川崎市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/川崎市]

神奈川県川崎市周辺への移住

川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、7区の行政区を持つ。
政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は非都道府県庁所在地の市の中では最大である。

市内全域が旧武蔵国で、内部に旧相模国に属した地域を持たないのは神奈川県内の市町村で唯一である。

市区町村 神奈川県川崎市
地域 川崎地域
人口(人) 1475300
面積(平方km) 143
人口密度 10316.8
 

神奈川県川崎市の男性・女性の割合

神奈川県川崎市の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
神奈川県 川崎市 1,800円 3,500円 4.025% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,800円 3,500円 70,840円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 181,740円

神奈川県川崎市の移住支援情報など

神奈川県川崎市の移住支援PR動画

【体験談】神奈川県川崎市へ移住するメリット・デメリット

川崎市へ移住するメリット

川崎市へ移住するデメリット

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談1-

都内までの交通の便がよく、なおかつ程よく郊外の為子育てするのにはいい環境だと思う。家賃も都内ほど高くないのもメリットです。普段の日常品買うのは近所ですませ、衣類などの買い物に都内にいくようなスタイル。雑誌など掲載されてる商品も見れて、普段は自分たちのペースで生活できる。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談1-

通勤ラッシュの電車が辛い。朝はつま先立ちでいき、帰宅時もつま先立ちで帰る感じ。大学が多い路線のため4月は歓迎会でお酒の飲み方を知らない学生達がたくさんいて不愉快。最近事件の多い川崎市のところからは端と端位離れているが、ニュースを見た知人、親戚達に必要以上心配される。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談2-

小さい町で静かです。平間駅、鹿島田駅、新川崎駅が利用できます。川崎駅にも武蔵小杉駅にもすぐ行けますので、東京や横浜方面、埼玉方面への移動にも便利です。平間駅などでは夏は毎週末お祭りがあり意外にも活気があります。場所によっては薬屋さん、歯医者さん、美容院がたくさんあり選び放題です。病院も探すと大小たくさんありますので自分の主治医を探すことも可能でしょう。スーパーも増えてきました。おいしい焼肉屋さんもあります。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談2-

年配の方が多いかもしれません。そこに若い方たちが住み始めていますので、これからどんどん変化があると思いますが、個人経営のお店が新しく参入するには安さがポイントだと思います。価格表示も必須です。マッサージなど年配の方に必要そうですが、贅沢なサービスという認識が強く受け入れられることはまだまだ先だと思われます。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談3-

東京の方にも出やすく、横浜にも出れるのでとても便利です。都会すぎず田舎すぎず、住むのに丁度いいです。スーパーやファッションビルもあるので困りません。住む駅によってはとても便利な沿線なのでとてもよいです。生活していくのに丁度いい住み心地です。都内に比べて家賃が安いです。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談3-

治安があまり良くなかったりします。巨大なベッドタウンであり、昔から住んでいる方もいたりと混ざり合っていて貧困の差を感じることも。地域によって治安の良さがまったく違うので、きちんと自分の目で検証しなくてはなりません。人口が多いので電車通勤通学はラッシュ時大変です。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談4-

治安がいいと思います。凶悪な犯罪事件などはほとんど起こらず、近所の方とも「おはようございます。」などのあいさつもすることがあるので子供を育てるに関しては安心な環境です。また都心にもアクセスは可能なので気分転換をすることもできるところがいいです。野菜などは地産地消なものも多いので、直売所で安くものを購入することも可能です。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談4-

幼稚園・保育園がかなり少なく、希望通りに入れるのに一苦労します。また、子供の医療費はほかの自治体に比べてかなり早い時期に打ち切られてしまうこと。子供を持つことでお金がほかの自治体よりもかかります。また、交通が不便です。バスは1時間に1本もしくは2本など自動車を持てない弱者には厳しい街ダルと思います。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談5-

渋谷駅・新宿駅・東京駅・横浜駅などへのアクセスは抜群です。
東京都内や横浜にある職場、学校、ショッピングスポットに、手軽に通えます。
また、地元に羽田空港もあり、更に遠距離へのアクセスも抜群です。
最近は、川崎駅周辺、武蔵小杉駅周辺などで再開発が進み、商業施設が次々と建設されてショッピングスポットとしても注目されおり、おしゃれで住みよい街として人気です。
また、川崎市は音楽の街としても有名で、週末の川崎駅周辺では、多くのミュージシャンが路上パフォーマンスを行っていて、道行く人を楽しませてくれるのが魅力です。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談5-

川崎市というのは、東京湾側は工業地帯であり、また川崎駅周辺というのは、もともとは東海道五十三次の宿場町だったこともあって古くから歓楽街として有名です。
しかし内陸の方、麻生区あたりなどは、20年ほど前までは、夏になると蛍を見ることも可能ほど、自然環境が豊かでした。
今は川崎市全体が、良くも悪くもミニ東京化してしまい、そういった自然とは無縁になりました。
それがデメリットとも言えるかもしれません。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談6-

まず挙げられる最大のメリットはラゾーナ川崎が便利であるということ。スーパーは安い上に品揃えが豊富であり、食事をするにしても気軽に安い予算で食べられるフードコートから趣のあるデートでも使えるお店までたくさん揃っている。またラゾーナにある映画館はimax3Dに対応しており、3D映画も見ることが出来る。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談6-

きれいで再開発の進んだ西口に比べて東口は非常に治安が悪い。東口の雰囲気から、「川崎は汚くて治安が悪いところ」というイメージを周りからもたれやすい。実際、タバコの吸い殻や空き缶などのゴミが道端に落ちていることが多く、特に銀柳街はガラの悪いヤンキーも多く、夜に一人で歩くことは危険。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談7-

日々さまざまなイベントがありますが、有名なイベントは都内で行われることが多いと思います。都内に近いのでそういうイベントに参加しやすいのがうれしいです。海外に行くのに羽田空港が近いので便利。成田空港も2時間程で行けるので地方よりはまだマシかなと思います。交通の便がいいので車を持たなくても生活できるので車の維持費がいらないことはうれしい。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談7-

不動産が高い。ここ10年で倍近くなっているのでサラリーマンが家を買うハードルがあがっている。不動産が高いがファミリー層が多く住んでいるので保育園、幼稚園の空きがない。保育園はかなり厳しいです。小学校、中学校のグランドが狭い。緑が少ないせいか夏の気温が異常に暑いように感じる。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談8-

散歩が楽しい街です。多摩川が近く、景色が良い。河川敷では草野球やバーベーキューで賑やかでしたが夕方になるとトランペットなどの楽器の練習をしていたり、ちょっと贅沢な気分。河川敷でゴロンと寝っ転がって空を眺めるのは良いものです。
多摩川近くのインドカレー屋さんはオススメです。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談8-

急行は止まりますが、新宿行きは新百合ヶ丘駅からの乗客が多く、座れないことが多い。小田急線なので通勤通学時間はギッチギチです。朝は辛かったです。隣が向ヶ丘遊園で学生が多いですが、治安があまり良くないかも。下着泥棒にあったり近所で放火事件がありしばらくは怖かったです。

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談9-

・駅前に交番があり治安が割りと良い
・大型集合マンションがあり、全体的に住宅街のイメージ
・保育園、小学校、中学校(女子校)があり、子供の育成に向いている
・コンビニや書店、薬局が駅前にあるところが多い
・大型スーパーや業務用スーパーがあり、買い物がそれほど苦労しない
・市役所が駅から近く、駅前に行政センターがあり、手続きがそれほど苦労はしない
・大型病院が駅前にある

-川崎市へ移住した方の口コミや体験談9-

・全体的に住宅街のイメージがあるため、娯楽施設が少ない
・業務用スーパーがあるものの、物価が全体的に割り高なイメージがある
・保育園や小学校があるため、休日に部活やその近辺で遊ぶ子供が多いため、人によってはうるさいと感じる場合がある
・治安がそれほど悪くはないが、街灯が少ないところもあり、女性一人で歩く時不安を感じるかもしれない
・踏み切りを渡らないと駅に行けないところがあり、朝通勤ラッシュの時期に、時間によっては10分ほど待たされる場合がある

神奈川県の市区町村一覧

Top