山形県への移住【メリットやデメリット】

山形県の基本情報

山形県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.yamagata.jp/
人口(人) 1122957
面積(平方km) 9323.15
人口密度 120.45

山形県で人気の市区町村

山形県寒河江市への移住

山形県寒河江市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/寒河江市]

寒河江市(さがえし)は、山形県のほぼ中央にある人口約4万1千人の市。
西村山郡の中核都市として発展してきたほか、県内随一のサクランボの産地としても知られる。

山形盆地の西側に位置し、約20km南東に位置する山形市が一望できる。

山形県酒田市への移住

山形県酒田市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/酒田市]

酒田市(さかたし)は、山形県の北西にある人口約11万人の市。
庄内北部の都市である。
県内人口第3位。

庄内空港と山形県唯一の重要港湾酒田港がある。

市域の大部分が庄内平野の平坦地で、河川によって運ばれた豊富な土壌で稲作を行っている。
そのため、春から夏にかけては田園風景が広がる。

山形県鶴岡市への移住

山形県鶴岡市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鶴岡市]

鶴岡市(つるおかし)は、山形県の日本海沿岸(庄内地方)南部にある人口約13万人の都市である。
2005年10月の市町村合併により県内人口第2位となり、市の面積は東北地方で最も広く全国7位となった。

江戸時代には鶴岡藩(通称 庄内藩の城下町として盛えた庄内南部の街であり、郊外には庄内米やだだちゃ豆の農地が広がる。
出羽三山神社には東北地方で唯一、皇族(蜂子皇子)の墓がある。

山形県中山町への移住

山形県中山町への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中山町]

中山町(なかやままち)は、山形県の東部にある人口約1万2千人の町。
江戸時代には最上川を利用した北前舟の舟運で栄えた。
芋煮会発祥の地の一つである。

奥羽山脈と出羽丘陵に囲まれた山形盆地の西部にあり、西部になだらかな丘陵があるものの、町域はほぼ平地で占められる。
北は最上川で寒河江市と、東は須川で山形市や天童市との境となっている。

山形県山形市への移住

山形県山形市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/山形市]

山形市(やまがたし)は、山形県の中部東にある人口約25万3千人の市で、同県の県庁所在地でもある。
市域は旧南村山郡・東村山郡(現在は村山地方)に属しており、当域を管轄する村山総合支庁の所在地でもある。
県内人口1位で、周辺自治体と共に山形都市圏(人口約48万人)を形成する。
特例市。

山形県の市区町村一覧

山形県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、山形県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、山形県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。山形県へ移住するならいつ?

山形県の移住支援情報

市区町村 支援内容
南陽市 50歳未満の夫婦が市内に持家住宅を建築及び購入する場合に交付。交付額は、中学生以下の子を養育している、夫婦のみ、及び次の要件(1)~(3)によって異なる。(1)市外転入:夫婦とも申請時に市外在住で、市内に初めて転入する世帯。(2)Uターン:夫婦いずれかが過去に市内に在住し、申請時に転出の日から起算して3年以上経過し、市内に転入する世帯。(3)市内貸家:夫婦いずれかが市外に継続して3年以上在住後、貸家等に転入し、申請時に貸家等に居住して5年未満の世帯。
尾花沢市 (1)空き家バンク(2)花笠ニュータウン地区定住支援事業(3)宅地取得等助成事業(4)移住者が民間賃貸住宅等に入居する場合、家賃月額の20%以内で2万円を限度に3年間助成(5)空き家バンクに登録された物件を購入し改修する場合、改修費用の2/3で100万円を限度に助成。
東根市 定住を目的に、市内に自ら居住するため住宅を新築又は購入(500万円以上)し、転入した者に対し、15万円を助成する。さらに、(1)中学生以下の子どもが同居する場合人数に応じて5万円以上、(2)特定の地域に居住する場合10~20万円、(3)中古の対象住宅を購入して入居する場合20~30万円をそれぞれ加算する。また、地元自治会に加入することを条件としている。
天童市 市内に自己居住用の住宅を新築又は購入する移住者に対して、新築・購入費用の一部を補助。(1)子育て世帯(中学生以下の子どもと同居する世帯)25万円(2)上記以外の世帯15万円。
長井市 お試し“長井”暮らしの提供(最大6泊7日、宿泊費無料)、長井市定住促進補助金(土地を購入し新築・建売住宅を購入した場合、最大100万円を補助)、新規就農支援制度(移住支援、研修支援、家賃支援など)により支援。詳細は、長井市移住定住サイト「田舎暮らし”ごんざい”」参照。
村山市 参加費無料で「お試し居住プログラム」を利用できる。
上山市 ワンストップの移住相談窓口として地域おこし協力隊の移住コンシェルジュを配置。
寒河江市 (1)寒河江市外の方が住宅を新築・購入する場合、条件により最大200万円の補助。(2)寒河江市の空き家バンクを利用して空き家を購入又は賃貸借し改修工事を行う方に最大40万円の助成。(3)西村山地域外から転入するUターン者子育て世帯またはUターン若者夫婦(どちらかが40歳以下)の民間賃貸住宅の家賃を一部助成。(4)県外からUターンした若者夫婦(どちらか一方)を対象に、奨学金の返還を支援。
新庄市 (1)【新庄市ふるさと企業訪問奨励金】大学・短大・専門学校生等が新庄市内で就職活動を行う際、居住地・新庄市間の往復交通費を助成する。上限は1万円。(2)【新庄市若者世帯住宅取得助成金】市内に本社のある工務店等と2017年4月1日以降に工事請負契約を締結した物件又は空き家バンクに登録されている物件を購入する場合50万円又は30万円助成。対象者は配偶者が40歳未満で、子育て・新婚・移住等の世帯であること。
酒田市 酒田市UIJターン人材バンク(UIJターンを考えている人と市内登録企業とのマッチング)、酒田市移住お試し住宅利用促進補助金(市への移住希望者に対象経費を補助。交通費、上限12万円。条件あり。)、移住お試し住宅の提供など。
鶴岡市 移住に関する総合相談窓口を設置。つるおかUIターンサポートプログラム(主に首都圏在住の若者を対象に、「鶴岡の様々なプロジェクトに参画する」プログラム)や鶴岡しごと体感ツアー(UIJターン就職に向けて鶴岡の企業を直に知る機会を提供)を実施。お試し住宅(県外移住希望者を対象に最長で6ヶ月間の家賃等の一部を助成)や、お試し住宅アパートタイプ(県外移住希望者を対象に最長1年間、お手軽な家賃で貸出)を実施。
米沢市 【米沢市空き家利活用支援事業補助金】居住を目的に空き家を購入した移住者に対し、購入費用の一部(上限50万円)を補助する。
山形市 (1)【移住給付金】子育て世帯が移住・定住するために住宅を建設・購入する場合、最大100万円を補助。(2)空き家バンク制度を実施。(3)山形市求人情報サイト「ジョブっすやまがた」による情報発信。(4)移住促進サイト「real local」による情報発信。(5)創業支援。(6)お住まい等をリフォームされる方に対して最大80万円を補助。(7)山形市産材を使用して戸建て住宅を新築する場合に、最大80万円を補助。
市区町村 支援内容

【体験談】山形県へ移住する長所・短所

山形県へ移住するメリット

山形県へ移住するデメリット

-南陽市のメリット-

人柄がよく、駅が程よく近い。ご近所づきあいもある。スーパーもコンビニも郵便局も程よい近さにあるので歩いていける。果物も野菜もお魚もとれたてなのでおいしい。パン工場があり、焼きたてのパンが食べられて、不定期でパン屋をしていて、大きなアンパンやクリームパンが売っています。

-南陽市のデメリット-

バス停がないので車が必要になります。スーパーやコンビニはありますがデパートがないので車で30分走らせる必要があります。免許持ってない方は歩く必要があります。ファミリーレストランが郊外にあるので街中に住んでる方は車に乗って行く必要があります。そこが難点かもしれません。

-酒田市のメリット-

地元の食べ物がとても美味しく、車があれば30分以内で山、海、温泉に行くことができます。大都市と同レベルとはいきませんが、日常生活に必要な一通りのものは市内で揃いますし、ネット通販なども2、3日あればたいていのものは届きます。日常生活に不便は感じないで過ごすことができると思います。

-酒田市のデメリット-

東北地方にある町なので、冬は雪がつもりますし、寒さがとても厳しいです。また、大都市に比べると仕事や収入が低くなりがちです(どうしても医療や介護系の仕事が多くなりがちです)。車があれば生活に不自由しませんが、逆にいうと車がないと、とても不便なところでもあります。

-金山町のメリット-

自然豊かで空気がきれいです。
夏は蛍も出るし、夏も冬も空にはたくさんの星が見えます。
夜は静かで四季折々の音も聞こえます。
カエルの鳴き声や、鈴虫など、都会にはないような自然と共に生活できます。
夏は川遊び、冬は雪が降り、ウインタースポーツを楽しむ事もできます。
子供も自然の中で遊び、生活することができるので、自然と触れ合いながら子育てができます。

-金山町のデメリット-

田舎なので車がないととても不便です。
バスも通っていますが1時間に1本2本くらいと少ないです。
スーパーやコンビニに行くのも車でないと行けません。
自然が多いので虫も出ます。
冬は雪が降るので、雪かきは必須です。
お年寄りが多くなってきているので、若い同年代の人とゆうのは少ないかもしれません。

-天童市のメリット-

天童市は食が豊かな土地なので、美味しい食べ物やフルーツがたくさんあります。特に蕎麦が有名で、全国のB級グルメで有名な鳥中華は絶品です。蕎麦屋に行く際はぜひ食べて欲しいです。他にフルーツだとラフランスが有名で、スーパーで低価格で購入することが出来ます。四季折々の食べ物が豊かなところが天童の良いところだと思います。

-天童市のデメリット-

車社会なので、車を持っていないと移動が不便なところです。また郊外化が進んでいるので、買い物をする際は遠くのスーパーまで移動しなければいけないことは、面倒かもしれません。また冬の季節は雪が降るので、毎朝雪かきが必要になります(30分ほど)。寒さが苦手な人はかなりきつい作業だと思います。

-中山町のメリット-

ドラッグストアが一店舗あります。スーパーもあります。おいしい和風レストランやお蕎麦屋さん、ラーメン屋さん、どんど焼き屋さんなどもあります。コンビニエンスストアも数店舗あります。景色がきれいです。田舎なのでのんびりしています。最上川があり、秋になると芋煮会でにぎわいます。

-中山町のデメリット-

まず、車がないと不便です。車のない方は自転車や徒歩などで移動しないといけません。一応、町営バスが走っていますが本数が少ないです。役場があるんですが、手続きする場所が違います。住民票などに関しては町中にありますが、生活福祉課などはそこから大分離れたところにあります。

-山形市のメリット-

自然災害がない、もしくはあっても被害が小さい。東日本大震災でも大きな被害がなく、かつ内陸部なので津波の心配もなかった。また、集中豪雨や台風の被害もない。冬は雪が多いが、雪害で困るというほどではない。ただ、食べ物は何でもおいしい。土地もまあまあ安いので、田舎暮らしをしたいなら、山形市の郊外をおすすめする。

-山形市のデメリット-

県庁所在地のわりには、繁華街が地味。大手のチェーンブランドなどはあるが、店自体が少ないので、ファッション系の買い物には少々苦労する。あと、電車やバスの本数が少ないので、自家用車がないと、通勤や買い物に不便。深夜までやっている店が少ないので、道が暗く、夜中の運転が怖い。

-寒河江市のメリット-

自然が豊かで、人の喧騒から離れゆったりとできる。水も井戸水の家が多いので、水道代がかからない。果物が豊富で、安い。お蕎麦屋が多く、美味しい。ラーメン屋もたくさんあり、美味しい所が多い。大衆温泉も多く存在しており、入浴料300円位で源泉かけながしの温泉に入れる。

-寒河江市のデメリット-

雪が多く、雪かきが大変。車がないと、どこにも行けない。近隣住民のつながりが強く、町内会に参加しないという選択はほぼないに等しい。物価は安いが、収入も少ない。夜中まで空いている店は少なく、コンビニでも24時間営業じゃない場合がある。クマが出る。秋になると、色んなつながりで毎週のように芋煮会に繰り出さなければいけない時がある。

-鶴岡市のメリット-

自然豊かで、食べ物が美味しい。
海もあり、山もあるのでレジャーも困らない。
式がしっかりしているので、夏は海や、山で遊んで、冬は雪山でスキーやスノーボードができる。
最近は映画の撮影などが行われていて、街中で有名人に会えるかも。
時代劇のセットの中に入れる施設もあるので、旅行にも向いてる。

-鶴岡市のデメリット-

夏の暑さと冬の寒さ、雪の多さ。
夏は埼玉と同等レベルで暑くなるため、屋外であそんだりしごとしたりするときは、気をつけたほうがいい。
冬は近年はあまりないが、夜中はきおんがさがりすきて、水道が凍ってしまうくらい。
雪もかなり降るので、交通が荒れる。
家の前には除雪の雪が投げられるので、それを除雪するのが大変。

-鶴岡市のメリット-

日本海が一望できる海岸が、目と鼻の先です。遮るものがひとつも無いこの海岸から見る夕陽は絶景。水面に映る夕陽の光が地平線へ続く道のようでロマンチックなんです。海を満喫していて、ふと振り返ると、緑の繁った山も楽しめるというなんとも贅沢な街なのです。でも一番の魅力は街の人の暖かさでしょうか。

-鶴岡市のデメリット-

車が無いと不便です。というのも、私はちょうど町の中心部に住んでいたのですが、一番近い買い物のできるところが徒歩20分のところにあるコンビニでした。そして、1週間に一度、専用の送迎バスに30分ゆられてイオンモールへ買い出しに行っていました。送迎バスも1日に3〜4本程でしたので、ちょうど行きたい時間にバスがなかった…なんてこともしばしばありました。

-鶴岡市のメリット-

自然にあふれている。学校の給食費が三人から無料だったり、お医者さんにかかる費用が中学生まで無料だったりと行政が子育て世代を応援してくれている。とうほくは地震が多いが、山形は地盤が強いのか大きな被害がおきない。海も山もあり、おいしいもの・温泉もある。田んぼや畑もあるので、食品の高騰があまり起きない。

-鶴岡市のデメリット-

とにかく田舎なので、商業施設があまりない。遠出をしようとすると、山(月山)を越えないとどこにも行けない。新幹線が通ってない。高速道路が充実していない。雪がものすごく降る。そのせいで通勤時間は夏と冬では一時間以上の時間差になる。寒い。カメムシがすごく多い。会話がなまっているのでばかにされる。東京に行くのに電車だと3時間半もかかる。

 

都道府県ページへ

Top