埼玉県への移住【メリットやデメリット】

埼玉県の基本情報

埼玉県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.saitama.lg.jp/
人口(人) 7261271
面積(平方km) 3797.75
人口密度 1911.99

埼玉県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】埼玉県へ移住する長所・短所

埼玉県へ移住するメリット

埼玉県へ移住するデメリット

-草加市のメリット-

都内に近いため、電車一本(東武伊勢崎線)で銀座、六本木、築地などへ行く事が出来ます。観光や通勤にも便利です。また外環自動車道のインターも近く、横浜方面、都内、千葉方面にもアクセスしやすいです。市内には田んぼや畑などもまだ残っており、農家直売の野菜が格安で買える場所もあります。

-草加市のデメリット-

綾瀬川や中川、伝右川などいくつもの川があり、台風や豪雨の影響により氾濫水位を越えないかいつも心配です。隣の三郷市に行く場合は車で渡れる橋の数が少なく、いつも混雑しており土日の夕方などは特にひどいので距離にして7キロほどに一時間以上かかります。また子育てにおいては子供の一時預かりを行っている場所がまだ多くはなく不便です。

-坂戸市のメリット-

都内など都会で仕事している人にとっては、仕事が終わって帰ってくると、喧騒から離れて、ほっと一息つける街だと思います。静かだし、人も少ないし、夜は暗いですが、落ち着けます。また、町内の人たちとのつながりも、都心で暮らすより濃く、人間らしい生活をしたい人にはおすすめです。

-坂戸市のデメリット-

やはり都心から遠いことが、都内へ通勤する人にとっては不便だと思います。また、東武東上線は、人身事故が多いことでも有名な路線で、しょっちゅう、朝、足止めを食らうので、安定的に通勤、通学したい人にとっては、不安になる毎日になるかもしれません。あとは、駅前に外食するお店が全くないですね。

-吉川市のメリット-

一番のメリットは、市内は田園風景広がるのどかな街でありながら、近くに商業施設がたくさんあるという、利便性を持ち合わせているところです。市内は農地が多く、昔懐かしい風景が広がっており、癒されること間違いなしです。また隣町に越谷レイクタウン、三郷ららぽーとがあるため、買い物に便利です。

-吉川市のデメリット-

駅近くはスーパー等が充実しているのですが、駅エリアを離れると、途端に施設が少なくなるため、利便性は悪いです。バスの本数も少ないため、移動には車が必須となります。また市役所も駅からバスで20分ほどの場所に位置しており、利便性が悪いです。また市の知名度が低く、友人に、「どこそこ?」と言われることが多々あります。

-八潮市のメリット-

埼玉と東京の県境にある住宅地で都内よりも土地や賃料も安いが都内に出やすいです。またここ近年ではコンビニやスーパーが沢山でき始め、ホームセンターや家財量販店などもあり市内で身の回りの生活用品を揃えることができます。加えて駅の近くに総合病院、またその近辺に高齢者の為の病院もあり便利です。

-八潮市のデメリット-

主な交通機関がバスであることです。同市内に電車はあることにはあるのですが、新設された線路で使いにくさもあり駅が市内の比較的端の方ということもあり利用者はそう多くはありません。一旦市外にバスで出て電車に乗るという形をよくとります。もう1つ、産婦人科がないことです。婦人科や助産院などはかろうじてありますが、入院施設のある産婦人科がありません。

-春日部市のメリット-

イオンが近くにある。(駅前にはないので、車かバスが必要です。)

塾が多いので、子供がいる家庭には、良さそう。

駅から数分のところに春日部図書館があるので便利。

駅前が広めで解放感がある。

東武アーバンパークラインと東部スカイツリーラインが通っているので、アクセスが良い。

-春日部市のデメリット-

ヤマダ電機のような、大きな電機屋が駅前にはない。

若者が参加できるような交流イベント、飲み会などがない。

都内に出るには、1時間位かかるので気軽に遊びに行けない。

平日昼間は駅前でも、あまり人が出歩いていない。(ほとんど見かけるのは主婦や老人)

住む為の街といった感じで、ビジネス街ではない。

-鴻巣市のメリット-

スーパーなど生活する上で必要なものを買う場所がたいさんあり競合しているので、わりと安く買えることが凄く助かります。ここで大体のものが揃うので生活する上で不便を感じません。治安も悪くないので、子どもたちも安心して遊べるし、夜歩いていても怖くないのはいいと思います。

-鴻巣市のデメリット-

JRはありますが、市バスくらいしかバスがないので、大抵の家は車を持っています。車がないと少し不便を感じることがあります。自然が多く生活しやすいですが、虫が多いような気がします。私は気になりませんが、夏になるとウシガエルの声がうるさくて気になる人もいるみたいです。

-戸田市のメリット-

交通機関(おもに埼京線)の、本数が多い事による、東京都内あるいはさいたま新都心地区へのアクセスが良好な事である。このお陰で、東京都中心部へ娯楽目的で出かける時には非常に便利で、かつ夜になれば東京都心ほどの喧噪もないため、非常に好都合だ。また、一定面積に対して、理髪店が多いことも挙げられる。

-戸田市のデメリット-

乳幼児が家族構成員に入っているご家庭向けの話になるのだが、幼稚園あるいは保育園の、ご子息あるいはご子女を受け入れるのに必要な収容能力が不足しているかもしれないというのは言えることだ。実際、筆者はそれが理由で県外の、都内にある幼稚園に、毎日、親が運転する車あるいは幼稚園バスで、少なくとも20分以上の時間をかけて通っていた。

-戸田市のメリット-

子育てに力を入れている街なので子育てがしやすいと聞きます。公園も多く、たくさんの親子連れを見かけます。保育園も比較的見かけるので多いのかな?という印象です。

埼京線で都内の中心地(新宿、渋谷、池袋)に出やすいです。都内に住むと人が多くごみごみしていますが、適度に田舎なのでゆったり過ごせます。

-戸田市のデメリット-

田舎なので終電の時間が早いことです。せめて都内を0時過ぎに出れば帰れるくらいまで電車があると嬉しいなと思います。都内のように地下鉄があるわけではないので、場所によっては車が必須になることです。駐車場代は都内よりも安いとはいえ、車社会になるのであればもっと安くしてほしいなと思います。

-吉川市のメリット-

近隣に越谷レイクタウン、三郷ららぽーとという商業施設があり、買い物には便利です。また高速インターチェンジも近くにあり、都心へも電車で一時間圏内のため、どこにでもアクセスできます。そのような便利な立地でありながら、街中は豊かな田園風景が残っており、自然を感じながら日々生活することができます。

-吉川市のデメリット-

強いて挙げるとするならば、駅が街の南側に位置しているので、北側に住んでいる人にとっては、電車を使いづらいです。また大きなスーパー、病院、郵便局も街の南側に密集しているため、南北の格差は非常に大きいと思います。また2つの大きな川に挟まれているため、台風や大雨が降ると、増水の危険があります。

-さいたま市のメリット-

都会過ぎず、程よく発展していて、住宅地が多く人混みや混雑が苦手な人には落ち着く地域です。

子育て支援がそこそこ充実しているのも家族連れには嬉しいポイントです。

都心にも電車で20分ほどで行けますし、浦和レッズや大宮アルディージャ、西武ライオンズなどスポーツにも力を入れている町です。

-さいたま市のデメリット-

都会が好きな方には見映えや、利便性の部分では少し物足りないかもしれません。

スポーツにも関心がなければ特質して他に有名なものもなく観光などはしにくい町です。

タクシーなども探すのに苦労しますし、電話で呼び出しても『そこは行けないエリアです』と断られたのは衝撃でした。

 

都道府県ページへ

Top