伊豆市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/伊豆市]

静岡県伊豆市周辺への移住

移住マップ(@e10map)では、各都道府県・市区町村の情報を掲載しています。

伊豆市への移住計画や転居・支援の参考にご覧ください。

伊豆市(いずし)は、静岡県の伊豆半島中央部に位置し、この半島で最大の面積を占める基礎自治体である。

伊豆市は県の面積の4.1%を占め、現在、浜松市・静岡市・川根本町に次いで4番目に広い基礎自治体である。
このように広大な面積を有しているが、深山な伊豆半島に位置するため、市域の67%は山林で占められており、可住地面積は17.3%程で、人家の多くは狩野川とその支流の脇のわずかな平地に集まる。
温泉と自然環境を主軸とした観光地を有している。

市区町村 静岡県伊豆市
地域 伊豆
人口(人) 31335
面積(平方km) 363.97
人口密度 86.09

静岡県伊豆市の男性・女性の割合

静岡県伊豆市の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
静岡県 伊豆市 1,900円 3,500円 4% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,900円 3,500円 70,400円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 181,400円

静岡県伊豆市の移住支援情報など

市区町村 支援内容
伊豆市 空き家バンク制度の他、若者定住促進補助金住宅補助事業として、夫婦いずれかが満40歳以下の若者世帯が土地を購入し住宅を建築又は購入した場合は100万円を、住宅を建築又は購入した場合は50万円を補助。さらに、中学校未就学の始期に達するまでの児童に対して1人につき10万円を交付。補助金交付予定者に対して、地元金融機関が金利を優遇。
 

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】静岡県伊豆市へ移住する長所・短所

伊豆市へ移住するメリット

伊豆市へ移住するデメリット

-伊豆市へ移住した方の口コミや体験談1-

家賃が安い。温泉地がある。野菜が美味しい。実際に畑で野菜を育てることができる。都心までそこまで距離が離れていない。直通の高速バスがある。川・山といった自然が豊富。キャンプ場もありレジャーが充実している。空気がきれい。自動車があれば買い物には困らない。比較的穏やかな人柄の人が多い。

-伊豆市へ移住した方の口コミや体験談1-

山が多いため日照時間が少ない。遊ぶ場所がカラオケぐらいしかない。車が無いと生活が不便。田舎のため近所付き合いが面倒なことがある。地震のリスクがある。産業が無いため仕事が少ない。塾などの教育施設が少ない。高齢化が進行し、高齢者が多い。賃貸物件が少ない。観光地のため夏場になると国道が混雑する。

-伊豆市へ移住した方の口コミや体験談2-

自然や田畑が多く、景観に優れている。都会のような混雑が無く、静かで治安も良いと思われる。

水質が良く、蛍がいる場所もある。水道の水がそのまま飲める。夏の夜は比較的涼しい。

観光地(温泉)が点在しているので、田舎にしてはコンビニや飲食店などがあり、自動車移動さえ可能なら生活上の不便が少なく、関連の働き口もある。

-伊豆市へ移住した方の口コミや体験談2-

都会から遠い。

自家用車がないと生活が難しい。冬は寒い。基本的に都市ガスではなくプロパンガス。ガソリン代、光熱費がかかる。

高齢化で若い人が少ない。都会のような娯楽やファッション関連の店がない。自治会や子供会などを手伝わないと白眼視される。

休みの日は他所から来る車やバイクが増える。

静岡県の市区町村一覧

Top