茨城県への移住【メリットやデメリット】

茨城県の基本情報

茨城県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.ibaraki.jp/
人口(人) 2917857
面積(平方km) 6097.06
人口密度 478.57

茨城県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】茨城県へ移住する長所・短所

茨城県へ移住するメリット

茨城県へ移住するデメリット

-結城市のメリット-

のどかなところです。今時珍しくゴミ分別が緩いので楽ではあります。転勤で越してきましたが指定のゴミ袋もなく、ごみ袋費用が助かります。
道幅は広く車の移動が結構楽だと思います。
結城の蔵がある古い町並みが魅力です。お寺や神社、甘味処もありのどかな田舎で一日ゆっくり楽しめると思います。

-結城市のデメリット-

感覚が田舎だと思います。よそ者を受け入れない感があり気が滅入りました。
悪質ないじめや凶悪な事件が多い県だという印象があったのでこういうところなんだと思ってなんとかやっています。
図書館が新しくピカピカなのですが中身が古くて残念に思いました。
予約した本を取りに行くと「こちらは予約が沢山入っているので貸し出し機関が1週間になります。」
と言われました。今まで他で同じ理由で延長出来ないことはありましたが、利用期間を削られるというの
は初めてでその旨意見として書いたのですが「こちらはこういうやり方です。よろしくお願いします。」
という答えでした。
色々ありますが車の運転が今までいたどこよりひどいです。
それについては栃木方面でも感じるので北関東があてはまるのでは?と勝手に思っています。
簡単にまとめると悪い意味で色々なことが田舎感覚です。

-守谷市のメリット-

車さえあれば生活に必要なものが揃っているので生活がしやすい。
街全体が整備されていて運転しやすく街並みも綺麗。
また、つくばエクスプレスがあるおかげで、つくば市や東京にも出やすいので、子供が学校へ通うのに便利。家から通える範囲内にたくさん学校があるので家計が助かる。

-守谷市のデメリット-

自動車の免許がないと生活の便が悪い。歩いて行ける距離に何でも揃っているわけではないので、自動車は1人1台あった方が良い。
つくばエクスプレスで交通の便はいいが、運賃が高いので、定期がない限り、しょっちゅう電車に乗って出かけるのは気がひける。また常総線も通っているが、高い上に学割がない。

-つくばみらい市のメリット-

急速に開発が進むつくばエクスプレス沿線の都市です。周囲で、大型商業施設が相次いでオープンしています。また、都内まで30~40分程度で通勤することが可能な地域ですが、今のところまだ、土地価格がお手頃です。戸建てで広い庭のある暮らしを望む方に適しています。新たに開発された住宅街が多く、街並みがきれいで、道路も広く整備されています。

-つくばみらい市のデメリット-

茨城県という響きだけで、なんとなく馬鹿にされがちです。電車路線としてはつくばエクスプレスしかないため、勤務地等、目的地がこの路線から外れた場所だと、非常に電車のつなぎが悪くなることがあります。市の財政がまだまだ安定していないようで、街路灯や、街路樹、道路脇の草花のメンテナンスが追い付いていない気がします。

-つくば市のメリット-

多くの研究機関が設置されており,施設の一部を一般開放している機関も多いため,様々な分野の最先端技術を知ることができる.また,都心にも程近く(つくばエクスプレスで45分),『都心に近い田舎暮らし』を求める方には最適な居住地の一つといえる.筑波山をはじめ,自然が豊かということも大きなポイントの一つである.加えて,街中に公園も多いため,子育て環境という点では非常に恵まれている.

-つくば市のデメリット-

車がなければ,生活する上で非常に不便という点がデメリットであろう.仮に自転車で行動するとしても,日中は不便を感じないかもしれないが,街中には街灯が十分に整備されていないという理由から,夜間の自転車移動は少なからず危険が伴う.また,都心へのアクセスについて,つくばエクスプレスの料金が高く,気軽に出ていけるというものではない.車で行くにしても,大渋滞に巻き込まれることも珍しくない.かつては『陸の孤島』という呼ばれていたそうだが,現在においても若干ではあるが,その感じは否めない.

-水戸市のメリット-

市でありながら、自然が多くて歩ける場所がたくさんあり、野菜や食べ物がとても美味しく、四季が楽しめます
また、夏も近年の酷暑に比べれば過ごしやすく、冬も雪はあまり降りません
観光地も少し行けばたくさんあったり、大型のモールなどもあって、楽しめます。
田舎特有の静かな部分と都会の便利さを兼ね備えた良いところです

-水戸市のデメリット-

大通りから、少し道を曲がると、途端に道幅が狭く、朝の通勤通学には必ず苦労します
複雑な信号などあり、信号手前は渋滞しています
地震が度々あり、携帯のアラームで肝を冷やしたり、割りと大きな地震が多いので怖いです。
また20キロ圏内に東海第二原子力発電所があり、大きな地震が来ると不安になります。

-日立市のメリット-

海や山のそばで景色が良い場所が多く気分転換できる場所が多くあります。また、住居を賃貸する場合には首都圏に比べて家賃がとても安いので、かなり経済的な生活を送れるように思います。このように首都圏から離れた場所でありながら、特急や高速バス1本で都内に出ることもでき、便利だと思います。

-日立市のデメリット-

生活用品は市内のスーパーで間に合いますが、若者向けの洋服や、家具、雑貨などについては大型商業施設がないので、最低でも1時間弱かけて水戸やひたちなかまで行かなければなりません。また、国道が渋滞していることがとても多いので、時間が大変読みにくいのも住みにくさのひとつです。

-牛久市のメリット-

東京都まで電車が通っているので都内は通勤・通学圏内。都内程ごみごみしていないし、自然豊かである。市内には認可保育所が多くあるので、待機児童が少ない。茨城県内でも小中学生の学力は高く、県の学力診断テストでは上位に位置する。近い将来、新設の中学ができる。わずかながら人口は増えている。

-牛久市のデメリット-

都内までは1時間は掛かり、よって電車賃も高くなる。市内に2つ駅があり、駅周辺の生活環境は便利だが、自家用車が必須になる。映画館や若い子がショッピングするような娯楽施設がない。観光の目玉となるのは牛久大仏と牛久シャトーであるだろうが、人を惹きつけるような観光的魅力はない。

-神栖市のメリット-

田舎町になりますので、畑や田んぼが盛んでスーパーの野菜などの、農作物が安いです。また物件なども安く、デザイナーズ物件が多いです。さらに隣町が鹿嶋市のため、鹿島アントラーズ(サッカー)のホームタウンにも認定されていてチケットが安く販売されたりします。スポーツ観戦もすぐできます。

-神栖市のデメリット-

交通ルールを守らない人が多すぎます。赤信号になった後にも車がいきよいよく通過したり、あおり運転なども比較的多く見られます。また大手の住友金属の会社があるため、空気があまりよくなく、洗車を行っても車の窓ガラスなどが、すぐに汚くなってしまい、洗車の意味がないです。

-日立市のメリット-

家賃物価が比較的安く、都会過ぎず田舎過ぎないところです。国道6号線が中心を走っていて、大型ショッピングセンターから多種多様な飲食店チェーンも多いので買い物には不自由しません。スーパーマーケットもひしめき合っているので競合激しく、消費者にとっては嬉しい限りです。海も山・川も近く、キャンプ場もたくさんあるので、アウトドア派にはうってつけの環境だと思います。

-日立市のデメリット-

家電の日立が三菱に吸収合併されたことで、経営は三菱主導となってしまい、時代とともに衰退しつつある町工場は仕事が減る一方です。長期的に景気が悪いのもあり、日立駅周辺は日中でも人気が少なく活気がありません。夜の飲み屋も同様です。部分的にはとても近代的に整備されてはいますが、全体的にはデザインバランスが悪く、廃墟にちかい空き家が相当目立ちます。

-日立市のメリット-

海が近い。海産物が美味い。近隣の市町村も含め、自然が豊か。休みの日は、近場でいろいろと過ごせる。海水浴、ハイキング、海浜公園、サイクリング、果物狩り、など。シビックセンターでは、催し物も多い。図書館、科学館、プラネタリウムもあり、よく利用します。日立製作所創業の地であり、関係する働く場所もある。

-日立市のデメリット-

人口、子供の減少などにより、閉鎖された幼稚園もある。場所によっては、バスの路線、本数も限られたりするので、やはり、マイカーがないと不便。東京まで、家族で、特急列車を利用すると、かなりの金額になる。海が近いので、地震の時、場所によっては、津波の心配。原子力施設が近いので、何かあったときは、全面避難となってしまう。

 

都道府県ページへ

Top