山梨県への移住【メリットやデメリット】

山梨県の基本情報

山梨県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.yamanashi.jp/
人口(人) 835165
面積(平方km) 4465.27
人口密度 187.04

山梨県の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】山梨県へ移住する長所・短所

山梨県へ移住するメリット

山梨県へ移住するデメリット

-富士川町のメリット-

都会に比べると空気が綺麗

近隣住民との関わりがあり、困ったときはお互い様精神で助け合いをする

過疎化が非常に進んでおり、外部から人を呼び込む動きがあり移住しやすい環境になりつつある

人が少ないため、空き家、空き地が多い

土地代が安いため家を建てやすい

土地が余っているため駐車場完備も多い

-富士川町のデメリット-

過疎化が進んでおり、ここまま行くと若い世代ないなくなってしまう

交通が基本自家用車移動になるので免許と自家用車必須

バス、電車ともに1時間に1から2本、年々利用者は減っている

公共交通機関に電子通貨は使えない

バス、電車乗り場へ行くのに車が必要なほどの距離がある

様々施設、会社が不足しているため寝るだけの町になっている

-甲府市のメリット-

東京から特急電車か高速バス、車で一時間半から二時間、とギリギリ通勤圏内の距離にも関わらず、山に囲まれ、水資源に恵まれ、野菜や果物などの新鮮な農産物がいつでも食べられる、住みやすい街です。また、大型スーパーや百貨店、公共施設や公園など暮らしに便利な施設が中心部や郊外に全て揃っています。気候も、夏は暑いですが冬は滅多に大雪も降らず、まあ過ごしやすいと言えると思います。公園も多く、子育てにも良い環境です。

-甲府市のデメリット-

数年前の大雪の時には交通が全て遮断され、生活用品が不足して大騒ぎになりました。山に囲まれた盆地なので何かあった時には陸の孤島になる可能性が高いことは大きなデメリットだと思います。また、夏の暑さは厳しく、春と秋の過ごしやすい時期がごく短いこと、自然に恵まれていることによる野性動物や昆虫(害虫)による被害などのデメリットも少しあります。

-甲斐市のメリット-

朝起きた時窓を開けるとさわやかで新鮮な空気を胸いっぱい吸えるので生きている幸せを実感でき今日もがんばるぞ~と前向きな気持ちになります。特に2階のベランダに出ると朝日に輝く富士山を仰下ます。神々しく輝く富士山は気持ちが明るくなりパワーをもらえて元気が出ます。とくに甲斐市は南に富士山、西に南アルプス、北に八ヶ岳、北東にはハイキングコースの茅が岳が見えます。それぞれの山々は四季折々美しく姿を変え心を和ましてくれます。

-甲斐市のデメリット-

交通の便が悪く公共の乗り物、特にバスは1日6往復しかない所もあります。スーパーなどは徒歩圏内にありますがちょっと中心街に買い物と言う時は不便です。特に土日にうっかり出かけると好きな時間にバスで帰って来る事は難しいです。当地は車社会なので車がないと不便です。特に車の免許を返上した高齢者が住むにはタクシーを利用しなければなりませんのでお金が必要になります。

-甲州市のメリット-

山梨県内でも特に子育て支援が充実していて、小さな子どもを育てやすいです。生まれてすぐから通えるサロンでは、初めてのママ友を作ることができるし、助産師さんがいるので疑問を解決できます。

そこまでの田舎ではないので、生活する上でのスーパー、ドラッグストアなどのお店が充実しています。

東京へのアクセスも近いです。

-甲州市のデメリット-

車がないと、どうしても移動が不便です。バスなどはありますが、一家に1台以上は車がある地域です。商業施設は多いものの、大型ショッピングモールへ行くには車で45分ほどかかります。

虫が多くて、4月から蚊がいます。夏はムカデが家の中に出ることもあります。

花粉が多い地域なので、花粉症の人には春が辛いです。

-南アルプス市のメリット-

自然が豊かで空気が綺麗。毎日富士山を眺めながら過ごすことができ、美味しい果物がたくさん食べられる。
水道水も美味しい。また、田舎ならではのご近所付き合いもあり、畑で採れた野菜や果物をお裾分けしてもらえるのでいつでも新鮮なものを食べられる。車の通りも多くなく、公園が多く、子供たちも安心して遊ぶことができる。

-南アルプス市のデメリット-

スーパーやデパートが少ない。また、駅がなく、バスも一時間に一本程度しかないため、車がないと生活できない。
熊やイノシシが出るので危険。
田んぼや畑が多いので夏になると虫が多いし、カエルがうるさい。
街頭がないので夜は暗く出歩けない。
田舎特有のしきたりがある。(結婚したら近所に挨拶回り 等)

-甲府市のメリット-

農作業のアルバイトがたくさんあるので、気軽に農業に触れられる。物価が安く超田舎価格のものがあふれているが、首都圏なので東京までとても近い。生活維持費を安くしつつ、通いで東京で仕事が出来る。温泉が多く、どの町にも市営温泉がたくさんありもちろん住人は激安で利用できる。毎日富士山が見える。

-甲府市のデメリット-

東北道に出るのが遠い。山に囲まれているので非常に暑い。商売をするには人口が少なく商圏も狭いので難しいことが多い。山梨県民は移住募集をしていながらよそ者が嫌いな傾向があるので馴染みにくい。仕事が少ない。農地が多いため夜は暗い場所が多く一人で歩くのが不安なことが多い。虫や花粉が多く住みにくい人も多くいる。朝晩の気温差が激しく、15度以上もあるため体調が崩れやすい。

-市川三郷町のメリット-

車道が混んでいたり、スーパーが混んでいることはありません。また、娯楽施設がないため、ガラの悪い若者は少ないです。人口自体が少ないため、役所や施設などにも余裕があり、対応は丁寧です。また、神明の花火大会という県外からも多くの人が来客するお祭りがあり、県外からですと、駐車場に多くの金額を取られますが、町民は自宅から歩いていけたり、友人の家に停められるため、便利です。

-市川三郷町のデメリット-

電車の本数が一時間に一本しかなく、車を持っていないと生活できません。コンビニは多くありますが、娯楽施設やチェーン店はなく、若者が住むには退屈です。人間関係は田舎独特の排他的な部分があり、他県からきた人は、辛いと言っていました。また、若者は、少ないので、災害が起きた時は人手が足りないといった不安もあります。

-身延町のメリット-

近所にイオンモールやエディオンなどがあり、必要なものが何でも手に入る。交通の便がよく、公園など至る所に防犯カメラがあり道も広いので治安の面でも安心できる。新しくできた地域なのでいろいろな設備が新しくて便利だし、子供を遊ばせるスペースや公園も多いので子供やペットが居る家庭にはいいと思う。

-身延町のデメリット-

道幅が広く直線であるためか、改造バイクの音がうるさく感じる事も。病院の側なので利用するときは便利だが、救急車のサイレンもあるので騒音を普通以上に気にするようであれば向かない。海辺の街ということで潮風の匂いが生臭いと感じたり、車やバイク等の管理が少し難しいのではと思う。

-甲府市のメリット-

 とにかく桃がとっても美味しいです。一般的には柔らかい熟した桃が良いとされますが、実は熟した桃でももぎたては硬くて皮もむきやすいし食感も良いのです。そんな桃を知り合いからタダでいただけちゃいなす。というのも本人ではなくても親戚や知り合いが果物農家という率は非常に高く、近隣や会社の方からお福分けしていただけるのです。

-甲府市のデメリット-

 盆地のため夏はひたすらに暑いです。カーエアコンが壊れたのかと思うほど車内の気温は上昇し、屋内にいるにも関わらず汗が出にくくなってしまうほどの高温な環境に陥ります。
 そして冬は謎のドカ雪。年に数回しか降雪しないため、除雪車などの機能が悪いため昼間溶けた雪が夜は轍の形のまま凍ったりして非常に危険です。
 この気候アンバランスさがデメリットだといえます。

-大月市のメリット-

山が多いためハイキングや軽登山から本格的な登山まで幅広く楽しむ事ができます。
川も多いので釣りが身近に簡単にできます。
観光スポットとしては日本三奇橋の「猿橋」を見たり、日本一の山「富士山」を眺めることができます。
都会に比べて土地や家賃の相場が低いです。
夜間はとても静かで治安が非常に良いです。

-大月市のデメリット-

最寄りのお店に買い物に行くためにも移動手段として車が必要になります。(バスは通っていますが本数が少ない)
都会に比べて働き先が圧倒的に少ないです。
駅周辺もお店がほとんどないためショッピングは隣の市まで行く必要があります。
まれに野生の動物に遭遇することがあり、中にはクマやイノシシなど危険な動物もいます。

 

都道府県ページへ

Top