茨城県への移住【メリットやデメリット】

茨城県の基本情報

茨城県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.ibaraki.jp/
人口(人) 2917857
面積(平方km) 6097.06
人口密度 478.57

茨城県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】茨城県へ移住する長所・短所

茨城県へ移住するメリット

茨城県へ移住するデメリット

-東海村のメリット-

原子力の村で世界で有名な村です。財政が潤っているので、村全体が豊かです。例えば、むかしから子育て支援には力を入れています。公立の幼稚園にしても3年保育もありますし、クラシックなどの音楽も流れていてゆったりしてる感じです。子供たちものびのびと成長できる村です。給食も他の地域より豪華です。

-東海村のデメリット-

原子力の村なので、危険と隣り合わせの村でもあります。なので、いつ事故がおこるかわからないし、目に見えない放射能の恐ろしさもあるので怖い面もあります。田舎なので、デパートはなくジャスコぐらいです。夜は、ほとんど明かりがないので出歩くのはあぶないかなと思います。産婦人科がありません。

-土浦市のメリット-

土浦から上野まで常磐線で1時間。途中北千住や日暮里などターミナル駅もあり、首都圏全域とはいいませんが広いエリアへの通勤が可能です。
人口も14万人とほどほどで、農地も多くたいへん静かに暮らせます。
隣につくば市(筑波大学・研究学園など)もあり、教育にも熱心な土地柄です。土浦・つくばエリアには進学校も多く子育てには最適だと思います。東京の開成高校へも乗り換えなしで通えます!
ショッピング・娯楽等については、今のご時世99%は都内にいるのとかわりません。

-土浦市のデメリット-

移民(東南アジア・南米系)が多く日常生活で意思疎通ができないことがあります。地域の通達(回覧等)が読めずルール違反をしてしまったり、週末騒いでしまったり、などなど、住むエリアによってはストレスを感じるかもしれません。が、治安は全体的には良いと思います。
また、バスの運行本数が少なく、基本車社会となります。自転車程度でも生活は十分できますが、あれば生活がより充実するでしょう。

-潮来市のメリット-

水郷の都です。利根川と霞ヶ浦に挟まれ、平野が広がる潮来市はのどかな風景も絶景です。筑波山はもちろん、晴れの日は富士山も見えます。川魚が取れるので、うなぎや鯉の煮物もとてもおいしいですよ。6月はイベントが多く、紫陽花寺やあやめ祭りの船でお嫁に行く潮来花嫁さんも見ることができます。

-潮来市のデメリット-

市内にも企業はありますが、就職となると厳しい現状だと思います。もしお住まいになるのであれば、隣町の鹿嶋や神栖に働きに通うことになると思われます。お家賃はとてもお安く済みますが、自動車が必要になります。バスや電車は何本もないので、通勤や通学をするには向いていません。

-守谷市のメリット-

  ここの最大のウリはTXの始発があることだと思う。秋葉原まで30分。乗り換えで東京駅まで1時間程度。このアクセスで東京に住もうとすれば、国分寺になる。
 両地域に住んだ者としての感想を言うと、不動産価格は、駅前周辺以外で国分寺の3割から4割程度といったところ。住宅街での道路幅が2.5車線はあるので、相当ゆったりしている。一方通行はもちろん、ない。
 食に関して言うと、スーパーの弁当、惣菜はボリュームが国分寺の1.2倍はある。とくにご飯は1.5倍はある。しかも金額は安く、新鮮だ。

-守谷市のデメリット-

 地方都市であれば当たり前のことだが、車がないと生活ができない。ただし、道はゆったりとしていて渋滞などほぼ皆無なので(もとからの住民にとっては、ぶっ飛ばせなかったら、渋滞扱いらしいが…)、ストレスなく移動ができる。 そのせいか、暴走族が元気だ。週末になると、爆音を立てて徘徊している。けれども札付きの悪という感じではなく、純粋で優しいそうな顔だちをしていた。
 暴走族がいるからというわけではないが、教育水準ははっきりいって低い。高校の選択肢がない。いわゆる進学校がほとんどなく、今の生活に満足している人が多いせいか、向上心を持ちにくい環境だ。東京に出るのが怖いと言っている人が結構いたりする。

-守谷市のメリット-

2017年住みよい街ランキング第1位に選ばれた
子育ての支援が充実しており、産婦人科や小児科、幼稚園などの施設も整っている
つくばエクスプレス線が通っているので、東京へのアクセスがよい
イオンタウンやアクロスモールなど、ショッピングモールが点在しているので買い物がしやすい
守谷駅近くに区画整理された住宅マンションがあり、移住する家族が増えている
市の中に小学校が12校(私立含む)もあり、家から歩いて通うことが出来る

-守谷市のデメリット-

駅のすぐそばにショッピングモールなどの施設がないので、時間つぶしができない
車がないと買い物や病院への移動が不便
守谷駅周辺の一日の駐車料金が高い
守谷から千葉方面へ車で出るときに必ず通る橋がいつも混雑している
国道294号線では車の運転が荒い人が多い
市に唯一ある総合病院はいつ行っても長時間待たされる

-鹿嶋市のメリット-

東京駅から高速バスで1時間程度です。
jリーグのチーム、アントラーズのホームタウンで、シーズン中は月に何度も試合があり、公開練習なども見学に行くことができます。街中ではオフの日の選手に遭遇するようなこともあり、ファンにとってはとてもうれしい体験ができます。最近では大きな道路も通り、蔦屋やドンキ、イオンなどの施設も多く、生活は充実しています。

-鹿嶋市のデメリット-

大きなデメリットといえば、大きなお店のある市街地は駅から離れています。スーパーやコンビニへ行くにも車があることが必須です。電車は少ない時だと1時間半は来ません。バスも1日を通しての本数が少ないので、車なしで仕事をしながら暮らすというのはかなり難しいと思います。免許がないと就職できないとおもいます。

-牛久市のメリット-

子育てしやすい環境が整っていいます。
子供向けのイベントやお祭りも多く、全体に活気があります。
子供の日の祭りや、夏祭り、秋にもお祭りがあり、イベントが多いので、出かける予定がなくても楽しめます。
図書館や運動公園も充実していて、子供から大人まで外に出て、楽しい環境です。

-牛久市のデメリット-

都心からは遠いいので、公共をつかって出掛けるのに不便です。
ほとんど車生活なので、一人1台が当たり前に車を所有しています。
しかし、車が乗れない時は職場すら電車やバスでは行けないので不便です。
雪が降ってしまうと、慣れない雪の運転で事故になったり、道路が渋滞になっています。

-ひたちなか市のメリット-

とりたての野菜やブランドのおいしいお肉、新鮮な海の幸がそろっている地域です。災害も少なく、のんびり過ごせるのがいいと思います。物価も安く、とても住みやすいです。気候も、四季があり夏は海やお祭りもあり、冬は雪はほとんど降りませんが丁度良い気温で過ごしやすいです。

-ひたちなか市のデメリット-

地方なので、駅周辺を覗けば、生活するにに一家に一台車が必要となります。なので、アパートなど賃貸の他に車の維持費がかかるので大変です。あとは、電車も都内のように3分おきに来るわけでもないので、30分に一本が普通です。バスも市内を走っていますが、あまり期待できません。

-ひたちなか市のメリット-

道路が広く整備されているので、渋滞知らずです。
市役所、病院、スーパーマーケットなど、入りやすく出やすい造りの建物がほとんどで、一方通行の道路もありませんから、車の移動もスムーズでストレスを感じません。
また、観光で有名な公園やイベント、外資系スーパーなども市内にあるので生活やレジャーにも困らず充実した暮らしが送れると思います。

-ひたちなか市のデメリット-

バスの本数が少ないです。車移動が基本の地域ですから、自家用車で移動する人がほとんどで採算が取れないのかもしれませんが、急に利用する時に困ってます。子供やお年寄りはもっと不便を感じているかもしれません。
また、他の地域も同じかもしれませんが、耳鼻科が圧倒的に足りません。少ない耳鼻科にみんなが殺到するので、激混みでいくのが面倒になります。この2点は是非改善してほしいと思っています。

-北茨城市のメリット-

北茨城市は、福島県と近くて、国道6号と常磐道が通っているので、茨城方面は日立と高萩も近いですし、東北方面へは、いわき市が近くていいですし、北茨城市には、磯原と大津港があります。磯原には海水浴場もあって綺麗ですし、大津港では、漁港が大きくて広くて良い所だと思います。

-北茨城市のデメリット-

自然に囲まれた田舎でもいい所ですが、電車やバスが少なくて、自家用車が無いと不便です。電車はJRの常磐線ですが、通勤、通学のずれた時間は、上下線で、1時間に1本走ってるくらいの感覚なので、乗り過ごすと大変ですし、磯原も大津も、それなりにお店はあっても少ないです。

 

都道府県ページへ

Top