福岡県への移住【メリットやデメリット】

福岡県の基本情報

福岡県への移住を検討しているけれど、良い物件があるのか?仕事先はあるのか?など多くの不安があります。

なかには、心機一転して移住を決意した方も多いのではないでしょうか?

失敗しないために前もって、各市区町村の移住支援などを学びましょう。

URL http://www.pref.fukuoka.lg.jp/
人口(人) 5102871
面積(平方km) 4986.4
人口密度 1023.36

福岡県の市区町村一覧

【体験談】福岡県へ移住するメリット・デメリット

福岡県へ移住するメリット

福岡県へ移住するデメリット

-北九州市のメリット-

まず危険と言われる北九州の中では治安はとてもいいので住みやすいです。

福祉も結構しっかりしているので子育てもしやすいと思います。

門司港地区は観光にも力を入れているので景観がとてもいいですし海も山も近くにあるのでよく見えます。

映画のロケ地などにもよく使われています。

-北九州市のデメリット-

大きなショッピングセンターなどは隣の小倉北区まで行かないとありませんので買い物がちょっと不便です。

駅前の商店街などもあまり流行っていません。

大学もないし高校も少ないのでちょっと困ります。

区内の真ん中が山なので山の反対側の人はJRに乗るのに交通がちょっと不便です。

-北九州市のメリット-

小倉の中心街には多くの飲食店や商店街もあり、街がコンパクトで便利である。福岡のグルメと併せて小倉ならではのグルメもあり食べ歩きにオススメ。特に魚が美味しい。小倉はモノレールも通っておりアクセスも便利である。また門司は大正レトロな街並みや港町で観光にオススメ。門司でも小倉でも大きな祭りがあり、とても活気のある街である。

-北九州市のデメリット-

反社会的団体による事件がたまにある。活気のある街だが治安の悪い地域もあり夜は一人で通らない方がいい通りもある。治安がよくない中学校高校が比較的多く子育て世帯としては心配点が多い。小倉はコンパクトシティではあるが、天神や博多の福岡中心街まで行こうとすると車で1時間かかりやや遠い。

-福津市のメリット-

海も近く最近は近くに素敵なカフェなども増え、遠くに行かなくても地元で十分リゾート気分を味わうことができます。自然が豊かなので、子育てにはとても良い環境です。市内にも電車で30分程度で行くことができます。イオンなどの商業施設もあるので、買い物にもとても便利です。

-福津市のデメリット-

バスや交通手段は、まだまだ充実していていないため、車がないと生活できません。田んぼや畑などもたくさんあるため、近所だと、カエルの鳴き声がうるさかったり、虫が多いので、虫嫌いには辛いです。新しい住宅もたくさん出来ている割に、保育施設が足りていないため、待機児童が多いのが現状です。

-博多区のメリット-

九州イチの大都市である福岡市。

コンパクトcityである為、交通の便は非常に良く、博多区から隣の中央区にある天神まではバスで100円で行ける。バス路線は発達しており、10分と待たずに次から次へとバスがやってくる。

また地下鉄もある為、雨の日などには便利。博多から福岡空港までは地下鉄で10分程度。大都市であるのに、空港まで10分程でいける都市は、日本のどこを探しても福岡市しかない。

料理も美味しく、どこの店に入ってもレベルが高く、不味い店を探す事の方が難しいくらいだ。

博多は交通も商業施設も発達しているが、少し路地に入れば神社仏閣が非常に多く、中にはうどん発祥のお寺もある。華やかな都会の面だけでなく、一歩入れば歴史を感じる事ができる、そんな魅力が博多区にはある。

-博多区のデメリット-

自転車を使用する人にとっては、駐輪場に少し困るかもしれない。大規模の都市だけに、駅前やビルの前には無料駐輪場がなく、どこにいっても有料で駐輪しなければならなくなる。少しの間だけ、と油断して駐輪場以外の場所に駐輪してしまうと、巡回員の方に、自転車を撤去されてしまう。

主な交通手段を自転車でする方にとっては、その点がデメリットでもあり、気を付けて頂きたい。

-福岡市のメリット-

福岡の商業施設などの中心地である天神から徒歩30分以内で、自転車では10分程度。そして駅が徒歩10分圏内なので電車を使えばわずか2駅で行ける。アクセスがとても良い。

また、日赤通りという四車線以上ある大きな通りから少し入るだけなので夜の女性の一人歩きも比較的安心。

-福岡市のデメリット-

日赤病院という大きな病院がすぐ近くにあるので救急車の音が昼夜問わず目立つ。また、福岡空港からの飛行機なのか低空飛行の飛行機の音や大きな道路に面していて車通りも多いためその音も気になる人は気になると思う。あとは、ゴミ出しが夜に出す仕組みなのでゴミ捨て場が遠いと女性でも夜であるかないといけなくなる。

-東区のメリット-

お店がたくさんあるので買い物で不便がなく、電車で博多など都市部へ短時間で行けるので便利です。また、福岡全体にいえることですが、バスの本数が多いので車の運転ができなくても不便に感じることは少ないです。少し足を伸ばせば、イオンなどの郊外型の大型スーパーもたくさんあります。

-東区のデメリット-

子育てに適しているとは言いにくい環境だと思います。車の往来が多く、今住んでいる場所は学校が遠いので一人で低学年が出歩くには少し心配です。また、長期休暇になると子供が寝るような時間になっても子供たちだけで集まってゲームをしている光景を見たことがあり、治安などの面などから見ても少し不安になることがあります。

-福岡市のメリット-

交通の便がいいことです。地下鉄のすぐ側が空港なので飛行機を利用しやすいです。JR、西鉄、地下鉄、バスどれも本数が多いので都市部に行くときにとても便利です。

また仕事も多く、物価も安く、治安もよく、家賃も安いので生活はとてもしやすいと感じます。

福岡には屋台があり、食べ物もおいしいです。

-福岡市のデメリット-

福岡は今でもLPガスが多いです。なのでLPガスの物件に住むとガス料金が高いです。家賃自体は安いのですが、福岡には古くからある慣習で賃貸契約を結ぶときに敷金、礼金、保証金、更新料、保証会社利用料、等などで家を借りるときは高いです。

国民健康保険は高いです。それと福祉サービスはそんなに充実してるようには感じません。

-福岡市のメリット-

福岡市に住むメリットと言えば、やはり美味しいごはんが安く食べられることだろう。ラーメンやもつ鍋、うどんも福岡のソウルフードである。また、屋台やお店のおばちゃんおじちゃん達も気さくな人が多く、人情味が溢れる街で住み心地も最高だ。

また生活面では、ゴミの収集が深夜帯にあることもメリットである。カラス対策で始めたそうだが、朝の通勤時にゴミの収集車が街を走ることもなく、臭いも気にならない。

-福岡市のデメリット-

反面福岡市に住むデメリットといえば、ごみ袋の値段が高いことだ。10枚で500円程はする。これも深夜帯にゴミ収集をしているからだろう。

また、飲酒運転率が非常に高く事故が多発していることも懸念される。

常に大阪と全国1、2位を争う。

よくニュースにも取り上げられるほどだ。

どうにかしていかなければいけない問題には間違いない。

-福岡市のメリット-

住む人に合わせて環境を変えやすい所です。賑やかな場所が好きであれば天神や博多、静かな場所であれば少し離れた地域を選ぶと良いです。また福岡市内は地下鉄が張り巡らされていて雨の日も濡れることなく移動することができます。路線もシンプルなのですぐ覚えられます。中心部である天神地下街で乗り換えする時に地下に連なるお店を見て回ることもできます。

-福岡市のデメリット-

空港に行くのが少し不便です。直行便が少なく人の密集する天神か博多に出なければりません。旅行好きの人だと大きい荷物を抱えて移動するのが億劫に感じるかなと思います。しかし、現在地下鉄の開発が進んでいて空港への直行便ができるようなので数年後には解消されるかもしれません。

-久留米市のメリット-

自然が豊かで街並みがゆったりしています。また子育て支援に力を入れており支援センターや医療補助が充実しています。幼稚園の数も多く選びやすいです。久留米市はゆったりとした街並みですが電車で30分で博多や天神の中心街へ行けるのでアクセスも便利です。また西鉄電車と新幹線の駅が両方あるので他県へのアクセスも便利です。

-久留米市のデメリット-

自然が豊かだが久留米市中心街もそれほど賑わっていない。大型ショッピングセンターは賑わっているが中心街の商店街等はシャッター通りになってしまっている店も少なくない。また街並みがどこか古い感じがして店の場所によっては衛生面が気になる所もある。昔栄えた町と言う印象でとにかくお年寄りが多い。

 

都道府県ページへ

Top