移住マップ

移住に掛かる初期費用や料金

いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。

ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。

そこで、移住に掛かる初期費用をまとめました。

項目 価格
食費 30,000円
ガソリン代 10,000円
日用雑貨費 10,000円
電気代 7,000円
電話代 7,000円
ガス代 5,000円
水道 5,000円
灯油代 5,000円
交際費 10,000円
教養娯楽費 7,000円
雑費 10,000円
小計 106,000円
小計(年間) 1,272,000円
生活費以外の年間出費
税金 100,000円
国民健康保険料 200,000円
自動車の維持費 300,000円
合計(年間) 1,872,000円

一般的には、年間で190万円近くの出費があります。

月々では、約16万円ほどなので、3ヶ月分ぐらいの貯金があると良いでしょう。

また、上記の表には、家賃などの住宅費・住居費は含まれていません。

さらに、自動車を購入するとなると、その費用も追加されます。

家賃などの住宅費・住居費

賃貸の場合

賃貸物件は、都会と田舎では大きく相場に差があります。

全国家賃相場によれば、1R、1K、1DKの間取りの場合、全国平均の家賃は約4.4万円となっています。

しかし、東京都では、同様の間取りで、平均7.8万円と倍近くの家賃となっています。

また、田舎でも比較的利便性の高いところに比べ、周りに何もないような山奥や離島では相場が変わってきます。

限界集落のような僻地では、1~3万円で部屋が借りられるケースもあります。

住宅購入の場合

賃貸同様、戸建ての住宅を新築する場合、中古で購入する場合にも都市圏と田舎では費用に差があります。

ちなみに、新築戸建て住宅の平均価格は次のようになっています。

地域 平均価格
全国平均 3,743万円
東京都 5,403万円
神奈川県 4,547万円
愛知県 4,283万円
大阪府 4,090万円

移住前に必要な貯金や資金

では、最終的に移住前に必要な貯金額がいくら必要なのか?

まず、3ヶ月間は働かなくてもよいほどの貯金が欲しいです。

ひと月にかかる費用が15万円。家賃を含めると17万円~18万円なので、3ヶ月分で55万円ほどあれば移住することが可能です。

安い自動車を購入したとして、80万円もあれば、問題ないでしょう。

また、この他に、引越し代が掛かってきます。

新しい家電などを揃えたとして、貯金額100万円が一つの目安になります。

貯金や資金が足りないケースも…

現在、住んでいる地域から移住をしたいと考えてはいるけど、貯金が足りない…。という方も多いのではないでしょうか?

そういった方のために、各自治会が移住支援を行っています。

具体的には、次のようなものがあります。

  • 年間150万円給付してもらえるもの
  • 空き家の改装費を200万円補助してくれるもの
  • 3年間の生活助成金が支給されるもの

貯金が足りないから移住を諦めるのではなく、こういった移住支援制度を利用するのも良いかも知れません。

 
<< 移住促進イベント「鹿児島移住ドラフト会議」 移住が与える経済効果や社会的効果 >>

移住マップでは

移住マップでは、各市区町村の仕事や物件をまとめました。

また、各市町村が行っている移住支援情報などをまとめました。

どこの街に住もうか迷っている方は、メリット・デメリットを踏まえた上で移住を検討してみては?

移住とは

移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動です。

人が移住を選択する要因は多くあり、要因は「引かれる」要因と「出る」要因の2つに分けられます。

より良い経済的機会やより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例として挙げられ、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例として挙げられる。

都道府県ページへ

Top