兵庫県への移住【メリットやデメリット】

兵庫県の基本情報

兵庫県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://web.pref.hyogo.lg.jp/
人口(人) 5536989
面積(平方km) 8400.96
人口密度 659.09

兵庫県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】兵庫県へ移住する長所・短所

兵庫県へ移住するメリット

兵庫県へ移住するデメリット

-姫路市のメリット-

観光スポットとして有名な世界遺産姫路城があります。また、近年姫路城下町マラソンなども活発化しており、駅前周辺が随分改装されていますので景観がきれいで交通も便利だと思います。小さいですが動物園、水族館、遊園地もあります。大阪や神戸は都会過ぎる……しかし田舎は嫌、なんて方にお勧めです。

-姫路市のデメリット-

近年駅前あたりは随分人が増加しています。外国人観光客も多く、込み合っているのが苦手な方にはおすすめできません。ずっと住んでいるとわからないのですが、播州弁がきつく感じてしまう方もいらっしゃるようです。また毎年6月に開かれているゆかた祭りですが、何年か前に暴力団関係が出店していることが発覚し、その後随分地味になりました。近年少し回復しています。

-西宮市のメリット-

32棟の集合住宅で、近隣に保育所から幼・小・中・高校あり。日用品や食料品の店舗、病院、薬局、郵便局、銀行ATM、自転車屋、宅配会社と手身近に事が済ませれます。敷地内建物の間には公園や緑がとても多く、車も一般車道ではないので静かでゆったりとしています。住宅近くには海があり潮の香りと景色が最高です。

-西宮市のデメリット-

15階以上の建物がほとんどで、通常の風でも若干強くなってしまうようです。バスや電車も単線は走っていますが、本線から外れているので不便に思う方もおられるかもしれません。本当に静かなところがお好きな方でしたら、夏場は特に学校行事などで平日は賑やかになります。築古年です。

-西宮市のメリット-

梅田も三宮も近くて便利でした。電車の本数も多くて便利です。美味しいパン屋さんが多く、パン好きにはたまらないと思います。下町っぽい雰囲気の浜側からおしゃれで落ち着いた雰囲気の山側とはっきり雰囲気がかわるのも面白いです。甲子園球場もあるので、野球選手にも会えますよ!

-西宮市のデメリット-

何かにつけて、浜側だから~とか山側だから~とか言うのが好きではありませんでした。地元大好きな人が多く、ある意味排他的な感じをうけました。地方出身の人達はなじみきれない人が多かったです。あと、阪神タイガースのお膝元なので、他球団のファンの人は肩身がせまいです。言うと冗談まじりのブーイングをうけます

-神戸市のメリット-

商店街がとても盛んで八百屋やスーパーの価格がとても安くて助かっています。子供が多くて節約しないといけない状況の方にはとても良い環境だと思います。お金貯まります。それに病院も多く何かあった時にすごく助かると思います。とにかく食費に関しては本当に抑えられるのでお勧めです。

-神戸市のデメリット-

下町エリアですので独特な感じはあります。近くに競艇場や10分ほどあるくと夜の店があるので酔っ払いや叫んでいる方や路上で寝ている人など結構多く見かけます。初めはびっくりしましたが特に害もないですし警察も近くにあるので、その方たちも悪いことができる環境ではないのでそこまで気にする必要はないと思います。

-加古川市のメリット-

駐車場代が関西圏で一番安くなり始める地域で、車を持ちながら大阪圏内中心で仕事をする通勤を行う上では交通費と駐車場代の組み合わせ的に最も安く車を維持することができるメリットがあります。そして人口が少なく田舎なので特にこれといった都会特有のストレス等はなく、自然がそこそこ豊かで静かなことも特徴の一つだと思います。

-加古川市のデメリット-

資源ごみや不燃ごみの回収日が細かい地域名によって分かれており、都会ではないので月に1度、とても早朝に行われるためマンション住まいなどで独自回収網があれば問題はないとはおもうのですが、一軒家で何らかの町内会に所属しているような場合だとごみの出し方に苦労するデメリットがあると思います。また、町内会放送もいまだ流れているような地域柄ですので、しばらく住んでみないとこれらのことには気づきにくい点も挙げられると思います。

-加古川市のメリット-

田舎ということで交通量が少なくて子供が遊ぶのに安全である。
地元の小学校でも生徒総数が少ないため運動会でも町内の人が参加するため地域交流が増える。
地域交流が増えることで近所が顔見知りにもなり防犯対策にもなる。
災害が起こった場合も地域交流から助け合える関係である。

-加古川市のデメリット-

街中に出るのに車が必須となってくる。
最寄りの駅も徒歩では30分以上かかり、その電車も30分に1本とかで交通の便が不便である。
どこの高校に行くのに自転車で最短で30分はかかる。
少子高齢化ということで子供たちの友達が著しく減る。
買い物に行くのにも時間がかかるのも不便である。

-たつの市のメリット-

人ごみに溢れることがないです。
単純な街並みですので迷いにくいです。
割と誰でも受け入れてくれるので比較的過ごしやすいかと思います。
自然も多いので散歩も出来ます。
少ないながらコンビニもあるので安心です。
何故か大きな災害に遭いにくいです。
お祭りとかの催しも結構あります。

-たつの市のデメリット-

働ける場所が少ないです。
静かで人数が少ないです。
お祭りとかは隣町との共同で行ってます。
スーパーマーケットとかは車で隣町に行かないと無いです。
都会と比べると見どころが少なく娯楽も非常に少ないです。
ですのでほとんどスマホ見てる人が多いです。
時代錯誤なところも多いです。
言葉遣いが汚いかもしれません。

-明石市のメリット-

JRの在来線を利用することで、大阪まで1時間以内で、行き来することが出来る。

子供が、誕生してから中学校卒業まで、医療費が無料になっているのと、2人目の保育料が、市内市外の施設問わずに無料。

川の水や、井戸水を使っているので、目の前で発生した、阪神淡路大震災でも、長期の断水はしなかった。

-明石市のデメリット-

長年住んでいる人同士で、コミュニティが出来ていて、移住者が馴染みにくい、土壌がある。

高校の学区が、ほぼ明石市内から広がったが、学区の北の端は、明石からは通えない高校も、学区にあるので、どうしても県立と言う人は、隣の学区に行った方が、近いケースもある。

東部は神戸の気質で、西部は姫路の気質と、住民気質が違う。

-宝塚市のメリット-

JRを使用すれば、大阪駅まで30分弱で移動が出来ます。アクセスが良い割には、大阪駅から移動時間が同じくらいの阪神沿線(西宮市、芦屋市、神戸市)に比べると、家賃の相場が安くお得です。中国道のインターチェンジが近いため、岡山方面ー京都方面への車での横移動がしやすいです。

-宝塚市のデメリット-

宝塚歌劇の華やかなで、高級なイメージは、宝塚駅を中心とした山手方面のみで伊丹市との市境付近の内地は下町の雰囲気が漂い治安が悪い訳ではないですが、ガラが悪いといった感じです。

家賃の安さも相まって、住めば都といえばそれまでですが、ガラの悪い雰囲気が苦手な人には住みにくいかと思います。

-尼崎市のメリット-

阪神、またはJR使用で、大阪・神戸方面へのアクセスが短時間で、通勤・通学・お買い物・お出かけ、とても便利なところです。大阪、神戸に比べて家賃も家も値段が安いですし、ショッピングセンターなどもあります。空港へも関空・伊丹・神戸、どの空港への一時間ほどで行けるのも魅力です。

-尼崎市のデメリット-

近年、沢山の人が他所から移り住んできていて雰囲気は変わってきましたが、尼崎市というと、環境があまり良くないと昔から言われていますし、実際、そうだと思います。子供の学校もあまり質・レベルが高いとか、良いというのではないので、私立に通わせる親が昔から多いです。あと、デメリットと言っていいのかは分かりませんが、外国人の移住も多くなってきています。

 

都道府県ページへ

Top