岐阜県への移住【メリットやデメリット】

岐阜県の基本情報

岐阜県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.gifu.lg.jp/
人口(人) 2032533
面積(平方km) 10621.3
人口密度 191.36

岐阜県で人気の市区町村

岐阜県大垣市への移住

岐阜県大垣市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大垣市]

大垣市(おおがきし)は、岐阜県の西濃地方に位置する市の一つ。
県庁所在地の岐阜市に次いで、県内第2位の人口を擁しているほか、西濃地域、特に揖斐郡と海津市とを除いた地域では中心的存在となっている。

また地下水が豊富で、自噴している場所も多い。
多くの河川とあいまって、大垣には「水の都」の異名もある。
豊富な地下水は大垣市の上水道の水源であり、地下水を生かした菓子などの食品づくりも盛んに行われている。
かつて繊維産業が多かったのも豊富な地下水を生かしてのものであった。

岐阜県海津市への移住

岐阜県海津市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/海津市]

海津市(かいづし)は岐阜県の南西に位置する市である。
旧南濃町区域に山地があるが、旧海津町、平田町域はほぼ全域が海抜ゼロメートル地帯であり、輪中地帯として有名。

市内では輪中がよく見られる。
西側の三重県境には南北に養老山脈が連なり、濃尾平野3大河川の揖斐川、長良川、木曽川が合流する地形となっている。

岐阜県岐阜市への移住

岐阜県岐阜市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/岐阜市]

岐阜市(ぎふし)は、岐阜県の中南部に位置する中核市で、同県の県庁所在地である。
旧稲葉郡・山県郡・本巣郡・羽島郡。

戦国時代には金華山の麓の旧岐阜町が斎藤道三や織田信長の城下町として栄え、江戸時代には幕府の直轄地のちに尾張藩領となり岐阜奉行所が置かれ、岐阜四十四町からなる商工業の中心地として栄え、南部の旧加納町が中山道加納宿の宿場町、加納藩の城下町として栄えた。

岐阜県高山市への移住

岐阜県高山市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/高山市]

高山市(たかやまし)は、岐阜県飛騨地方に位置する市である。
市町村面積は全国で最も広い。
国際会議観光都市に指定されている。

飛騨山脈の北側に位置する飛騨地方は、雪が多い日本海側の気候である。
飛騨は交通の便から隣接する富山県(越中)と経済的文化的な結びつきが強く、両者をまとめて飛越地方ともよばれる。

岐阜県多治見市への移住

岐阜県多治見市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/多治見市]

多治見市(たじみし)は、岐阜県南部に位置する市。

美濃焼の産地として知られており、市内には由緒ある窯元や陶磁器に関する美術館、資料館、ギャラリーなどが点在している。

日本国内の最高気温(当時)となる40.9℃を日本で最初に観測している(埼玉県熊谷市も同日14時42分に最高気温40.9℃を記録している)。
また2006年には37℃以上を記録した日数が日本で最多ということもあり、「日本一暑い町」として観光誘致活動を行っている。

岐阜県の市区町村一覧

岐阜県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、岐阜県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、岐阜県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。岐阜県へ移住するならいつ?

岐阜県の移住支援情報

市区町村 支援内容
海津市 【三世代同居・近居世帯定住支援事業】新たに三世代同居または近居をする世帯で、親世帯もしくは子世帯いずれかの一世帯が、所有する住宅の改築やリフォーム工事を実施、もしくは新築、増築・中古住宅を取得する方に対して、最大18万円を補助。
下呂市 【下呂市U・I・Jターン促進家賃助成事業補助金】家賃の額の1/2(上限月2万円)、交付期間24ヶ月(2年間)【下呂市移住促進住宅購入費等助成事業補助金】住宅新築等補助金、中古住宅購入費補助金、中古住宅改修費補助金。
郡上市 「郡上・ふるさと定住機構」による移住希望者の総合相談。移住者及び移住者に空き家を提供する家主に対し改修費の一部を補助。新たに三世代同居を始める場合に、住宅の取得・増改築費の一部を補助。郡上市産木材使用等の条件を満たす住宅の新築・購入費の一部を補助。40歳以下の転入者で市外への通勤費の一部を補助。空き家の家財道具等の処分・運搬費用の一部を補助。市内に移住し市内企業に就職した方の家賃の一部を補助。
本巣市 市北部地域に定住された方に移住定住補助金(住宅購入価格の1/10で、上限100万円、中古住宅は上限50万円。また賃貸価格の1/2で上限1.5万円/月まで。子ども加算あり)。市南部地域に定住された方に移住定住促進補助金(住宅購入価格の1/10で、上限70万円、中古住宅は上限35万円。子ども加算あり)を交付。空き家の家財道具撤去や改修に係る費用の一部も助成。他要件あり。
飛騨市 米10俵プロジェクト(転入日から3年以内に本拠住宅を新築・購入した転入者に1年1俵60kgを10年支援)。住宅新築・購入支援助成金(市内で住宅を新築・購入に補助あり。移住者中古住宅購入の場合、改修費1/3以内、上限100万円を補助)。賃貸住宅家賃補助金(転入者または新婚世帯の市内賃貸住宅家賃1/2[上限有]を36ヶ月支給)。飛騨市住むとこネット(空き家情報サイト)。移住コンシェルジュによる支援。
山県市 【田舎暮らし空家活用支援事業】市内の北部地域で空家取得、改修及び賃貸契約を締結し移住された者に対し最大150万円の補助金を交付。【ふるさと暮らし奨励金交付事業】市内で新たな多世代(3世代以上)で同居又は近居をするために、住宅の新築、増築ならびに空家取得、改修をされた者に対し最大150万円の奨励金を「山県市まちづくり振興券」で贈呈。【空家情報登録制度】空家バンク登録・空家バンク利用希望者登録。
可児市 可児市空き家・空き地バンク、住宅新築リフォーム助成事業。
各務原市 イオンモール各務原内に、「住まい」「仕事」などの情報を包括的に紹介するワンストップ・クイック窓口「KAKAMIGAHARA OPEN CLASS」を開設している。また、市内外へまちの魅力を情報発信するウェブサイト「OUR FAVORITE KAKAMIGAHARA」を運営している。
土岐市 【土岐市定住促進奨励金】市外から転入し、家を購入した方に奨励金30万円を交付。子一人につき5万円の加算。制度は2019年3月31日まで。【土岐市空き家バンク制度】空き家所有者と空き家利用希望者のマッチング支援。【土岐市空き家リフォーム補助金】上記空き家バンク制度を利用し、住まわれた方の空き家改修・補修にかかる費用の1/2、10万円まで補助。
美濃加茂市 空き家バンク制度を実施。
恵那市 空家バンク、定住促進奨励金(1世帯25万円)、空き家改修補助金、恵那くらしビジネスサポートセンターでの移住・定住相談。
瑞浪市 (1)【移住定住促進奨励金】市内で新築住宅や中古住宅を取得した方を対象に、最大50万円の奨励金を交付。事業の実施期間は、2020年申請まで。(2)【三世代同居・近居世帯定住奨励金】住宅の改修や取得を行い、新たに三世代同居・近居した方を対象に最大25万円の奨励金を交付。2021年申請まで。(3)【空き家・空き地バンク】市内空き家、空き地物件情報を掲載し紹介。
美濃市 (1)NPO法人美濃のすまいづくりと委託契約し、空き家の紹介、移住相談を随時実施。(2)【美濃市らしい住まいづくり改修工事費補助金】木造で、伝統的建築物と調和のとれた外観の住宅に子育て世帯が10年以上居住する場合の建物改修について補助。上限200万円。
中津川市 【ふるさとお帰り支援事業】転入される50歳以下の方で市内で家を建築・購入・または実家などをリフォームされる方に取得費用の補助。【UIターン者用住宅】市内のUIターン者住宅のある地域に定住を希望する、40歳以下のご夫婦または婚約者がいる方向けの住宅。【中津川で暮らそう家賃補助事業】中津川市で働き、暮らすために転入される40歳以下の方に対し、民間賃貸住宅の家賃の一部を補助。
関市 (1)【関ラ・ラ・ライフ応援金】市外からの転入者が新築、建売住宅を購入する際、30万円、中古住宅で20万円を補助。また、住宅金融支援機構の住宅ローン(フラット35)を利用する際当初5年間、年0.25%引き下げ(2)【3世代同居世帯奨励金】親または子の転入により3世代同居となった場合、5万円を奨励。前項対象者が住宅のリフォームを6ヶ月以内に行った場合、改修費の1/2を加算。(3)
多治見市 (1)【移住定住推進室】ワンストップ窓口の設置。(2)【移住定住促進奨励金】市企業立地奨励措置の指定企業に勤める市外在住の従業員が市内に転入・住居を有し、1年間そこに居住し続けた場合、従業員個人に30万円を交付。要件あり。
高山市 (1)空き家紹介。(2)住宅の取得・改修に最高100万円を助成。(3)家賃最高1.5万円を3年間助成。(4)高山市へUターン就職をした若者に対して、Uターン就職支援金10万円を支給。(5)UIJターン就職をした若者に対して、奨学金の返済額の一部を補助(年額最高24万円、5年間)。
大垣市 【子育て世代近居支援事業】市内に親世帯が住んでいる子育て世帯が市外から転入する場合に、引越し費用の3/5を補助、上限6万円。【三世代同居促進事業】市内に65歳以上の高齢者のみで住んでいる世帯に、二世代以上の子と孫が市外から転入し、三世代で同居する場合に、引越し費用の4/5を補助、上限8万円。【子育て世代等住宅取得支援事業】。【子育て世代等中古住宅取得リフォーム支援事業】。
市区町村 支援内容

【体験談】岐阜県へ移住する長所・短所

岐阜県へ移住するメリット

岐阜県へ移住するデメリット

-養老町のメリット-

町民憲章にもあるように、美しい自然に囲まれた歴史の町です。山が近く、田畑もたくさんあります。しかし、町役場付近には、スーパーやホームセンター、コンビニやガソリンスタンド、生活するための必需品が近距離で揃います。人口は3万人弱の小さな町ですが、私はこの町が大好きです。

-養老町のデメリット-

福祉の面で、サービスが充実していません。県で開始された事業であっても市町村に委ねることが多く、養老町の場合はなかなかその事業計画が進みません。町に提案しても、「前例がない」といた理由で認めてもらえません。このやり方では、前例なんていつできるか分からないなぁといつも思ってしまいます。

-池田町のメリット-

まず、小学校が5つくらいある。中学校は1つしかないのに。なので選り取り見取りとも言える状態であり、通いたい小学校を選んでからその学区に住むということができる。
次に、町の規模に対してコンビニが多い。ファミリーマート・ローソン・セブンイレブン・ミニストップの4種類が全部ある。自分の好きなところを使い分けられるのは、便利だと思う。

-池田町のデメリット-

娯楽施設がないのはともかく、本屋すらない。読書好きにとって不便過ぎる。
代わりに食品スーパーと歯医者は沢山あるが、どちらもそんなにあってどうするのかという感じ。せいぜい3つくらいあれば十分だと思うのだが。
ともあれ、子供にとって楽しい地域でないことだけは、確かだろう。

-大垣市のメリット-

養老山脈や伊吹山など自然環境環境が良く空気が綺麗です。水資源も豊富で地下水が街中でも湧いています。喫茶店の方々が名古屋方面から汲みに来るくらいです。水道水はカルキの匂いが全く気にならないので、飲み水や料理に使っても癖がなくミネラルウォーターをわざわざ購入したり、ウォーターサーバーを設置したりすることもありません。

-大垣市のデメリット-

冬場伊吹山から吹いて来る風はとても強く冷たいので、外で洗濯物干す時は手がかじかみ干している際から洗濯物が凍ったりします。台風や梅雨の時期は一級河川に囲まれている地域のため堤防の決壊や越水がとても心配されます。過去には水害被害の経験もあることから、大量に雨が降ってくると不安で仕方ありません。

-高山市のメリット-

街がコンパクトなので近いところに病院、スーパー、飲食店、家電量販店などがあり移動が楽
さらに、自然が豊かで空気や水が綺麗なのでお米や野菜、日本酒が美味しく安く買うことができる
また、観光の街でもあり古い街並みは雑誌などによく取り上げられるほど有名で外国人観光客も多いが治安が良い

-高山市のデメリット-

基本街から離れると田んぼと畑ばかりの田舎なので車が必須
雪国なので冬は寒く耳が痛い、長靴がないと歩きにくい
また、観光地の割に歩道が狭いので危険で特に連休シーズンになると
県内外から車で来る客が多くなり市街地が渋滞する時が本当に危なく感じる
あと、電車やバスの本数が少なく行きたい場所によっては一時間に1本しかないこともよくある

-海津市のメリット-

桑名から揖斐まで養老鉄道が走っており、各駅からバスも出ているためいろんなところへの行動が可能です。病院もたくさんあるためため自分で診てもらう病院を選ぶことができます。大きなスーパーもとなりの養老にたくさんあるため車があれば安いところを選んで買い物をすることができます。

-海津市のデメリット-

治安が悪くてたびたび事故や事件でニュースに海津市の名前が出ます。そのたびにまた海津市かと嘆いています。明日はわが身かと思うと怖いです。外国人の方々が集団でたむろしていることが多く警察に言っても言葉が通じないのかあまり効果がありません。あまり気にしないようにするしか方法がありません。

-大垣市のメリット-

人口が東京のように多くなく、電車を使用するときあまり混んでいることがない。また、街中を歩いているときやモールなどが混んでいることが少ないので、落ち着いて移動したりショッピングをしたりすることができる。街中に人が多すぎて、息が苦しくてなることやみんなが急いでいる感じがしない。

-大垣市のデメリット-

大きいショッピングモールが多くなくいので、家族で出かける場所や友達と遊ぶ場所がかなり限られている。空いている店の時間が限られているので、夜遅くまで遊ぶことができない。大垣市内でも、もっと田舎に住んでいる場合はコンビニなどども徒歩5〜10分以内に行くこともできないので、不便なとこがある。UberEatsなどのデリバリーサービスの提供がない。

-高山市のメリット-

小さな街ですが、市町村面積は全国で1番広く、広大な自然に囲まれています。国際会議観光都市に指定されており、中心市街地には江戸時代以来の城下町、商家町の風景が保全されています。飛騨の小京都と呼ばれ、日本の原風景が残る古い街中は、趣きのある観光地として、日々たくさんの観光客で賑わっています。とても過ごしやすく、ゆったりと生活できる街です。

-高山市のデメリット-

デメリットとしては、冬の雪の多さです。雪の高山もまた、趣きのある風景を見せてくれるのですが、市街地は特に、道路の幅も狭く、除雪がままならないため、歩行者、車共、交通に困難なことがあります。ここ数年は、降雪量が少なく、生活はしやすいと思いますが、その分スキーなど自然豊かな土地ならではのスポーツも思うように出来ず、ただただ寒さだけは厳しいのが現状です。

-岐阜市のメリット-

田舎すぎず都会過ぎないところ。県庁所在地なので、岐阜県の中では栄えているため生活しやすい。地理的に、関東にも関西にも行きやすく、名古屋までは電車で片道20分程度で行くことができるので便利。また、金華山も長良川も近くにあるため、自然が好きな人でも住みやすい街だと思う。

-岐阜市のデメリット-

JRも名鉄も通っているため、電車では県外に出やすいが、県内や市内に出かけたいと思った際に車がないととても不便。都会のように地下鉄が通っていれば便利だが、岐阜の場合、公共交通機関を使うとなるとバスしかない。行く方面にもよるが、基本的に岐阜バスは本数が少ないため、移動手段に使うには不便。

-関市のメリット-

生まれたところで暮らしているため、メリットはわかりません。ただ、田んぼや畑が多いので、自然が豊かで、のんびりしています。また、野菜や果物など、新鮮なものが手に入りやすいということは言えます。学校までも遠い人が多いので、子どもたちの徒歩通学で、体が鍛えられます。丈夫になります。

-関市のデメリット-

社会的弱者が住みにくい町だと思います。私自身が、違う自治体に住む夫と別居中で、婚姻費用を支払ってもらえなくて困って市に相談しましたが、いろいろな課をたらい回しにされた挙句、「あなたのケースは対象にはなりませんの一言だ終わりました。外国人就業者も多いのですが、フォローがなく、日本語もままならず学校に通う外国人の子どもたちをみていると、気の毒に思います。

-各務原市のメリット-

名古屋のベッドタウンなので、田舎のわりに商業施設が多い。
名古屋まで車で1時間程度、電車で30分程度で行ける。
航空自衛隊があるため、田舎なのに大手航空機メーカーがある。
その為、航空機産業が盛んで市の財政はそこそこ潤っている。
更に、トヨタ系の企業もあり就職先には困らない。(但し、能力による)
そこそこ有名なゲームメーカーがある。(日本一ソフトウェア)

-各務原市のデメリット-

航空自衛隊があるため、常に飛行機が上空を飛んでいる。基地に近くなると住宅の2階の窓から機体がガッツリ見える。飛行機が常に飛んでいるので、防音工事をしていてもテレビの音が聞こえない。
田舎なのに大手企業や自衛隊があるおかげで、幹線道路だけでなく抜け道も常に渋滞している。

都道府県ページへ

Top