東京都への移住【メリットやデメリット】

東京都の市区町村一覧

【体験談】東京都へ移住するメリット・デメリット

東京都へ移住するメリット

東京都へ移住するデメリット

-杉並区のメリット-

閑静な住宅街。書店・ファストフード・整骨院などがあり、日常生活を送る上で必要なものがそろっている。また公園も多く自然を体感できる。川に沿って自然が少なからず残っているため、早朝や夕方のラニングに適している。子供が少なく成人や高齢者が若干多く在住しているため、治安がよく夜は大変静かである。

-杉並区のデメリット-

急行が停車しないため、急いでいるときは間に合わない時がある。三菱東京ufg銀行のatmが駅の反対車線側にあるためわざわざ歩道橋を渡り歩いていかなくてはならない。坂が多く自転車での走行は疲れる。。大通りがあるため、信号が変わるのに時間がかかる。ドラックストアが近年潰れてしまった。

-足立区のメリット-

東京23日の最も郊外にありますので、23区の中でも田舎の要素が若干強いです。そのため、都心で買い物をするのに比べたら、同じものを買うのに少し安く買えます。これは値切り交渉がうまくいきやすいわけではなく、そもそもの物価が都心より安いのです。そういった意味で都心より住みやすいです。

-足立区のデメリット-

足立区は23日の中でも中高生の数が多く、その分中高生による不良行為が多発しています。万引きの被害は毎年相当な額だそうで、少年犯罪の数が数年連続全国トップクラスにランクインされているという不名誉な記録をもっています。なので、夜23時過ぎの駅前や公園には不良少年がたまっていることから治安があまり良くありません。

-文京区のメリット-

大都市池袋から徒歩で行ける町です。住宅街の為、夜は静寂でとても良いです。近くにコンビニや昔からの商店街があり日常生活に必要な物は充実しています。古くからの街並みも残っているため地域密着という感じで近所付き合いもあり都会では余り感じられない、人の温かさも感じられます。

-文京区のデメリット-

最寄りの駅が近くに都電しかない。最近地下鉄も出来たが余り主要な駅に停車しないため利用しない。電車でのアクセスが不便に感じる。住宅街のため飲食店が少なく、24時間開いてるのはコンビニ位である。また、道が狭く入り組んでいるため車での移動がしずらいのが非常に困っている。

-足立区のメリット-

北千住の駅には、電車が5本乗り入れているので、交通の便が良いです。
埼玉、千葉、東京の境目で、休日のお出かけスポットへも気軽に「行ってみようか」という気持ちになります。
荒川沿いには、サイクリング、ジョギングロードがあり、キレイな夕焼けを眺めながら気持ちよく運動できるのも素敵だと思う点の一つです。

-足立区のデメリット-

最近は、住みたい街として取り上げられることも増えてきましたが、再開発のためなのか?スーパーが2件ほど建て替えに入りました。新しくオープンするのは3年後とかだそうです。
自分の生活圏内に大型スーパーが無いのは辛いです。
あと、ちょっと夜の治安が悪いのは気になります。…怖い。

-目黒区のメリット-

都心(特に渋谷、新宿)から近く、洋服や雑貨、手土産などといった買い物をネットショッピングではなく直接お店に行くことができ、とても便利。
関東圏に住んでいる人達にはある程度高級住宅街として知られている地域なので、「どこに住んでるの?」と聞かれて「目黒区です」と答えるとそこから話が盛り上がることが多い。

-目黒区のデメリット-

他の地域にも当てはまることは多いと思うが、特に金曜日、土曜日の夜中は酔っ払いの集団や酔いつぶれている人が多く、女性が1人で出歩くには少し治安が良くないと感じることが多い。
目黒区に住んでいることを言うとお金持ちイメージがついてしまうことがある。(実際はそうでもないのに)

-墨田区のメリット-

交通の便が非常に良く通勤がしやすい。
商業施設も数多く存在するので近場で各種の買い物を済ませられる利点がある。
大きな公園も近くにあり、意外に自然を感じられる場所もいくつかあります。
家の近くにコンビニが何店かあるので、深夜に買い出しが必要になった時も数分で済ませられる

-墨田区のデメリット-

大きな通りが多いので夜でも車の通りが多く騒音に悩まされる事があります。
休日などは人通りも多く駅に行くだけでも人波を避けたりしないといけないのでストレスを感じる事があります。
場所によりますが、高いビルがある所ではビル風の影響で弱いビニール傘などはすぐにダメになってしまいます。

-港区のメリット-

芝浦に住んでいますが、山手線の品川と田町間の新駅の開発などで今とても活気があります。子育て世代も多く住むタワーマンションが建設され、商業施設などもこれから増えそうです。交通の便がよくどこに出るにも行きやすいので、都会ライフを楽しめます。一方で運河沿いの道は散歩にも最適で東京湾エリアの風景を見ることができます

-港区のデメリット-

オフィスとタワーマンションが多いため、人がとにかく多く、その割に普段の生活に必要なスーパーが数軒しかなく、買う店が限られます。特に朝、駅に向かう人、駅からオフィスに向かう人の波がすごく歩きづらいことがあります。サラリーマン向けの飲み屋はたくさんありますが、ファミリー向けのレストランやオシャレなお店が少ないので、休日にゆったり飲食できる場所があまりありません。

-調布市のメリット-

・スーパー、コンビニ、ホームセンターが充実しており、とても住みやすい
・新宿まで1本で出れる
・家賃も東京都内でもそこそこ安い
・小中学校が充実している
・駅前は賑わっているが、住宅街は静かで過ごしやすい
・ジョギングをするにも走りやすいコースが多い
・多摩方面へ行くと自然も堪能できる

-調布市のデメリット-

・住みやすい分、人が多く住宅街を抜けると歩きづらい
・新宿方面への通勤ラッシュが凄まじい
・タワーマンションが少ない
・観光スポットが少ない
・都心が遠いため新幹線・飛行機利用をするためには遠い
・冬が都心に比べてとても寒い(西東京だけ雪が降ることもある)
・ゴミの分別が面倒

-中央区のメリット-

オフィス街なので、交通の便がとても良いです。都心にも近いので行きたい場所にすぐ行くことが出来ました。駅も、住んでいるマンションの周辺に3駅ありました。どれも歩いていける距離なのでこの線を使いたい、という選択肢が広がり助かりました。治安も悪くないので安心して暮らすことが出来ると思います。

-中央区のデメリット-

オフィス街ということもあり、生活に必要なスーパーや薬局などがあまり多くありません。近くに競合店がないからかもしれませんが、品物の値段がやや高めに感じます。また、学校の数もあまり多い場所ではないのでお子さんがいる家庭が住む場所としては少し大変なのかもしれません。

-台東区のメリット-

浅草中心にいつも近所でお祭りがある為、とても活気があり楽しい下町です。この季節ですと、お花見のメッカ隅田川もあります。外国人観光客の姿も多く、外国人向けの宿泊施設等、語学学習をしている人にとっては気軽にコミュニケーションが取れる町だと言えます。以外に山谷の宿泊施設が穴場といえます。

-台東区のデメリット-

近くに吉原や山谷地域といった、特に夜間から早朝の治安があまり良くない場所が多いので、小さいお子さんがいるご家庭は心配なのではないのかと思います。また住宅超密集地域の為、地域危険度マップ等の火災危険度等、住むのに不安な点があります。柄やマナーが悪い人も多く、自転車同士の衝突もしばしば見受けられます。

 

都道府県ページへ

Top