岡山県への移住【メリットやデメリット】

岡山県の基本情報

岡山県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.okayama.jp/
人口(人) 1922181
面積(平方km) 7114.5
人口密度 270.18

岡山県で人気の市区町村

岡山県赤磐市への移住

岡山県赤磐市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/赤磐市]

赤磐市(あかいわし)は、岡山県中南部に位置する市。

南部には住宅団地があり、岡山市のベッドタウンとなっている。

県内三大河川の一つ、吉井川が市の北東部を流れる。
岡山平野の北東部に位置するが、市域の大半は丘陵と山林である。

岡山県岡山市への移住

岡山県岡山市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/岡山市]

岡山市(おかやまし)は、中国地方の南東部、岡山県の南東部に位置する政令指定都市で、同県の県庁所在地である。

全国的には桃太郎の伝説と吉備団子や西大寺会陽(裸祭り)、温暖な瀬戸内の気候により育まれたマスカット・オブ・アレキサンドリアや白桃など高級フルーツの産地として有名な都市である。

岡山県倉敷市への移住

岡山県倉敷市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/倉敷市]

倉敷市(くらしきし)は、日本の本州・瀬戸内海沿岸、中国地方の南東部及び岡山県の南部に位置する市である。
中核市に指定され、中国地方で三番目の総人口を擁する。

倉敷市は昭和42年の旧倉敷市・玉島市・児島市の3市により新設合併で発足した。
倉敷川沿いの白壁の町並みが「美観地区」として有名な観光地である一方、製造品出荷額は約4兆円に上り、大阪市に次ぐ西日本を代表する工業都市でもある。

岡山県玉野市への移住

岡山県玉野市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/玉野市]

玉野市(たまのし)は、岡山県の南端、瀬戸内海沿岸に位置している市。
全国でもめずらしい、葬祭費無料の自治体。

港湾都市であり、宇野港より四国方面へのフェリーが出ている。
また、宇高連絡船(日本国有鉄道→四国旅客鉄道)が高松市とを結び四国への玄関口として栄えた。

岡山県津山市への移住

岡山県津山市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/津山市]

津山市(つやまし)は、中国地方の東部、岡山県北部の市。

シンボルキャラクター・活波鶴丸・さくら姫、環境ヒーロー・津山太助となかまたち等のご当地キャラがいる。

ご当地グルメとして、津山ホルモンうどん、津山バーガー、津山ロール、津山餃子などがある。

岡山県の市区町村一覧

岡山県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、岡山県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、岡山県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。岡山県へ移住するならいつ?

岡山県の移住支援情報

市区町村 支援内容
浅口市 空き家、土地情報バンク。市内の「中古住宅」「住宅等が建築できる土地」の情報を提供。
美作市 (1)みまさか暮らし新築住宅補助金(2)みまさか古民家取得補助金(3)みまさか古民家取得再生補助金(4)ふるさと我が家リフォーム補助金(5)ふるさと賃貸リフォーム補助金(6)ふるさと跡継ぎ支援補助金。
真庭市 【空き家活用定住促進補助金(改修)】市内建築業者により空き家の改築や改修を行った場合。補助率1/3。上限100万円。【空き家活用定住促進補助金(取得)】市外より移住された(される)方への支援として中古住宅等を購入した場合。補助率1/3。上限100万円。【空き家家財道具等撤去補助金】空き家情報バンク登録者が家財等の処分を行った場合。補助率10/10。上限12万円。【空き家情報バンク】空き家利用希望者への情報を提供。
赤磐市 市の分譲地を取得した方に対して、定住促進奨励金(20万円)を支給。義務教育以下の子どもがいる場合は、1人当たり20万円を加算交付。さらに、スマート住宅を建築する場合は20万円を加算。赤磐市空き家情報バンクに登録している空き家を県外から移住された人が改修する場合、対象工事費の1/2(上限100万円)を補助。移住体験ツアーの実施。
瀬戸内市 (1)【瀬戸内市定住促進補助金】市の分譲地を購入し、住宅を建て、定住した者に分譲価格の30%を交付する補助金制度。(2)【お試し住宅】瀬戸内市に移住(転勤・婚姻による転入を除く)を希望している岡山県外に在住の方に、1ヶ月以上3ヶ月以内で低賃料で住宅を提供。
備前市 (1)【移住体験住宅】伊部・日生・吉永地区に整備し、利用料は1日1,000円、利用期間は1泊2日から27泊28日まで。諸条件あり。(2)空き家情報バンク制度を実施。諸条件あり。(3)東備西播定住自立圏域(2市1町)において移住定住相談員を設置。
新見市 空き家バンクによる物件紹介。お試し暮らし支援事業(1泊2,000円で最大30泊まで田舎暮らし体験ができる)。空き家活用推進事業補助金あり(空き家の購入は補助率1/3、上限200万円。空き家の改修は補助率1/2、上限300万円。空き家家屋内の家財道具整理は補助率2/3、上限20万円)。
高梁市 たかはし移住コンシェルジュ、空き家情報バンク制度、空き家情報バンク活用促進助成金(空き家再生助成事業・家賃助成事業)、若者定住促進住宅助成金(住宅取得助成事業・住宅リフォーム助成事業・新婚世帯家賃助成事業)、人材確保U・Iターン支援事業
総社市 【定住促進助成金】助成には対象地区であることが前提。(1)新築又は購入助成金として、新築又は購入により市が課税する土地・建物の固定資産税に相当する額を助成。年6万円限度(ただし、義務教育終了前の子どもがいる間は、12万円)5年間助成。(2)生活環境整備助成金として、水道設備及び下水設備(浄化槽を除く)又は生活環境設備(動産を除く)に係る経費を助成。30万円1回限り。(3)定住祝い金として10万円1回限り支給。
井原市 【新築助成金】上限100万円(年齢、子どもの人数等により別途上乗せあり)。【新規就農者支援事業】1ヶ月間の農業体験研修、2年間の農業実務研修。【空き家バンク制度】。【中古住宅取得助成金】上限100万円(年齢、子どもの人数等により別途上乗せあり)。【お試し住宅】13泊14日まで。1日1,000円等。
笠岡市 住宅新築助成金交付事業、固定資産税相当額一部助成金交付事業、住宅リフォーム助成金交付事業、空き家バンク制度、多世代同居等支援事業、新婚世帯家賃助成金交付事業、お試し住宅、結婚応援事業
玉野市 空き家バンク制度を利用して購入、または賃貸した物件の改修費用。移住希望者が「住居又は仕事を探す活動」、「地域情報を収集する活動」を行う場合の滞在費を助成。移住コンシェルジュの設置(移住希望者の相談窓口のワンストップ化)。
津山市 (1)定住相談ホットラインの開設。(2)就職促進家賃助成事業補助金。(3)空き家活用定住促進事業補助金。(4)定住ポータルサイト「LIFE津山」を開設。
倉敷市 (1)倉敷・高梁川流域お試し住宅提供。(2)住まい探しの支援サービス。
南区 移住・定住に関する総合相談窓口機能を充実させ、相談者へのワンストップでの情報提供を実施。また(一社)宅建協会等と協力し家賃などに補助を行い、県外からの移住・定住希望者を対象に、お試し住宅を提供(2018年度は20世帯を募集、2019年2月まで)。東京での移住相談会・セミナー等の実施(年3回)下見ツアーの実施(年3回)移住支援専用ウェブサイト「おかやま生活」での情報発信の強化・継続。
東区 移住・定住に関する総合相談窓口機能を充実させ、相談者へのワンストップでの情報提供を実施。また(一社)宅建協会等と協力し家賃などに補助を行い、県外からの移住・定住希望者を対象に、お試し住宅を提供(2018年度は20世帯を募集、2019年2月まで)。東京での移住相談会・セミナー等の実施(年3回)下見ツアーの実施(年3回)移住支援専用ウェブサイト「おかやま生活」での情報発信の強化・継続。
中区 移住・定住に関する総合相談窓口機能を充実させ、相談者へのワンストップでの情報提供を実施。また(一社)宅建協会等と協力し家賃などに補助を行い、県外からの移住・定住希望者を対象に、お試し住宅を提供(2018年度は20世帯を募集、2019年2月まで)。東京での移住相談会・セミナー等の実施(年3回)下見ツアーの実施(年3回)移住支援専用ウェブサイト「おかやま生活」での情報発信の強化・継続。
北区 移住・定住に関する総合相談窓口機能を充実させ、相談者へのワンストップでの情報提供を実施。また(一社)宅建協会等と協力し家賃などに補助を行い、県外からの移住・定住希望者を対象に、お試し住宅を提供(2018年度は20世帯を募集、2019年2月まで)。東京での移住相談会・セミナー等の実施(年3回)下見ツアーの実施(年3回)移住支援専用ウェブサイト「おかやま生活」での情報発信の強化・継続。
市区町村 支援内容

【体験談】岡山県へ移住する長所・短所

岡山県へ移住するメリット

岡山県へ移住するデメリット

-備前市のメリット-

自然が豊かで人混みも少なく、何をするにでもゆったり過ごせます。
土地も安く買えますし、ローンの補助もあります。マイホームを購入したしたい家族にはもってこいの場所だと思います。
また近くには瀬戸内海もあるので海の幸も美味しいです。朝市にいけば大量の魚が安くで売っています。

-備前市のデメリット-

車移動が基本になります。駅もありますが電車の本数はかなり少なく、1時間に多くて2本です。車を持っていないと生活するのはかなり困難になってきます。
また高齢化が進んでいて若い人が少ない地域なので、大都会のような活気はあまりありません。子供会なども徐々になくなってきていると聞きます。

-浅口市のメリット-

・役所が空いている
・役所の対応が良い
・粗大ゴミを近所のゴミステーションに出せる
・住宅コストが安い
・幹線道路が通っている、高速道路のインターが近い、快速電車がとまるなど田舎だが交通の便は比較的良い
・星が綺麗に見える
・近所付き合いは田舎の割に面倒ではない
・夜景スポットがある

-浅口市のデメリット-

・岡山第二の都市、倉敷に隣接しているとは言え、やはり地方都市のさらに地方なので、都会まで出るのに時間がかかる
・生活するのに不便はないが、キャリアアップなど上を目指すには環境的に不利
・車がないと生活が非常に不便
・娯楽が少ない
・仕事の選択肢が少ない
・教育環境が都市部に比べて劣る

-総社市のメリット-

メリットは
・のどかなところで人が温かいです。
・昔は田んぼが多かったのでそのなごりがあります。
・トカイナカという感じで済みやすいところにある
というところです。
岡山駅までも遠くなくとても通いやすいです。
また、飛行場までも遠くないのでスムーズに行けるのでいいと思います。

-総社市のデメリット-

デメリットは
・電車が少し古いです。
・駅が大きいですが東総社駅は小さく古いです。
駅までは車が必要だと思います。
交通が車社会なので車がないとだめだと思います。
自転車でもいいですがなかなか苦労すると思います。
家賃はそこそこです。
あとは買い物するのに業務スーパーが多い気がします。

-倉敷市のメリット-

都会でもなく、ド田舎でもない中立的な街なので、ゆったりと過ごすことができます。スーパーやコンビニはもちろん、映画館やカラオケ、ショッピングモールもあるので、買い物や遊びにも困りません。自然も少なからず都会よりはあるので、のどかさも兼ね備えている生活のしやすいところです。

-倉敷市のデメリット-

駅が遠いところに住んでいる人は、車での移動や自転車での移動が必須になってきます。人気のお店が出店することも少なく、テレビで行きたいなと思っても電車や旅行で行くくらい遠出をしないといけません。人混みは少ないですが、治安の悪い田舎町もあったりするので注意が必要です。

-赤磐市のメリット-

ダイワハウスが30~40年くらい前に土地開発をして、住宅地が一帯に広がっており、小規模なニュータウンとなっています。ほとんどの方が戸建てに住んでいて、子育て世代、シルバー世帯がバランスよくいます。知り合いの知り合いは、必ず誰かと繋がっていて共通の知人がいるので知り合いがあちらこちらにいる距離で安心出来ます。

-赤磐市のデメリット-

買い物や、イベントなどは誰かに会う確率が高いので、誰にも会いたくないときはいやだなと思いますその人が私の知り合いと知り合いの可能性が高いので、市役所や店の店員に文句などが言いにくいです。家族のプライバシに関する不満も噂がたちやすいので言いにくいです。町内の役員などすぐ順番が回ってきます。

-赤磐市のメリット-

子供の医療費が中学校まで無料なのが一番のメリットです。子供が小さい時は何かと病院に行く機会が多く、医療費がかかります。その医療費が中学校まで無料なのは大きいです。また、ゴルフ場が何か所もあります。それ以外にショートコースもあります。隣の市や町にもゴルフ場が多々あり、ゴルフ好きの私としては最高です。

-赤磐市のデメリット-

何といっても田舎です。日用品を購入するのには不便はありませんが、何かプレゼントを買うとか、となると岡山市まで行かなければいけません。また、映画を見るとか、デートするとか遊びにいくのも、やはり岡山市まで行かなければいけません。住むのにはいいですが、若者が遊ぶとなると不便です。

-真庭市のメリット-

自然が豊かで心穏やかになります。山々に囲まれ、壮大な蒜山の山並みもあります。
小さいながら中心地があり、スーパー、ドラッグストア、ホームセンター、ディスカウントストア、ファッションと揃っています。ファミレスも一軒ですがあります。
岡山市街までは高速道路や高速バスもあるため、結構簡単にアクセスできます。

-真庭市のデメリット-

暮らしがかなり不便です。交通がバスも列車も少ないので、マイカーがないと暮らしが成り立ちません。そのため車のお金がかかります。またスーパーなどお店が夜は早くに閉まります。学校や教育もあまり充実しておらず、特に高校以降は時間をかけて市外に通う人もいます。
街全体が衰えており、お店も学校も減ってきました。これから一層不便になるかもしれません。

-玉野市のメリット-

海があって山があって自然豊かです。子供がのびのび育てれる環境で犬などペットの飼育もしやすいです。小規模な商業施設や官公庁がギュッと纏まった町もありとても便利だと思います。高齢化でのんびりとした時間が流れています。シーバス(コミュニティバス)・シータク(乗合タクシー)などがありお年寄りの病院や買い物の移動に配慮されている。

-玉野市のデメリット-

JRが倉敷の茶屋町からの宇野みなと線がありますが、本数が少ないのが公共交通機関の不便なところです。バスを駆使すれば移動はできますが、基本車を所有していないと動けない事が多いです。映画館も娯楽施設もなく若者が遊べる場所がないので倉敷市や岡山市まで出ないといけません。若者に魅力がない街なのでどんどん過疎化が進み活気はありません。

-吉備中央町のメリット-

地形が頑丈らしく、大きな地震が少ない。山間部で、近くに大きな河川はなく、洪水の心配がなく、自然災害には強い地形ではないかと思う。基本的に自然が多く、都会の喧騒や気になるほどの大きな騒音は感じない。子育てに力を入れている地域のようで、待機児童の問題もなく、公営塾のようなシステムもある。小学校は生徒数が多くないが、勉強をする風土ができている。

-吉備中央町のデメリット-

個人商店のような小さなスーパーがあるが、大きなスーパーや量販店のようなお店は、車を使用しないと行けず、片道30分以上はかかってします、公共交通機関もあまり発達しておらず、バスがメインとなる。そのバスも1日5便程度と少なく、日常的に使用するとなると少し厳しい。冬場は雪も積もることがあり、車の所有者なら冬用タイヤは必須になってくる。

-備前市のメリット-

実家があり、住み慣れた町です。自然も多く、お金をかけなくても暮らしやすいです。我が町は、千年を誇る備前焼と、おいしい幸がいただける海と、田園が広がるみどりの町が誇りです。都会育ちの人もこの自然に魅了され、コメ作りをしながらの自給自足を夢見て移住してくる人が多くいます。住めば都で、私もこの町は大好きです。

-備前市のデメリット-

この町の中心地以外は、田舎です。日中はよいですが、日がくれると寂しく、夜道は大変怖いです。夜遅くまで遊んでいる人は、ほぼいません。電車の本数も少なく、自動車がなければ、買い物をするにも大変不便な場所です。年寄りが一人暮らしをするのは大変住みにくいです。進学等を検討している親御さんも、教育面で住みにくいです。

都道府県ページへ

Top