群馬県への移住【メリットやデメリット】

群馬県の基本情報

群馬県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.gunma.jp/
人口(人) 1973476
面積(平方km) 6362.28
人口密度 310.18

群馬県の市区町村一覧

群馬県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、群馬県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、群馬県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。群馬県へ移住するならいつ?

群馬県の移住支援情報

市区町村 支援内容
みどり市 都会やその他の地域から市内への移住や定住を促進するため、「みどり市空き家バンク制度」を設置。ホームページ等で、みどり市への「IJUターン」や定住などを検討されている方に物件情報等を提供。また、みどり市内に「空き家」を所有し、それを「売りたい」「貸したい」方にも制度の利用を案内。
安中市 空き家バンク制度を実施。
富岡市 移住・定住促進奨励金として、過去5年間に市民でなく、2016年4月1日以降に転入して住宅を取得した人を対象に、基本額として上限40万円(住宅取得価格の3%)を支給する(条件により加算があり最大100万円)。対象は、居住部分の床面積が50m2以上で、2016年4月1日以降の契約で2019年3月31日までに引き渡しとなる住宅。
藤岡市 (1)空き家バンク(2)空き家バンクリフォーム補助金
渋川市 (1)【田舎ん家利用促進事業】空き農家、空き農地の有効利用、及び農村と都市との交流による地域の活性化を図るため、市内に存する空き農家等についての情報収集及び情報提供を行う。(2)【渋川市移住者住宅支援事業】住宅を新築又は購入して市外から転入する人に対して20万円を助成(加算あり、上限30万円)。(3)【空き家バンク】市内への移住・定住を支援するため、市内の空き家物件の情報をホームページ等で提供。
館林市 (1)【本社機能誘致移住奨励金】市内へ本社機能を誘致・移転し、本社機能に勤務する社員が市内に移住した場合に、1世帯当たり20万円・子育て加算として1人につき5万円(上限15万円)を支給。(2)【移住定住促進通勤支援金】東京近郊に勤務する者で市内に転入してきた者や、市内から東京近郊に通勤する者に対して、通勤に特急又はグリーン車を利用した実費のうち、1か月当たり1万円を上限として1/2を支給。
沼田市 (1)沼田市移住促進トライアルハウス(「ぬまた暮らしの家」において、1泊2日から13泊14日まで無料で移住体験ができる。)(2)田舎体験ツアー
伊勢崎市 伊勢崎市空き家情報バンク事業を実施。
桐生市 きりゅう暮らし応援事業(住宅取得応援助成、移住者加算40万円。空き家利活用助成、移住者加算40万円)。市ホームページなどを通じて物件情報を提供。お試し暮らし住宅(1泊1,500~2,000円)で桐生での生活体験。新築等祝金、結婚・出産祝金(一部地区)。空き店舗活用による新店舗開設等への転入者加算(10万円)。
高崎市 【高崎市移住促進資金利子補給制度】倉渕・榛名・吉井地域に居住する為に自ら住宅を取得し同地域に住民票を移し実際に居住する人が対象で、土地を取得するか借りて新たに住宅を建てた、建売住宅を取得などの条件にあてはまる方に、取得した住居の引き渡しを受けた日以降の最初の利子の支払いから5年間の融資利子全額が対象。
前橋市 (1)【空き家対策補助】空き家リフォーム(工事費の1/3以内、上限100万円)。空き家を活用した二世代近居・同居住宅(工事費の1/3以内、上限120万円)。(2)【新規参入者定着支援】前橋市に転入し、新たに農業経営を開始する45歳未満の方に月額家賃の1/2以内、上限2万円。(3)【UIJターン若者就職奨励金】前橋市に移住し、市内企業等に就職した40歳未満の若年者並びにその事業所に各5万円。
市区町村 支援内容

【体験談】群馬県へ移住する長所・短所

群馬県へ移住するメリット

群馬県へ移住するデメリット

-昭和村のメリット-

子育てしやすい。第一子の保育料については年度末に3割が支給され、第二子については無料となっている。その他一時保育、緊急、リフレッシュ保育等を行なっている。また農家さんが多い土地柄で村内の直売所で新鮮な野菜を購入でき、パートタイムで働きたい人は農繁期には雇用もある。村内に住む人は気さくで話しやすく親切。昭和インターがあり都心や他県に行きやすい。

-昭和村のデメリット-

買い物は村内に一箇所に小さいスーパーとホームセンター、コンビニが一件があるだけで、車に乗れない人やお年寄りには不便。畑が多いので農繁期には肥料や消毒の臭いがする。凍結や数回降るかもしれない雪のために、冬季の車はスタッドレスタイヤを履かないといけない。昔から住んでいる方や人懐こい土地柄ゆえに、干渉が気になることがある。

-大泉町のメリット-

外国籍の方が多く住む町なので国際色が豊かです。普段住んでいると利用できない外国のスーパーや外国の肉を使った串焼き屋さんなど様々なお店があります。私もお気に入りのケバブやさんがあるので週に1回は通っています。また、小学校の1クラスに2,3人は外国籍の子供がいるので小さい頃から異国の文化に触れることができます。

-大泉町のデメリット-

外国籍の方が多いので少し治安が悪いところです。木造のアパートに住んでいる方などは隣人が外国人の方だと騒音騒ぎになってしまうとの話も聞きました。またアパートを所有している方は外国人の方は特に家賃滞納が多いとの話も聞きます。日本人と比べるとやはりモラルが欠けている部分が見受けられるかもしれません。

-前橋市のメリット-

自然が豊かで空気が美しく、夜などは星や月が綺麗に見えます。物価が安く、買い物しやすいです。野菜など、新鮮なものが手軽に手に入ります。豚肉が有名なだけあり、とてもおいしいです。手話言語条例が成立し、弱者にも優しい市政となっています。落ち着いた街並みで、公園が多く、子育てをするのには適した街だと思います。

-前橋市のデメリット-

群馬全体に言える事ですが、車社会ですので交通機関が弱い傾向にあると思います。ご高齢の方も運転をされる機会が多く、交通事故が多いかはわかりませんが、かなり危ない運転をされる方が多いです。

パチンコ店などの娯楽的な場所が多く、商業施設は少ないので子どもを連れて遊びに行くにはやはり高崎や郊外へでなくてはいけないです。

-昭和村のメリット-

自然や畑が多く背が高い建物が無いため景観と空気はとても良い。周囲に山や川やスキー場などがあるためアウトドアな趣味を持つ人には良い環境が揃っている。
家賃が安く、直売所などでは大きくて安い野菜が買える。また温泉などの施設も安く混雑もしないためお金をかけなくても充実した暮らしができる。

-昭和村のデメリット-

人口が少ないせいかスーパーなどの日用雑貨を扱う店舗の数や品揃えはあまり良くない。
賃貸も家賃は安いものの絶対数が少ないため物件探しの選択肢はあまり多くなかった。
木が周辺に多いため秋冬は落ち葉掃除を頻繁にしなければいけないことと、それなりに雪が積もる場所なので冬場は雪かきや雪対策が必要になる事が少し面倒に感じた。
ガスはプロパンガス一択で、ガス代は都会よりも割高になる。
タクシーや電車の本数などが少ないため車が無いと遠出することが難しい立地だった。

-伊勢崎市のメリット-

この街は関東北部で群馬県の南部に位置しています。この街は北関東自動車道の伊勢崎ICや国道17号、50号が走っており車ので移動には便利は立地となっています。ここ数年発生している自然災害などでも大きな被害はなく、冬場の赤城おろしと言われる北風は強い時ははりますが、地震の影響もあまりないので自然災害的にはそこそこ安定している地域だと思います。市内には華蔵寺公園があり4月中旬~5月中旬に約5000本のツツジが、6月に入ると約3000株の花しょうぶが咲き又遊園地も併設されており子供にも人気のある公園となっています。

-伊勢崎市のデメリット-

車移動には便が良いのですが、電車の便があまりよくありません。ここから東京方面に電車で出ようとすると一度高崎方面に出てから行かなければなりません。最近は外国人の人口も増えており人口の約6%を占めております。外国人の方が経営するお店なども多くできてきました。先般も外国人同士の事件があり、最近は少し治安が気になりはじめました。

-伊勢崎市のメリット-

関東平野の真ん中にある伊勢崎市は、季節ごとにニュースに取り上げれれるような大きな災害がありません。台風による洪水や土砂災害。降雪による避難や雪下ろしなどによる事故。そして今報道されている火山噴火。その他、交通面では北関東自動車道が横断し東京、新潟、長野、東北とアクセスがいいところです。

-伊勢崎市のデメリット-

今も変わらず田舎であるため、前橋高崎などの近隣市に建設されているような大型ショッピングセンターや駅ビルがないのが寂しいところです。そして田舎特有の爆音バイクがちょくちょく走り夜中の騒音が気になります。

畑や田が多いため風が吹くと砂埃が舞い結構大変です。特に上州名物の空っ風は寒い冬に堪えます。

-伊勢崎市のメリット-

スーパーも商業施設もそれなりに揃っていて買い物に関してはあまり不便と感じることは無い。工場なども増えてきており正社員、パート共に求人が多く仕事には困らなそう。都会過ぎず田舎過ぎない街並みで、都心のような人混みが苦手な人には住みやすい街だと思う。また通勤時の交通手段は主に車なので、満員電車に乗ることも無い。

-伊勢崎市のデメリット-

都内へ行くなら、県を跨いで本庄駅から電車に乗るなどしなければならない。車が無いとどこに行くにも不便。また、工場が多いので外国人の労働者が増えてきており治安が少し心配な所がある。自動車の盗難もそこそこ多い。夏は40度近くまで暑くなる日があるし、秋から冬は風がとても強い。

-前橋市のメリット-

適度に都会的、適度に田舎な雰囲気があって住んでいてちょうどいい街。
コンビニやスーパーが多くて買い物するところが多い。
公園なども多い。
治安も悪くなく、住みやすい。
周りの人々の雰囲気も良い。
道路も広く運転する環境もいい。
緑が多くて自然を満喫でき、駅の前には街路樹が並んでいる道がある。

-前橋市のデメリット-

公共交通機関があまり多くなく、移動の際には自家用車が必要となるほどに車社会。
県庁所在地という位置付けなのだが、そうではない高崎の方が栄えてる。
ここ最近中学校や小学校が統合されたりして少なくなってきている。
車社会が故に交通量が多い、それに従って出勤・退勤に時間がかかる場合も。

-みどり市のメリット-

田舎ですが買い物などは高崎や太田、佐野などに行けるのでアクセスが良いです。車があれば国道50号に乗ってしまえば移動が楽です。
飲食店が多いため一人暮らしの方や、家族で出かける時などは食事が楽です。
今まで住んできた地域と比べて、市役所の職員の方がとても親切でした。市役所に入ってすぐ用件を聞きに来てくれて助かりました。

-みどり市のデメリット-

車がないと生活するのが大変です。雪の日などは雪国と比べると除雪のペースが遅くまともに道路を走れません。また、狭い道や見通しの悪い道が多いせいなのか交通事故が多いような印象があります。高齢者が多いのですが、車道を自転車でふらふら走っている人も多いので車の運転の際は注意が必要です。
雨の日に水はけの悪い場所が多いので、そこもデメリットだと思います。

-藤岡市のメリット-

身近に自然が多くて子供も育てやすい環境。関越自動車道のインターチェンジがあって東京都とかかも行きやすく同県の他の市と比べて便利で道の駅のららん藤岡とかもTVとかにもよくでるくらい観覧車とか地域のものとかも売っていてとてもいい。また、田舎なのでご近所とかも身近な存在で助け合える風習がよい。

-藤岡市のデメリット-

デリバリーを展開している店(ほっともっととか)でも配達範囲外でとても不便でいつも注文する店がドミノピザかピザーラかガストくらいしかない。また、電車が八高線で本数少なすぎて一便逃すと何分も待たなければならなくてとても不便でしかも朝は満員なところがいやです。からっ風がすごくて自転車が前に進まないのもいや。

 

都道府県ページへ

Top