群馬県への移住【メリットやデメリット】

群馬県の基本情報

群馬県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.gunma.jp/
人口(人) 1973476
面積(平方km) 6362.28
人口密度 310.18

群馬県で人気の市区町村

群馬県伊勢崎市への移住

群馬県伊勢崎市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/伊勢崎市]

伊勢崎市(いせさきし)は、群馬県南部の市である。
2005年(平成17年)1月1日に行われた1市2町1村の合併によって人口が20万人を突破し、2007年(平成19年)4月1日に東に隣接する太田市とともに特例市に移行した。

隣接する太田市や大泉町と共に、市内にはペルー人やブラジル人が多く在住しており、2009年(平成21年)12月末時点で約11,300人、全人口の6%を占める。
この数は県内の自治体では最も多く、県内の外国人登録者数の約4分の1を占める。
現在のペルー人の人口は、全国の在日ペルー人の5%にあたる2,300人。

群馬県渋川市への移住

群馬県渋川市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/渋川市]

渋川市(しぶかわし)は、群馬県のほぼ中央、関東平野の最北西部に位置する市である。
東京都からは、およそ120kmの距離にある。

古くから宿場町として、近代でも県内の交通の要衝として栄えてきた。

群馬県高崎市への移住

群馬県高崎市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/高崎市]

高崎市(たかさきし)は、関東地方の北西部、群馬県中部よりやや南西に位置する中核市。
旧群馬郡・碓氷郡・多野郡(多胡郡・緑野郡)・甘楽郡(1900年(明治33年)の市制当時の区域は旧群馬郡)。
平成の大合併により、群馬県内では最大の人口を擁する都市となった。

群馬県館林市への移住

群馬県館林市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/館林市]

館林市(たてばやしし)は、群馬県南東部にある市。
旧邑楽郡。
上毛かるたで「ツル舞う形」と喩えられた群馬県の「ツルの頭」に位置する。

ツツジの名勝・群馬県立つつじヶ岡公園や、全国的に有名な分福茶釜の物語で知られる茂林寺、群馬県立館林美術館、製粉ミュージアムなどの観光地がある。

群馬県前橋市への移住

群馬県前橋市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/前橋市]

前橋市(まえばしし)は、関東地方群馬県の中南部にある中核市。
群馬県の県庁所在地である。

関東平野の北西端、赤城山南麓に位置する。
市内には利根川、広瀬川などが流れる。
伏流水による水質の良さで知られ、中心部で供給される水道水は、その地下水である。

群馬県の市区町村一覧

群馬県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、群馬県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、群馬県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。群馬県へ移住するならいつ?

群馬県の移住支援情報

市区町村 支援内容
みどり市 都会やその他の地域から市内への移住や定住を促進するため、「みどり市空き家バンク制度」を設置。ホームページ等で、みどり市への「IJUターン」や定住などを検討されている方に物件情報等を提供。また、みどり市内に「空き家」を所有し、それを「売りたい」「貸したい」方にも制度の利用を案内。
安中市 空き家バンク制度を実施。
富岡市 移住・定住促進奨励金として、過去5年間に市民でなく、2016年4月1日以降に転入して住宅を取得した人を対象に、基本額として上限40万円(住宅取得価格の3%)を支給する(条件により加算があり最大100万円)。対象は、居住部分の床面積が50m2以上で、2016年4月1日以降の契約で2019年3月31日までに引き渡しとなる住宅。
藤岡市 (1)空き家バンク(2)空き家バンクリフォーム補助金
渋川市 (1)【田舎ん家利用促進事業】空き農家、空き農地の有効利用、及び農村と都市との交流による地域の活性化を図るため、市内に存する空き農家等についての情報収集及び情報提供を行う。(2)【渋川市移住者住宅支援事業】住宅を新築又は購入して市外から転入する人に対して20万円を助成(加算あり、上限30万円)。(3)【空き家バンク】市内への移住・定住を支援するため、市内の空き家物件の情報をホームページ等で提供。
館林市 (1)【本社機能誘致移住奨励金】市内へ本社機能を誘致・移転し、本社機能に勤務する社員が市内に移住した場合に、1世帯当たり20万円・子育て加算として1人につき5万円(上限15万円)を支給。(2)【移住定住促進通勤支援金】東京近郊に勤務する者で市内に転入してきた者や、市内から東京近郊に通勤する者に対して、通勤に特急又はグリーン車を利用した実費のうち、1か月当たり1万円を上限として1/2を支給。
沼田市 (1)沼田市移住促進トライアルハウス(「ぬまた暮らしの家」において、1泊2日から13泊14日まで無料で移住体験ができる。)(2)田舎体験ツアー
伊勢崎市 伊勢崎市空き家情報バンク事業を実施。
桐生市 きりゅう暮らし応援事業(住宅取得応援助成、移住者加算40万円。空き家利活用助成、移住者加算40万円)。市ホームページなどを通じて物件情報を提供。お試し暮らし住宅(1泊1,500~2,000円)で桐生での生活体験。新築等祝金、結婚・出産祝金(一部地区)。空き店舗活用による新店舗開設等への転入者加算(10万円)。
高崎市 【高崎市移住促進資金利子補給制度】倉渕・榛名・吉井地域に居住する為に自ら住宅を取得し同地域に住民票を移し実際に居住する人が対象で、土地を取得するか借りて新たに住宅を建てた、建売住宅を取得などの条件にあてはまる方に、取得した住居の引き渡しを受けた日以降の最初の利子の支払いから5年間の融資利子全額が対象。
前橋市 (1)【空き家対策補助】空き家リフォーム(工事費の1/3以内、上限100万円)。空き家を活用した二世代近居・同居住宅(工事費の1/3以内、上限120万円)。(2)【新規参入者定着支援】前橋市に転入し、新たに農業経営を開始する45歳未満の方に月額家賃の1/2以内、上限2万円。(3)【UIJターン若者就職奨励金】前橋市に移住し、市内企業等に就職した40歳未満の若年者並びにその事業所に各5万円。
市区町村 支援内容

【体験談】群馬県へ移住する長所・短所

群馬県へ移住するメリット

群馬県へ移住するデメリット

-沼田市のメリット-

山や緑が多く、自然豊かな土地なので、自然が好きな方は住み心地が良いかもしれません。キャンプ場や釣りができる場所もあります。人口が少ないので、犯罪はほとんど起こらず治安も良いです。夜も静かです。都会の喧騒に疲れ、静かな場所に住みたい方にとっては最適かもしれません。

-沼田市のデメリット-

沼田市は、コンビニやホームセンター、ドラッグストアなど生きていくうえで最低限必要なものが買えるお店しかないため、大変不便です。服屋や靴屋へ行ってもお年寄り向けの商品ばかりで、若者向けの商品が欲しい場合は県内で比較的賑わっている前橋や高崎まで運転して買いに行くことになります。また、仕事も選べる選択肢が非常に少ないです。

-渋川市のメリット-

自然が多く多くの動物や植物と触れ合える。空気も綺麗だし、夜になれば都会よりも多く星が見える。
子供には都会では経験できないいろいろなことを経験させてあげることが出来る。
湧き水が出ているところもあるので暑い時にはその水の中に入ったり飲んだりすることも出来る。
人口密度も少ないのでゆったりと暮らしていける。

-渋川市のデメリット-

都心まで行くには少し距離がある。少し標高も高いので冬にはスタッドレスタイヤわつけておかないと危ない。
雪が積もることも多いので、積雪後の凍結した路面はかなり神経を使うから疲れる。
最低賃金も都会に比べると少ないので同じ時間働いても都会に比べると収入が少なく感じる。

-高崎市のメリット-

高崎市の夜景が見えたり、自然がある。適度な田舎だが、高崎市中心地や前橋市に隣接しているので、買い物や通勤通学に大変に便利です。ベットタウンなので、家を建てるのに、よい条件の物件があります。ほとんどの住民が、他の地域から移住してきているので、昔の風習などがあまりなくて住みやすいです。

-高崎市のデメリット-

田舎で、山間地になっているところも多々あるので、歩いたり自転車での移動は大変。学生さんは、電動自転車必須なのではないかと思われます。近くにスーパーなどたくさんありますが、車でないと大変です。新興住宅地になってきて、どんどん家が立ち並び、田舎の良さが失われつつあります。

-富岡市のメリット-

・自然を感じたい人には、気持ちよく生活できる。
・地震が来ても、大きな被害が起きたことはないため、安全である。
・都心へも片道2時間程度(電車)で行くことができる。
・東京の方などと比べ、人口は多すぎず、少なすぎないため、ストレスなく生活できる。
・雪はそれほど降ることがない。

-富岡市のデメリット-

・冬は風が強く、自転車での移動は大変である。
また、冬の天気はいいが乾燥しているため、肌が荒れる。
・起伏が激しいので移動には車がないと大変である。
・山の近くに住んだりしていると、クマやイノシシなどが出るため、注意が必要である。
・夜は街灯が少なく暗い場所も多いため、危ない。

-桐生市のメリット-

腐っても関東圏、田舎の中では都会、都会の中では田舎と言った感じ。
車社会なので車に乗れないと不便かもしれないが、車を持ってさえいれば買い物やレジャー等も困る事は何もない。
スーパーやコンビニ程度ならそこらじゅうにあるので徒歩でも困る事はない。
電車一本で都心部へ出る事もできるのでそれほど不便さを感じない。

-桐生市のデメリット-

車社会なので車を持っていないと行動が大変。
電車は1時間に2,3本程度なので電車を使う場合は余裕を持って行動しないと乗り遅れることになる。
冬季になると赤木おろしと呼ばれるとても強い強風が毎日のように起こり、洗濯物などがたまに飛んで行ったり土煙で汚れたりする。
同じくその強風で車が土埃で汚れる。

-玉村町のメリット-

・治安が良く、栄えているわけではないがスーパーやファミレスやドラッグストアなどは一通りあるので暮らすのに不便はない。
・中学校は2つしかないが、小学校や幼稚園・保育園などもあるので子育てにもいい環境だと思います。
・玉村町の周りは、3つの市に囲まれており、車で15分ほど走れば隣の市にいけるので便利です。

-玉村町のデメリット-

・この町で働こうと思ったら、難しいと思います。近くに大きな市が3つあるのでアクセスはいいので不便はありませんが、自動車を持ってなく、町の中で絶対働きたいという人にとっては不便かもしれません。
・交通の便が悪いです。ここは車ありきなのです。また、最寄りの駅まで、中心街から自転車だと20分位はかかります。バスの本数も少ないので、最大のデメリットは交通手段だと思います。

-伊勢崎市のメリット-

自然が豊かです。赤城山、榛名山などの山々、利根川、渡良瀬川など、四季折々の自然を感じることができます。人情味にあふれる人々が多く、個性豊かな人が多いです。食べ物では、うどん、ひもかわが名物で榛名山麓で取れた小麦粉で作られ、とても美味しいです。その他にも焼きまんじゅう、焼きそば、ソースカツ丼などのローカルフードがあります。

-伊勢崎市のデメリット-

老齢化が進み、人口も減っているので、商店街も昔と比べると活気がなくなってきました。大学進学や就職も市外、県外に行かれる方が多いです。自然は豊かなのですが、冬は雪は降りませんが強いからっ風が毎日のように吹いて寒く、逆に夏は内陸性の気候なのかとても暑い日が多くなります。

-太田市のメリット-

車移動が主の方は、とても便利な街だと思います。ロードサード点が多く、車があれば大抵のものは市内で揃います。また、国道沿いからすこし離れたところに住宅街があったり、スーパーがあったりなどして便利です。教育にも力を入れているので、クラスあたりの児童・生徒数については、県内の他自治体よりも少ないようです。

-太田市のデメリット-

公共交通機関で生活しようとすると、とても住みにくい街です。買い物が駅前で済むようなところはほとんどありません。太田駅前にドン・キホーテがあるくらいです。また電車も単線の2~3両編成の電車は、1時間に多くて2~3本です。バスは、熊谷駅方面とイオンにはでていますが、そのほかにはほとんど出ていません。車がない方には不便な街です。

-渋川市のメリット-

閑静な住宅街のため、騒音に悩まされることが無く過ごせる。スーパーや薬局は多くあるので買い物に困ることはない。40分程車を走らせると、映画館が入っている大型のイオンもある為休日も楽しく過ごすことが出来る。最寄りの渋川駅はとても綺麗。伊香保温泉行のバスも20分に1本ほど出ているので、温泉街に楽に行ける。

-渋川市のデメリット-

車が無いと非常に不便。買い物に行く際、徒歩で行こうと思うとなかなか厳しい。歩道がない所も多く、結構なスピードで車が横を走っていくためとても恐怖を感じる。また、車の横入りやスピード出すのが当たり前という地域の考えがあるようで、運転も慣れるまではとても恐ろしく感じる。

-昭和村のメリット-

子育てしやすい。第一子の保育料については年度末に3割が支給され、第二子については無料となっている。その他一時保育、緊急、リフレッシュ保育等を行なっている。また農家さんが多い土地柄で村内の直売所で新鮮な野菜を購入でき、パートタイムで働きたい人は農繁期には雇用もある。村内に住む人は気さくで話しやすく親切。昭和インターがあり都心や他県に行きやすい。

-昭和村のデメリット-

買い物は村内に一箇所に小さいスーパーとホームセンター、コンビニが一件があるだけで、車に乗れない人やお年寄りには不便。畑が多いので農繁期には肥料や消毒の臭いがする。凍結や数回降るかもしれない雪のために、冬季の車はスタッドレスタイヤを履かないといけない。昔から住んでいる方や人懐こい土地柄ゆえに、干渉が気になることがある。

都道府県ページへ

Top