千葉県への移住【メリットやデメリット】

千葉県の市区町村一覧

【体験談】千葉県へ移住するメリット・デメリット

千葉県へ移住するメリット

千葉県へ移住するデメリット

-松戸市のメリット-

常磐線と千代田線が利用できますので東京都内へのアクセスも非常に便利。特に通勤には楽だと思います。また、都心の割には駐車場代も安いので舞翔もマンションであれ一戸建てであれ所有しやすい環境にあります。また、最近では柏市が非常に栄えているためわざわざ東京都内で買い物する必要もなく、松戸市と柏市で買い物を済ませる環境になっています。

-松戸市のデメリット-

子育て世代にとっては千葉県の松戸市周辺は学校が少なく中学受験や高校受験に関しては少し離れた場所に子供を通わせることになりますのでそこが不満かもしれません。また、最近はマンションや一戸建ても値段が上がっていますので賃貸ではなく所有の形を取ろうと思うとかなりハードルが高くなります。

-習志野市のメリット-

千葉市、八千代市、船橋市に囲まれた東西に伸びた小さな市です。市立の幼稚園、こども園があり安価で通わせる事ができます。東京へ通える距離で緑が多く、ショッピングモールやホームセンターも多く便利です。市が小さいからこそ小・中・高校の連絡協議会等も良く連携していて子育てするには良い所だと思います。

-習志野市のデメリット-

市内にはJR総武線、JR京葉線、京成本線が3本が通っています。それぞれの線は離れているので乗り換えが大変です。南北にはバスしか通っておらず本数がありません。各路線に乗りそのまま都内に出るには楽ですが、乗り継いで海の方へ行くとなると遠回りになります。南北の移動は車がないと不便です。バスの本数も主要箇所へはありますがそれ以外はかなり少ないです。

-白井市のメリット-

千葉県と言っても東京都内への通勤が可能な地域なので、市街地化が進み始めており、子どもがかなり多いです。市内の小学校は、各学年4クラス程度。
道路幅が広く、運転しやすい道が多いので、運転初心者の方でも安心なのではないかと思います。
住宅街もあるけれど、緑が広がる場所も畑も多く、空気は比較的キレイです。
梨農園の占める率が全国イチで、梨の美味しさについてはお墨付き。農園だらけなので、ほとんどの人が農園の販売所で安く購入しています。
人気のアンデルセン公園はクルマで10~15分程度。
映画や買い物はクルマで20~25分程度の千葉ニュータウン(印西市)に行く人が多く、そのために利用する464線道路沿いには大型店舗が多く楽しいです。

-白井市のデメリット-

最寄駅となる白井駅や西白井駅は、日本一高いと言われる北総開発鉄道。本数が少ない上に本当に高いので、都内へ通勤する方は会社の定期代の上限金額を気にしないといけません。
バスも本数が少なので、自家用車必須の地域です。
スーパー等は問題ありませんが、衣料品等の買い物、遊びに関しては、千葉ニュータウン(印西市)や新鎌ヶ谷(鎌ヶ谷市)に頼りっきり。
事務系の仕事を探すのは難しいので、もう少し、企業誘致に力を入れてもらいと切に願います。

-千葉市(全域)のメリット-

夫婦お互いの実家に近く交通手段が良い。都内に出るにもさほど時間が掛からず便利な立地。電車、バス、高速道路など交通手段は色々と選べる。また自宅周辺には公園も多く自然があり、子育て環境に良い。また、近所に同年代の子育てをする家庭が多いので子どもも遊ぶ友達が多い。公園に行けばお友達に会える。

-千葉市(全域)のデメリット-

自宅周辺は昔山だった所なので坂が多くアップダウンが激しい。特に自宅は坂に囲まれている所にあるのでどこへ行くにも坂を登らなければならない。幼稚園へ送って行くにも自転車が大変。
自然が多いので虫も多い。また不審者も多いという情報がある。子どもがいるのでそのような不安もある。

-千葉市(全域)のメリット-

そごうや駅ビルが充実しているし、家電量販店もあり、都心から電車で40分程度の距離なので遠出する際にもそこまで苦ではなく、生活には何一つ不自由しないので非の打ち所がないです。ディズニーランドも近いです。
また、都心部に比べると家賃はほぼ半額です。
私の家は3LDKで家賃78000円と都心では考えられない値段です。

-千葉市(全域)のデメリット-

車がないと住んでいてけっこう飽きがきます。
千葉駅周辺は娯楽施設と呼べるものがあまりなく、ありきたりなゲームセンターやカラオケくらいしかありません。
車で少し移動すれば、ラウンドワンやその他商業施設があるのですが、車がないと本当に退屈な日々を送る羽目になると思います。

-木更津市のメリット-

近年、大型ショッピングモールやアウトレットができました。百貨店に置いてあるような商品は買えませんが、ちょっと買い物をするには困らないと思います。住宅街も郊外に増えて、それと同時に人口も増えています。時期になると、潮干狩りや海水浴、桜まつり等のイベントもあり、夏には木更津港で「やっさいもさい」という踊りや花火大会があり、賑やかになります。

-木更津市のデメリット-

快速の停まらない駅がある、バスも場所によっては一時間に一本等、車がないと不便を感じると思います。ショッピングする場所も駅前はさみしい状態なので、郊外に出ないといけません。郊外に出る為には、車は必要です。あとは、潮干狩り時期にその地域に行くと渋滞に巻き込まれてしまいます。出かける時間帯を気にしないと買い物に時間がかかってしまいます。

-印西市のメリット-

駅周辺が栄えており、生活する上で大変便利である。主に子育てをする環境に向いている。成田空港が近く、電車、バスなどの交通の便も良い。値段が安いバスもあり、遠出しやすい(運賃100円)住みやすい場所1位にもなったことからニュースなどでもよく取り上げられていて、自分も住みやすいと実感している。

-印西市のデメリット-

交通の便は良いが、運賃が高いことが頂けない点である。印西市を通っている北総線は他の線に比べて賃金が高く、東京の方の山手線に行くまでで片道1000円は超えてしまう。アクセス特急という特急列車ができ、少しは時間短縮されたが、やはり通勤や通学には時間もかかってしまうという面ではあまり頂けないと感じた。

-流山市のメリット-

交通網の発達により活発に開発が進んでいる。
子育て世代の取り込みに熱心で、学校、保育所が新設されたり若い世代に人気が出てきている。また都心まで最短で20分でアクセスできるのが強みとなり、この10年で宅地開発がすすみ併せて小規模ショッピングモールが各地域にオープンし続けている。

-流山市のデメリット-

開発が活発な反面、元からあった自然が大きく破壊されている。市は融合できないかと考えているようだが、失われた自然は簡単には取り戻せないだろうと思う。また、駅周辺等ではあまり治安が良いイメージがない。深夜に奇声を上げながら歩く酔っ払い、けたたましい音を立てながら走っていく改造車両等昼は見ることができない、別の顔がある街だと思う。

-野田市のメリット-

自然災害が少ないことです。海がすぐ近くにあるわけでもないので津波の心配もなく、山もないので、土砂崩れの心配もありません。強いて言うなら、私の住んでいる家は少しだけ周りより低いところにあるのでやや浸水しやすいですが、家の中が水浸しになってしまうようなレベルのものは経験したことありません。

-野田市のデメリット-

メリットの反対に自然豊か、とはいいがたいことだと思います。場所によっては自然を感じられる場所もあるのかもしれませんが、私の家のそばには国道が走っており、工場が多くあります。トラックの交通量も多いので、排気ガスが気になることもあります。交通面で便利、とも取れますが、どこにでも車線があると感じられます。

-山武市のメリット-

山武市に住むメリットとしては、まず交通の便が近隣の市に比べて良いというのが挙げられます。千葉市に出るには、電車だと総武本線や東金・外房線があり、またバスでも行くことができます。時間はだいたい50分から1時間ほどかかりますが、便利なほうだと思います。また、快速列車特急列車も停まりますし、東京駅に直通のバスもあります。他のメリットは景観が良いところです。地方ですので自然は豊かですが、九十九里浜があり、晴れた日の砂浜は絶景です。サーフィンをやる方にとっても良い波があるのでぜひお越しください。最後に特産品として苺が有名です。市内には20もの苺農家があり、様々な品種を食べ比べすることができます。12月からが5月くらいまでがいちご狩りのシーズンです。
以上の①交通の便が他の市に比べて良い点、②景観(特に海)が良い点、③特産品の苺が有名である点がメリットです。

-山武市のデメリット-

市内にある成東駅から総武本線で一駅先の日向駅は、交通のアクセスが悪く、住む分にはおすすめできません。また、成東駅の周辺はある程度は栄えていますが、離れると急に田んぼや畑だけの田舎になります。そういった景色が好きな方には良いのかもしれません。
夏場は特に虫が多いです。田んぼ道を自転車で走ると顔に虫がぶつかります。また、屋内でも虫は出ますので、覚悟は必要だと思います。

 

都道府県ページへ

Top