新潟県への移住【メリットやデメリット】

新潟県の基本情報

新潟県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.niigata.lg.jp/
人口(人) 2305098
面積(平方km) 12584.1
人口密度 183.18

新潟県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】新潟県へ移住する長所・短所

新潟県へ移住するメリット

新潟県へ移住するデメリット

-長岡市のメリット-

駅前に住んでいましたが、教育環境としては幼稚園・小学校・中学校が徒歩10分圏内にあり、高校も市内で一番有名な公立高校が徒歩10分圏内。他の公立・私立高校も徒歩15分程の距離にあり、子どもを育てるにはとても生活しやすい環境でした。今では市役所が駅直結になり、土日も開いているので役所手続きもとても便利です。駅前のアーケードを通って子育て支援施設も行けるので、小さいお子さんを育てている方にもとても便利だと思います。新潟県では有名な原信というスーパーも駅から徒歩5分強のところに2店あり、24時間営業の店舗もあるので晩酌でつまみやお酒が無くなった時にも便利。車で30~40分走れば山にも海にも行けるのでアウトドア好きな方にはもってこいの環境です。

-長岡市のデメリット-

田舎なので、駅前で事が足りない時はやはり車移動になります。それ故に運転免許が無いと不便。そして雪国なので、冬場の車の運転は恐怖です。スタッドレスタイヤを履いていても多少のスリップは当たり前。雪で視界不良の中の運転は初心者にとっては苦痛そのもの。雪国なので寒い上に雪が家の前に積もったら雪かき、屋根に大量に積もったら雪下ろしが当たり前。冬場は暖房器具を使う分光熱費が上がります。灯油ストーブを使っている家庭が多いので、灯油を買いに行くのも面倒。

-新潟市のメリット-

米と水が美味しいため、食事の満足度が非常に高くなるのが一番のメリット。土地も平らなので、自転車を乗るのに適した土地でもあります。また人が多くない為のんびりしていてドライブも楽しめます。人も優しく助け合いの精神が残っている土地です。野菜や釣ったもタダでもらったりすることも多々あります。そういった人の温かさを感じる事が出来るところです。

-新潟市のデメリット-

電車の駅が少なく、電車も一時間に一本と非常に少ない為車か自転車が必須となる点がデメリットです。また田んぼが多いため、夏場は蚊やかえるが沢山でる為虫が嫌いな人にとってはデメリットになるかもしれません。天気も晴れの日が他の県より少なく、曇りの日が圧倒的に多いのも、他県から来る方にとっては一つ異なる点かもしれません。

-小千谷市のメリット-

主人の転勤で以前住んだことがあります。新潟県の中越地方で、ほぼ真ん中に位置するエリアだと思います。田舎すぎず、周りの方たちもみな温かく迎えてくださり、子育て世代には優しい市だと感じました。雪は若干多めですが、子どもたちは元気に雪遊びを楽しんで、今でも時々思い出して楽しかったな、と言っています。

-小千谷市のデメリット-

中越地震で小千谷市のことは知っていました。私たちが住んでいたときに大きな地震はなかったですが、やはり地震のことは気がかりでした。地震のことくらいで、あとは小千谷市に関してデメリットを感じたことはありません。車があったほうが便利なエリアだとは思いますが、運転は好きなので特に何も感じませんでした。

-魚沼市のメリット-

のんびり時間が過ぎていくような、せかせかした感じのない町です。人も少なく交通渋滞もなければ満員電車もありません。子育て世代にとってはのびのび育てられるような田舎です。大きな公園と最新設備を取りそろえた病院があり、毎日穏やかな日常をおくれる町です。都会の人混みが苦手という方にはぴったりの町です。

-魚沼市のデメリット-

田舎故、どこに行くにも車がないとどこにも行けません。買い物だったり遊びだったり、とにかく車でしか移動する事が出来ない感じです。冬ともなると豪雪地帯なので車の運転が恐怖となります。視界も狭くなりますし、圧雪ともなるとハンドルが取られ対向車との距離もグッと近くなり、日常生活が億劫になりがちです。

-新発田市のメリット-

新発田市は、都心部にあたる新潟市へのベッドタウンとしての機能もありますが、住む分にも市街地エリアならば、イオンモールやスーパー、ドラッグストアは勿論の事、地元銀行や郵便局も揃っており、普通に買い物や住んでいる分には不自由する事は無いと思います。

街全体も夜になると比較的静かなので、騒音等はほとんど無いです。

又、観光地としても、月岡温泉等もありますので、地元の方で温泉好きな人にはとても良いところです。

-新発田市のデメリット-

市街地エリア住まいでも、まず移動手段として車が無いと正直きついと思います。

コミュニティバスや市営バス等もありますが、思ったよりも本数はありません。

自転車での移動でも全然良いのですが、冬季になるとその年にもよりますが、雪が降って豪雪になってしまい、とても自転車に乗れるような状態にはなりません。

あと、豪雪の年は、ほぼ毎日雪かきは必須になりますので、雪かき等に慣れていない方だと腕や腰を痛めてしまう可能性もあります。

-新潟市のメリット-

海が近く、海産物が美味しい。釣りや浜遊びなどが気軽に楽しめる。

運転が優しく、歩行者に譲ってくれることが多い。

万代あたりに行けば、伊勢丹などそこそこお店がそろっているので買い物に困らない。

チューリップ祭りがあり、4月は川沿いや歩道に沢山のチューリップが咲き、春の雰囲気をとても感じられる。

-新潟市のデメリット-

雨が多いので、洗濯物は基本 室内干しになってしまう。

晴れても、関東より常にどんよりしているので、気持ちがめいる。

湿度が高いため、エアコンの定期的なクリーニングやクローゼット内に水とりぞうさん等が必要。

車がないと不便。海岸沿いに行くには急で長い坂がある。

道路がきちんと補修されていない。ガタガタしてる道が多い。

3コインズ、ミニスットップなどが無い。

新潟駅がとにかく使いにくい。新幹線以外は「在来線」という表示しかなく、決まったホーム以外から発車することもある。電車が4両程度しかないわりにホームが長く、どこに並んでよいか書いていないので分かりにくい。駅前にファミレスがない。

-新潟市のメリット-

食物の自給率が90%超えの県であるため、地元の海の幸・山の幸に恵まれ、四季おりおりの食べ物がおいしく味わえます。

また、政令指定都市としてインフラも近年整備されつつあります。商業施設も充実し、また少し足を伸ばせば海・山・温泉などもあるのでアウトドアの楽しみも味わえます。

-新潟市のデメリット-

寒冷地のため冬期が長く、一般的には県内でも小雪な地域ですが、まれにドカ雪の年があります。

また、公共交通もそこそこありますが、車がないと郊外の施設などには行きにくく、特に高齢者は買い物難民になる可能性があります。都市部のドーナツ化がすすみ、中心部よりは郊外に商業施設やニュータウンができています。

-新潟市のメリット-

過密すぎない適度な人口数であり、電車・バスの公共の乗り物も十分に整備され、幹線道路も多数あり、時間帯に限らず渋滞もほとんどなくストレスの少ない街だと思います。海に面しているので空気もいつもきれいで、川や田園も多く、四季の情景もその都度楽しめます。飛行機で1時間、新幹線で2時間で東京方面に行けるのも便利です。

-新潟市のデメリット-

海が近いので、特に海沿いの地域は風が強い日が多く潮風なので、外に置いてある自転車や車は劣化しやすいです。また家の窓もすぐに汚れてしまいます。雪が多く降ると交通網に遅れがでて、通勤・通学がとても大変になります。市民は平凡な人が多く、平和なのですが、モチベーションが高い人があまりいないので、その環境で暮らしていると平凡なままの人生になりがちです。

-上越市のメリット-

食べ物がとにかく美味しくて、お米はもちろん煎餅も触感が良くサクッとふわふわでしかも無添加なので体に良いです。

焼肉も精肉店からおろしている焼肉屋さんもあるので、安くて新鮮で肉厚のあるお肉が食べれます。

魚も新鮮で食べ物で文句を言うことはないです。

北陸新幹線が通っていることも魅力の一つです。

-上越市のデメリット-

車がないととにかく不便で、各駅の近くで遊べるとこもないので電車で新潟市または長野市や松本市まで行かないと都会的なところがないのが残念です。

上越市内にも、イオンや道の駅、ユニクロ、アウトドアショップ、大型のスーパーやお店があるのですがどれも駅からは遠いのが残念です。

-柏崎市のメリット-

自然が豊か。海もあり山もある。夏には海水浴場が繁盛し、「海の大花火大会」が開催されます。冬には程よく雪が積もり、子ども達がソリや雪合戦などで戯れている姿は、毎年恒例の心温まる光景です。
物価が安く、電車もバスもまったくない!というほどには田舎ではありません。
都会にはない暖かなご近所付き合いがあります。

-柏崎市のデメリット-

交通の便が悪く、バスや電車は一時間に一本程度しかないため、自動車がもっぱらの移動手段です。そのため維持費も掛かります。
都心に比べ物価が安いため、アルバイトの最低賃金は753円と低く、若者の雇用が少ない。
自然が豊かなため、夏は暑く冬は寒い。積雪の多い地域では雪かきが必要ですが、高齢者の一人暮らしも多く、肉体的な負担が大きい。

 

都道府県ページへ

Top