東京都への移住【メリットやデメリット】

東京都の基本情報

東京都への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.metro.tokyo.jp/
人口(人) 13513734
面積(平方km) 2190.93
人口密度 6168.04

東京都の市区町村一覧

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】東京都へ移住する長所・短所

東京都へ移住するメリット

東京都へ移住するデメリット

-北区のメリット-

昔ながらの下町を感じる商店街が多く、若い人からお年寄りまで幅広い世代の方が住んでいる。病院や教育機関等も多いため生活に困ることがない。23区内では比較的地価が低く物価も安いため経済的に余裕を持つことができる。京浜東北線で都心や東京の東側へのアクセスも困ることがなく、田端まで出れば並行して走る山手線も利用できる。東京の西側へのアクセスは埼京線を利用でき、目黒などに向かう南北線などの地下鉄もある。

-北区のデメリット-

公園が少なく自然を感じることができる場所がほとんどない。
他の地域へのアクセスでは、京浜東北線など主要な路線が止まってしまうと安全確認のため並行して走る山手線などの路線も止まってしまう。都心の交通が全体的に止まってしまうことにより混雑が増し、運行を再開してもすぐに目的地に向かえないことが多い。

-府中市のメリット-

程よい住宅街で、子供たちも多く住んでいる。電車沿いでも五月蠅くない。府中駅まで1駅なので、買い物等も便利である。駅中の「ベーカリー&カフェ ルパ 東府中店」のパンは美味しく、テイクアウトするのもおすすめ。隣には本屋とクリーニング屋もあり、夜遅くでも営業している。

-府中市のデメリット-

仕事等が遅く終わる場合、スーパー「サミット」が24時で営業終了するため買い物には注意が必要。また、店内もそう広くはない為、レトルト等に関しては購入できるものが偏る傾向にある。また、テイクアウトできるお店も多くはないので、家で作り置きする等対応が必要と思われる。

-八王子市のメリット-

都心部ほど人が多くなく、夜が静かで良いです。とは言え、田舎というわけでもないのでなんでも揃っているので便利です。

「八王子市」と言ってもとても広いですが、私の住んでいる多摩ニュータウン通り方面は、緑が多く、道も広く、ショッピングモールなどは駐車場も広いです。しかも数時間分が無料だったりします。

交通網の点でも特に不便さはなく、旅行の際には空港行きのバスなども多く出ているのでとても便利です。

-八王子市のデメリット-

都心に出るのに約40分ほどかかるため、毎日の通勤ラッシュ時はとても辛いです。
特に、東京都の東側へ通勤となると、東京都を横断する形になるのでなかなか大変です。
一旦始発駅に行ってから、再度列に並び、座って通勤することもあります。

また、山を切り開いて作られた土地のため、急で長い坂道が多いのもネックです。場所によっては、徒歩や自転車ではちょっと厳しいかな…という道も数多く存在します。

-多摩市のメリット-

山、川が近く、公園がたくさんあり、最寄り駅までもバスで7分とそう遠くない。遊歩道が長距離繋がっていて、車に会わずに小中学校まで登校できる点が良い。街路樹や歩道の幅が広くとってあり、安全。自宅のベランダからも富士山が見えるし、市内の至る所から富士山がいつでも見える。朝、小鳥のさえずりで目を覚ますことが多々ある。自然が多く残っているので、花や鳥、虫を見て、これが出てきたからもう季節が変わったなーと季節の変化を感じられる。

-多摩市のデメリット-

街全体が高齢化しており、団地も一軒家も空き家が見受けられる。人口分布が高齢車に偏っていて、20代、30代が少ない。バスが1時間に3本程度しかなく、終バスも早いので少し不便に感じる。おしゃれなカフェやパン屋が少ない。外食する時、店の選択肢が少ないし、閉店も早い。お酒を飲める店が少ない。

-国立市のメリット-

文教地区なので、有名な学校が多く落ち着いた雰囲気の街です。そのため子供の教育環境として大変適しています。
また街中に緑が多く、道も全体的に整備されているため、散歩をするのにも適しています。
加えて中央線と南武線が通っており、用途に合わせて使い分けることができます。

-国立市のデメリット-

国立駅、谷保駅、矢川駅の三駅が使用できますが、どの駅も各駅停車しか止まりません。そのため、電車を使用する時、それなりにストレスが溜まります。
市内に映画館がないため、映画を見たい場合は隣の府中市や立川市まで行かないと見ることができません。
市民税が他の市に比べて若干高めです。

-国分寺市のメリット-

中央線沿いで渋谷あたりまで通勤圏内。
田舎と都心の中間くらいなので住環境は良い。
以前より減ったが、緑地が多いので閑静な雰囲気。
車必須というほどでも無く、自転車オンリーでも暮らせる。
新宿、中野あたりまでのアクセスはかなり楽チン。
高尾、秩父、横浜あたりも日帰りでお気軽に遊びに行ける。

-国分寺市のデメリット-

都心(東京駅、品川駅)近辺へ行くのが結構不便。
府中市、国立市、小平市の近辺で比較すると市の財政は悪いと思う。
道路状況は初手の整備計画がダメらしく道が狭いことこの上ない。
福祉関連のサービスも近隣に比べると充実度が低いと思う。
府中は工場と競馬、国立はオシャレ文化都市、小平は学園都市、国分寺はこれといって無いような気がする。

-江戸川区のメリット-

都心への通勤が便利です。東京駅まで電車乗車時間17分、車でも20~30分で行くことができます。その割に自然と親しむことが出来る環境が整っていて、大小多くの公園、荒川沿いのサイクリングロードでちょっと足をのばせば、臨海公園があり大観覧車、海水浴などで楽しむことが出来ます。商店、飲食店なども充実していて殆ど区内で用を足すことができます。

-江戸川区のデメリット-

ここ近年、新築マンションが増え、そのせいか通勤時のラッシュは他線と比べて激しいものがあります。早朝出勤などの対策を考える必要があるでしょう。また最近、外国人の移住者が増えているようで、ちょっと街の景観が変わってきているよに見えます。苦手な人には苦となるでしょう。

-葛飾区のメリット-

東京都内でありながら、下町の住宅街が広がっており緑が多く住みやすいです。東京駅まで1時間もかからず出ることができますが、山手線内エリアよりも時価も安く人とのかかわりも多い地域です。埼玉・千葉へも出やすいため休日に日帰りで足を延ばして楽しむことができます。坂道などがなく平らなので、生活しやすいです。

-葛飾区のデメリット-

川に囲まれているエリアのため、台風や豪雨による被害が出た場合にはほぼ浸水の被害が出ると言われています。あまり大きな建物がないため、災害が起きた場合には被害が大きくなる心配があります。近隣に親戚がいないため、子育てや生活面で孤立したり孤独を感じることもあります。

-稲城市のメリット-

自然が豊かで森林や大きな公園が比較的多く、東京とは思えないようなのどかな環境です。最近は住民が増えつつあり、住宅地や店舗が増えはじめており、これから色々発展する可能性を秘めているような街だと思います。都市部へのアクセスもそれほど不便ではなく、私鉄などで都心部へ出ることも可能です。

-稲城市のデメリット-

自然が豊かである反面、虫が多くいるので、気にする方は大変かと思います。幹線道路があまり多くないため、車が集中し、週末には渋滞の発生が見られます。幼稚園や保育園は数が不足気味で現在数を増やしているような状況です。隣の市に通うことになることもあります。街全体的に坂道がやや多いです。

-稲城市のメリット-

多摩川に面していて、まわりは多摩市、町田市、府中市、川崎市に囲まれた町です。小田急線、京王線、JR南武線が走っていて、稲城駅から新宿までは京王線で最短でおよそ30分程度で出られます。有名なレジャーとしては、よみうりランドがあります。緑が多く自然豊かで、東京都でありながら自然の移り変わりを生で感じることができます。若葉台周辺の小川では、蛍が生息しています。空気が澄んでいるので、冬は流れ星も見ることができます。

-稲城市のデメリット-

駅がどこも遠くて不便です。バスか自転車で駅まで行くことが多いです。山が多いので、起伏が激しく自転車もなかなかきついです。田舎なので夜道はかなり暗く、女性が一人で歩くには怖い道がたくさんあります。不審者情報もちょくちょく聞きます。山に近い地域は虫、へび、たぬきやきじなど、いろんな生き物が現れます。

 

都道府県ページへ

Top