山梨県への移住【メリットやデメリット】

山梨県の基本情報

山梨県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.yamanashi.jp/
人口(人) 835165
面積(平方km) 4465.27
人口密度 187.04

山梨県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】山梨県へ移住する長所・短所

山梨県へ移住するメリット

山梨県へ移住するデメリット

-北杜市のメリット-

市がいろいろな事に力を入れて何とか移住者を増やそうと頑張っているので、子育てしている人には住みやすく、あまりお金を使わなくても暮らしていけるような環境です。土地は広く家賃は安く、仕事なんかしていたら、いろいろな方から野菜や果物はバンバンもらえます。車を出さなければどこにも行けないのでお酒も飲まなくなり家計的には楽になりました。

-北杜市のデメリット-

車がないとバスもほとんど来ず何にもできないため、運転免許がないと暮らしていけません。田舎道は動物の亡骸もよく見かけるので心が痛みます。あと山梨県の人は運転が下手か荒いかの二択といっても過言ではないくらいなので、前がノロノロ運転でイライラしたり、逆に後ろに執拗に煽られてイライラしたりします。

-南アルプス市のメリット-

自然が多く、田畑に囲まれたほどよい田舎です。果物の産地ということもあって、夏場はサクランボや桃、ぶどうを安価でおいしいものを手に入れることもできます。東京にもほど近く、すぐに出ることもできます。スーパーやホームセンターなども多くあり、生活用品を手に入れることも簡単です。

-南アルプス市のデメリット-

田舎なので、車がないと生活できません。電車やバスの交通は非常に悪いです。車がなければかいものとう買い物等にも出られません。通勤や通学の面では不便だと言えるでしょう。また、田舎のため、周りは田畑に囲まれています。どうしても虫や動物のにおいには多少悩まされるかもしれません。

-甲州市のメリット-

果物が豊富で四季折々の物が安価で楽しめる。
自然が豊富で子供たちを育てる環境としては優れている。
田舎だが、商業施設も山梨県内他市よりは多く、遠くに行かなくても身近で手に入る。
東京まで1時間弱で行けるアクセスのよさ。
ちょっとした畑なら簡単にもつことができ、小規模自家農園も可能。

-甲州市のデメリット-

東京までのアクセスはよいが、市内を移動する手段が少ない
(バスは1日数本、通ってない地域も多い)
果物農家が多いので時期的に肥料(牛ふん)などのにおいが酷い。虫も多い。
心無い農家が頻繁に野焼きをすると洗濯物が外に干せないときがある。(主に冬季)
街中の外灯が少なく、夜間や日が暮れるのが早い冬は道が危ない。(子供とか歩く人たち)

-都留市のメリット-

とにかくのどか。今まで都会で暮らしていたが、たくさんの違いを感じている。満員電車に乗らなくてよい。飲み屋が無いので遅くまで会社の飲み会に参加しなくて済む。30分ほど車を走らせると、壮大な富士山を楽しむことができる。山梨ということもあり、果物が安い。(シャインマスカットが一房1200円ほどの時もある)

-都留市のデメリット-

人口が少ない分、お店のが大きなデメリットだと思う。特に若者向けのお店が無い。そのため、アルバイトを探すにも大型スーパーや薬局がほどんど。(美容室、ゲームセンター、カラオケ、漫画喫茶、カフェ、居酒屋、ごはん屋)車がないと生活するには困難。電車は1時間に1本のため、東京方面に行くにはアクセスが悪い。

-都留市のメリット-

家賃が非常に安い上に水道代が非常に安い。水道から出る水をそのまま飲むことができるぐらい水がおいしい。
夏でも非常に涼しく過ごしやすく、自然もすぐ近くにあるのでマイナスイオンでの癒しが多い。
山中湖や河口湖、富士急ハイランドも近くで遊びに行くのにも困らない。
近所が割と顔見知りなので治安がわりかし良い。

-都留市のデメリット-

電車が一時間に一本ぐらしかこない。そのうえ、電車賃が異常に高い。
学生の街なので、夜うるさい時がある。
車がないとどこに行くにも不便であり、その上、抜け道が無いので主要道路が交通渋滞になると全く身動きが取れない。
冬が異常なほど寒い。自然が多く、野犬との遭遇率が高い。

-昭和町のメリット-

みなさん穏やかで、親切な方が多かったです。
窓からは富士山が見え、毎日色々な富士を楽しむことができます。
温泉も近くにあり、ワインも有名で山や自然に囲まれながらゆったりとした時間を過ごすことができます。
食べ物も美味しく、野菜やお肉の素材自体がよいので、シンプルになんでもおいしくいただけました。

-昭和町のデメリット-

陸地で山に囲まれているため、新鮮な海のお魚が食べられないことは残念でした。
あとは交通の便が非常に悪く、バスの本数も少ないですし、駅と駅との距離が長く、最寄りの駅までが遠いです。
新幹線も通っていないですし、飛行場もないため旅行しようと思ったら車でいくか、いったん静岡までJRででて新幹線で羽田まで…という大変不便さを感じました。

-甲府市のメリット-

自然が豊かで空気・水も良く、農産物が新鮮で安い一方、新宿まで特急で1時間半で通勤圏内でもある。県外から訪れる人も多い観光地も数多く点在し、週末のレジャーにもことかかない。賃貸料金も安く、待機児童の問題もないなど、特に子育てには適した地である。東京とあまり異なる文化圏ではないが、住む人の人情が厚く、助け合いの精神がある。

-甲府市のデメリット-

公共の交通機関網が充実しておらず、自家用車を運転できないと生活が難しい地域が多い。バスも数時間に1本のみなどで料金も割高である。インターネットで買い物がしずらいお年寄りなどは、特に生活に不自由を感じるケースが多いようだ。また当然ながら店舗や学校などの数も少なく、都会を経験した人にとっては、何をするにも選択肢が少ないように感じられるだろう。

-甲斐市のメリット-

緑が多く、子育てしやすい環境です。
小規模ですが、公園がここかしこにあり、気軽に遊びに連れていってあげられます。
子育てセンターといって、乳幼児専用の遊ぶ施設もあり、会員登録するとボランティアの方に格安で預かってもらうこともできます。
富士山、南アルプスなどの美しい山々がどこからでも臨めて、心が癒されます。

-甲斐市のデメリット-

これといった産業がないので、市内での働き口を見つけるのがなかなか難しいです。
緑が多くのどかなので、都会の刺激的な生活を好む方には物足りない面があるかもしれません。
田舎なので公共交通機関がさほど発達しておらず、移動手段は車が基本となるので自動車運転免許証を持っていないと生活するのが大変です。

-富士川町のメリット-

都会に比べると空気が綺麗

近隣住民との関わりがあり、困ったときはお互い様精神で助け合いをする

過疎化が非常に進んでおり、外部から人を呼び込む動きがあり移住しやすい環境になりつつある

人が少ないため、空き家、空き地が多い

土地代が安いため家を建てやすい

土地が余っているため駐車場完備も多い

-富士川町のデメリット-

過疎化が進んでおり、ここまま行くと若い世代ないなくなってしまう

交通が基本自家用車移動になるので免許と自家用車必須

バス、電車ともに1時間に1から2本、年々利用者は減っている

公共交通機関に電子通貨は使えない

バス、電車乗り場へ行くのに車が必要なほどの距離がある

様々施設、会社が不足しているため寝るだけの町になっている

-甲府市のメリット-

東京から特急電車か高速バス、車で一時間半から二時間、とギリギリ通勤圏内の距離にも関わらず、山に囲まれ、水資源に恵まれ、野菜や果物などの新鮮な農産物がいつでも食べられる、住みやすい街です。また、大型スーパーや百貨店、公共施設や公園など暮らしに便利な施設が中心部や郊外に全て揃っています。気候も、夏は暑いですが冬は滅多に大雪も降らず、まあ過ごしやすいと言えると思います。公園も多く、子育てにも良い環境です。

-甲府市のデメリット-

数年前の大雪の時には交通が全て遮断され、生活用品が不足して大騒ぎになりました。山に囲まれた盆地なので何かあった時には陸の孤島になる可能性が高いことは大きなデメリットだと思います。また、夏の暑さは厳しく、春と秋の過ごしやすい時期がごく短いこと、自然に恵まれていることによる野性動物や昆虫(害虫)による被害などのデメリットも少しあります。

 

都道府県ページへ

Top