岡山県への移住【メリットやデメリット】

岡山県の基本情報

岡山県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.okayama.jp/
人口(人) 1922181
面積(平方km) 7114.5
人口密度 270.18

岡山県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】岡山県へ移住する長所・短所

岡山県へ移住するメリット

岡山県へ移住するデメリット

-赤磐市のメリット-

とてものどかで空気もよく建物もひしめき合っていないので広々とした空間が感じられ落ち着きます。赤磐市の中でも比較的便利な地区に住んでいるので車や自転車で買い物にも行け、買い物で困ることはありません。周りは田んぼ、畑が多いので散歩をしていてもとても気持ちよく癒されます。岡山市内までは車で15分くらいで行け、岡山駅まで車かバスで30分くらいで行くことができます。

-赤磐市のデメリット-

古い住宅地のせいか、公園がないのが残念です。子供やペットの散歩に公園は必要です。下水道の設備が近隣までは来ているものの、まだ現在住んでいる地区には来ていないのが不便です。また岡山駅にはバスで行けますが、近くの駅まではバスがないので車以外では近くの駅まで行けないのが不満です。

-岡山市のメリット-

①暮らしやすさ:飲食店・生活用品などの店が多く集まっている場所であり、買い物に便利。病院も充実し安心な環境である。
②住居の充実:コーポなど多い為住まいを探しやすい。
③交通面:バイパスが近くを通っていることから、車での移動が便利である。JRの駅が数キロ内に存在しており、移動に便利である。

-岡山市のデメリット-

①バス停が少なく、バス利用の際はバス停までの距離を要する。
②駅は近いが徒歩では距離があり、自家用車の駐車利用は不便。
③メイン道路などの交通量が多く渋滞に巻き込まれやすい。
④岡山中心部へ移動するには自家用車の方が便利であり、バスやJRの利用頻度が低くなる。(自家用車がないと交通面では不便性を感じる)

-赤磐市のメリット-

赤磐市の桜が丘という大規模な団地では、保育園、幼稚園が6か所以上、小学校も3校、中学校1校があり中学卒業までは不便なく子育てができる。
医療機関も小児科、整形外科、歯医者、内科など揃っていて、買い物も団地の中に24時まで開いているイオン系スーパーがあり大変便利。

-赤磐市のデメリット-

赤磐市にJRの駅が1つしかなく、駅方面のバスが極端に少ない。
岡山市内に出るのもバスだと1時間前後はかかってしまう。
赤磐市中心部にお店が集中しているため、バスを使わずに車を運転して買い物にでかける人が多い。
団地の中が坂道がきつい。
車が必須というような雰囲気で、事故が多い。

-倉敷市のメリット-

倉敷市真備町は竹林や田園が広がるのどかな町であります。
たけのこの生産地であり、生産量は県下一の真備町は、竹細工、竹炭、竹水を使った化粧品など新しい特産品もあります。また、春のたけのこ掘りは、家族で楽しめるおすすめのイベントも豊富です。奈良時代の政治家「吉備真備」が晩年を過ごした事でも有名であり、まきび公園では中国風の建築様式を見ることができます。

-倉敷市のデメリット-

公共交通機関の面では不便でありまして、電車はあるのですが一時間に一本しか本数がない状況です。またタクシーやバスはあるのですが利用者が少ないと思います。なので移動するなら車が大変便利になります。田舎になってしまうほどどこか買い物に行くのが遠いので車が無いと大変不便ではあります。

-津山市のメリット-

自然が多く、空気が綺麗。近くに温泉場がいろいろあるので、日帰りで行ける。病院、学校、図書館、スーパー、百貨店など、とりあえず、生活に必要なものは、一通り揃っているので、他所に行かなくても、市内で何とか賄える。渋滞がない。他所から来た人に親切で、寛容なところがある。

-津山市のデメリット-

交通の便が悪いので、市内からどこかに行くには面倒くさい。また公共交通機関は頻繁に運行していないので、車がないと不便。盆地なので、夏は暑く、冬は寒い。地元でできる仕事は限られているので、優秀な人は高卒で地元を離れてしまう。繁華街のような若者が遊ぶような場所がない。

-岡山市のメリット-

車がなくても自転車で買い物や銀行など日々の暮らしに差し支えないところと、この街周辺は子育てしている人が多いので子供のためにも良いと思います。それから、交通手段も整っているので歩いてバス停まで行けますし、駅までの距離も遠くないので便利が良いです。家の近くに公園が3ヶ所もあるので子供を育てるのに最適です。

-岡山市のデメリット-

用水路がむき出しになってる所が多く、子供やお年寄りの人が落ちたりするのでとても危険です。他には、住宅街の細い道路でもかなりのスピードで車が走るので危ないです。用水路や川が近くに沢山あるので小さい虫が多いです。田んぼがあったりするので、まれに野焼きする時期は洗濯物干せなくなります。

-倉敷市のメリット-

国道2号線が近く、車さえ所持していれば交通の便が良いです。また、インターチェンジが多いので高速道路にも乗りやすいです。付近には大型スーパーやイオン、アリオなど商業施設も多く、買い物や遊びに困ることは滅多にありません。市内に小中学校も多く点在しており、近所に大きな公園もあるので、子育て世代が暮らすのに特にお勧めです。

-倉敷市のデメリット-

福田町には駅がなく、交通手段は主に車か徒歩かバス、またはタクシーです。また、大通りから中の道に入ると外灯が少なく、夜道を一人で歩く際は心細いです。車を所持していない場合は、買い物や病院の通院など、なかなか不便だと思います。もし福田町で暮らすなら車をもつことを強くお勧めします。

-倉敷市のメリット-

倉敷市には有名な美観地区があります。ここは情緒豊かで、大変風情があります。観光客が多く訪れるところです。また、倉敷駅近くにはイオンモールがあり、衣類や食べ物など、ここでほとんど事足ります。映画も見ることができます。県庁所在地である岡山駅にも近く、大変便利な市です。

-倉敷市のデメリット-

観光地のため、シーズン中は観光客で混み合います。ごみが落ちていたりということもあります。イオンモールはありますが、田舎のため、大きなデパートはあまりありません。デパートでお財布やバッグなどのプレゼントを購入したいときは、岡山駅に行く必要が、あるかもしれません。

-倉敷市のメリット-

地方の中でも比較的田舎の部類に入るこの倉敷市は

割とおおらかな人や余裕のある人が多いと思います。

また人口も決して増えている地域ではないので

待機児童の問題なんかは発生し得ないのもメリットであると思います。

中心地に行けばきちんと各種飲食チェーン店もあります。

また地方ならではの生鮮食品類の安さも体感できると思います。

-倉敷市のデメリット-

まず車社会である点。

最寄り駅が20分とか30分とか離れているケースが多く、

また、バスは走っていますが1時間に1本あるかどうかといった立地となります。

なので商業施設で買い物したいとなると

その周辺に住んでいない限りは必ず車は必要になってくると思われます。

また一部の地域では監視社会の名残が残っていたり、

少々排他的な地域もあります。

よそ者的なことを感じることが

運が悪いとあり得るのがリスクです。

-奈義町のメリット-

兵庫県、鳥取県が近く、自然が豊かなところ。山が近く、スキー場が多いのでウインタースポーツをする人にとっては近くてとても便利です。その他、那岐山を駆け巡るトレイルランや皆生のトライアスロンなどをする人には便利と言えます。また温泉地が近いので自然を楽しむ人にとってはとても良いところです。

-奈義町のデメリット-

とても田舎です。大きなショッピングモールなどは近くにないので、車が必要になります。公共交通機関もそんなに本数がなく、1時間半に1本などで、自分で移動する足を持ってないとかなり不便です。また那岐山の吹き降ろしの風が強いので、天気が良くても、突風などに注意が必要です。

 

都道府県ページへ

Top