石川県への移住【メリットやデメリット】

石川県の基本情報

石川県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.ishikawa.lg.jp/
人口(人) 1154343
面積(平方km) 4186.09
人口密度 275.76

石川県で人気の市区町村

石川県加賀市への移住

石川県加賀市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/加賀市]

加賀市(かがし)は、石川県南西部に位置する市。
福井県と接する。

機械製造業が発達している。
山代温泉、山中温泉、片山津温泉といった温泉地にも恵まれており、観光業も盛んである。

石川県金沢市への移住

石川県金沢市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/金沢市]

金沢市(かなざわし)は、石川県のほぼ中央に位置する、石川県の県庁所在地。
旧石川郡および河北郡。
1996年4月1日、中核市に指定された。

江戸時代には、江戸幕府(約800万石と言われる)を除いて、大名中最大の102万5千石の石高を領した加賀藩(「加賀百万石」)の城下町として栄え、人口規模では江戸・大坂・京の三都に次ぎ、名古屋と並ぶ大都市であった。

石川県小松市への移住

石川県小松市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/小松市]

小松市(こまつし)は、石川県の南部に位置する日本海に接した市。

小松市は、建設機械メーカーのコマツの企業城下町であり、関連企業や工場も多い。
そのため重工業が発達しており、北陸工業地域の一翼を担っている。
製造品出荷額は6,798億円、県内では第1位である。

石川県志賀町への移住

石川県志賀町への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/志賀町]

志賀町(しかまち)は、石川県羽咋郡にある町。
本州の日本海側にある能登半島の、ほぼ中央に位置する。

志賀町は能登半島の西側で日本海に大きく開けており、北は輪島市、南は羽咋市に隣接し、東は能登半島の東側にあって日本海の湾である富山湾に開けた七尾市と広く隣接する。

石川県野々市市への移住

石川県野々市市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/野々市市]

野々市市(ののいちし)は、石川県の中部に位置する市である。
自治体としての人口密度は本州日本海側最高で、隣接する金沢市のベッドタウンである。

手取川扇状地の北東端にある。
北部と東部は金沢市に、西部と南部は白山市に隣接する山も海もない平地である。

石川県の市区町村一覧

石川県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、石川県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、石川県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。石川県へ移住するならいつ?

石川県の移住支援情報

市区町村 支援内容
野々市市 勤労者が市内において、新築のマイホームを建築した資金について、市が利子の一部を補給(最大3年間、限度額7.5万円/年、返済負担率等による制限有)。
能美市 (1)【移住・交流プログラム】移住希望者向けの移住ツアーを実施(2)【のみ移住サポートセンター】移住希望者向けの相談窓口(3)【ちょい住み体験施設】短期移住体験施設の提供(4)【Nチケット】市内在勤者の移住者に協賛事業者提供の優待サービスチケットを提供(5)【定住促進補助金】(6)【U・I・Jターン就職家賃補助制度】(7)【空き家バンク制度】(8)【空き家改修費等補助金】(9)【創業支援補助金】
白山市 (1)【空き家バンク制度】空き家の所有者と利用希望者をマッチングする制度(2)【定住促進奨励金】(3)【若年層定住促進奨励金】(4)【白山ろく地域定住促進奨励金】(5)【三世代同居近居促進事業補助金】(6)【中古住宅購入補助金】(7)【空き家改修補助金】(8)【新婚夫婦賃貸住宅家賃助成金】
かほく市 空き家バンク制度、かほく市若者マイホーム取得奨励金制度(住宅ローンの借入れをして市内に住宅を新築・購入し生活する45歳未満の方に対し最大200万円の奨励金を交付)。
羽咋市 【住まいづくり奨励金交付制度】住宅取得に対して奨励金を交付。【子育て・新婚世帯家賃補助制度】民間賃貸住宅の家賃を補助。【定住促進新婚世帯新居費用助成事業】転入世帯の賃貸費用・引越費用を補助。【空家リフォーム再生事業】空家取得に対して助成金を交付。
加賀市 若年U・Iターン者雇用奨励金制度。移住者創業支援信用保証料補給事業。移住住宅取得助成事業。創業等支援融資利子補給事業。若年層定住住宅取得助成事業。
珠洲市 (1)【珠洲市移住定住促進補助金】市内の賃貸住宅に入居するU・Iターン世帯の方に対し、家賃の1/2以内を最大5年間補助。1年目上限3万円、2~3年目上限2万円。4~5年目上限1万円。(2)【珠洲市若者定住促進支援事業】新規学卒者及び40歳以下のU・Iターン者の方で、卒業及び転入から1年以内に就業した方を対象に市内共通商品券[3万円相当]を交付。
輪島市 定住奨励金(UIターン者)、住宅賃貸支援(家賃補助)、住宅確保支援(購入や空き家データベース登録住宅改修の費用補助)。ただし、住宅賃貸支援、住宅確保支援については定定住奨励金交付対象者に限る。
小松市 (1)【空き家・空き室バンク制度】市内の空き家情報を市ホームページ等で公開する。(2)【空き家有効活用家賃補助金】45歳以下の若者世帯が空き家バンクの登録物件を借りた場合に、家賃の1/2(最大2万円)を補助。
七尾市 定住する目的で市内に住宅を取得した人や民間賃貸住宅に入居した人には、費用の一部を助成。助成の最高額は、住宅を取得した人が100万円、賃貸住宅へ入居する人は月額1.5万円を3年間。各種条件あり。
金沢市 まちなか空家活用促進補助金、まちなかマンション購入奨励金、まちなか中古分譲マンション改修費補助金、いい街金沢住まいづくり奨励金。
市区町村 支援内容

【体験談】石川県へ移住する長所・短所

石川県へ移住するメリット

石川県へ移住するデメリット

-七尾市のメリット-

山も海も近くて風光明媚な街。
七尾湾で獲れる魚が最高に美味しく、お寿司屋さんもたくさんあってどのお店もコスパが良い。
夏は能登島に行けば海水浴場もあるし、イルカウォッチングもできる。
冬はスキー場が車で30分の所にあるので昼からでもサッと行けるのが良い。
お祭りも5月と8月にあって、近くで大きな曳山が見れて迫力がある。

-七尾市のデメリット-

交通の便が悪い。車が必須な街。駅前の商業施設からお店がどんどん撤退して、買い物をするのに遠くに行かないといけない。
街に人があまり歩いてないから、夜は特に怖い。
田舎独特の風習と人間関係があるから他所から来た者はなじみにくい。
またファミリー向け賃貸物件が少なくて選択肢がない。

-津幡町のメリット-

県庁所在地までの距離があまりなく中心地までの移動が30分くらいである。緑の自然が豊で車で数分のところに大きな森林公園があり、その近くにはキャンプ場もあっります。車で約10分圏内にスーパー(ショッピングセンター含む)が5件とドラッグストアが5件とホームセンタ1件あります。とても自然もあり買い物もしやすく、町役場までも近くとても快適に過ごすことができます。

-津幡町のデメリット-

高齢者が子供の割合より多いため、税金のかけるところも子供より高齢者にばかりいきがちであること。公共交通機関が少し不便で車が1人1台ないと移動がしにくいことです。保育園や学校が老朽化していますが、設備が新しくならないところです。トイレが使いにくかったりと不便でした。

-野々市市のメリット-

石川県の県庁所在地である金沢市に隣接していて、金沢市の職場にも、交通機関や車で通勤しやすいです。2つの大学があるので、若い人があふれています。人口の割に、工場や、スーパーマーケット、飲食店、大型量販店等がたくさんあります。文化施設、体育施設もいっぱいあります。

-野々市市のデメリット-

冬は、晴れる日が少なく、雷雨が多く、湿度が高く、傘が必須で、気分が落ち込みやすいです。学生街の近辺は、夜中でも騒がしい事が多いので、家を買う事を勧めません。農場を持っている人も多いので、生まれてからずっと同じ町に住んでいる人もいて、保守的な人が多いと思います。

-白山市のメリット-

金沢のベッドタウンであり、近年若者向けの住宅やアパートも多く建設されている。新婚への家賃補助、子育て世代への支援も隣の野々市市と比べても格段に良い。また、幹線道路である国道8号線、山側環状、海側環状があるために自動車による通勤などにも便利である。また、幹線道路沿いにスーパーや電気店などもある。日本海、手取川、白山とあり自然環境もとても豊かな市である。

-白山市のデメリット-

金沢市からは少し離れており、金沢駅まで出るために時間がかかる。また、公共交通機関が少ないために車通勤が圧倒的に多く、帰る道で渋滞に巻き込まれることも少なくない。市の広さがかなり大きいこともあり、市役所が遠く感じられたり、市町村合併によって誕生した都市なので、以前にあった村などの地域のお祭りなどがさくげんされていっているところもある。

-金沢市のメリット-

ほどよく田舎で郊外でも街へのアクセスも難しくはなく、のんびりと過ごすにはいい街。食べ物(特に海鮮)が美味しいし、郊外では料金もそれなりなので食には困らない。海にも面しているので釣りや夏は海水浴などのアクティビティも可能。湿気が多いので保湿されて肌がきれいになるという点もある。

-金沢市のデメリット-

地方なので若者にとっては仕事が少ないと思う。大学卒業後は関西や関東に行く人も少なくはないのでじわじわと過疎化するのではと感じる。新幹線開通によって観光客が増えたので、バスが満員で煩わしく感じる時もある。なにより雨や曇りが多く、精神的にダウンしてしまう人も結構多い。

-小松市のメリット-

犯罪が少なく商業施設が充実しています。市の中心には大きなイオンモールが出来たので買い物にはまず困りません。また子供と遊べるような公園も何個かあり、子育てしやすい環境です。待機児童もなく保育園にスムーズに入園出来ます。交通の面でも車さえ持っていればどこにでも行けるので便利です。

-小松市のデメリット-

車を持っていないと不便です。電車やバスは何本かありますが、まだまだ本数が少なく普段から利用している人は少ないと思います。相乗りタクシー制度がありますが、使いやすいとは言えません。また病院の数も多いとは言えず、本格的に専門医に診てもらいたいなら金沢市まで行かなければいけないパターンもあります。

-野々市市のメリット-

カフェや雑貨屋等の散策ついでに立ち寄るようなスポットが多い。またショッピングモールなどもあるため日常生活は市内だけで解決できる。
不妊治療や子育て医療費の助成金等の家族向けの行政サービスが充実している。図書施設等の文化施設や文化施設を活用したイベント等が充実している。

-野々市市のデメリット-

公共交通機関が発達していない。車を利用する場合も主要道路は混雑している時間帯が多く、その他の道路は幅員が狭く交通の便がわるい。
商業施設や個人店等は多いがその他の企業は少ない為、市内での就職活動は難しい。
学生街付近は夜中でも騒がしいことが多く、風紀が良くないが、その割に市内全体的に街灯が少ない。

-金沢市のメリット-

東京ほどではないが、金沢市の中心部は徐々に発達しつつあり、北陸新幹線の影響なのか観光客が一気に増えました。こちらでの移動手段は基本車になります。働く世代は1人1台と言っても過言ではありません。移動手段が車になるため、子育て世代は楽な面もあるともいます。保育園、幼稚園も都会ほど入園できない問題はありませんし、小さいお子さんがいる世代は特に住みやすいと思います。

-金沢市のデメリット-

石川県は降水量が多く、雷もよくなります。天気が安定しているとは言えないところが一番のデメリットで、梅雨時期の湿気は結構大変です。また冬は雪が降るため、一意的に交通網の乱れが出たり、子供の学校の送り迎えなどをしなくてはならない家庭が多いと思います。共働きの家庭にしてみれば、公共交通機関に近い土地に住めば問題ないかと思いますが、少し離れると車が必須になってしまいます。

-能美市のメリット-

子供支援や福祉などの社会保障が手厚く、全国の住みたいまちランキングの上位に入る街で緑も多いので住み心地がいいところです。小さいながらもテーマパークや動物園の遊べるところもあり、子育て世代には特におすすめしたいです。車で20分圏内に空港もあるので長距離の旅行の際便利です。

-能美市のデメリット-

電車は一時間に一本程度、バスも1時間半ほど来ないところもあり、車がないと不便さを感じます。チェーン展開してる大手のお店も比較的少ないので、外食は隣町に行くことが多いです。コンビニ以外は遅くまで営業してるお店も少なく、20時にもなると周りが街頭の明かりだけで静かになります。

-金沢市のメリット-

何より食べ物が美味い。魚は特に素材の良さが際立ちます。一度石川県の魚に慣れてしまう他県では食べられません。水が綺麗なのでお酒も美味しいです。安くて美味しい店が沢山あります。
地域によっては自然が多いです。山や海など自然と遊ぶスポーツが結構あります。
車で走れる海岸で有名な千里浜もあります。

-金沢市のデメリット-

金沢市民は少し京都と似たような部分があり、本音をあまり口にしません。
見栄っ張りで熱く何か物事に取り組む事を格好悪いと感じます。
交通に関して言えば電車やバスなどは30分に1本ペースですので通勤には必然的に車が必要となります。
雨が日本一多い所なので折り畳み傘の所持は基本です。湿気が多く洗濯物が乾きづらい。

都道府県ページへ

Top