福岡県への移住【メリットやデメリット】

福岡県の市区町村一覧

【体験談】福岡県へ移住するメリット・デメリット

福岡県へ移住するメリット

福岡県へ移住するデメリット

-芦屋町のメリット-

自然がたくさんあり住みやすいです。田舎のため近所付き合いもあり、困った時はみんなが助けてくれて心強いです。海に近いため魚が美味しく、たまに近所の人からお裾分けで、魚をもらうことがあり、大変助かります。お野菜もB級ですが、いただく事があり本当に助かります。食費は、あまり使わなくても、いいかもです。

-芦屋町のデメリット-

田舎のため、スーパー、コンビニが遠く不便です。もう少し近くにあったらと思います。あと、駅からも遠く家から駅までは、バスに乗らなくてないけません。もう少し都会だったら良かったなといつも思います。バスの本数も少ないので、1時間待つこともあります。バスの本数も増やしてくれたらいいのに。

-飯塚市のメリット-

都会のように人が多くないので、ゆっくりとした生活ができます。
電車やバスなどで都心のほうにもアクセスしやすい地域となっており、商業施設などの環境も整っており非常に暮らしやすい地域だと思っています。
近年は新しい施設なども多くなってきており、田舎とは思えないほどの便利さも実感できています。

-飯塚市のデメリット-

先日、九州での豪雨があった際に改めて実感したのは、周りが山に囲まれており、町の中にも田んぼや畑などが多く存在しており、町の中心に川が存在しているため先日のような豪雨の災害がおきた時には町全体が水害に見舞われるなどの危険性もあります。
とくに飯塚市の中心部は土地が低く降水量が多い雨などが続くと川が氾濫し河川敷などが川の水で浸かってしまうことも多々あります。

-糸島市のメリット-

海に面しており二見ヶ浦があるので、海辺の雰囲気はとても良い。
また、農作物が豊富だったり、地鶏が有名だったりするので、地産地消を実感しやすい。
そして、創作家が多く在住しているので、そういった人達と触れ合うことが多く、創作家やその関係者が住むのにはうってつけの場所である。

-糸島市のデメリット-

とにかく不便である。
JR九州の筑前前原駅があるものの、未だに交通の便が悪い。
家と家がとても離れており、なおかつ大型の店が殆どないため、車での移動が必須。
また、山が身近な存在であるため、虫やヘビなどと付き合っていかなければならず、時折イノシシなどと出くわすこともある。

-古賀市のメリット-

比較的に治安も交通の便も良い街で、福岡市に行くのにも電車で30分もかからないので、通勤通学にも住みやすい町だと思います。幼稚園、保育園、小学校、高校、公園なども充実しているので子育てにも適しています。隣の町に大きいショッピングモールもあるので、買い物にも大変便利です。

-古賀市のデメリット-

最近では、近隣の街にに比べて人口が減少しているようで、小学校などのクラス数も少なくなっているそうです。一軒家の住宅やアパートなどの空家が、以前よりもやや目立っているように感じます。閉店店舗や空き店舗も見受けられるので、人口の減少の一因にも繋がりやや心配な所です。

-北九州市のメリット-

九州という場所柄、人が非常にほんわかしており、非常に住みやすいです。また、福岡は海に面しており、自然豊かです。夏には田舎に行けば、蛍がたくさんおり、川では釣り、川遊びが出来ます。少し、遠出すると福岡市内も簡単に行ける非常に利便性の良い地域です。最近では、北九州空港が出来、東京・大阪へも簡単にアクセスが可能になりました。

-北九州市のデメリット-

本州から目と鼻の先にありながら、本州ではありませんので、週刊少年ジャンプなどは一日遅れてきます。また、北九州は明治以来工業地・炭鉱の町として栄えてきましたが、近年では中国・東南アジアの力に負け、衰退の道を辿っています。また、DQNの宝庫となっており、やんちゃな若者・某有名暴力団工藤会の本部があります。

-行橋市のメリット-

コンビニ、飲食店、スーパー、病院などは充実している。駅周辺に住んでいれば生活に困ることは特にない。田舎なので、夜は閑静で、住み心地は良い。最近は買い物する場所もだんだん増えてきている。川、田んぼ、山、海などがあり、自然はかなり豊か。北九州市や博多などの都市も30~1時間程度で乗り換えも要らないので簡単に行ける。別府や大分市の方も乗り換えが要らないので、移動手段は簡単。

-行橋市のデメリット-

田舎なので虫がたくさんいる。24時間営業のスーパーが1店舗しかないので、仕事終わりの23時以降はスーパーに行けない。中学校の校区が広いので、遠い人は歩いて一時間以上かけて学校に通わないといけない。ショッピングセンターや、スーパーやコンビニがあるが、住む場所によっては、行くまでにかなり遠くなる。

-飯塚市のメリット-

福岡県の中核都市で、決して都会ではないけど、田舎過ぎず、有名チェーンの飲食店やイオン等の商業施設がある程度あること。又、人が多過ぎず、渋滞等も少ない。又、郊外は、自然が豊かであり、キャンプ場や草スキー場などがある。夜間は人が少なく静か。
福岡県の中央に位置する為、県内どこに行くにも1時間程度で行けること。

-飯塚市のデメリット-

福岡県の中央に位置し、盆地であることから、夏は暑く冬は寒い。特に冬季は積雪や凍結の影響で通行止めや電車の運休が毎年何度かあり、足止めを喰らうことがある。
又、全国的に見ても生活保護受給者が多いらしく、学力も低いらしい。そのせいか、ガラの悪い連中や暴力団等が多い。マナーや常識外れなことをする連中が他の地域に比べると多い気がする。福岡県全域に言えることかもしれないが、車の運転が荒く、スピードを出し過ぎる人が多い。

-筑前町のメリット-

都会と違って季節を感じられる街だと思います。隣町まで足を運べば桜街道があり、田舎ではあるけれども今の季節は田植を終えた田畑が広がり、夜になるとカエルの合唱が、煩い位聞こえます。子供の頃からの付き合いがあるので隣近所からのお裾分けが、かなりあります。顔見知りがほとんどですのでカギをかけずにいても大丈夫な位、防犯作用もあります。

-筑前町のデメリット-

子供の頃からの付き合いですので家の事情が知れ渡る事が度々あります。隣の夫婦喧嘩などは筒抜けなので喧嘩の内容が丸聞こえです。それに、カギをかけていないのでノック無しのドア開閉があり、着替え中の時は困りますね。私の家もそうですが、個人菜園をやってある方が多いので、野菜が被ってしまう事がしばしばあります。

-水巻町のメリット-

博多と小倉の中間地点なので、どちらも通勤圏内なので便利。
福岡空港、北九州空港ともに利用しやすい。都会ではないので、静かで土地も安いので住みやすい。
近隣に全国でも有名な子供病院や大学病院がある。子供に対しての、医療費免除が中学まであるので、子供がいる家庭は助かる。

-水巻町のデメリット-

学生のころ。住所が群なので、市に住んでいる友達に「群民(ぐんみん)」だと馬鹿にされる。
お洒落なショップやカフェがない。年寄りが多い。老人ホームが多すぎる。
廃墟に近い団地が多いので、その近所が雰囲気が悪い。住民税が高い。
小学校が1学年1クラスしかないので、もうすぐ小学校の数が減ってしまいそう。

-小倉南区のメリット-

自然が一杯で空気がきれいです。
買い物にも大型スーパー等があり便利ですし、総合病院も2軒あり個人医院は歩ける範囲に小児科、内科
整形外科、皮膚科等揃っています。
歯科にいたっては5軒あります。
コンビニ、ファミリーレストラン、うどん、ステーキハウス、等など外食に困ることはありません。

-小倉南区のデメリット-

銀行に関してはちょっと困っています。
大手銀行の支店が少し離れたところに移転しましたので、バスか車がないと窓口業務が必要な時はちょっと
困ります。ATMのみでしたら良いですけど・・・。
それとJRの駅が歩いていけない距離にありますので、バスか車に乗らないといけないことです。

 

都道府県ページへ

Top