釧路市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/釧路市]

北海道釧路市周辺への移住

釧路市(くしろし)は、北海道東部、太平洋沿岸にある市。

釧路地方裁判所や北海道釧路総合振興局をはじめとした道東地方を管轄する国や道の出先機関のほか、日本銀行支店が設置され、道東の政治経済の中心として役割を持ちます。

市町村面積としては道内で第4位となっていて、また市人口も道東では最大であり道内でも第4位です

1984年以降人口は減少傾向にあり、2014年(平成26年)4月1日には全域が過疎地域に指定されました。

国際バルク戦略港湾(穀物)に選定された釧路港を持ち、製紙工場や食料品工場、医薬品製造工場、発電所などを擁する臨海工業都市でもあります。

また、道東で唯一の定期国際便が就航する釧路空港と、釧路湿原国立公園及び阿寒国立公園の2つの国立公園を市域に有しています。

市名の由来はアイヌ語による以下の諸説がありますが、どれかは定かではありません。

「クスリ」(薬・温泉。
釧路川はクスリペッ、水源の屈斜路湖はクスリトーと呼ばれた)
「クツチヤロ」(のどのようなところ・沼の水が流れ出る場所)
「クシベツ」「クシナイ」(通り抜けることのできる川)
「クシル」(通路)

市区町村 北海道釧路市
地域 道東地方(網走/十勝/釧路/根室)
人口(人) 174804
面積(平方km) 1362.92
人口密度 128.26

北海道釧路市の男性・女性の割合

北海道釧路市の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
北海道 釧路市 1,500円 3,500円 4% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,500円 3,500円 70,400円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 181,000円

北海道釧路市の移住支援情報など

北海道釧路市の移住支援PR動画

 

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】北海道釧路市へ移住する長所・短所

釧路市へ移住するメリット

釧路市へ移住するデメリット

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談1-

海鮮物がおいしく、比較的安く買うことができる。世界3大夕日と言われる幣舞橋から見る夕日がとても綺麗。夏になると3尺玉の花火が上がる花火大会がある。北海道の中では雪が少なく、過ごしやすい。夏も真夏日になることが少なく道外からも避暑地として長期滞在している方がいる。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談1-

交通の便が悪い。車がないと移動に困る。バスも年々本数が減っている。中心街に活気がない。冬も夏も寒い。避暑地ではあるが夏でも夏日に到達することは数える程度。若者の遊ぶ場所がない。地方都市にしては住宅の賃貸料金が高いと聞いたことがある。ミュージシャンのライブの年に数回しかない。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談2-

食べ物が美味しい。夏は異常なほど涼しい。多くもなく少なくもない程よい人口。物価が安い(ワンルームマンションの相場は約35000円)。情報量が程よく、迷わない。時間の流れがゆっくりしている。都会のようなギスギス感やトゲトゲしさがなく、人が良い(近すぎず、遠すぎない距離感がある)?

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談2-

冬はハンパなく寒い(激寒っ!)。ストーブの燃料代がかさむ。車がないと生活に支障がある(平均して近くのコンビニまで徒歩だと20分以上かかる。車でも5分)。書籍や商品が店頭に並ぶのに2〜3日かかる。夜の営業時間が早く終わる(平均して夜9時まで)。バスやJRも最終は夜8時台。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談3-

釧路に住むメリットはやはり気候の涼しさだと思います。

北海道自体がカラッとしていて気温もあまり高くなく、夏場でも過ごしやすい地域図書いて有名ですが、釧路は北海道の中でも特に涼しいです。7月や8月の真夏でも最高気温が20度くらいで、どんなに暑くても30度を超えることはありません。

その上湿度も高くないので、ジメジメした夏の暑さのストレスとは無縁の過ごしやすい快適な気候は自慢できるところですね。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談3-

地方の都市部以外はどこもそうかもしれませんが、中心部を含めた街全体がさびれていて、活気が感じられないことです。

人口流出も著しく、皆高校を卒業すると道内の札幌や東京などに進学で出てしまい、そのまま就職してしまうケースが多いです。

人口は道内で4番目と少なくないのですが、娯楽が少なく若者にとっては刺激の少ない不便な街に思われてしまいます。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談4-

夕日ががきれいな所です。幣舞橋から見える夕日はとても美しくて海外からの観光客がたくさん訪れています。また夕日を見ながらのクルーズでのパーティーもおこなっており、観光客だけでなく地元の人も利用されているかたが多いです。
湿原があるのでタンチョウヅルが街から少し離れたところで飛んでいるなど天然記念物が身近なところにいることも魅力です。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談4-

北海道なのでどこも同じことが言えるのですが、どこの街に行くにも2時間以上時間がかかることです。市内で買い物に行くのにも車がないと不便なところだと思います。昔と比べて人口も少なくなってきているのでスーパーなどが閉店していくところも多く大型スーパーなどでないと買い物ができなくなっているので高齢者にとっては歩いていける距離に買い物ができないので大変だということもよく聞きます。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談5-

年間平均気温が低く、特に夏場は7、8月でも20度代前半までしか上がらず、スポーツ実業団の合宿地になるほど涼しい気候が売りです。
市街地から少し離れると北海道らしい自然豊かな風景が広がっていて、釧路湿原などは観光名所になっています。新鮮な海の幸や乳製品も美味しく、風土を活かしたライフスタイルを楽しむ事が出来ます。

-釧路市へ移住した方の口コミや体験談5-

人口減が著しい地域で、中心街などはかなり寂れてしまい、かつての街の活気が感じられない。
娯楽施設なども少ないので、イオンなどの大型モールなど若者が遊ぶ場所は固定されていて活気が感じられません。冬場は豪雪地帯ではないのですが、かなり寒くて外に出るのも億劫になるくらい過酷です。

北海道の市区町村一覧

道北地方(上川/留萌/宗谷)
旭川市
士別市
名寄市
富良野市
留萌市
稚内市
愛別町
枝幸町
遠別町
小平町
上川町
上富良野町
剣淵町
下川町
鷹栖町
天塩町
当麻町
苫前町
豊富町
中川町
中頓別町
中富良野町
羽幌町
浜頓別町
美瑛町
東神楽町
東川町
比布町
美深町
幌加内町
幌延町
増毛町
南富良野町
利尻町
利尻富士町
礼文町
和寒町
音威子府村
猿払村
占冠村
初山別村
道央地方(空知/石狩/後志/胆振/日高)
赤平市
芦別市
石狩市
岩見沢市
歌志内市
恵庭市
江別市
小樽市
北広島市
札幌市(全域)
砂川市
滝川市
伊達市
千歳市
苫小牧市
登別市
美唄市
深川市
三笠市
室蘭市
夕張市
厚真町
安平町
岩内町
浦臼町
浦河町
雨竜町
えりも町
上砂川町
喜茂別町
京極町
共和町
倶知安町
栗山町
黒松内町
様似町
積丹町
白老町
新十津川町
新ひだか町
寿都町
壮瞥町
秩父別町
月形町
当別町
洞爺湖町
豊浦町
奈井江町
長沼町
南幌町
新冠町
仁木町
ニセコ町
沼田町
日高町
平取町
古平町
北竜町
むかわ町
妹背牛町
由仁町
余市町
蘭越町
赤井川村
神恵内村
島牧村
新篠津村
泊村
真狩村
留寿都村
道東地方(網走/十勝/釧路/根室)
網走市
帯広市
北見市
釧路市
根室市
紋別市
足寄町
厚岸町
池田町
浦幌町
遠軽町
雄武町
大空町
置戸町
興部町
音更町
上士幌町
上湧別町
清里町
釧路町
訓子府町
小清水町
佐呂間町
鹿追町
標茶町
標津町
士幌町
清水町
斜里町
白糠町
新得町
大樹町
滝上町
津別町
弟子屈町
豊頃町
中標津町
浜中町
美幌町
広尾町
別海町
本別町
幕別町
芽室町
湧別町
羅臼町
陸別町
更別村
鶴居村
中札内村
西興部村
道南地方(渡島/檜山)
函館市
北斗市
厚沢部町
今金町
江差町
奥尻町
長万部町
乙部町
上ノ国町
木古内町
鹿部町
知内町
せたな町
七飯町
福島町
松前町
森町
八雲町
札幌市の区一覧
厚別区
北区
清田区
白石区
中央区
手稲区
豊平区
西区
東区
南区
Top