佐賀県への移住【メリットやデメリット】

佐賀県の基本情報

佐賀県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.saga.lg.jp/
人口(人) 833245
面積(平方km) 2440.68
人口密度 341.4

佐賀県で人気の市区町村

佐賀県有田町への移住

佐賀県有田町への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/有田町]

有田町(ありたちょう)は、佐賀県の西部に位置する町で、西松浦郡に属する。
日本の伝統工芸品の1つ、有田焼の産地として知られている。

佐賀県の西部に位置し、町の南西部から南部にかけて長崎県との県境に接する。
町土の約7割を森林や山岳で占める。
町を分断して伊万里湾へとつながる有田川を挟む地形が特徴的である。

佐賀県唐津市への移住

佐賀県唐津市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/唐津市]

唐津市(からつし)は、佐賀県の北西に位置し玄界灘に面する市。

旧東松浦郡。
中心市街地は唐津藩の城下町が前身。
唐津神社の秋季例大祭である唐津くんちや特別名勝の虹の松原、呼子朝市などで有名で、広大な面積に多数の観光資源を有する。

佐賀県佐賀市への移住

佐賀県佐賀市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/佐賀市]

佐賀市(さがし)は、佐賀県の県庁所在地で、同県最大の人口を擁する市である。
特例市。

佐賀県の経済・行政の中心地。
有明海から脊振山地までを縦断する広い市域を有し、市街地は佐賀平野の中心付近に位置する。
秋には嘉瀬川河川敷を中心に佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、バルーン(熱気球)の街として賑わう。

佐賀県武雄市への移住

佐賀県武雄市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/武雄市]

武雄市(たけおし)は、佐賀県の西部に位置する市。
佐賀市と長崎県佐世保市の中間に位置する町で、町の中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉があり、この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり、国の重要文化財に指定されている。

佐賀県の西部、佐賀市の西約28km、佐世保市の東約30kmの場所に位置する。
地形は低山と盆地と川沿いの平地が入り組む地勢である。

佐賀県鳥栖市への移住

佐賀県鳥栖市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鳥栖市]

鳥栖市(とすし)は、佐賀県の東端に位置する市である。

国道や鉄道の分岐点でもあるため物流施設の集積地であり企業の進出が盛んな市である。
佐賀県における人口規模は佐賀市・唐津市に次ぐ3位だが、人口密度は両市を上回り佐賀県内の自治体で第一位である(2位は隣接する基山町)。

佐賀県の市区町村一覧

佐賀県

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、佐賀県へ移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、佐賀県での生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。佐賀県へ移住するならいつ?

佐賀県の移住支援情報

市区町村 支援内容
神埼市 (1)【定住促進住宅取得補助金】市内に住宅を取得する者に、定額20万円の補助金。加算額として新規移住者補助金10万円、定住促進地域移住補助金30万円、市内業者施工補助金5万円、子育て者補助金(乳幼児10万円、小中学生5万円、高校生3万円)。(2)【神埼市空き家改修費助成事業補助金】空き家を購入又は賃貸若しくは賃借した方が行う空き家の改修等に要する経費に補助金。(a)空き家改修費経費の1/2、限度額50万円(b)不要物撤去経費の1/2、限度額10万円。
嬉野市 移住=転入ととらえ、転入奨励金および持ち家奨励金制度による移住・定住支援の充実を図っている。空き家バンク制度もあり。
小城市 (1)【移住定住住宅取得奨励金制度】最大110万円の奨励金を交付。(2)【空き家改修費助成制度】最大60万円の補助金を交付。(3)【空き家情報登録制度】空き家バンクの登録に3万円、成約に2万円を助成。(4)【移住促進転入奨励金制度】市内の賃貸住宅への移住者を対象に20万円の奨励金を交付。(5)住宅金融支援機構との連携による住宅取得に関する借入金金利引き下げ(フラット35)
鹿島市 空き家情報(古民家の紹介など)。空き家活用事業助成金(上限50万円)。
武雄市 (1)定住特区補助金制度・定住支援金制度(2)空き家の改修について補助金を交付(3)ウェルカム武雄ハウス(移住促進住宅)(4)空き家バンク
伊万里市 空き家情報バンク制度、移住体験住宅(2泊から30泊無料)、移住・定住相談など伊万里暮らしの情報提供を行っている。
多久市 【空き家バンク・移住子育て世帯家賃補助】賃貸契約に基づき市内の民間住宅に居住し、その住宅の所在地に住民登録している、過去1年以内に転入の届出をされた中学生以下の子がいる世帯(転入前5年以上市外に居住していた世帯)に対し、家賃額から住宅手当を控除した実質家賃負担額の1/2(最高1万円)を申込月から最高48ヶ月交付。
鳥栖市 【お試し移住事業】市外居住で鳥栖市への移住を検討中の方を対象にお試し移住体験を実施。
唐津市 (1)空き家バンク制度(定住を希望する人は、事前に登録することで、空き家バンクに登録された物件の紹介を受けることができる)(2)空き家改修費補助(空き家バンクに登録された物件を改修する場合に、最大50万円の補助金を交付)(3)移住モニター(最長1ヶ月までの期間限定で移住体験ができる。家財道具や調理器具一式完備。家賃、光熱水費の利用者負担なし。食事は各自で準備。応募には一定の条件あり。)
佐賀市 (1)空き家バンク制度を実施(2)【空き家改修助成制度】空き家バンク制度に登録され、成約または成約見込みの物件の改修(対象費用の1/2、限度額50万円)および不要物の撤去(対象費用の1/2、限度額10万円)(3)【定期券購入費補助】市内在住で市外の常勤職に就いており、特急定期券等で通勤している方の、定期券購入費の一部を補助(上限1.5万円、年齢等条件あり)
市区町村 支援内容

【体験談】佐賀県へ移住する長所・短所

佐賀県へ移住するメリット

佐賀県へ移住するデメリット

-有田町のメリット-

自然が豊かで田舎独特の静かさを満喫することができます。都会の生活に疲れてしまった人にはお勧めです。世界的に有名な有田焼の産地でもあるので、日々芸術作品に親しむことが可能で、個人でも作品を作ることができます。30分ほどで、ハウステンボスや佐世保などの観光地に行くことができるのも魅力です。

-有田町のデメリット-

近くにスーパーやコンビニなどがないため、車が必需品になります。また、電車の本数も3時間に2本と少ないため時刻の確認が必要になります。よく使う飛行場が長崎・福岡空港で少し距離があります。そのため本州や北海道への旅行は時間がかなりかかります。最低賃金が低いので給料の面でほかの都道県に劣ることがあります。

-鳥栖市のメリット-

大きなプレミアムアウトレットがありますし、福岡も近く、買い物には困りません。少し行けば筑紫野イオンモールという大きなショッピングモールもあります。数年前には新幹線も通りましたし、電車では1時間もかからず博多まで行くことができます。また佐賀市内へも車で40分ほどで行くことができます。佐賀へも福岡へもアクセスが良い地域です。

-鳥栖市のデメリット-

基本的に車移動です。運転免許がないと住むには不便かなと思います。コンビニも多くはありません。佐賀も福岡も近いですが、逆に言うと鳥栖市内には休日におでかけするような場所は少ないです。サガン鳥栖のホームタウンのため、ベストアメニティスタジアムで試合があると、周辺は大渋滞します。近くのフレスポ鳥栖も混雑します。

-武雄市のメリット-

都会の方からすれば“田舎”になるかもしれませんが佐賀県では“ほどよく”田舎で、住みやすい町です。車があればもっと便利で、スーパーやドラッグストアなどもたくさんあり、生活には困りません。温厚な人が多く、事件なども起こりにくいまちです。また、観光地ということもあり外からの出入りも多いです。最近では、図書館や市役所、御船山楽園のリニューアルで賑わっています。子供も大人も遊び場に困りません。

-武雄市のデメリット-

歴史や祭り(流鏑馬やみこし系)などが多く、家を建てて住むとなると地域の方々との距離が近くなり、地域での役割を担うことになります。昔から住んでいる人が多く、口論にもなります(地域柄頑固な人が多いので)。外から来る人をあまりよく思わない節があります。(嫌がらせはないですが、ひいきはあります)大企業がないので、お金を安定して稼ぐなら市役所くらいしか就職先はありません。

-佐賀市のメリット-

自然との調和がとれた良い街だと思います。
駅も特急で40分ほどで博多に行くことができます。
買い物もスーパーマーケットからコンビニ、ショッピングモール等一通りそろっており普段の生活で不便が無いほどには栄えています。また平野になるので自転車での移動が快適というのもメリットです。

-佐賀市のデメリット-

移動の際にバスなどの交通機関の全体的な網羅がされていないため大人の方で働きに出る場合には移動の車両の確保が最優先になることでしょうか。
どうしても移動に車が必要になる地域もあるので都市部に比べ車両代やガソリン代の確保そして運転免許の取得がが必要かとおもわれます。

-佐賀市のメリット-

歴史の町。吉野ヶ里遺跡という遺跡があり観光客収集に力を入れている。また、全国的にそうめんが有名。意外にも福岡県に近く、車で20分ほど走れば福岡に遊びに行ける。JRが通っており町内に駅が2個あるので長崎、福岡へのアクセスは公共交通機関でも大丈夫。筑後川と背振天山に囲まれた自然豊かな町。

-佐賀市のデメリット-

かなりの田舎。大通り以外には田んぼばかり。この町で就職をするなら地元密着の企業しかない。働く人は、もともと地元で生まれ育った人ばかりなので他県から来たひとには当たりが強いかも・・・。生活する上で車は絶対にいる。小学校中学校は同県の他町村と比べると田舎にしては人数が多いほう。

-佐賀市のメリット-

近くにモラージュ佐賀というモールがあり、そこで食料品や服の買い物、英語の勉強やレストランで食事ができます。モラージュで、九州での唯一の109シネマズもあります。行こうと思えば、西鉄バス一本で久留米まで行けます。周りは家とアパートばかりで、夜ではとても静かです。だいたい歩いて20分以内いろんなリサイクルショップや小さなカフェに行けます。

-佐賀市のデメリット-

バスは少ないので、出かけるときはちゃんとプランしないととても面倒なことになる可能性が高いです。佐賀駅までのバスも、1時間に一回しかこないから通学と通勤はとてもしにくいと思います。近くのモールで働いていなければ、車が必要です。若い子供もこの辺に多いので、気をつけないと彼らの自転車にぶつかられます。

-唐津市のメリット-

唐津市の中でも更に田舎の方なのですが、やはり自然が多いことです。老後にゆっくり生活するにはいいところではないでしょうか。山もあり、海もあり山菜取りや魚釣りがたくさんできます。戸建ての家が多く土地も広いので自宅の敷地にお庭を作り野菜などを育てることもできます。うちの実家では季節に合わせた野菜を父が作っていますのでおすそ分けをいつももらっています。

-唐津市のデメリット-

かなりの田舎なので大学、就職などは他県に行く人が多いのが事実です。お盆やお正月などはみんな里帰りで帰ってきますが、普段はおじいちゃんおばあちゃんの人口がとても多いです。
そして、24時間のコンビニまで車で20分くらいです。山を下った海沿いにある田舎なので山を少し登らないと一番近いスーパーにも行けません。

-佐賀市のメリット-

現在頻発している地震の発生頻度が低いことを最近実感しています。佐賀平野の広がる土地柄で、のんびりした地方の感じがまだ若干残っているのがメリットです。農作物の生産も豊富で、物価も関東に比べれば安いと思います。福岡方面にも電車で約40分で行けますし、都市圏への移動を考えても便利だと思います。

-佐賀市のデメリット-

佐賀市内には公共交通機関としては、バスが中心でそれ以外の交通インフラは皆無なので、車を所有していないと不便を感じると思います。ただ、佐賀県は現在人口10万人あたりの事故率が全国ワーストを数年連続しているので、車の運転にはかなりの注意を要し、追突事故には特に要注意であることが大きなデメリットだと思います。

-神埼市のメリット-

とにかく自然が回りに多く、長閑な気分を味わえます。
交通量も少なく、道路も見通しがいいです。
信号機の数も少なく、ストレスなく運転できます。
運転が好きな人には気持ちいいと思います。
近くには九州一の河川の筑後川も流れていて、夏の筑後川花火大会はすぐ近くで見ることができます。

-神埼市のデメリット-

いわゆる田舎町なので、刺激が少ないです。
買い物に行くのにも自家用車は欠かせません。移動手段は基本的に車になります。
街灯も少ないので、夜になると真っ暗です。
交通の便が悪く、バスの本数も少ないです。
最寄の駅までも車で15分ほどかかってしまいます。
田んぼが多く、季節によっては虫が大量発生します。

-佐賀市のメリット-

平均年齢が40歳とかなり若く、これから発展していくところだと思います。
福岡県にとても近く20分で筑紫野市、久留米市に行くことができ、40分あれば博多に遊びにいけますが、鳥栖市は自然もまだ多く、ゆったりと住める場所だと思います。
サガン鳥栖のホームです。
子供がたくさんいるためか、子どものおはなし会や遊びの会が沢山有り、活動が盛んです。
大きな市ではありませんが、スーパーや総合施設、病院、飲食店、アウトレットなどがあり生活に困りません。
新鳥栖駅という博多から1駅の新幹線の駅が有り、鳥栖ジャンクションはいろいろな方面の高速道路が交わる場所なので、長崎、大分、福岡などちょっとした旅行にすぐに行ける便利な市です。

-佐賀市のデメリット-

公立の幼稚園がなく、教育料が高い私立しかありません。(申請すればある程度は補助金が出るようです。)
佐賀県の中では比較的雪が降りやすい場所であると思います。
土日はアウトレットの近くやその方面は渋滞していることが多いです。
大きな総合病院で有名なところがないので、救急で相談するとよく久留米市の病院まで行くよう言われます。

 

都道府県ページへ

Top