移住マップ

移住する際の問題点とは

現在の環境と大きく変化する移住。

今まで普通だと思っていた事が、普通では無くなるかもしれません。

実際に移住を経験した方から話を聞いてみると、考えが甘かったという声も聞くことがあります。

そこで、移住する際の問題点をまとめてみました。

仕事や生活面で大きく変わる

電車生活から車生活

都内を始めとした主要な都市部では、車を持っている人の方が珍しく、ほとんどが電車移動をしています。

夜の12時を過ぎても電車は走っていますし、1時間に何本も電車が来ます。

しかし、地方では、そういったことは稀で、1時間に1本しか電車が来ない地域もあります。

また、終電も早いため、少し油断をしてしまうと、タクシーを利用する羽目となります。

同様に、仕事場までも、車通勤が多いです。

駅から遠く、電車で最寄り駅まで言ったもののその先が無いというケースもあります。

仕事が少ない

仕事が見つからず、上京する方が増えているように、地方には仕事が少ないです。

特に、クリエイターやデザイナーなど働きたい職業でないと嫌だ方は、見つかりにくいです。

ただ、どのような仕事でも大丈夫という方でしたら、すんなりと見つかります。

もっと給料が欲しい、かっこいい仕事がしたいと、選んでいるから見つからないという状態です。

また、上記にあるように、車の免許を持っていない方は、圧倒的に不利です。

この他に、仕事があるけど、働く時間が決められているというケースもあります。

通常でしたら週5で働きますが、多くの人を雇うために、週4でしか働けないという企業もあります。

隣人との距離感が近い

移住も引っ越しと同じように、引越し先にどのような方が住んでいるのかを知ることが出来ません。

自分と年齢が近い方や、話の合う方であれば、今後も付き合っていきたいと思うのですが、中には、相性が悪い方もいます。

また、都会と違い、距離感が近いため、関わらず過ごすということも難しいです。

引っ越しであれば、また、引っ越せば良いという考え方も出来ますが、いざ移住をしようと考えていた場合、その熱量が変わってきます。

期待を大きく抱くことで問題点にも

理想と現実のギャップ

多くの方は、新天地で頑張ろうと移住を試みるのですが、「田舎はこうだ」「移住したら今と違う生活がある」という自分の理想と現実のギャップを感じてしまうようです。

最近では、テレビなどで取り上げられることが多いため、私も移住したらこういった生活が出来るとイメージするのですが、あくまで、テレビ番組なので、成功例を取り上げています。

あまりうまく言っていないケースというのは、テレビでも取り上げられません。

移住を上手く行かせるコツとしては、あまり期待しすぎないという点です。

過度な期待は、理想と現実のギャップを大きくさせます。

最近では、移住体験ツアーなどもあるので、一度体験してみるのも一つの方法です。

 
<< 移住が与える経済効果や社会的効果 移住を決断したきっかけや決め手 >>

移住マップでは

移住マップでは、各市区町村の仕事や物件をまとめました。

また、各市町村が行っている移住支援情報などをまとめました。

どこの街に住もうか迷っている方は、メリット・デメリットを踏まえた上で移住を検討してみては?

移住とは

移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動です。

人が移住を選択する要因は多くあり、要因は「引かれる」要因と「出る」要因の2つに分けられます。

より良い経済的機会やより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例として挙げられ、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例として挙げられる。

都道府県ページへ

Top