高知県への移住【メリットやデメリット】

高知県の市区町村一覧

【体験談】高知県へ移住するメリット・デメリット

高知県へ移住するメリット

高知県へ移住するデメリット

-香南市のメリット-

ごちゃごちゃするほど、栄えてはおらず、不便なほど田舎でもないので住みやすいです。
保育園、幼稚園の数も多く、子育て支援センターで未就園の乳幼児やそのお母さん達が交流することができます。
さらに、南国安芸道路の開通に伴い、南国市、高知市へのアクセスも良くなりました。
動物園もあるので、休日は家族で楽しむことができます。

-香南市のデメリット-

香南市中心部はスーパーやドラッグストアが多く便利も良いですが、中心部を外れると少し不便かもしれません。
海に面しているので、南海トラフ地震がおきた際には津波が来ることは確実です。国道55号よりも南は津波が来ると予想されています。さらには、国分川もありますので、川を逆流してきた波の被害もあると思います。

-いの町のメリット-

電車、バス、JRが通っており、県庁所在地の高知市へも車で約20分と便利です。高速道路のインターチェンジもあり、西にも東にも移動しやすいです。
スーパーは町内に4つあり、買い物環境も整っています。
少子化と言われていますが、私の周りでは3人兄弟、4人兄弟と、たくさん子どもがいる家庭が多く、町の子育て支援も充実しています。

-いの町のデメリット-

私の住んでいる地区は、大雨の際に浸水する地域です。
住みだして10年ですが、これまでに4回ほど浸水しています。
現在、浸水対策のための河川改修工事が行われていて、5年後をめどに改修工事が終了予定ですが、まだ数年ありますし、それまでの間、大雨になる度に心配になっています。

-四万十町のメリット-

以外に都会。交通網がしっかりしていて都市高速道路やモノレールもある。小倉まで行きやすい。
映画館がたくさんある。市内にシネコンが5つはある。
町並みがレトロから最近の建物までいろいろある。昭和を感じさせる風景もあるのでよく映画の撮影が行われている。
有名な市場があり、安く美味しい物が手に入る。

-四万十町のデメリット-

テレビなどの影響だと思うが、イメージが悪い。
ヤクザが多く、実際にいくつかの事件もあったので、特に夜の繁華街が物騒であるようなイメージがある。
北九州ナンバーの車は運転があらいと思われている。
成人式で派手な装いをする人が多いと思われている。
ヤンキーが多いと思われている。

-いの町のメリット-

都心部へアクセスする際の交通機関(主にJR福北ゆたか線、西鉄バス)が多く便利で、市内の移動も西鉄バスがある程度の範囲まで行ってくれるので、歳を取っても住みやすいと思います。
また、飲食店がまとまっているため(チェーン店除く)飲みに行くときには移動距離が少なくて助かります。

-いの町のデメリット-

人にもよりますが、基本的に気性が荒い人が多い気がします。
また、夜間にはバイパス通りにバイクで爆音を鳴らしながらはしって行く人が多くいます(昔の暴走族に比べればうるさくないですが)。
また、市外の人が引っ越してきて一番気になるのが住民税の高さだと言われます。それゆえに住みにくいと感じる人も多くいると思います。

-いの町のメリット-

北海道の中では一番都会。必要な物はほぼ中心部に揃っているし、地下鉄沿線に住めば交通の便もよい。夏はそこまで暑くなく、暮らしやすい。特に初夏の爽やかな美しさは北国ならではなのではないだろうか。また初夏はよさこいソーランをはじめとしてイベントも多くてすばらしい。食べ物もたいていうまい。ジンギスカンが気軽に食べられる。

-いの町のデメリット-

本州へ行こうとおもうととても不便。空路だと新千歳空港から東京方面行きの飛行機はたくさん出ているのでそこまでではないが、陸路は函館を経由しなければならないのでとても時間がかかる。飛行機嫌いの人間は北海道から出るなと言われてるようだ。また少し遠出をしようと思うと車が必要なのもつらい。冬は雪が多く、雪かきが大変。そして寒い。

-高知市のメリット-

店や病院などが多い。店の中には、24時間営業しているところもあるのでいつでも買い物ができる。また、病院は内科だけでなく歯科や眼科などもあるので迷わずすぐに利用することができる。路面電車やバスも通っており、遠出や通勤・通学には非常に便利である。深夜でも灯りが多いので物騒ではない比較的安全な街だと思う。

-高知市のデメリット-

バスが1時間に1便程度しか運行しておらず、非常に不便である。路面電車が走っているため、車や歩行者との事故が起きかねない。家賃が比較的高い上に建築構造も良くない。私が住んでいるところは家賃が月に45000円で、鉄骨住宅である。壁も薄いので音が丸聞こえである上に耐震性も良いとは言えない。電車通りとその外れとの格差が激しい。

-高知市のメリット-

四方を海、川、山に囲まれ自然が豊富。自然とたわむれる遊び方がたくさん出来る。山菜など山の物も美味しいし、海鮮も美味しい。カツオのたたきが絶品。高知の人達は豪快で良い意味であけっぴろげで、他の土地の人を快く受け入れてくれる。他県から引っ越してきたが生涯の友達ができた。

-高知市のデメリット-

夏が長く、湿気が多くて暑い。虫が多い。虫が大きい。自然は多いが商業施設などは少なく、ショッピングを楽しめる場所がない。子供を連れて遊べる施設が少ないので雨の日は特に行くところがなくて困る。賃金が安いのに物価は高い。冬は短いが、1月、2月は意外と寒いので驚いた。

-高知市のメリット-

両親がいるので、何かあったときにすぐに行けるために住んでいます。自然が多く、海や山が近いところがいいと思います。食べ物がおいしいですし、地元でとれる魚や野菜が新鮮でとてもおいしいです。病院や学校、保育園などが充実しています。子供を育てるのには、いい環境だと思います。

-高知市のデメリット-

都会のように娯楽施設やテーマパークのようなところが少なく、出掛けるところが限られています。新幹線が開通していないので、遠出をするときにとても不便です。自然災害も多いです。特に海が近いので地震などで津波がくるかもしれないと思うと不安になります。都会に比べると仕事も少なく給料が安いです。

 

都道府県ページへ

Top