移住マップ

移住をするベストなタイミング

移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。

そのため、しっかりと時期を見極めたいという方が多くいます。

  • 仕事を辞めたタイミング
  • 結婚をしたタイミング
  • 子どもが保育園にあがるタイミング
  • 子どもが成人したタイミング

など、身の回りの状況が変化することは色々とあります。

しかし、移住というのは、いつ行ったほうが良いというタイミングはありません。

それぞれに、メリット・デメリットが存在するため、それを踏まえて検討しましょう。

また、最近では、移住をしたいという方が増えており、テレビなどでも多く取り上げられています。

各市区町村で、移住支援を行っていますが、枠には限りがあります。

そのため、できるだけ早いタイミングで行ったほうが良いのは確かでしょう。

タイミングごとでのメリット・デメリット

仕事を辞めたタイミング

仕事を辞めた直後は、時間的な余裕があるため、春夏秋冬を選ばず移住することが出来ます。

  • 引越し代などを安く抑えることが出来る点
  • 行政からの支援を受ける場合に必要な書類を揃えやすい
  • 体験ツアーなどに参加しやすい

などのメリットがあります。

反対に

  • 金銭的な不安がある
  • 転職に関する不安がある

などのデメリットがあります。

しかし、こちらは、移住をしない場合でもある問題なので、移住の際のデメリットかと言われるとそうでは無いかもしれません。

結婚をしたタイミング

結婚をしたタイミングでは、環境も気分も心機一転出来ます。

また、夫婦での移住を求めている市区町村も多いため、支援などを受けることが出来ます。

  • 移住支援が受けやすい
  • 移住する地域の選択肢が多い

などのメリットがあります。

反対に

  • 結婚相手が反対する場合もある
  • 両親などが反対する場合がある
  • 移住先が決めにくい

などのデメリットがあります。

独り身なら、どこに引っ越そうが自分の勝手ですが、夫婦となった今、相手と一緒に決めなくてはいけません。

また、両親の老後を考えると、離島や僻地などの場所は選択肢から外す必要がありそうです。

子どもが保育園にあがるタイミング

子どもが保育園にあがるタイミングでは、保育園や幼稚園に入ることが出来ない場合に有効です。

都内近郊では、待機児童が増えていて、保育園や幼稚園に入れないというケースが増えています。

そういったタイミングで移住をすることで、子どもを保育園にあずけることが出来ます。

  • 移住支援が受けやすい
  • 移住する地域の選択肢が多い
  • 子どもを保育園などに預けることが出来る

などのメリットがあります。

反対に、

  • 仕事を辞める必要がある
  • 移住についての下調べが必要
  • 結婚相手が反対する場合がある

などのデメリットがあります。

子どもが保育園に入れるか否かは、その時になってみないとわかりません。

そのタイミングで、移住を決意しても、仕事を辞める必要があったり、移住先を決めるのに時間がかかったりと、すぐに移住をするのは難しいです。

待機児童が多い地域に住んでいる方は、前もって移住先を調べておく必要があります。

子どもが成人タイミング

子育てが一段落したタイミングで、余暇を楽しむことが出来ます。

子どもがいるうちは出来なかった夫婦だけの時間をのんびりと過ごすのも良いでしょう。

  • 時間的な余裕がある
  • 金銭的な余裕がある
  • 自由に移住先を選べる

などのメリットがあります。

反対に、

  • 移住支援が少ない
  • 子どもが反対する場合がある
  • 結婚相手が反対する場合がある

基本的に、移住支援は若者が対象となっているケースが多いです。

そのため、移住支援を受けようと考えている場合には、注意が必要です。

また、移住は一人で決めることが出来ません。相手が反対することも視野に入れましょう。

 
<< 移住を決断したきっかけや決め手 地方移住をする目的や狙いは何? >>

移住マップでは

移住マップでは、各市区町村の仕事や物件をまとめました。

また、各市町村が行っている移住支援情報などをまとめました。

どこの街に住もうか迷っている方は、メリット・デメリットを踏まえた上で移住を検討してみては?

移住とは

移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動です。

人が移住を選択する要因は多くあり、要因は「引かれる」要因と「出る」要因の2つに分けられます。

より良い経済的機会やより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例として挙げられ、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例として挙げられる。

都道府県ページへ

Top