栃木県への移住【メリットやデメリット】

栃木県の基本情報

栃木県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.tochigi.lg.jp/
人口(人) 1974671
面積(平方km) 6408.09
人口密度 308.15

栃木県で人気の市区町村

栃木県足利市への移住

移住マップ

足利市(あしかがし)は、栃木県南西部にある市。
古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼んだ有名な足利学校がある。
また、足利学校は2015年4月に日本遺産に認定された。

栃木県宇都宮市への移住

移住マップ

宇都宮市(うつのみやし)は、関東地方の北部、栃木県の中部に位置する市で、同県の県庁所在地である。
1996年4月1日より、中核市に指定されている。

宇都宮市は、栃木県の県庁所在地で、県の中南部、関東平野の中北部に位置する。
中心市街地は日光連山から連なる山地が収束し平野部となる境界域、二荒山神社と宇都宮城址公園付近を中心に形成されている。
市域には鬼怒川、田川、釜川、新川、姿川などの河川が流れ、河岸はその河岸段丘と沖積平野となっている。

栃木県小山市への移住

移住マップ

小山市(おやまし)は、栃木県南部にある市。
旧下都賀郡(境界変更を除く)。
市域は首都圏に含まれ、人口は約16万7千人。
2005年12月に宇都宮市に次いで栃木県第2位の人口をもつ都市となった。
また、城南地区、美しが丘地区などの開発中のニュータウン地域もあり、周辺の市町と比較して労働人口が多く、人口増加がこれからも見込まれる都市である。

栃木県鹿沼市への移住

移住マップ

鹿沼市(かぬまし)は、関東の北部・栃木県の中部に位置する市である。

サツキや鹿沼土の産地として有名。
2006年1月1日に隣接する上都賀郡粟野町を編入し、人口約10万人の県6位の人口となった。

5月になると、鹿沼さつき祭りが開催される。
期間中、市内中心部の黒川河川敷では花火大会が開催される。

栃木県栃木市への移住

移住マップ

栃木市(とちぎし)は、栃木県の南部にある人口約16万人の市。
栃木県内人口は宇都宮市、小山市に次ぐ第3位。
市街地には蔵造りの家屋が並ぶ街並みが保存されていることから小江戸、小京都、関東の倉敷などと呼ばれ、観光地としての人気も高い。
また、市南部にはラムサール条約登録湿地に指定されている渡良瀬遊水地を保有している。

栃木県の市区町村一覧

栃木県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、栃木県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、栃木県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。栃木県へ移住するならいつ?

栃木県の移住支援情報

市区町村 支援内容
下野市 東京圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)から市内に住宅を取得し、居住される方を対象として、(1)住宅の新築及び購入費の一部を市が補助。補助額は、新築及び購入住宅に対し40万円。更に子ども(中学生以下の児童)がいる場合は、子ども一人につき10万円を加算。(2)希望する方の住宅敷地内に市が家庭菜園を整備。整備(補助)額は、1件あたり20万円(別途消費税)を上限とする。
那須烏山市 (1)子育て世帯応援・IJU促進住宅取得奨励金で、転入者に対し15万円を交付(IJU者加算)。(2)フラット35の当初5年間の借入金利を年0.25%引下げ。(2)空き家等情報バンク制度を実施。
さくら市 (1)【おためし移住事業】市が家具及び家電付きの住宅を用意し、一定期間(約1か月~3か月)住んでもらい、市内での暮らしを体験してもらうことで、移住のきっかけとすることを目的とした事業。電気・ガス・水道及びシーツ清掃代は自己負担。(2)【空き家バンク事業】移住希望者への移住促進策として、市内の空き家所有者と、空き家利用希望者の窓口となり、空き家を有効活用する。
那須塩原市 那須塩原市新幹線定期券購入補助金。三世代同居等家族定住支援補助金。空き家バンク制度。移住促進センターの開設。
矢板市 矢板市就農・定住者促進事業として、農業を学びながらお試しの家に滞在していただく。家賃月4万円(別途水道、電気、ガス代がかかる)、期間は1ヶ月から最長3年間。矢板市「暮らし」のびのび定住促進補助事業として、市内に住宅を取得(引き渡しを受け)し定住する方への住宅購入補助あり。空き家バンク事業として、市HPで空き家情報を提供し、空き家の抑制と定住の促進を図る制度あり。
大田原市 (1)【空き家等情報バンク制度】関連補助金として(1)制度を利用して空き家を購入した場合に、住居のために必要な設備、内装、外壁等の改修に対し、改修費の1/2、上限額60万円を補助。(2)制度を利用して空き家を賃借した、12歳以下の子がいる子育て世帯に対し、空き家の家賃が3万円以上の場合に最大36ヶ月間にわたり、月額1万円を補助。(2)移住・定住サポートセンターの設置。
真岡市 【空き家バンク及びリフォーム補助制度】売却・賃貸希望の空き家情報を市ホームページに掲載し、移住・定住希望者に情報提供。また、バンク登録空き家のリフォーム費用の1/2以内(50万円限度)を補助。【若者・子育て世代定住促進住宅取得支援制度】2015年1月1日以降に市内に新築住宅を取得して定住する、中学生以下の子がいる世帯に対し固定資産税相当額の一部を最長3年間補助するもの。
小山市 【企業立地雇用促進奨励金】市内の工業用地において工場等を新設または増設を行った企業が小山市民を新規雇用、もしくは市外の工場から当該工場に転属し小山市に住民登録した場合、1人につき10万円の奨励金を交付。【転入勤労者等住宅取得支援補助金】小山市へ定住する意思を持って転入し、市内へ住宅(新築・中古)を購入した方に対して、30万円~最大110万円の補助金を交付。【移住体験施設】「おやま暮らしお試しの家」を実施。
日光市 【転入者住宅取得補助制度】市内に住宅を新築または購入し、2020年3月31日までに転入した45歳以下の方に基本額30万円を補助。【空き家情報登録制度】所有者からの申請により空き家情報を登録し、利用希望者に紹介。【中心市街地若年夫婦・子育て世帯家賃補助】転入または転居した、若年夫婦と子育て世帯へ上限月額2万円の家賃補助。【日光暮らし体験ツアー】【Life Trip日光体験事業】【移住体験の家】
鹿沼市 (1)【ワンストップ相談窓口】移住に関する相談の総合窓口として各種制度の紹介など様々な支援を行う。(2)【空き家バンク】市内の空き家バンク登録物件のご紹介。(3)【おためしの家】1か月単位でお試し居住。(4)【鹿沼産木材による住宅新築助成制度】市内産の木材を一定量以上使って住宅を新築すると商品券で最大40万円を助成。
佐野市 【若者移住・定住促進事業】2017年4月1日以降に転入し、住宅等取得又は3世代同居をした若者世帯等に奨励金10万円交付。状況に応じて加算あり。【空き家活用推進事業】ホームページで空き家バンクの情報提供。空き家バンクを活用して購入した空き家の改修にかかる費用の1/2(最大50万円)を補助。
栃木市 【まちなか定住促進住宅新築等補助金】【あったか住まいるバンク】【お試しの家】【多世代家族住宅新築等補助金】【フラット35・子育て支援型、地域活性化型】【通勤者特急券購入費補助金】【通学者定期券等購入費補助金】【移住定住促進ツアー】項目多数により、詳細については住宅課まで。
足利市 移住体験ツアー、空家バンク
宇都宮市 【マイホーム借上げ制度】シニア世代(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたってJTI(移住・住みかえ支援機構)が借上げ、子育て世帯や移住者などに転貸するもの。
市区町村 支援内容

【体験談】栃木県へ移住する長所・短所

栃木県へ移住するメリット

栃木県へ移住するデメリット

-栃木市のメリット-

待機時児童が少なく小学校から高校まで複数の学校が市内にあります。JRや私鉄が走っていて東京にも通勤圏内です。市の施策にも都心への通勤を促すものが多く、以前は特急券をいただける補助もありました。少し車を走らせれば、大型のショッピングモールもあり買い物にも不便はありません。

-栃木市のデメリット-

市内循環バスはあるものの1日数回しか走っていないため交通の便は悪く車は必須です。市内に大学がないため、高校卒業後のお子さんの進路は自ずと市外になってしまいます。駅は町中心部から離れているため、駅の周辺には生活必需品の店がなく、電車を待ったり、帰宅時ついでにお買い物を済ませるといったことができず、不便です。

-佐野市のメリット-

自然が豊かなところや、都会に比べて物価が安いところです。土地でも建物でも賃貸でも、広い割に値段は安いです。また、地理的に東京へ日帰りでもなんとか行けるくらいの距離なので、そこそこ便利です。どちらかというと、のどかでのんびりしていて、住んでいる人も優しい人が多い印象があります。

-佐野市のデメリット-

都会に比べれば、結構田舎なので不便なことも多いです。例えば、あまり高級なものを扱っている店は少なく、そういう店ができたとしても潰れてしまうことがあります。また、田舎特有の閉鎖的なコミュニティというのもあります。何年か前にママ友いじめが問題になった地域もあるので、なじめるかどうかは人によるかもしれません。

-那須塩原市のメリット-

栃木県北部にありますが、新幹線停車駅があるので都内まで1時間程度で行くことができます。

山林部は非常に風光明媚で温泉や観光施設、飲食店も数多くあるので、毎週旅行気分でレジャーを楽しんでいます。

多くの観光客が訪れ、移住者が多い土地柄のせいか、地元の方々は移住者に慣れており、おおらかで人柄も良い方が多く、非常に住みやすい町だと思っています。

-那須塩原市のデメリット-

栃木県県北は内陸性の気候で雪はあまり降りませんが、冬の寒さがとても厳しく1~3月上旬は最高気温が0℃以下の日が続くこともあり、春先は台風並みの強風が続きます。

一言に那須塩原市と言っても東京23区と同程度の面積がありますので、車の運転は生活に必須で山間の地域に住むとやはりそれなりに買い物や通院には時間がかかります。

また現在はどこの地方でも同様かもしれませんが、病院が少なく受診はとても待たされる事が多いです。

近年の人的被害は出ていませんが野生動物も多い為、山間では注意が必要です。

-日光市のメリット-

観光地がすぐそばにあり、気軽に日光東照宮、中禅寺湖、鬼怒川温泉など全国的に有名な場所を楽しめる。また、自然が豊富にありアクティビティも豊富にあるため、アウトドア好きなどはフィールドがたくさんあるので大変良い場所です。宇都宮など都市も1時間県内にあるので、買い物などにも困らないです。

-日光市のデメリット-

観光地ということもあり、不特定多数の人が出入りする場所なので治安や騒音など生活環境には少し不安な部分があるかもしれないです。また、観光地のハイシーズンでは、観光客による交通渋滞などが発生するため買い物などの日常生活に支障がでる場合があります。田舎なので車社会であり、車がないと不便な場所もデメリットの一つです。

-日光市のメリット-

東京から2時間にある都市であり、都会に行くのにもさほど不便は感じないし、県庁所在地である宇都宮まで車で約1時間と買い物する分には不便を感じない所です。また、観光地でもあるため世界遺産や自然、温泉などが近くにあるためすぐにそういったところに行けるという部分ではメリットになると思います。

-日光市のデメリット-

観光地であるために、交通渋滞などがおこったり、不特定多数の方がいらっしゃったりする可能性があることと、医療機関などがそこまで充実していないので、万が一の時には対応するのが難しいところもある。また、基本的に移動手段が車となるため、免許がない人だと不便な場所ととなっている。

-那須塩原市のメリット-

自然豊かで、空気や水も比較的綺麗だと思います。
避暑地があったり、冬は山が近いのでスキーやスノボなどもしやすいです。
市の中心部は結構栄えているところもあるので、スーパーや飲食店、その他のお店もいろいろとあるので、買い物や外食なども困ることはないと思います。
都市部と比べると家賃など物価も安いです。

-那須塩原市のデメリット-

田舎なので移動手段が基本車移動になってします。
バスなどの公共の交通手段もありますが、本数も多くあるわけでもないし、バス停まで結構な距離を歩く所もあります。やはり車がないと外出するのに不便です。
車の運転が荒い人が多かったり、高齢の運転手も多いので
気を付けて運転しないと危険です。

-足利市のメリット-

高速道路のインターや電車の路線も2つ通っており車、電車共に1時間ほどで都心へのアクセスもできるところ。また街の中心には渡瀬川が流れており周囲にも山なども多く自然に囲まれており田舎すぎず、適度に自然と触れ合うことができるところです。また、足利フラワーパークなどの観光名所もあります。

-足利市のデメリット-

休日に出かける際などは、コンビニやスーパーなどはあるが大手ショッピングセンターやアウトレットモールなどがなく、他県などに移動して買い物やレジャーを楽しまなくてはならないこと。車社会なので、バスや電車の駅などの数が少なく、車をもっていないと買い物や通勤などの普段の生活が不便になってしまう。

-小山市のメリット-

小山市は栃木県のなかでは割と栄えている街です。駅は東京まで一本で行けます。新幹線も通っています。駅周辺にも飲食店もそこそこあり小山ハーヴェストウォークというショッピングモールもあります。駅からシャトルバスも出ていますので電車で移動の方でも安心です。かといって都会過ぎず田舎の良さもあるハイブリットな街です。

-小山市のデメリット-

周辺の町と比べると家賃が高いかもしれません。そして駅周辺に飲食店があるとはいえ車がないと生活するには不便な地域です。小山駅は路線も複数ありますが水戸線と両毛線の本数の少なさはすごいです。お昼時だと1時間に1本くらいしかありません。水戸線、両毛線の乗り換えだと大変です。

-小山市のメリット-

東京までは電車で約一時間の距離にあり、快速電車や新幹線も通っているので交通の便としては悪くない、大きめの図書館や郊外にはショッピングモールもあるので不便さを感じることは少ない。よくも悪くもコンパクトな地方都市 最近では新しく市民病院もできたため、医療機関もそれなりに整っている

-小山市のデメリット-

地方都市なので車がないと生活に大きな支障をきたす点、バスの路線から外れたところに用がある場合車がない人だとそうとう苦労することになる。私は車の運転ができないのでいつまでもこの街にすむことに抵抗を感じている。そのうち私は都心の方に出ていくと思う。それまではこの街で生活しようと思っている。

-小山市のメリット-

東京から新幹線で40分。また、在来線であれば新宿・渋谷方面へ1時間30分と高アクセス。また、比較的夜は静かで治安も良好。駅ビルやハーベストウォークといったショッピングモールも充実しており、買い物に不便を感じることは有りません。また、物価もそれほど高くないので、金銭面においても生活しやすいです。

-小山市のデメリット-

小山市郊外であれば、周りは田園のため、夏を中心に害虫に困ることが有ります。また、東京方面以外の電車は日中1時間に1本しかないので、車がないと生活に不便を感じます。また、バスも同様に発達していないので普段の生活に車が必要不可欠です。また、近年では台風や大雨による洪水の被害を受けることがありました。

都道府県ページへ

Top