山梨県への移住【メリットやデメリット】

山梨県の基本情報

山梨県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.yamanashi.jp/
人口(人) 835165
面積(平方km) 4465.27
人口密度 187.04

山梨県で人気の市区町村

山梨県大月市への移住

山梨県大月市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大月市]

大月市(おおつきし)は、山梨県東部に位置する市である。

県東部に位置しており、東京都心からは約80kmの距離にある関東大都市圏の都市である。
市域面積は広大で、郡内地方は秩父山地や御坂山地、丹沢山地などに属する山間部にあり、市街地は南部を東流する桂川(相模川)や支流の笹子川、葛野川などに沿って急峻な山と深い渓谷に挟まれた平坦地に形成されている。

山梨県甲州市への移住

山梨県甲州市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/甲州市]

甲州市(こうしゅうし)は、山梨県北東部に位置する市である。

市域は、甲府盆地東部および東南部の山岳地帯から流れ出した複数の河川によって作られた複合扇状地からなる。
その中でも勝沼扇状地は有名。
市中部は笛吹川及びその支流(日川、重川等)の流域であるが、国道411号の柳沢峠より北は、多摩川の源流域である。
市域は南北に長く、国道411号が南北に貫く。
市街地は市の西部にあり、市役所、代表駅である塩山駅等の施設が集中している。

山梨県甲府市への移住

山梨県甲府市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/甲府市]

甲府市(こうふし)は、山梨県中部に位置する都市で同県の県庁所在地・特例市。

市域は山梨県の中央を南北に三日月形に縦断しており、市街中心部は甲府盆地の中央北寄りに位置する。
山梨県は首都圏整備法上の首都圏に属する県であり、その位置関係から東の関東地方への志向性が強い。

山梨県都留市への移住

山梨県都留市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/都留市]

都留市(つるし)は、山梨県東部に位置する市である。
古くからの甲斐絹の産地である。

大月市と富士吉田市との中間に位置する。
ほとんどが御坂山地や丹沢山地などに属する山間部であり、市の南西から北東へ桂川が流れる。
この桂川に沿って急峻な山と深い渓谷に挟まれた平坦地に市街地が形成されている。
また、この川に沿うようにして中央自動車道(河口湖線)、国道139号、富士急行大月線が通じている。

山梨県南アルプス市への移住

山梨県南アルプス市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/南アルプス市]

南アルプス市(みなみアルプスし)は、山梨県西部に位置する市。
山梨県内の自治体としては最西端にあたる。
人口は70,769人。

市域は甲府盆地の西部にあり、東側の平坦部と西側の山間部に大きく二分される。

山梨県の市区町村一覧

山梨県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、山梨県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、山梨県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。山梨県へ移住するならいつ?

山梨県の移住支援情報

市区町村 支援内容
中央市 (1)空き家バンク制度を実施
甲州市 空き家バンク。
上野原市 (1)【空き家バンク制度】移住の相談窓口において空き家物件を紹介する事業。(2)【空き家バンクリフォーム補助金】賃貸で運用する空き家バンク登録物件に対し、リフォーム費用の1/2で上限50万円までを補助。(3)【移住者住宅取得等補助金】一定要件に該当する移住者の住宅取得等に対し、住宅ローン残高の5%で上限150万円までを補助。
笛吹市 (1)空き家バンク。(2)空き家バンク改修等補助金(登録物件の改修などで、1/2補助、上限20万円)。(3)新規就農支援制度(Iターンの45歳未満の就農者に、年額100万円、2年間支援)。(4)お試し住宅(無料で、4日~30日の移住体験)。(5)子育て世代住宅取得補助金(中学生以下の子どもがいる世帯が住宅を取得する場合に、新築30万円、中古住宅25万円補助)。(6)サテライトオフィス等促進補助金(改修費、賃借料、設備費等)
甲斐市 空き家バンク制度。
北杜市 (1)空き家バンク制度(2)移住定住お試し住宅(3)相談会・田舎体験ツアー(4)相談窓口の設置
南アルプス市 【空き家バンク制度】空き家の売買・賃貸を希望する所有者から申込を受けた情報を公開し、定住などで空き家の利用を希望する方に情報提供を行う。【空き家活用定住促進事業】空き家バンク登録物件の住宅改修費の助成制度(改修費の1/2、上限100万円)。5年以上空き家バンクへ登録する方・登録物件を購入または賃貸し5年以上定住する方が対象。
韮崎市 (1)お試し住宅(県外移住検討者:3~14日間)(2)空き家バンク(登録・公開、リフォーム補助金、登録時奨励金)(3)持家住宅定住促進助成(住宅取得費・増改築・リフォーム助成)(4)定住促進住宅家賃助成(転入者への家賃補助)(5)若者定住就職者家賃助成(就職に伴う転入者への民間家賃補助)(6)結婚新生活支援(新居購入費・家賃等の助成)(7)若者定住就職支援(就職・起業による転入者への奨励金)(8)起業支援(起業者への補助金)
大月市 【転入子育て世帯家賃助成制度】月1万円を上限とし、月額の家賃から住宅手当を控除した額に1/2を乗じた額を支給。【空き家バンク成約物件リフォーム助成制度】空き家バンクの空き家の購入者に対し、10万円を上限にリフォーム工事費用の一部を交付。【空き家バンク登録促進報奨金交付制度】空き家バンクに物件登録し、売買成約をした登録者に3万円の報奨金を交付。
山梨市 山梨市空き家情報登録制度「空き家バンク」により定住を促進。山梨市田舎暮らし体験施設「山梨市お試し住宅」利用により定住を促進。
都留市 【都留市快適遠距離通勤補助金交付事業】新規就労や転勤、転入等で都留市から首都圏方面に75km以上の遠距離通勤をしている方に月額1万円の補助金を最大36ヶ月間、交付する。
富士吉田市 新築取得補助制度。県外通勤補助制度。空き家バンクの空き家に入居した方に家賃補助等。
甲府市 農村部の空き家バンク、中心市街地の定住促進住宅取得支援及び改修支援。遠距離通勤・通学定期券購入補助金制度(上限は通勤2万円/月、通学1万円/月)
市区町村 支援内容

【体験談】山梨県へ移住する長所・短所

山梨県へ移住するメリット

山梨県へ移住するデメリット

-都留市のメリット-

都留市の良いところは、まずは自然が豊かなところです。山はたくさんあり、動物や昆虫などもたくさん見かけます。小さな子どもにも楽しめるものがたくさんあります。貴重なキジにも会えました。自然も豊かでありながら、病院やスーパー、ホームセンターもあり、生活するには問題ないです。ゆったり自然の空気を吸いながら過ごせるところが良いと思っています。

-都留市のデメリット-

上記にも書きましたが、生活する上では全く問題なく快適に過ごすことができます。しかし強いて言うならば、大型なショッピングセンター等がにところかなと思います。また、ゲームセンターなどの娯楽施設もないです。ファッションに関しても、しまむらはありますが、他のお店は隣りの市まで行かないとユニクロなどはありません。あと少しこんなのがあれば良いのにな…という惜しいところかと思います。

-北杜市のメリット-

空気がキレイなので、ぜん息などの治療に住まれる方が多くいます。
また、都会とは違い時間に追われる生活とは無縁になります。なので、都会の生活に疲れた方の癒しの地になります。
さらに、大阪の友人に言われたのですが口にする野菜が瑞瑞しく、美味しいのです。
なので、健康に気を遣う方は新鮮な野菜を食べられるので体にも優しいです。

-北杜市のデメリット-

交通の便がよくありません。なので、徒歩で気楽にスーパーやカフェ、娯楽施設に行くことは難しいです。市民バスもありますが、1時間に1本あるかないかですし、最寄り駅があまりに遠いということもあります。

また、満足な仕事もなかなかありつけません。在宅での仕事といっても、住む場所によってはインターネット回線が引けない場合もあるので注意が必要です。

-小菅村のメリット-

旦那の仕事の都合で転勤でやむなく転居しました。
環境はよく、子育てにはいいと思います。また観光地でもあるので、都心に比べ、早く目的地に到着します。高速道路を含む道路も常に皆が行こうとする反対を通過しますので、渋滞がありません。旦那の通勤は徒歩で出勤できるのも大きなメリットです。

-小菅村のデメリット-

やはり都会とは違って、生活に不便(個人差がると思いますが)と感じてしまうときはあります。車がないと買い物に行けない。スーパーに行くにも片道20分以上かかってしまいます。またスーパーひとつとっても買い物の選択肢が非常に限られています。
住環境としては、冬が寒く、光熱費もばかになりません。

-富士河口湖町のメリット-

空気と水がキレイで水道代が全国的にみても安いです子供に対しての施設や援助等も充実しているためファミリー層に人気のエリア。土地も安いので一戸建てを購入の際には広い庭を付けることも可能。観光地でもあるため新しいお店なども増えている。とにかく自然が多く湖等でのんびり過ごせる。

-富士河口湖町のデメリット-

交通の便があまりなく、マイカーがないと移動が大変。富士急行線は電車もバスもありますが、運賃が高いのでマイカーの方が移動が多い人には経済的です。また観光地なので休日は観光客で場所によっては渋滞が出来ることも多く、スーパーも混雑します。観光料金のレストランも多いです。

-南アルプス市のメリット-

1、のんびりしている
首都圏に住んだことがありますが、比べると圧倒的に時間の流れがゆったりしています。
2、自然がいっぱい
近所には田畑が広がり、また、山に囲まれて緑が多いので気持ちがいいです。
3、野菜と水がおいしい
道の駅では、農家さんからの新鮮な野菜を手頃な価格で買うことができます。一般的なスーパーのものよりもずっと味が濃くて子どもも喜んで食べます。
水もきれいで水道水を飲むことができます。

-南アルプス市のデメリット-

1、車が必須
ちょっとコンビニまで、というときも車で出かけるので大人になったら車を持つのが当たり前です。車、ガソリン代、車検など出費がかさみます。
2、買い物が不便なときがある
雑誌に出ているような洋服を簡単に買うことはできません。お店が少ないからです。それでも、インターネットで買うことができるので少しはよくなりました。

-大月市のメリット-

自然が豊富で空気がキレイで水道水も非常に美味しく街の人達も温かい人が多くとても良い街です、こうした事だけでも住むにあたって十分なメリットなのですが、交通の便に関しても大月駅から東京方面へ出られますので何気に便利かと思います、最後になりますが大月市に住むメリットは自然があり空気が美味しく水が美味しく人間が温かいところです。

-大月市のデメリット-

大月市に住むデメリットは、やはり交通の便が悪いところかなと思います、中央本線で東京方面へ出る事は出来るのですが正直遠く数時間と時間がかかります、なので地元の人達は皆さん自家用車が足になっています、最後になりますが大月市に住むデメリットは自家用車が無いと買い物に行く事が困難な点かなと思います。

-山梨市のメリット-

メリットは
・田舎なので山に囲まれていて空気がおいしいところ
・静かでのどかなところ
・あまり怒鳴り声が聞こえないところ
・人がみな優しいところ
です。
特におじいさんおばあさんがとてもやさしいと思います。
それに農家が多いのでとても気持ちがおおらかな人が多いと思います。いいところです。

-山梨市のデメリット-

デメリットは特にないのですが
・自動車が必要なところ
・駅までとおいところ
・駅の電車の本数が少ないところ
かなと思います。あとは全然デメリットはないですがなかなかお金はもうからないところかもしれないです。
農家をやってみたいとかのどかなところに住みたいという人はお勧めかもしれないです。

-甲府市のメリット-

富士山、八ヶ岳、360度山に囲まれていて、晴れている日は美しい山を眺めているだけで心が洗われます。雪が積もってくると、さらに綺麗です。近隣に大型ショッピングモールがありますが、休日でも「大混雑で歩けない!」ということはなく、快適にショッピングや食事を楽しめます。甲府駅周辺は観光客向けの店もあり、住人にとっても「素敵なお店だなぁ…」と、楽しい気分になれます。

-甲府市のデメリット-

車で移動することがメインの場所なので、歩道が整備されていない道が多いです。子供をもつ親にとっては、学校への登下校で事故に遭わないか心配になります。また、お店や外灯が少なく、空き家や空き店舗も多いため、夜は暗く人通りが多くありません。一人暮らしの女性は、夜道が怖いと思います。

-甲州市のメリット-

メリットは
・ブドウがおいしいところ
・のどかなところ
・閑静な住宅街なので済みやすいところ
・山が多いので山登りできるところ
です。
とてもいいところですよ。
それにアパートは安いです。
果物がおいしいところなのでみずみずしい果物がたくさんあります。それにみんな優しいです。

-甲州市のデメリット-

デメリットは
・高速道路から近いですが降りたところが時々混むところです。
・甲州市はワインが有名ですがワイナリーはコムというところです。
あとは催し物があるととても混むところです。
それから道路が広いので子供が出たら怖いです。
あまりショッピングセンターとかはないです。

-富士河口湖町のメリット-

山梨県としては富士山に一番近い街であり、世界遺産である富士山を毎日見て生活をします。春になれば雪が解け始め、夏には青々とした色に、秋には少し色が薄れ、冬には真っ白になる四季折々の富士山を見れる街はそんなにありません。田舎ではありますが田舎ならではのご近所付き合いも多く、助け合いながら生活をしています。

-富士河口湖町のデメリット-

田舎のためどこへ出かけるにも車が必要になります。ここでは一家に一台ではなく一人一台が基本です。電車やバスもありますが本数が少なく隣り町に行くのにも車が絶対に必要となります。東京のような歩いて生活する方はいません。また、生活日用品といった物には困りませんが、娯楽といった物がないために30キロ先の甲府市に出かけることも多いです。

都道府県ページへ

Top