静岡県への移住【メリットやデメリット】

静岡県の基本情報

静岡県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.shizuoka.jp/
人口(人) 3701181
面積(平方km) 7777.42
人口密度 475.89

静岡県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】静岡県へ移住する長所・短所

静岡県へ移住するメリット

静岡県へ移住するデメリット

-伊豆の国市のメリット-

自然が豊か。海も山も川も近く、野外でのアクティビティが好きな方は楽しみがいっぱいあります。でも幹線道路沿いには商業施設もある程度そろっていて、程よく便利です。農業・酪農が盛んなので、自然に地産地消が実現できます。また、子どもに優しい人が多く、子育てがしやすいです。

-伊豆の国市のデメリット-

完全に車社会なので、ひとり1台が基本。ガソリンも観光地価格なので維持が大変です。仕事はサービス業が中心で、給料も安いです。やはり田舎なので、どうしても排他的な側面があります。また、高校卒業後に進学できる学校が限られているので、下宿や新幹線通学など学費以外の負担が大きい場合もあります。

-伊東市のメリット-

風光明媚なリゾート地なので別荘地が数多く存在しています。
田舎なのに都会からの移住者が多く田舎特有のご近所付き合いや地元になじめない疎外感など面倒な人間関係が無縁な所が一番のメリットです。都会から来た人同士で仲良くやっているという感じで都会的な田舎暮らしをしたい人にはとても良い地域です。

-伊東市のデメリット-

定年退職をした高齢者が人口の大半を占めているので町に活気が無いことと観光リゾート地なので風紀上の問題があるのか娯楽施設が極端に少ないことがデメリットです。あとは主要の道路が連休や祝祭日に入るといつも渋滞します。半島なので平坦な土地が無いので坂道がとても多い為車中心の生活です。歩いて生活したい人は駅やスーパーなどに近い場所に住むことになるので緑豊かな理想の田舎暮らしとはかけ離れてしまうのがデメリットかなと思います。

-下田市のメリット-

下田市は山と海に囲まれた自然豊かな温暖な場所です。健康的に過ごすことができると思います。新鮮な海の幸、山の幸を堪能することができます。8月の海水浴シーズンには多くの観光客が訪れ賑わいを見せてくれます。また、5月には日米和親条約締結の町であることから黒船祭りが開催され、多くの外国人も訪れ国際色豊かな町になります。

-下田市のデメリット-

大型の総合病院がないので大病を患った際には、天城山を超えて伊豆の国市の病院まで車で90分かけていかなければならないのがネックだと思います。バスなどの市民の脚となるインフラ設備は充実していないです。また、主要電車の伊豆急行線は沿岸部を走行する為、高潮が発生すると運休になるケースが多いです。

-磐田市のメリット-

自然に囲まれていて、のんびりとした時間が流れます。
新幹線などを使えば、2時間弱で東京に、3時間弱で大阪に行くことができます。
自動車を使えば、ショッピングセンターやファミレスなども気軽に行くことができます。
人間的に温かい人が多いので、子育てするにはいい環境といえます。

-磐田市のデメリット-

地震などの時に、海岸線に近いため、津波の心配がある。
鉄道が東海道線しかないため、自動車中心の生活になる。
自動車が一人一台必要になるため、家賃や土地などは安いが、自動車の維持費などが掛かり、都市部以上に生活費がかかる。
私立の高校や中学などが少なく、進学時の選択肢が少ない。

-伊東市のメリット-

海と山に囲まれておりますので自然が多く、幼い子供を育てるにはよい環境です。夏は海水浴も出来ます。魚介類もリーズナブルで美味しい物が手に入ります。また、伊豆高原などの別荘地に絵本作家さんや画家さんが多く移住されていて芸術イベントもよく開催されているためどこかに出掛けずとも市内で楽しむことができます。

-伊東市のデメリット-

交通網が乏しく、車がないと生活が出来ない事は不便と言えます。電車もJRが伊東駅まででその先は伊豆急行線になり運賃が高く頻繁に使いにくいです。冬場は雪がよく積もり通行止めや規制が掛かることが多いため陸の孤島になることが多々あります。あとは、地域によっては閉鎖的なところがあります。

-浜松市のメリット-

海、山、湖があり自然豊か。お茶がおいしく、ケーキ屋さんがたくさんある。美容院も数が多い。気候は温暖で、冬には滅多に雪は降らないが遠州の空っ風という強風がふくことがある。音楽の街とうたわれており、駅前の広場では週末に学生や一般の吹奏楽団の演奏があり、盛んである。ヤマハやホンダの工場があり、外国人が多く、中でもブラジル人が多い。

-浜松市のデメリット-

交通の便が悪く、車がないと生活ができない。駅から離れた場所に大型スーパーがあり、無料の駐車場があるが、浜松駅周辺は有料駐車場のため、駅の過疎化が進んでいる。ガソリンが高く感じる。自衛隊があり飛行の騒音がある。南海トラフ大地震が心配。津波の恐れもある。街から少し離れた場所にある飲食店は20時ころには閉店してしまう。

-磐田市のメリット-

静岡県の西部に位置する磐田市はクラウンメロンやサッカーでお馴染みのジュビロ磐田など、特産品や観光などがとても充実しております。磐田市と言えば言わずとしれた楽器やバイクのメーカーYAMAHAが本社でYAMAHAのバイクや楽器が好きな方にはたまらない地域では無いかと思います。

-磐田市のデメリット-

磐田市は静岡県の中でも田舎な方で、新幹線も止まりませんし、電車の駅も市内で1駅しかありません、バスは充実していますがやはり田舎のバス停だけあり、本数も少なく感じます、大型ショッピングモールや、大型スーパーなどもあり買い物には困りませんが娯楽や楽しみなどの施設が少なく思います。

-富士市のメリット-

一番は、世界遺産でもある富士山がいつでも身近に眺められることです。また、東海道線が通っており、東京まで気軽に出られ、名古屋方面にも行きやすいことが挙げられます。また、伊豆半島にも山梨県方面にも、道路事情がよく遊びに行きやすいので海、山両方のレジャーを楽しむことができます。

-富士市のデメリット-

新幹線の新富士駅が、JRの富士駅と直結していないので少し不便です。また、昔から製紙工業が盛んなのですが、今もその工場の匂いがすることがあるのがデメリットです。富士山の眺めが素晴らしいというメリットの反面、麓のため、坂が非常に多い土地柄であるのはデメリットです。

-島田市のメリット-

お茶の産地で茶畑が広がる台地があり、のどかな雰囲気の街です。日本では数少ない蒸気機関車に乗ることができる鉄道が走っています。他にも旧東海道の石畳や、ギネス認定の木造歩道橋など、観光スポットが多いです。
静岡空港があり、駐車場が無料なので飛行機を利用するのはもちろん、展望台で景色を眺めるだけでも気軽に利用でき、便利です。

-島田市のデメリット-

買い物するにも、移動するにも、車がないと不便です。スーパー以外にはアピタがありますが、欲しいものを探すには市外に出る必要があります。
製紙工場があり、独特の臭いがします。昔から住んでいる人は慣れているかもしれませんが、風向きによっては何とも言えない不快臭が漂い、洗濯物を干すのを躊躇してしまいます。

-富士宮市のメリット-

静岡県富士宮市は富士山の麓にあり、向かおうと思えばいつでも登山へと向かえるため夏場に時間ができた時にしっかりと運動ができる土地です。有名なB級グルメである富士宮焼きそばもどこの店でも採用されていて県外や市外へ名産品と呼ばれるものを常に楽しむことができ人口も多すぎず少なすぎずで過ごしやすいです。

-富士宮市のデメリット-

静岡県富士宮市のデメリットは、地震が起きた時の想定被害が大きいことです。富士宮市は海に面していないため、津波の被害はありえませんが富士山が活火山であり地震が起きた際に富士宮市方面へと噴火を起こす可能性があります。ハザードマップに明記されてますが家を無くす可能性がある大きなデメリットです。

 

都道府県ページへ

Top