静岡県への移住【メリットやデメリット】

静岡県の基本情報

静岡県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.shizuoka.jp/
人口(人) 3701181
面積(平方km) 7777.42
人口密度 475.89

静岡県で人気の市区町村

静岡県静岡市への移住

静岡県静岡市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/静岡市]

静岡市(しずおかし,英: Shizuoka City)は、静岡県中部に位置する政令指定都市であり、同県の県庁所在地である。
駿府城下を基盤とした商業都市の旧静岡市と、特定重要港湾を擁する港湾都市の旧清水市が新設合併して誕生した市である。

富士山を望む日本平、三保の松原などの景勝地や、温暖な気候でも知られる。
三方を山に囲まれ、南は駿河湾に接している。

静岡県沼津市への移住

移住マップ

沼津市(ぬまづし)は、静岡県の東部、伊豆半島の付け根に位置する市。
施行時特例市。

駿河湾に臨む伊豆半島の付け根、愛鷹山の麓に位置する港町である。
静岡県東部地域の中心都市であり沼津都市圏を形成する。

静岡県浜松市への移住

静岡県浜松市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/浜松市]

浜松市(はままつし)は、遠州地方(静岡県西部)西部(西遠)にある政令指定都市。

戦国時代には浜松城の城下町、江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。

静岡県藤枝市への移住

静岡県藤枝市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/藤枝市]

藤枝市(ふじえだし)は、静岡県中部に位置する都市。
静岡県中部では静岡市に次ぎ二番目に人口が多い。

静岡市のベッドタウンであり、静岡市へショッピングに行く者は多い。
東海道本線藤枝駅の乗降客数は、静岡 - 浜松間の各駅の中では最も多い。

静岡県富士市への移住

静岡県富士市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/富士市]

富士市(ふじし)は、静岡県東部の市。
施行時特例市。

市町別人口は、浜松市、静岡市に続いて静岡県第3位。
静岡県東部で富士都市圏に属する。
また、富士山の南にあることから、岳南地域という言葉もよく使われる。

静岡県の市区町村一覧

静岡県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、静岡県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、静岡県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。静岡県へ移住するならいつ?

静岡県の移住支援情報

市区町村 支援内容
牧之原市 【子育て家族定住奨励金】40歳未満の夫婦または中学生以下の子を持つ夫婦に対し30万円の奨励金交付、加算あり。【移住定住促進空き家・空き地バンク】市内の空き家、空き地の物件情報を提供。【牧之原市空き家活用リフォーム等補助金】空き家のリフォームや残置物の処理費用を最大35万円補助。【市内個別案内】移住希望者のご希望に合わせて市内の個別案内を実施。移住体験施設への宿泊も可能。
伊豆の国市 (1)【若年世帯定住促進補助金】2015年4月1日以降に、静岡県外から伊豆の国市へ転入した若年夫婦(夫婦いずれかが40歳以下)に対して補助金を交付(上限100万円)(2)【Uターン促進奨学金返還補助金】大学等進学のため静岡県外に転出し、Uターンをして就業しながら奨学金を返還する伊豆の国市出身者に対して補助金を交付(最大7年間で25万2千円)
菊川市 【菊川暮らし案内】市職員の案内で、移住希望者のニーズに合わせたコースを巡り、さまざまな情報を提供。【若者世帯定住促進補助金】若者世帯(満40歳未満)が市内に定住するため住宅を取得する際、取得費用の一部を補助。【新生児出産祝金】2015年4月1日以降に第2子以上を出生した世帯で、その養育者が出生日から起算して6ヶ月以上前から住所を有し、出生後も引き続き子どもと5年以上市内に住む予定の方にお祝金を支給。
御前崎市 【定住促進住宅取得補助金】要件を満たし、2017年1月2日から2020年3月31日までに住宅を取得した方に対し交付(上限50万円)。ただし、住宅の取得価格が500万円未満の場合は、当該取得価格の10%とする。
伊豆市 空き家バンク制度の他、若者定住促進補助金住宅補助事業として、夫婦いずれかが満40歳以下の若者世帯が土地を購入し住宅を建築又は購入した場合は100万円を、住宅を建築又は購入した場合は50万円を補助。さらに、中学校未就学の始期に達するまでの児童に対して1人につき10万円を交付。補助金交付予定者に対して、地元金融機関が金利を優遇。
湖西市 【新婚さん「こさい」へおいでん新生活応援金】夫婦ともに34歳以下の新婚夫婦が婚姻を機に湖西市に転入した際に、新生活応援金として一夫婦10万円を交付。
裾野市 裾野市定住☆移住サポートセンター(シビックプライド推進室)が宅建業協会と連携して相談者に対し不動産物件情報を提供する。
藤枝市 【藤枝市空き家バンク】による情報提供を実施。【藤枝市子育てファミリー移住定住促進事業】市外から転入する子育てファミリー世帯に最大100万円を補助(諸条件有:新築住宅取得事業・移転事業)【藤枝市空き家活用・流通促進事業】空き家を改修しての移住に最大100万円を補助(諸条件有:空き家改修事業・移転事業)
掛川市 掛川市中山間地域空き家バンク。
焼津市 【若者世帯定住支援奨励金】夫婦いずれかが40歳以下の若者世帯が対象。購入する土地、中学生以下の子どもの数により助成金額が異なる。(期間:土地の売買契約締結日が2017年4月1日から2019年3月31日までのもの)
富士市 2018年度に移住定住推進室設置。(1)富士市移住ガイドブック「移住のオススメ」(2)【富士市若者世帯定住支援奨励金交付制度】若年夫婦を対象に、住宅取得に係る費用を助成。要件あり。(3)YouTubeで移住プロモーション動画を公開
島田市 【島田市に住もう応援奨励金】静岡県外から島田市に移住し、住宅を取得された方に奨励金を交付する。
富士宮市 【移住定住奨励金】静岡県外から富士宮市に移住し、住宅を取得または賃借した若者世帯に、移住定住奨励金を最大160万円まで交付。その他条件あり。【移住者首都圏通勤支援助成金】首都圏から富士宮市へ移住し、首都圏に通勤している方に対して、東海道新幹線「新富士駅」周辺の月極駐車場の使用料を最大10万円まで助成。
三島市 (1)移住支援サイト、フェイスブックページの開設(2)焼肉飯店「京昌園」との地方創生に関するパートナーシップ協定により移住相談会への参加で食事代10%割引券贈呈。移住記念でプレミアムギフトカード5,000円分贈呈。新幹線定期券提示で食事代5%割引(3)中古住宅情報の発信(4)移住する若い世帯の住宅取得費用・リフォーム費用の補助(5)首都圏での移住相談会(6)三島での移住体験ツアー
沼津市 若者世代住宅取得促進事業として、40歳未満の世帯が、市外から沼津市に移住して住宅を新築・購入した場合、子どもの数による加算を含め最大150万円の奨励金を交付。
天竜区 (1)移住センターの設置(2)移住コーディネーターの設置(3)首都圏等での移住相談会出展(4)田舎暮らし相談団体の設置設置(5)中山間地域Welcome集落事業(6)中山間地域空き家活用奨励金(7)田舎暮らしお試し住宅の提供(8)中山間地域空き家バンクの設置(9)中山間地域コミュニティビジネス等起業資金貸与事業
浜北区 (1)移住センターの設置(2)移住コーディネーターの設置(3)首都圏等での移住相談会出展(4)田舎暮らし相談団体の設置設置(5)中山間地域Welcome集落事業(6)中山間地域空き家活用奨励金(7)田舎暮らしお試し住宅の提供(8)中山間地域空き家バンクの設置(9)中山間地域コミュニティビジネス等起業資金貸与事業
北区 (1)移住センターの設置(2)移住コーディネーターの設置(3)首都圏等での移住相談会出展(4)田舎暮らし相談団体の設置設置(5)中山間地域Welcome集落事業(6)中山間地域空き家活用奨励金(7)田舎暮らしお試し住宅の提供(8)中山間地域空き家バンクの設置(9)中山間地域コミュニティビジネス等起業資金貸与事業
南区 (1)移住センターの設置(2)移住コーディネーターの設置(3)首都圏等での移住相談会出展(4)田舎暮らし相談団体の設置設置(5)中山間地域Welcome集落事業(6)中山間地域空き家活用奨励金(7)田舎暮らしお試し住宅の提供(8)中山間地域空き家バンクの設置(9)中山間地域コミュニティビジネス等起業資金貸与事業
西区 (1)移住センターの設置(2)移住コーディネーターの設置(3)首都圏等での移住相談会出展(4)田舎暮らし相談団体の設置設置(5)中山間地域Welcome集落事業(6)中山間地域空き家活用奨励金(7)田舎暮らしお試し住宅の提供(8)中山間地域空き家バンクの設置(9)中山間地域コミュニティビジネス等起業資金貸与事業
東区 (1)移住センターの設置(2)移住コーディネーターの設置(3)首都圏等での移住相談会出展(4)田舎暮らし相談団体の設置設置(5)中山間地域Welcome集落事業(6)中山間地域空き家活用奨励金(7)田舎暮らしお試し住宅の提供(8)中山間地域空き家バンクの設置(9)中山間地域コミュニティビジネス等起業資金貸与事業
中区 (1)移住センターの設置(2)移住コーディネーターの設置(3)首都圏等での移住相談会出展(4)田舎暮らし相談団体の設置設置(5)中山間地域Welcome集落事業(6)中山間地域空き家活用奨励金(7)田舎暮らしお試し住宅の提供(8)中山間地域空き家バンクの設置(9)中山間地域コミュニティビジネス等起業資金貸与事業
清水区 中山間地域空き家情報バンク掲載の賃貸住宅(一部除外あり)を借受け、中山間地域外から中山間地域に移住する方へ、住宅を改修する経費の一部を補助(補助率9/10、上限100万円)。4月1日以降に中山間地域空き家情報バンクを通じ、中山間地域外から中山間地域に移住し、6ヶ月以上の居住実績がある方へ奨励金支付。(1)単身世帯20万円(2)世帯構成員が複数の世帯40万円(3)(2)世帯の構成員に中学生以下の子どもがいる場合は1人につき20万円加算(上限3人まで)。
駿河区 中山間地域空き家情報バンク掲載の賃貸住宅(一部除外あり)を借受け、中山間地域外から中山間地域に移住する方へ、住宅を改修する経費の一部を補助(補助率9/10、上限100万円)。4月1日以降に中山間地域空き家情報バンクを通じ、中山間地域外から中山間地域に移住し、6ヶ月以上の居住実績がある方へ奨励金支付。(1)単身世帯20万円(2)世帯構成員が複数の世帯40万円(3)(2)世帯の構成員に中学生以下の子どもがいる場合は1人につき20万円加算(上限3人まで)。
葵区 中山間地域空き家情報バンク掲載の賃貸住宅(一部除外あり)を借受け、中山間地域外から中山間地域に移住する方へ、住宅を改修する経費の一部を補助(補助率9/10、上限100万円)。4月1日以降に中山間地域空き家情報バンクを通じ、中山間地域外から中山間地域に移住し、6ヶ月以上の居住実績がある方へ奨励金支付。(1)単身世帯20万円(2)世帯構成員が複数の世帯40万円(3)(2)世帯の構成員に中学生以下の子どもがいる場合は1人につき20万円加算(上限3人まで)。
市区町村 支援内容

【体験談】静岡県へ移住する長所・短所

静岡県へ移住するメリット

静岡県へ移住するデメリット

-藤枝市のメリット-

県都・静岡市のベッドタウン的な位置づけとなっている藤枝市ですが、いかにも近郊都市といった風情です。駅周辺だけは少し拓けていますが、少し離れると住宅地や農地が広がります。私が住んでいるのは、昔からの住宅地ですが、近隣との交流が残っており、住民同士の温かみが感じられます。

-藤枝市のデメリット-

全国の地方都市が同じ問題に直面していると思いますが、少子高齢化の波が容赦なく押し寄せています。近所には住人のいなくなった住宅や、その予備軍となる高齢者だけの世帯が非常に多いです。車の運転もできない、足が悪くて出歩くことができないような方がたくさんいます。あと10年もすると、周りがどうなっているのか。明日は我が身。不安がいっぱいです。

-袋井市のメリット-

静かな田舎町なので、人込みが苦手な人はオススメ。
農作物が安く手に入る。(物価は比較的安い)温暖な気候で雪はほぼ降らない。雪かきの手間がないので住みやすい。
花火大会が有名。スーパーなど、生活に必要なお店はある程度そろっている。
外国人の出稼ぎ労働者が多いので、ポルトガル語などの通訳が市役所内に勤務している。

-袋井市のデメリット-

仕事の求人が少なく、時給は安いので、仕事をみつけてから移住しないと、大変。
県外出身者がいきなり住むには、ハードルが高い町かもしれない。
インターネットやタウンマップで、この町の情報はあまり出てこない。
都会と違って、観光名所の数はあまりないので、観光目当てに出かけるには不向きな町。

-三島市のメリット-

三島市に住むメリットとしてまず挙げられるのが、東京へのアクセスが比較的便利である事です。在来線使用で120分、新幹線使用で50分前後で都心へ行くことができます。
また、ショッピングセンターが市内に1件と隣町に大型の物が1件あり、都心まで行かなくても必要最低限のものはそこで揃えることができます。中心駅からショッピングセンター行きのバスが出ているので、アクセスも悪くないです。

-三島市のデメリット-

都心部やショッピングセンターへの公共交通網は整備されていますが、通勤や子供の保育園・幼稚園などの送り迎えについては自家用車がほぼ必須になってきます。市内を走るバスも夜の7時から8時ごろにはなくなり始めます。
伊豆箱根鉄道の駅は市内に三島駅を含め5駅あり、こちらは比較的夜遅い時間まで営業していますが、住宅街から離れており駅前から出ているバスも早い時間にはなくなります。
自家用車を持った場合も市街地の道幅は狭い上、道を横断する歩行者も多く、慣れていないと危ないです。

-富士市のメリット-

世界遺産富士山のある町として観光の拠点となります。新幹線やJR東海道線が通っているので、都市部からのアクセスもしやすいです。
海と山が近く、市内にある公園は広々して日中子供を遊ばせるのには適しています。場所によりますが、一見一見の土地が割と広いのでプライバシーが保たれやすいというのもメリットになります。

-富士市のデメリット-

基本的に車がないとどこへ行くにも不便という感は否めません。海に近づくほど公共交通機関は多くなりますが、一駅一駅が離れているので停車駅近辺に住んでいないと中々恩恵を受けられないというのが実情です。
また、娯楽施設が市内にほとんどないので、市外の施設を見つけておいた方がいいです。娯楽施設が少ないということは、そういった場所に人が集中しやすいのでトラブルの原因になり得ます。

-富士宮市のメリット-

自然に恵まれているのが一番のメリットです。晴れていれば毎日富士山を拝めますし、雪解け水が市内で湧いてきていますので、水は非常においしいです。少し北へ行けば朝霧高原・本栖湖・精進湖があり、キャンプ・釣り・牛乳搾り・乗馬体験などが満喫できます。それとB級グルメの富士宮やきそばもあります。

-富士宮市のデメリット-

近くに製紙工場が多くあります。そのため日中は臭いが相当くさいです。風向きにも寄りますが、窓は開けられませんし、外に洗濯物も干せません。夏場は光化学スモッグが発生することもあります。また近くに大きい都市がないため、ショッピングは静岡市もしくは東京まで行く手間がかかります。

-磐田市のメリット-

自然が多い中でスーパーや複合商業施設などもあり、快適に過ごせる街です。中でも磐田市は地域住民が温かく地域貢献のためのイベントを開催したり行動的な街でもあります。近年では、ゆるキャラクターによる町おこしが行われており、磐田市でも「しっぺい太郎」という全国にランキングインするゆるキャラクターもいます。磐田市は、子供を育てる環境には一番最適な市だと思います。

-磐田市のデメリット-

車がないと交通手段が不便だという点があります。電車もなく、バス停がある間隔が広く足の悪い人や運転免許を持っていない人からしたら行動しにくい環境下だと思います。また、虫や害獣が多く畑などを荒らされるので農業をするには不向きだと思います。ハクビシンやタヌキなどが多いと聞きます。以上の事からでみりっとになる点だと思いました。

-藤枝市のメリット-

人口13万人の街ですから、それほどの田舎ではありません。また、電車で15分乗れば政令市:静岡市があり、ちょうどいい具合ではないでしょうか。
また、気候は温暖で住みやすく、東京や名古屋、大阪への交通も非常に便利です。
静岡県内は産業もそれなりに活性化しており、ちょうど良い田舎というイメージです。

-藤枝市のデメリット-

現在、日本中の地方都市が抱えている問題は「人口減少」です。ここ藤枝市も同じ悩みを抱えています。ただ、幸いにも現在のところ、減少幅が非常に小さく、または増加している状況なので、大きな問題にはなっていませんが、高齢化の波は確実に押し寄せています。「高齢者ばかりの田舎の街」で今後どんな生活が待っているのか、不安ではあります。

-藤枝市のメリット-

①山や川等、自然に恵まれており、お茶やミカンなど新鮮な農産物が地元で採れるので安く購入できる。
②東名高速や新東名のインターチェンジが近くにあり、自動車を持っていれば、遠くに移動する際には便利である。また富士山静岡空港までも1時間程度で行ける。
③静岡市の隣であるので、ベッドタウンとして住みやすい場所である。

-藤枝市のデメリット-

①鉄道はJRの駅があるが、1駅しかないので、公共交通機関としては実質バスしかない。しかしバス本数は少なく、1時間に1本以下の路線もある。したがって、自家用車は必須である。
②郊外に商業施設は多いが、若い人が遊ぶような施設や場所は少ない。いきおい若い人は都会に出て行ってしまう。
③自然が豊かなため、サルやイノシシが多く、住民に迷惑をかけている。

-島田市のメリット-

基本的に天気が穏やかなので一年を通して過ごしやすいところはいい所だと思っています。
あと、田舎は虫の声がうるさいとよく聞きますが、家の周りではほとんど聞こえないので夏の夜とかは割と静かで夏の風情を感じられるところも魅力だと思っています。
あとは、お茶がおいしいのでそれもメリットかなと思います。

-島田市のデメリット-

まず第一に大型のスーパーが近くにないので車やバイクでいちいち出かけなければいけないという点がデメリットだと思っています。
あと結構高齢者が多いのでなにかしらの受け継がれてきた技術などを継承する若者がいないのもデメリットなのかなと思います。
ただ一番大きいデメリットは南海トラフ地震がいつおこるかわからないという点だと思います。

-焼津市のメリット-

漁業が盛んな市なので新鮮な海の幸を楽しめます。
静岡市の隣なので新幹線に乗り換えしやすく東にも西にも遠出しやすい。生活するのには田舎すぎることもなく程よい地方の市といった感じで暮らしやすく、最近では新興住宅地が増えているエリアもあります。そのような場所は特に子育てには向いています。

-焼津市のデメリット-

若い子が遊ぶところが何もないので静岡まで出るしかありません。海鮮が美味しいことのほかに特筆すべき特徴があまりなく、それほど文化的な場所でもありません。
市内でも場所によっては駅や高速道路にアクセスするまでに距離があり時間がかかる場所もあるのでそのような場所は特に不便です。

都道府県ページへ

Top