうという点がデメリットです。

また、JR春日井駅の周辺には買い物ができるスポットがほとんどなく、夜のお店もあるため若干治安に不安があるという点もデメリットの一つです。

愛知県の市区町村一覧

Top