埼玉県への移住【メリットやデメリット】

埼玉県の基本情報

埼玉県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.saitama.lg.jp/
人口(人) 7261271
面積(平方km) 3797.75
人口密度 1911.99

埼玉県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】埼玉県へ移住する長所・短所

埼玉県へ移住するメリット

埼玉県へ移住するデメリット

-戸田市のメリット-

競艇があるためか市が豊かなため、市民に還元されている。たとえば約15年前から小学校で英語の教育を行っていた。
あと自転車置き場の料金も他の市と比べてはるかに安い。都心へのアクセスがよく、都心と比べて家賃が安いため、住居を構える人が多い。
花火大会があるため、当日はすごい人ごみになるが、戸田市に住んでいればすぐに見に行くことができる。

-戸田市のデメリット-

競艇でのメリットもあるが、ガラの悪そうな男性が駅の近辺を歩いており怖いというデメリットもある。都心でのアクセスがよい分、通勤通学に使用する人が多いため、埼京線の混雑・遅延がひどい。駅周辺はそれなりに商業施設があるが、離れてしまうと不便に感じる場所も多く、買い物や食事がとれない場合がある。

-志木市のメリット-

適度に田舎で、適度に都会な、都心通勤・通学者にとっては、理想的なポジションにある街だと思います。東武東上線の志木駅は、急行停車駅であり、池袋まで15分程度で到達できます。一方、市内はゴミゴミしたところがなく、週末は快適な郊外ライフが、家族で楽しめる環境ですよ。

-志木市のデメリット-

デメリットを、あら捜しするのがちょっと一苦労なのですが、しいて言えば、自治体の規模感としては少し小さいところ。行政サービスに規模の経済が働きにくいところがあるかなと思います。あとは、志木ニュータウンなどは、街全体の高齢化、老齢化が進んでいるところも難点かなと。

-戸田市のメリット-

子育て世代が多く住んでいて、子供向け、特に乳幼児向けの施設やサービスが充実している。その為、子育て世代には大変住みやすい街である。また、JR埼京線が走っていて、戸田市内には戸田公園・戸田・北戸田の3つの駅があり、東京都心へも大宮方面へもアクセスがしやすい。さらに、戸田競艇があるおかげで、市民税が安い。

-戸田市のデメリット-

埼京線が混む。朝夕のラッシュ時の混雑は相当なもので、通勤通学で毎日利用する人には苦痛である。保育園の収容能力が足りず、入園待ちや希望する保育園に入れないことがある。そのため、兄弟で違う保育園に通わなければならず、送り迎えが大変となり、働く親にとっても負担となっている。

-坂戸市のメリット-

少子化と言われているわりには私の住む地区は比較的子供が多いので、子供同士が遊んだり学んだりがしやすいような気がします。そして、どんどん新しい家などが建ちはじめているので街並も綺麗で整っていて住みやすいです。あとは、東京にも近いので交通の便もいい方だと思います。

-坂戸市のデメリット-

デメリットと言われるとなかなか難しいのですが、特別これ!と言うような自慢出来るものは無いし、このまちのカラーは薄いような気がするので、今は子供も多いけれど、これがこの先いつまでこの状況が続くのか?と言う保証もないため強くはこのまちは良い所ですよと胸をはって言えないところでしょうか。

-白岡市のメリット-

住宅街と工場団地がはっきりわかれているので、住宅街は静かでのどかだと思います。
高校卒業まで子供の医療費が無料なのは嬉しい制度だと思います。
市役所のそばに名産品の直売所や保健センター、生涯学習センター等密集しているので、市役所に行ったついでに野菜を買ったりと便利です。

-白岡市のデメリット-

駅前や住宅街等全体的に道幅が狭く、対向車がくると譲り合わないといけないのが面倒です。
区によって違うのかもしれませんが、お祭り当番やゴミ捨て当番、地域の班長等当番が多いので面倒です。
町内会費の徴収が多いように感じます。
空き家が多いので、空き家対策をなんとかしてほしいところです。

-秩父市のメリット-

①何と言っても自然が豊かで、落ち着ける所。市内でも、幹線道路から少し離れただけで、日中はとても静か。電車も走ってるけど、田舎ローカル線の「ガタンゴトン」という感じなので全く気にならない。
②現在関東に有る某大型スーパーが発祥の土地で、「地域に還元する」という方針が有るらしく、秩父以外の同店舗よりも若干価格が安いかな。他、衣料・雑貨・医療系もしっかりあるので、日常生活には困らないです。

-秩父市のデメリット-

①当然の事ながら、都内みたく公共交通の便は芳しくない。私鉄2社共、電車は1時間に2~3本の本数。路線バスもそんな感じ。出かける時は、時刻表と睨めっこし、時間の余裕を持たないといけない。
②住む場所にもよるけど、スーパーや病院は市内から若干離れてるので、最低限度、車が1台欲しいかも。
自転車でも良いけど、平坦な土地じゃないので、結構キツイ(運動にはなる)

-所沢市のメリット-

西武池袋線、西武新宿線の特急、急行停車駅で池袋、新宿経由で都心までの通勤通学のアクセスがよい。駅に直結で西武デパート、エミオがあり周辺のエリアは賑わっていてショッピングに便利。現在駅ビルエミオが更に改装中。また駅前には大規模タワーマンションが建設中で今後も発展が期待できる街だと感じる。

-所沢市のデメリット-

デメリットとしては通勤時の電車の混雑がある。周辺にタワーマンションを含め多くもマンションが建設されたため混雑が以前に増して酷いと思う。現在、建築中の大規模タワーマンションの完成後が不安だ。また西口から東口に抜ける踏切は開かずの踏切状態になる時間があり不便。特養の待機人数が多い。

-宮代町のメリット-

車のCMじゃないですけど、ちょうど良い街です。程よく田舎で、程よく都会です。緑や公園もあれば、スーパーやドラッグストアなどの買い物施設もそれなりに充実しています。
特に、子育て世代にはうってつけの街だと思います。特色のある学校もありますし、地域で子どもを育てるという気風のある街です。

-宮代町のデメリット-

強いて挙げるなら、虫が多いことです。まぁ田舎ですので、自然が割と残っているエリアです。特に今年は猛暑の影響もあり、スズメバチが大量発生しました。なかなか怖いです。蚊や毛虫、トカゲ、ヤモリ、ヘビ、蛙なども多いのでそういうのが苦手な人には住みにくいかもしれませんね。

-春日部市のメリット-

東京都心(大手町)に東武線と地下鉄で1時間以内でアクセスできる立地でありながら、少し歩けば田んぼや畑も多く残っており開放感があります。宅地が造成された時期が比較的新しく、また古い市街地も再開発事業が進んでいるため道幅が広く取られた地域が多いです。スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどは市内のいたる所にあり、日常生活で不便を感じることはほとんどありません。

-春日部市のデメリット-

近年は都心により近い都市に人が移り住むようになり、人口減少が市の課題になっています。スーパーやコンビニはたくさんありますが、大型の商業施設は国道16号線沿いのロードサイドに多く、車を持たない人はやや不便を感じるかも知れません。凶悪犯罪はほとんど聞きませんが、ひったくり等の犯罪は度々耳にします。

-草加市のメリット-

都内に近いため、電車一本(東武伊勢崎線)で銀座、六本木、築地などへ行く事が出来ます。観光や通勤にも便利です。また外環自動車道のインターも近く、横浜方面、都内、千葉方面にもアクセスしやすいです。市内には田んぼや畑などもまだ残っており、農家直売の野菜が格安で買える場所もあります。

-草加市のデメリット-

綾瀬川や中川、伝右川などいくつもの川があり、台風や豪雨の影響により氾濫水位を越えないかいつも心配です。隣の三郷市に行く場合は車で渡れる橋の数が少なく、いつも混雑しており土日の夕方などは特にひどいので距離にして7キロほどに一時間以上かかります。また子育てにおいては子供の一時預かりを行っている場所がまだ多くはなく不便です。

 

都道府県ページへ

Top