兵庫県への移住【メリットやデメリット】

兵庫県の基本情報

兵庫県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://web.pref.hyogo.lg.jp/
人口(人) 5536989
面積(平方km) 8400.96
人口密度 659.09

兵庫県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】兵庫県へ移住する長所・短所

兵庫県へ移住するメリット

兵庫県へ移住するデメリット

-明石市のメリット-

JRの在来線を利用することで、大阪まで1時間以内で、行き来することが出来る。

子供が、誕生してから中学校卒業まで、医療費が無料になっているのと、2人目の保育料が、市内市外の施設問わずに無料。

川の水や、井戸水を使っているので、目の前で発生した、阪神淡路大震災でも、長期の断水はしなかった。

-明石市のデメリット-

長年住んでいる人同士で、コミュニティが出来ていて、移住者が馴染みにくい、土壌がある。

高校の学区が、ほぼ明石市内から広がったが、学区の北の端は、明石からは通えない高校も、学区にあるので、どうしても県立と言う人は、隣の学区に行った方が、近いケースもある。

東部は神戸の気質で、西部は姫路の気質と、住民気質が違う。

-宝塚市のメリット-

JRを使用すれば、大阪駅まで30分弱で移動が出来ます。アクセスが良い割には、大阪駅から移動時間が同じくらいの阪神沿線(西宮市、芦屋市、神戸市)に比べると、家賃の相場が安くお得です。中国道のインターチェンジが近いため、岡山方面ー京都方面への車での横移動がしやすいです。

-宝塚市のデメリット-

宝塚歌劇の華やかなで、高級なイメージは、宝塚駅を中心とした山手方面のみで伊丹市との市境付近の内地は下町の雰囲気が漂い治安が悪い訳ではないですが、ガラが悪いといった感じです。

家賃の安さも相まって、住めば都といえばそれまでですが、ガラの悪い雰囲気が苦手な人には住みにくいかと思います。

-尼崎市のメリット-

阪神、またはJR使用で、大阪・神戸方面へのアクセスが短時間で、通勤・通学・お買い物・お出かけ、とても便利なところです。大阪、神戸に比べて家賃も家も値段が安いですし、ショッピングセンターなどもあります。空港へも関空・伊丹・神戸、どの空港への一時間ほどで行けるのも魅力です。

-尼崎市のデメリット-

近年、沢山の人が他所から移り住んできていて雰囲気は変わってきましたが、尼崎市というと、環境があまり良くないと昔から言われていますし、実際、そうだと思います。子供の学校もあまり質・レベルが高いとか、良いというのではないので、私立に通わせる親が昔から多いです。あと、デメリットと言っていいのかは分かりませんが、外国人の移住も多くなってきています。

-淡路市のメリット-

淡路市は海と山に囲まれていて、子育てするにはもってこいの地域だと思います。淡路市の子育て支援制度も充実していますし、2人目、3人目のお祝い金なども市から頂くことができます。また、神戸や大阪へのアクセスもしやすいので、都会に近い田舎なので便利です。また、年間通して気候も穏やかなので過ごしやすいです。

-淡路市のデメリット-

スーパーや銀行もありますが、車がないと本当に不便なので免許がないと生活がつらいと思います。また、電車が通っていないので交通機関はバスかタクシーのみです。

また、海に囲まれているので潮風を直接受けてしまうので自転車や車、家などはさびやすくなるので、ほかの地域よりも劣化は早いと思います。

-相生市のメリット-

まずは子育て応援都市のスローガンを掲げており、親子での転入率が高いと思います。

日本でも屈指の子育て応援都市でテレビでも放送させています。

自然豊かであり衣食住にも困る事がなくのびのびと生活が出来ています。

JR相生駅には新幹線も止まり、柿も有名で観光客も多数います。

-相生市のデメリット-

衣食住も困ることはないと書きましたが、唯一、小児科が少ないという事です。

多数の子供がいる割には小児科が少なく私が知っているかぎり3件程しかないので困っている人も少なくないです。

どうしても子供は大人と違い病気にかかる確率が高い為改善すべき課題ではないかと思います。

-川西市のメリット-

山などの自然が近くにあるうえ、スーパーなどの買い物先にも困ることはない過ごしやすい土地です。人も穏やかなので、都会の喧噪はなく、ゆったり過ごすにはいいところだと思います。電車の区間も短いので、どこからでも少し歩けば駅があるところも魅力の一つ。10分感覚で電車がくるので便利です。

-川西市のデメリット-

主な交通機関が電車、しかも能勢電鉄しかなく、そこが不便だと感じる方もいると思います。電車代も少し高いので、車を持っている方の方が過ごしやすいかと。また、山が近くにあるせいか、坂が多いので、住む家を決めるときには坂のあるなしをしっかり調べておかないと、近くを歩くだけで疲れるところもあるかもしれません。

-西宮市のメリット-

電車が阪急も阪神もJRも通っているので交通の便がカナリ良いです。バスも沢山走っているので、車がなくても困らないです。西宮ガーデンズやららぽーとなどの大型のショッピングモールもあるので三宮や大阪まで出なくても用事が済むのも良いです。病院も沢山あるので老若男女問わず暮らしやすい街です。

-西宮市のデメリット-

住みたい街ランキングでも上位の西宮市ですが、場所によっては昔ながらの治安の悪い地域もあります。土地も高い所が多いです。子どもが沢山なのか、保育園に入れれないという声も聞きます。ソフトバンクの電波の入が悪い場所があると思います。JR甲子園口は人が多く、改札口は毎日混みます。

-西宮市のメリット-

JR、阪急電車の駅周辺を中心にとても栄えていて、買い物や通勤・通学に全く不便がない。駅周辺には大型ショッピングモールも、大型書店も、映画館もある。山手は閑静な住宅街。学生マンションが多いエリアもあるが、治安は良好で関西でも特に人気の住宅地エリアになっているほど。

-西宮市のデメリット-

特に目立ったものはない。あえていうなら、学生向けマンションの賃貸料が駅周辺や大学周辺だと最低ランクのマンションでも月5万円、平均6、7万円と比較的高めできつい人にはきついのではないかと思える点。人によっては数駅離れた少し安めのエリアに借りて、毎日電車やバイク通学していた。

-西宮市のメリット-

最大のメリットは立地の良さです。神戸と大阪の間に位置しているのでどちらの都市にも簡単に素早くいくことが出来ます。最近では西宮北口駅の開発が進み、西宮から外に出なくても買い物や食事など何でも楽しむことが可能になりました。子供を育てる環境としてもとても快適なところもメリットです。

-西宮市のデメリット-

関西エリアでも屈指の人気を誇る街になっているので駅の周りだけではなく西宮全体の家賃などの物価が上昇していることが住むにあたっての最大のデメリットです。大きな駅になるとたくさんの利用客がいるので毎日混みあいます。また、地域によっては治安があまりよくない場所もあるので気を付ける必要があります。

-西宮市のメリット-

西宮市は人口も増え続け、大阪だけではなく神戸の通勤圏としても非常に便利です。子供の教育上も様々な私立や公立校があり、選択肢には事欠きません。これからのファミリーを築いていくには非常に良い場所ではないでしょうか。

人口も増え続け、大阪だけではなく神戸の通勤圏としても非常に便利です。子供の教育上も様々な私立や公立校があり、選択肢には事欠きません。これからのファミリーを築いていくには非常に良い場所ではないでしょうか。転勤族が多い場所ですが非常に住みやすい場所だと思います。

-西宮市のデメリット-

自分が住む西宮のデメリットは非常に住みやすい場所ですが、転勤族が多いこともあり長い付き合いをして行く友人を現場で作るのは難しい場合もあります。意識して長く住みたい場合は地元に密着した友人関係を作ることも大事では無いでしょうか。基本的にはマンションが多く、若い方が多いのでご高齢の方とのお付き合いも大事にしたいところです。

 

都道府県ページへ

Top