埼玉県への移住【メリットやデメリット】

埼玉県の基本情報

埼玉県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.saitama.lg.jp/
人口(人) 7261271
面積(平方km) 3797.75
人口密度 1911.99

埼玉県で人気の市区町村

埼玉県上尾市への移住

埼玉県上尾市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/上尾市]

上尾市(あげおし)は、埼玉県中東部にある人口約22万人の市である。

関東平野の中、埼玉県の中心より少し東にずれた場所にあり市内に山はない。
寛永年間に河道付け替えが行われた荒川の左岸に一部接している。
中心部は大宮台地浦和大宮支台の付け根、西側は指扇支台に位置するが、荒川沿いの低地と比べてもわずかに高い程度である。

埼玉県鴻巣市への移住

埼玉県鴻巣市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鴻巣市]

鴻巣市(こうのすし)は、埼玉県の東部中央に位置する人口約11万8千人の市。

中山道の宿場町・鴻巣宿として発展し、現在では東京の住宅衛星都市としての性格を持つ。
一方で花卉園芸や稲作も盛んなほか、400年近く続くひな人形の産地でもあり、「日本一高いピラミッドひな壇」や「ポピーの栽培面積日本一」など、ひな人形や花卉に関する日本一の記録を持つ。

埼玉県さいたま市への移住

埼玉県さいたま市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/さいたま市]

さいたま市(さいたまし)は、埼玉県の南部東寄りに位置する市で、同県の県庁所在地。
政令指定都市の一つであり、浦和区(県庁・市役所所在地)をはじめ10の行政区を設置している。
約127万人の人口を有し、日本で9番目に人口が多い市となっている。
旧武蔵国の中央部。

さいたま市の市域は、東西19.6km、南北19.9kmにわたり、面積は217.49km²である。
日本の政令指定都市としては川崎市、堺市に次いで3番目に狭い一方、埼玉県内の市町村としては秩父市に次いで2番目に広い。

埼玉県戸田市への移住

埼玉県戸田市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/戸田市]

戸田市(とだし)は、埼玉県南部に位置する人口約14万人の市。
人口は深谷市に次ぐ県内15位。
荒川を境に東京都と接する。

北をさいたま市南区、東を蕨市と川口市にそれぞれ地続きで接し、西の朝霞市と和光市、南の東京都板橋区と北区へは荒川を隔てて接する。
市域はおおむね平坦な低地である。

埼玉県宮代町への移住

埼玉県宮代町への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宮代町]

宮代町(みやしろまち)は、埼玉県の東部中央にある人口約3万4千人の町。
町内に東武動物公園がある。

宮代町は埼玉県の東部中央に位置し、南北に縦長の町域を有する。
東武伊勢崎線が町西部を沿って走り、日光線が町内の東武動物公園駅を起点として栃木、日光方面へと走る。
町中央部には東武動物公園や日本工業大学がある。

埼玉県の市区町村一覧

埼玉県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、埼玉県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、埼玉県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。埼玉県へ移住するならいつ?

埼玉県の移住支援情報

市区町村 支援内容
ふじみ野市 空家バンク制度:空き家の売却情報や賃貸情報を自治体のホームページなどで提供し、空き家の所有者と利用希望者とのマッチングを図るための制度を設けている。
日高市 【多世代家族同居近居促進事業補助金制度】市外で暮らす子育て世代が、市内に住む親の世帯と同居または近居をするため、子の世帯が市内の住宅を取得する場合に、費用の一部を補助。新築住宅の場合は最大100万円、中古住宅の場合は最大50万円。
鶴ヶ島市 空き家バンク
幸手市 幸手市しあわせ3世代ファミリー定住支援事業(親が市内に居住し、その子世帯が同居、近居するために市外から転入し、当市において初めて住宅を取得する際の費用の一部を補助する。上限30万円)
坂戸市 【空き家改修工事等補助金】改修工事に要した費用の1/2、上限40万円。家財処分に要した費用の1/2、上限10万円。【多世代同居住宅改修工事補助金】改修工事等に要した費用の1/2、上限40万円、転入加算10万円。【空き家バンク】。
蓮田市 蓮田市定住・子育て応援促進サイトや全国移住ナビ、移住・交流推進機構(JOIN)により移住支援情報の発信をしている。また、埼玉県利根地域振興センター等関係機関と連携した市PRイベントや蓮田探検ガイドツアーを開催している。
新座市 【新座市空家バンク】空家を貸したい所有者と空家を借りたい利用希望者の仲介を行う。
朝霞市 全国移住ナビに登録。随時更新する。
入間市 空き家バンク制度を実施。
上尾市 【子育て三世代同居・近居応援事業】市外から移住し三世代同居又は近居のため住宅を新築、購入及び増改築した親又は子世帯に最大30万円。
鴻巣市 【三世代住宅取得補助金】次の要件に該当する世帯に対し住宅取得に係る費用の一部を補助する。<世帯要件>(a)申請日において三世代の世帯員全員が市内に住民登録がある(b)平成29年10月1日以降の転入又は平成30年4月1日以降の市内転居(c)義務教育修了前の子(出産予定含)を扶養している<住宅要件>平成29年4月1日以降契約の住宅<補助金額>転入15万円・転居10万円、取得した住宅が区画整理事業地内又は三世帯全員転入30万円
羽生市 空き家・空き地バンクや住宅改修補助などの住まいに関する支援の他、移住者を対象に経費の2/3以内(上限100万円)を助成する創業支援制度などを実施している。
狭山市 市内に住む親世帯と同居又は近居するために、市外から転入する子世帯に、住宅の新築や取得、増改築などに掛かる費用の一部を補助。新築・取得の場合、最大60万円。増改築の場合、最大50万円。実施期間は2017年度~2019年度末まで。
春日部市 ふれあい家族住宅購入奨励事業(春日部市の区域内において、親世帯の近くに居住するために住宅を取得する子世帯に対し、登記費用として司法書士などに支払った額の1/2に相当する額を商品券にて交付、上限は20万円)。
東松山市 (1)空き家バンクを実施。(2)【空き家購入・リフォーム工事補助金】市外から転入するための空き家バンクに登録されている空き家の購入・リフォーム工事費用の1/2(上限基準額は、購入25万円、リフォーム工事20万円、加算あり)。(3)【三世代同居・近居住宅補助金】三世代で同居・近居するための住宅の購入・新築・修繕等の費用の1/2(上限基準額20万円、加算あり)。他要件あり。
本庄市 (1)【本庄市住まいる応援金】市外から転入した40歳以下の方で、市内に初めて住宅を取得した上で定住する方に対し交付。上限は38万円。(2)【埼玉県北地域空き家バンク】埼玉県北部地域の3市4町が連携して設立。空き家の売却や賃貸を希望する方から提供いただいた利活用可能な物件の情報を、ホームページなどを通じて、移住・定住を希望する人などに紹介。
加須市 居住UIJターン促進事業(1)自己又は親族が所有する市内の土地で住宅建築開発等の手数料を免除。開発許可審査手数料(1,000m2未満8,600円)、建築許可審査手数料(1,000m2未満6,900円)、適合証明交付手数料(6,000円)(2)転入者へ中学生以下の子1人につき2kg(上限10kg)のお米を贈呈(3)市内にマイホームを取得し移り住む親子(中学生以下の子と同居)へ引越費用10%(上限2万円)を補助
飯能市 【飯能市空き家バンク制度】空き家の売却・賃貸を希望する所有者の方から申込みを受けた物件をホームページ等で公開し、空き家の利用を希望する方に情報を提供。【農のある暮らし飯能住まい】生活スタイルに応じた農に関するプログラムを体験することで、農のある暮らしを生活の中で実感し、ゆとりと潤いのある生活を送っていただく制度。
秩父市 (1)空き家バンク。(2)お試し居住。(3)【空き家リフォーム等工事費助成金】空き家バンクに登録された市内空き家等を購入し、住民票を移した方を対象に、リフォームに要した金額の1/2の額で、50万円補助(条件により加算あり)。(4)【軽自動車購入費助成金】秩父市に住民票を移し、新たに生活用・通勤用の軽自動車を購入する方に最大30万円補助(車体価格が20万円以上であること)。※助成金についてはその他条件がございます。
行田市 (1)【行田市子育て世帯定住促進奨励金】市外から転入される子育て世帯が市内住宅を取得した場合、最高で60万円の奨励金を交付。(2)【行田市移住・定住プロジェクト】移住・定住相談窓口の開設。専任の相談員である移住・定住コンシェルジュを配置。SNSでの情報発信や移住体験ツアーの実施。(3)空き家バンク制度を実施。
川口市 【川口市住宅改修資金助成金】購入した中古住宅の改修工事に要する費用の5%を助成。(上限10万円)。他要件あり。
熊谷市 固定資産税等の免除。三世代家族応援。新幹線定期券購入補助金交付事業として、住宅を取得して転入した40歳未満の方で、新幹線通勤をする方に、新幹線定期券購入代金の一部(上限2万円/月)を2年間補助している。また、埼玉県北部の7市町(熊谷・本庄・深谷・美里・神川・上里・寄居)の空き家の所有者が「貸したい」「売りたい」家を登録し、物件情報を紹介する埼北空き家バンクも、7市町と協力し実施している。
市区町村 支援内容

【体験談】埼玉県へ移住する長所・短所

埼玉県へ移住するメリット

埼玉県へ移住するデメリット

-松伏町のメリット-

田んぼが多く残っており自然豊かな環境。公園がたくさんあり、子供が伸び伸びと遊ぶことができる。小学校は3つ、中学校2つ、高校が1つあり、中学高校は部活動に力を入れており、県大会には毎年のようの出場している。住宅は4階以上のものを立ててはいけないという条例があるらしく、町内で最も高い建物は高校ではないかと言われており、天気が良ければ富士山が見えることもある。

-松伏町のデメリット-

商業施設がほとんどなく、書店が10年ほど前に潰れてしまったほど。スーパー、コンビニ、ファストフード店程度しかない。町内には駅がないため、都内へ行くにはバスまたは車で30ほどかけて隣の市の駅まで出る必要がある。大雨の時は調整池の水位が上がるため、雨が引くと周辺に鯉が落ちていることがある。

-富士見市のメリット-

都心(池袋や渋谷)に一本で向かえる事と、何より学校等の公共施設が多く住んでいる人に家族連れがメインになっている。
特に若者がタムロしていたりすることや浮浪者がいる事もないので女性も安心して過ごすことができます。
また、ショッピングモール(ソヨカ、ららぽーと富士見)があり、休日は都心に出るかショッピング、逆に川越も直ぐ近くの為小江戸を満喫できるので、幅広い年齢層に人気かつ退屈しません。

-富士見市のデメリット-

住宅街が基本の為、車が無いと駅まで遠い場所が多く大変。
商店街も少なく、大型ショッピングモール以外だとスーパーが意外と駅に隣接されてたりするが、住宅街の中にはあまりない。
また1人暮らしの人だと、休日なんかには大体小~中学生たちが多く外にいるので落ち着く事は難しい。

-飯能市のメリット-

埼玉県の郊外のため、人口が少なく電車通勤をしていますが非常にストレスが少ないです。都心部まで1時間ほどですが、西武池袋線の出発駅のため、座ることも簡単です。
郊外ですが、西武池袋線とJR八高線が2線が走っているため、交通網としては近隣の中では便利な市町村だと思います。

-飯能市のデメリット-

車移動が基本となります。駅ビルもありますが、駅徒歩圏内に電気店などはないため、どうしても車での移動になります。
また、飲食店も少ないため、限られた店舗にしか足を運ばなくなります。
また、都心部まで1時間かかるため、都市部の友人と遊ぶ際には自分だけが終電を気にしなくてはなりません。

-入間市のメリット-

西部は茶畑が広がり、木々もおおく自然豊かななかのんびりと過ごせます。逆に東・北部は商業施設など栄えている地域もあり買い物に便利です。
南部には工場地帯もあるので、働ける場所もちゃんとあります。
入間市駅までのバス停も多数設置していて、その入間市駅は所沢や池袋まで1本で行くことができるので、交通もそれほど不便ではありません。
都会のようにごみごみすることが全くないので、おおらかで温厚な人が多く、安心して暮らしやすい地域です。

-入間市のデメリット-

全体的に所沢や東京の西部地域の市と比べると、かなり田舎です。
特に茶畑がたくさんある西部の地域は、コンビニが2-3件しかないし、近くのスーパーも規模が小さく品ぞろえはそこまでいいとは言えないです。
正直、入間市駅周辺くらいしか栄えているところがないです。
バス停はいくつかありますが、平日の昼間は1時間に1本あるかくらいで、土日は数時間ごとしかこないときもあります。
金子駅という駅もありますが、八高線であり、通勤ラッシュ以外は30分に1本しか運行していないのが難点です。

-宮代町のメリット-

農業に力を入れているので、幼稚園でも小学校でも収穫体験が出来、家の庭なども広くとれるので、家でも色々な野菜を育て、新鮮な野菜を食べる事が出来る。また、中学生までの子供の医療費が無料なので、体の弱い子供が居ても安心して育てられる。東武動物公園が町内にあるので、年に1度町民とその連れ(人数制限はあり)が無料で入園できる日がある。

-宮代町のデメリット-

町内に病院が少なく、内科以外の診療を受けようとすると、近くの市に行かなければならない。また、子どもの夜間救急は内科もないので、近隣市3市の当番医まで行かなくてはならないので、車がないかなり厳しい。洋服などを町内で買おうとすると「しまむら」しかない。文房具も町内で買おうとすると100均でしか買えないので、選択肢が少ない。

-鶴ヶ島市のメリット-

関越自動車道と圏央道という二つの高速道路が交わるジャンクションとインターチェンジがあり、東西南北どちらへ車で出かけるにしても便利である。東武東上線とそれに直通する地下鉄や東急があり、池袋、新宿、渋谷、横浜へ電車1本で出られ、本数も多い。スーパーが多く買い物が便利。ファミレスも多く食事も便利。映画館が有り娯楽もある。

-鶴ヶ島市のデメリット-

市役所の職員の対応が悪い人が多い。市役所や図書館が郊外にあり、車が無いと利用しづらい。全体的に車の交通量が多く、信号が多いので車で短距離を移動するのにも時間がかかる。東武東上線が途中駅なので、昼間でも座れないことが多い。鶴ヶ島駅は快速や快速急行、TJライナーは通過する。水道の事業団が特殊で他の地域より水道代と下水道代が高い

-秩父市のメリット-

自然が豊か
駐車場などもあるので車を持つことに不便がなく出掛けやすい。また都内まで特急電車もあるので1時間程度で都内まで外出することもできる。
関東なのでイベントやライブなどの時も電車、車を使用できるので長期の休暇を取得しなくても関東県内であれば1日あれば外出することができる。

-秩父市のデメリット-

関東でも田舎にあたるので隣組や近隣住民などの関わりが深くなることがある(場所や地域などにもよるが)自然災害土砂崩れや川の氾濫などあることがある。都内から帰宅時の電車は20時ごろが最終になってしまうことがあるので車である程度の駅まで運転できる、車の所持がないと生活するのは厳しいことがある。

-深谷市のメリット-

深谷ねぎでよく知られた市であり、自然豊かです。地元にあるスーパーや道の駅、JAの直売所等では地元産の野菜が売られていて、美味しくて安いのでとてもありがたいです。群馬県にも近いのでそちらの方に出かけるのにも便利です。また、JR高崎線が通っており、湘南新宿ラインに乗れば一本で都内までいけることもメリットです。

-深谷市のデメリット-

地域によってはバスが通っていません。そのため、車が無いと外出するのに不便です。また、田舎なため、遊ぶところも限られているため、人によってはつまらなさを感じると思います。気候的には夏は蒸し暑く、冬は群馬県からの赤城おろしによる強風が吹いてきます。特に冬の強風は、畑の土が舞って空気が黄色くなるほどで、雪は降りませんが凄く寒く感じることもあります。

-戸田市のメリット-

土地や家賃が安く、治安が良く、静かで住み心地が良いと感じます。東京まで電車で40分程度と都心へのアクセスも非常に良好で通勤にも便利なためサラリーマンの生活スタイルに非常にマッチした街だと感じます。また、自然災害などの被害の心配もない点も大きな魅力だと感じています。

-戸田市のデメリット-

特段、デメリットというものは見つかりませんが、強いて挙げれば大型シッピングモールは徒歩圏内にはありません。郊外にイオンがありますが、ここに行くには車か電車が必須となります。また、住宅地が多いため飲み屋などの歓楽街はなくその点を物足りなく感じる方はいるかもしれません。

-加須市のメリット-

豊かな田園風景が広がっており、のんびり暮らせます。また、駅周辺がキレイに作り直されたり、イオンやビバモールなどの大型ショッピングセンターもあり、なんでも揃うし、都会のように道も混んでいないので、行きやすいです。近い将来、新たに大きな総合病院ができるので、家族世帯からお年寄りまで安心して住める街だと思います。

-加須市のデメリット-

加須駅には東武伊勢崎線しか通っていないので、交通の便はそんなに良く無いです。でも、車があれば、高崎線が通っている北本駅や、JRが通っている新白岡駅にも20分位でいけます。加須市は左右上下に広がっている形なので、どのエリアに住むかによって、交通の利便性はだいぶ変わってくると思います。

都道府県ページへ

Top