山口県への移住【メリットやデメリット】

山口県の市区町村一覧

北部(長門 / 萩・美祢)
長門市
萩市
美祢市
阿武町
東部(岩国 / 柳井・光)
岩国市
柳井市
上関町
周防大島町
田布施町
平生町
和木町
西部(下関 / 宇部・山陽小野田)
宇部市
山陽小野田市
下関市
中部(山口・防府 / 周南・下松)
下松市
周南市
光市
防府市
山口市

【体験談】山口県へ移住するメリット・デメリット

山口県へ移住するメリット

山口県へ移住するデメリット

-防府市のメリット-

気候が良く、雪が少なく、ほとんど積もらない。物価も高くなく住みやすい。親切な人が多い。車で出掛けても、道が広く、運転マナーの良いドライバーが多く。お店には無料の駐車場が多く、駐車料金がかからない事が多い。ショッピングモールもあり、買い物に便利。防府天満宮があってすごく良い。

-防府市のデメリット-

有名な行楽地が少ない。都会にあるような有名な食べ物屋さんも少ない。遊ぶ所は少ないように感じる。防府駅に在来線しか無く、新幹線が止まらず、新幹線を利用する時には、隣の市に行かないと乗れないので、乗るまでに時間がかかる。空港もなく、飛行機を利用するにはすごく不便だと思う。

-周南市のメリット-

土地単価が安く、敷地がゆったり確保できます。
お年寄り世帯も多いですが、アパートがどんどん増えて、今後の発展が見込めます。
そこそこ店舗があり、面倒な慣習があるほど田舎ではありません。
新幹線の駅もあり、都会に出ようと思えば出られます。
最近、新たな出店や、地域のイベントが活発になってきている気がします。

-周南市のデメリット-

県内でも周南市の印象をきけば、工業都市と言われるように、
工場が多くて殺風景です。
大型店舗が散在しており、メインの商業区がどこか分からない状態です。
文化活動は活発でなく、遊ぶなら市外へ出ることが多いです。
バスや電車はあるものの、車が無いと不便で一家に2台、3台あるのも普通です。

-萩市のメリット-

明治維新に深く関する歴史の町なので、歴史を感じる風景があちこちにあり、歴史好きには堪らない場所です。
また、漁業も盛んで、都市圏では高額になりそうな海の幸も比較的安く購入できます。
歴史の町として観光が盛んなので、例えば萩焼や夏みかん関連の食品等、地元の名産品も色々とあるので、他県の人へのお土産も悩まずすぐに買えます。

-萩市のデメリット-

歴史の風景を守るため、背の高い大きな建物を建ててはいけないことになっています。
ですので、そういった建築を行おうという人には決して勧められません。
また、若者向けの遊び場などもほとんどなく、カラオケ等で遊ぼうとしても、結構な遠出が必要になります。
とにかく色んな種類のお店で買い物しようとなると、萩市付近では思うように買い物できないです。

-山口市のメリット-

メリットというか、いいところですが、まず空気が綺麗。
私は産まれて20年地元三豊市で暮らしその後就職で大阪に出ました。今は転職して地元に戻ってきていますが、全然空気が違います。初めて大阪の中心街に行ったときや東京の秋葉原に研修に行ったときは空気が淀みすぎてて苦痛でしたし、頭がクラクラしました。就職してからも度々地元に帰ってきていましたが、空気が綺麗だと落ち着きますしのんびり出来ますよ。
次に果物が美味しいところ。
地元民しか知らないかもしれませんが、フルーツ王国みとよ と銘打って売り出しています。実際、温州みかん、飯山のもも、豊南梨、財田のいちじく、ピオーネや藤稔等のぶどう、シャインマスカット等様々なものがあります。それらを使ったカキ氷専門店もあります。どれも美味しくて是非食べていただきたいですね。
他にも昔ながらの美味しいお店があったり、皆さん温かみがあったり、美味しいうどん屋があったりと、私が地元好きなのもあり、いろいろありますが三豊市はいいところだと思います!

-山口市のデメリット-

デメリットというか、良くないところになりますが、公共交通機関の便が悪いところですかね。
電車はだいたい30分に一本ですし、コミュニティバスもありますけど、本数多いわけではないです。ですので必然と車社会になってしまっていますねー…香川県全体的な話にもなってしまいますけどね。
あとは、昔ながらの風習が残っているところです。
私は特に気になりませんが、今時の若い人達には近所付き合いとか、自治会の集まりとか行事とか、人が亡くなったら周りにも知らせる等面倒なことだと思います。
どちらも田舎らしいところですからねー…田舎好きなら許容できると思います。

-防府市のメリット-

緑が多く都会に比べると、圧倒的に物価が安い。わかりやすい例でいえば豆腐1丁38円とか。教育や公園施設も充実しており子育てがしやすい。県庁所在地であることもあり、道路がよく整備されており、新幹線のぞみ号停車駅、東京・羽田行きが頻繁にある空港がいずれも40時間以内にあること。

-防府市のデメリット-

人口30万人にも満たない地方都市であるので、仕方ないことだが、おしゃれであるとか、気の利いた洋服の店がない(セレクトショップなど)。飲食店についても、100万都市にあるような、本当においしいお店や、一風変わった料理を出すお店が圧倒的に少ない。夜7時を過ぎるとほとんどのお店が閉まってしまうこと。お酒を出すお店は当然開いているけども。

-下松市のメリット-

車で行ける範囲に、商業施設(全国チェーン店)、自然(山、川、海)があり、住みやすい。
新幹線の駅が隣の市にあるので、交通の便が良い。
最近は、マンションがどんどん建ち、土地が高騰してきているので、なかなか駅前は高いが、少し距離を開けると、お手軽な価格の土地もあり、購入する人が多い。

-下松市のデメリット-

メリット部分に少し記載したのですが、車で行ける範囲に商業施設はたくさんあるのだけれども、公共交通機関の方が手薄なため、移動手段は徒歩では、かなり厳しいです。
車は必須になります。
また、駅前の物件は、工業地帯が多いためか、単身用住宅が多く、ファミリー向けの物件が少なく困ることもある。

-周南市のメリット-

自然が多くて、ノンビリしているので生活するのに良い環境だと思う。都会に比べてギスギスしたところが少なくて、田舎町特有の風情が心持を豊かにしてくれる。特に小さな子供のいる家族にとっては子育てに良い環境ではないだろうか。都会の様な競争や変な圧迫感がないので、小さなこどにとっても良いだろうと思う。

-周南市のデメリット-

都会に比べて何と言ってもお店の数や質が劣る点がデメリットであろう。テレビや雑誌なんかで宣伝されているお店や品物のほとんどは都会のものであり、田舎ではやはり手の届かない感がある。また、子供のいる家族にとってだが、小さいうちは良いとしても子供が大きくなって高校大学の受験になった際にはやはり都会に居た方がなにかと有利だと思う。

-周南市のメリット-

徳山駅には新幹線も止まるため、県外への旅行や出張がしやすい。また、都会ではないため、街が騒がしいことはなく、田舎すぎる訳でもないので普段の日常生活で困らない。ショッピングモールがなく、他に娯楽施設もないため、お金を使いすぎることがない。ドライブすれば、短時間で自然あふれる場所に行くことができる。

-周南市のデメリット-

お洒落な洋服や流行服が買えるショッピングモールや大型デパートがないこと。隣の市に小規模のショッピングモールがあるがメジャーなショップはほぼない為、洋服を買いに広島まで行かないといけない。映画館もないため、映画を見たい時は隣の市にある映画館まで行かないといけない。交通手段がバスと電車しかなく、車をもっていないと移動が不便。

 

都道府県ページへ

Top