佐賀県への移住【メリットやデメリット】

佐賀県の基本情報

佐賀県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.saga.lg.jp/
人口(人) 833245
面積(平方km) 2440.68
人口密度 341.4

佐賀県で人気の市区町村

佐賀県伊万里市への移住

佐賀県伊万里市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/伊万里市]

伊万里市(いまりし)は、佐賀県の西部にある市である。
かつて伊万里港から積み出しを行っていた磁器(伊万里焼)で有名である。

佐賀県の西部、佐賀市の西約50kmの場所に位置しており、伊万里川と有田川が流れ込む伊万里湾を東・南・西の三方から囲む形で東松浦半島南西部と北松浦半島南東部を市域とする。
市域西部の北松浦半島地域では長崎県と接している。
東部は低い丘陵地である。

佐賀県神埼市への移住

佐賀県神埼市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/神埼市]

神埼市(かんざきし)は、佐賀県東部に位置する市。

佐賀市中心部から北東約10kmの場所に位置し、南北に細長い市域をもつ。
北部は、脊振山地の中にある。
北に脊振山があり、南に行くほど標高は低くなる。
南部は、筑後川北岸の佐賀平野にあり、中央部を城原川が貫通している。
また、南東部は筑後川を挟んで福岡県久留米市に接する。

佐賀県江北町への移住

佐賀県江北町への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/江北町]

江北町(こうほくまち)は、佐賀県の中央部に位置する町で、杵島郡に属する。
鉄道や国道が分岐する交通の分岐点で知られる。

平均気温15.8度、平均降水量1,853mmで、平均の初霜は11月上旬、終霜は4月上旬で温暖な気候となっている。

佐賀県佐賀市への移住

佐賀県佐賀市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/佐賀市]

佐賀市(さがし)は、佐賀県の県庁所在地で、同県最大の人口を擁する市である。
特例市。

佐賀県の経済・行政の中心地。
有明海から脊振山地までを縦断する広い市域を有し、市街地は佐賀平野の中心付近に位置する。
秋には嘉瀬川河川敷を中心に佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、バルーン(熱気球)の街として賑わう。

佐賀県鳥栖市への移住

佐賀県鳥栖市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鳥栖市]

鳥栖市(とすし)は、佐賀県の東端に位置する市である。

国道や鉄道の分岐点でもあるため物流施設の集積地であり企業の進出が盛んな市である。
佐賀県における人口規模は佐賀市・唐津市に次ぐ3位だが、人口密度は両市を上回り佐賀県内の自治体で第一位である(2位は隣接する基山町)。

佐賀県の市区町村一覧

佐賀県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、佐賀県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、佐賀県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。佐賀県へ移住するならいつ?

佐賀県の移住支援情報

市区町村 支援内容
神埼市 (1)【定住促進住宅取得補助金】市内に住宅を取得する者に、定額20万円の補助金。加算額として新規移住者補助金10万円、定住促進地域移住補助金30万円、市内業者施工補助金5万円、子育て者補助金(乳幼児10万円、小中学生5万円、高校生3万円)。(2)【神埼市空き家改修費助成事業補助金】空き家を購入又は賃貸若しくは賃借した方が行う空き家の改修等に要する経費に補助金。(a)空き家改修費経費の1/2、限度額50万円(b)不要物撤去経費の1/2、限度額10万円。
嬉野市 移住=転入ととらえ、転入奨励金および持ち家奨励金制度による移住・定住支援の充実を図っている。空き家バンク制度もあり。
小城市 (1)【移住定住住宅取得奨励金制度】最大110万円の奨励金を交付。(2)【空き家改修費助成制度】最大60万円の補助金を交付。(3)【空き家情報登録制度】空き家バンクの登録に3万円、成約に2万円を助成。(4)【移住促進転入奨励金制度】市内の賃貸住宅への移住者を対象に20万円の奨励金を交付。(5)住宅金融支援機構との連携による住宅取得に関する借入金金利引き下げ(フラット35)
鹿島市 空き家情報(古民家の紹介など)。空き家活用事業助成金(上限50万円)。
武雄市 (1)定住特区補助金制度・定住支援金制度(2)空き家の改修について補助金を交付(3)ウェルカム武雄ハウス(移住促進住宅)(4)空き家バンク
伊万里市 空き家情報バンク制度、移住体験住宅(2泊から30泊無料)、移住・定住相談など伊万里暮らしの情報提供を行っている。
多久市 【空き家バンク・移住子育て世帯家賃補助】賃貸契約に基づき市内の民間住宅に居住し、その住宅の所在地に住民登録している、過去1年以内に転入の届出をされた中学生以下の子がいる世帯(転入前5年以上市外に居住していた世帯)に対し、家賃額から住宅手当を控除した実質家賃負担額の1/2(最高1万円)を申込月から最高48ヶ月交付。
鳥栖市 【お試し移住事業】市外居住で鳥栖市への移住を検討中の方を対象にお試し移住体験を実施。
唐津市 (1)空き家バンク制度(定住を希望する人は、事前に登録することで、空き家バンクに登録された物件の紹介を受けることができる)(2)空き家改修費補助(空き家バンクに登録された物件を改修する場合に、最大50万円の補助金を交付)(3)移住モニター(最長1ヶ月までの期間限定で移住体験ができる。家財道具や調理器具一式完備。家賃、光熱水費の利用者負担なし。食事は各自で準備。応募には一定の条件あり。)
佐賀市 (1)空き家バンク制度を実施(2)【空き家改修助成制度】空き家バンク制度に登録され、成約または成約見込みの物件の改修(対象費用の1/2、限度額50万円)および不要物の撤去(対象費用の1/2、限度額10万円)(3)【定期券購入費補助】市内在住で市外の常勤職に就いており、特急定期券等で通勤している方の、定期券購入費の一部を補助(上限1.5万円、年齢等条件あり)
市区町村 支援内容

【体験談】佐賀県へ移住する長所・短所

佐賀県へ移住するメリット

佐賀県へ移住するデメリット

-佐賀市のメリット-

市民の生活に対して、自治体が支出してくれる額が多いと思います。待機児童は聞いたことがないというレベルでいませんし、自治体の公共施設は十分に数があるので混んでいません。警察が暇をしているのではないかと思うほど、治安はいいです。ホームレスも全くいないというレベルです。

-佐賀市のデメリット-

田舎にある都市なので、ちょっと郊外に行くとすぐに田んぼ、畑が広がり、虫がとても多くいます。蜘蛛は見たことがないくらい太り、トンボは大群で出現します。羽アリが季節ごとに大量に出現することがあり、家の中にまでどこから入ったのかわからないくらい多く入ってきて困ります。

-佐賀市のメリット-

俗に言う田舎ですが、近くに大きなショッピングモールもあり、福岡までは特急で30分程度で行けます。広大な土地があるので、基本、駐車料金は掛からず(安い)土地やマンションの価格も安いです。食べ物はどれも採れたてで新鮮。都会では考えられないような値段で買えます。のんびりしていて自然が豊か、子育てする方にら特におすすめです。

-佐賀市のデメリット-

田舎なので佐賀市内に働き口はあまりなく、基本的に給与がとても低いです。ショッピングモールはいくつかあるものの、やはり最先端のファッションを求める方なら佐賀では物足りないでしょう。昔ながらの風習が残る地域が多く、地域特有の行事が多くて大変です。そういう地域特有の密接なつながりが苦手な方には少々苦痛かもしれません。

-鳥栖市のメリット-

福岡市まで電車で1時間かからずに行けるのが一番の魅力。特急列車に乗れば二駅で着くので疲れている日や寝坊してしまった日に利用することができ、通勤にとても良い。駅近でも家賃が安く、病院も徒歩で移動できる範囲にある。スーパーなども多いため、生活用品の購入に困ることもないのでとても住みやすい。

-鳥栖市のデメリット-

とにかく居酒やが多い。飲み屋が多い事は良いが、ゴミにカラスが群がり道をふさいでしまうほどだ。また、サッサースタジアムが駅裏にあるので試合がある日は時間を考えて動かないと列車に乗れなかったり、コンビニでランチが買えなかったりと色々支障がある。鳥栖市自体に何か特別な物はないので、出かける際は遠出になりがち。

-佐賀市のメリット-

少し郊外に行けばすべての物事が完結する。市街地の東、北、南にそれぞれ大型ショッピングセンターがあり、特に東のゆめタウン佐賀は全国のゆめタウンの中でも最大規模であるため、ほとんどの買い物に困ることがない。また北のイオンモール佐賀大和、南のモラージュ佐賀には映画館があるためこちらも利用価値が高い。

-佐賀市のデメリット-

中心市街地にめぼしい施設がほとんどない。他の地方都市と同様、中心部はシャッター商店街がほとんどであるため、市街地の中心部に住んでいても便利ではないどころか車の通行量などは多いため逆に不便に思える。また、郊外に出ればショッピングセンターはあるが、郊外まで行き、買い物をして帰ってこようとするとどうしても車が必須になるため免許やマイカーがないと生活しずらい。

-佐賀市のメリット-

治安が良い。
食べ物がおいしい。
落ち着いた街並み。
美人が多い。
自動車があれば移動に困らない。
自然が豊かで空気がきれい。
歴史的な名所が多い。
ショッピングモールが多い。
地価や物価が安い。
騒音が少ない。
優しくおおらかな人が多い。
田舎過ぎず都会過ぎない。
近所付き合いが盛んで助け合いがある。

-佐賀市のデメリット-

公共の交通機関が発達しておらず、自動車が無ければ移動が困難。
遊べる場所が少ない。
街灯が少なく、夜は道が暗い。
交通マナーの悪い人が多い。
交通事故が多い。
朝夕の通勤ラッシュで道路が大渋滞。
駅周辺に何もない。
深夜まで空いている店が少ない。
若者が少なく、お年寄りが多い。

-佐賀市のメリット-

自然が豊かです。
人がとてもやさしいです。
近くに吉野ヶ里古墳があり、歴史好きにはたまりません。
初代総理大臣大隈重信の出身地であり、大隈重信記念館は必見です。
あまりしられてませんが初代法務卿の江藤新平の出身地であり明治の薩長土肥の肥前の国ですから歴史好きにはたまりません。

-佐賀市のデメリット-

田舎ですのでなにもありません。
バスは1時間~30分に1本ですので車がないととても不便です。
田舎独特の隣つきあいのわずらわしさがあります。
コロナの患者がでたら〇〇町、〇〇才、女性を県の発表があると大体誰かとわかってしまい、周りから偏見をうけるばあいがある。その辺が田舎独特の面倒くさいとこかと。

-江北町のメリット-

いなかでのんびりしてよいところ。多くの自然が豊かに残っている。
人がやさしいのでいごごちがとてもよい。
肥前山口駅があり、長崎行きと佐世保行きの分岐駅なので便利。博多も特急で約1時間と便利なところ。
隣にはレンコンの名産地白石町があり、おいしいレンコンが安く買えます。

-江北町のデメリット-

田舎なので店が少なく不便です。バスが少なく1時間に1本くらいなのでバスは不便、車がないととても不便です。大きな病院がないので大病、大けがをしたときは佐賀のほうまで行く必要がある。
たとえば町でコロナの感染者がでるとみんながだれがとうわさする田舎独特のいやらしさがある。

-佐賀市のメリット-

静かな町で、地域の連帯感も強く、一旦、災害に見舞われたときにも、地域の消防団の方が、巡回に来てくれたり、非難場所まで、付き添ってくれるなど、セフティネットが厚い。
また、公共のスポーツ施設の利用料金が安くて、都市に比べたら、利便性が高く使い勝手がいい。お店も近くにあり、買い物も便利だ。

-佐賀市のデメリット-

平穏で牧歌的であるが、文化的な香りがする行事が少なく、エネルギッシュで躍動的な空気感がない。渋滞もなく、駐車場の確保も簡単なので、車を持っての生活は楽であり、ドアtoドアの生活だが、反面、公共の交通機関の利便性がよくなく、バス停の間隔も長く、本数も少なく、車がないと、生活しにくい。

-有田町のメリット-

自然が豊かで田舎独特の静かさを満喫することができます。都会の生活に疲れてしまった人にはお勧めです。世界的に有名な有田焼の産地でもあるので、日々芸術作品に親しむことが可能で、個人でも作品を作ることができます。30分ほどで、ハウステンボスや佐世保などの観光地に行くことができるのも魅力です。

-有田町のデメリット-

近くにスーパーやコンビニなどがないため、車が必需品になります。また、電車の本数も3時間に2本と少ないため時刻の確認が必要になります。よく使う飛行場が長崎・福岡空港で少し距離があります。そのため本州や北海道への旅行は時間がかなりかかります。最低賃金が低いので給料の面でほかの都道県に劣ることがあります。

-鳥栖市のメリット-

大きなプレミアムアウトレットがありますし、福岡も近く、買い物には困りません。少し行けば筑紫野イオンモールという大きなショッピングモールもあります。数年前には新幹線も通りましたし、電車では1時間もかからず博多まで行くことができます。また佐賀市内へも車で40分ほどで行くことができます。佐賀へも福岡へもアクセスが良い地域です。

-鳥栖市のデメリット-

基本的に車移動です。運転免許がないと住むには不便かなと思います。コンビニも多くはありません。佐賀も福岡も近いですが、逆に言うと鳥栖市内には休日におでかけするような場所は少ないです。サガン鳥栖のホームタウンのため、ベストアメニティスタジアムで試合があると、周辺は大渋滞します。近くのフレスポ鳥栖も混雑します。

都道府県ページへ

Top