広島県への移住【メリットやデメリット】

広島県の市区町村一覧

【体験談】広島県へ移住するメリット・デメリット

広島県へ移住するメリット

広島県へ移住するデメリット

-広島市のメリット-

広島駅や広島市街、ズームズームスタジアムからも近く、利便性は抜群です。また、スーパーやショッピングセンターも多く、単身の方も家族の方も住みやすいと思います。道路も平坦な道が多いので、自転車通勤もしやすいです。また、美味しい飲食店やお洒落なカフェも充実しています。

-広島市のデメリット-

比較的どこも交通量の多い道路が近いので、車の音がうるさい時があります。特に2号線の近くは交通量が多いので、ベランダがおそらく排気ガス等のせいで汚れたりします。また、公園の数もあまり多くなく、規模も小さいところが多いので子供達がのびのびと遊ぶのには難しいところがあります。

-廿日市市のメリット-

大都市広島市の隣にあります
広島市中心部まで車で30分程度
交通機関はJRが10分おき広島電鉄の電車及びバスがある
観光地は世界遺産宮島
宮島では夏は海水浴が楽しめる
冬は車で1時間くらいで複数のスキー場まで行ける
人口が多いため公共施設が充実してる
コンビニも多くスーパーも大小複数ある
TSUTAYAがある

-廿日市市のデメリット-

広島県なのでテレビ東京系列の放送局がない
ラジオ局はNHKのAM及びFM民放のAM局は1局FM局は1局コミュニティFMは2局だけ
行楽地がほぼない例えば遊園地など
平地が少ないので住宅地は山を切り開いた団地が多い
そのため車が必ず必要なところが多い
広島市のベッドタウンのため広島市で働く人が多いため市内での企業は少ない

-安佐南区のメリット-

アストラムライン西原駅から徒歩10分圏内でコンビニやスーパーマーケットやドラッグストアーもあるし美容室医療関係が入ったビルも立っていて生活することに対してまったく不自由なく暮らせますさらにファミリー層が多いので静かで治安もよいです保育園や幼稚園小学校も目の前なので◎

-安佐南区のデメリット-

暮らすには便利の良い場所だが少し道が細く車ですれ違うのが少し怖いなとファミリー層が多いので子供の歩行も目立つので運転には気をつけないといけないかなとあとメイン通りから少し中に入ると、田んぼも多いので夏はカエルがうるさいのとそこまで気にはならないが少し臭う時期もある

-広島市のメリット-

住み慣れているということと、実家に1時間程度で帰れるので家族にすぐ会える。ずっと住んでいるので知り合い、友人が多くいる。広島市は観光地も多いので外国人の方と出会う機会もわりとあり、いろんな人が行き交っていて飽きない環境だと思う。美味しいお店も多くて、住みやすい。

-広島市のデメリット-

日本全体で見れば都市だが、たいした規模ではない。福岡、大坂、東京などの大都市には到底敵わないと思っている。あと飛行場がとにかく遠くて不便。その点などは博多なんかが羨ましい。瀬戸内海は波がなく穏やかな海なので海水浴はそれほど楽しくなく、島根の日本海まで遊びに行く人が多い。

-福山市のメリット-

広島県でも大きい市に入ります。高速インターは市内に2つあり、近いうちにスマートICもできるため、高速をよく利用する方にはいいと思います。岡山県にも近い東部地区は、通勤通学に便利です。また、福山駅は新幹線も停まる駅なので、新幹線通勤をされる方もおられるようです。雑貨屋さんもいろりろあるため、雑貨好きにはオススメの市です。

-福山市のデメリット-

子供の医療費が無料ではありません。乳幼児は月4回まで500円負担が必要です(同一病院の受診が条件)。小学生になると、大人と同じ様に医療費の負担となるため、持病の通院など負担になります。また、移動手段は車がメインなので、道路の渋滞はすごいです。平日・休日時間問わず渋滞している道もあります。

-広島市のメリット-

東京から引っ越してきましたが、まず感じたのが思ったより不便でないということです。路面電車やバスが発達しており、車を持っていなくても外出には困りません。タクシーも初乗り料金が東京より安く、気軽に利用できます。人口密度も濃くなく、ぎゅうぎゅうの満員電車に乗ることもありません。私立の学校や塾も優れたところが多く、子供の教育には良い環境の街だと思います。

-広島市のデメリット-

出産の時に気付いたのですが、無痛分娩を取り扱っている産院がほとんどなく、残念でした。色々な科の個人病院は多い物の、良いところ悪い所が地域住民の口コミではっきり分かれていて、自分が希望する医療を受けようと思ったら少々遠出しなくてはならないこともあります。優れた個人病院が少ないというのがデメリットだと思います。

-東広島市のメリット-

一番気に入ってる所は、治安がよいことです。ヤンキーや夜にバイクなどの爆音ありません。
教育に熱心な町です!広島大学もあります。
幼稚園も御勉強に力を入れてるところや小学校も評判がいいです。
まだ、発展途中な町なので建物や道路が新しくきれいです。大きな公園も何カ所かあり子供を育てるには住みよいです。

-東広島市のデメリット-

東広島市は、一部の町にデパートや飲食店などが集中している状態で車がないと不便です。
デパートも大きいのは、2件しかないので不便。
飲食店もまだまだ少なくて週末のランチや夕方は、どこもいっぱいで人気なところだとひどいと2時間近く待つこともあります。
年に1回から3回ぐらい雪が積もります。

-広島市のメリット-

一番のメリットは気候です。比較的穏やかな気候で雨が降る日も少ないので快適に過ごせます。また大都市に比べると親切な人が多いように感じます。かといって田舎ではないので必要なものをすぐに買う事もできます。まとめると気候も人も街もバランスのとれた大変住みやすい地域です。

-広島市のデメリット-

特に特徴がないというのが一番のデメリットです。もちろんカープ、サンフレッチェ、宮島、原爆ドーム等々有名なスポーツチームや観光地があるのですが、遠方から来客が来たときに案内出来る場所が限られます。一番の理由は隣接する街が小さいからです。それが一番のデメリットだと思います。

-呉市のメリット-

子どもが少ないので、保育園に簡単に入れます。また小児科も待ち時間が少ないので楽です。そしてお年寄りが多いので、小さい子供を連れてあるいていると、かわいいねぇと一日一人は必ず声をかけてくれます。また自然がとても豊かです。空気がきれいで、以前都会に住んでいたとき、子どもがよく風邪をひいていたのですが、こちらに住んでからはめったにひかなくなりました。

-呉市のデメリット-

広島人はいらち、と言ってとてもせっかちです。そのため自動車の運転があらく、なんどもひかれそうになりました。ベビーカーを押してても車優先という感じです。赤信号でも、変わりたて5秒以内なら止まらなくていい、という暗黙の了解でもありそうです。本当にひどいです。また店が少ないのと、子どもの遊び場が少ないです。汚いさびた遊具しかありません。駅前の百貨店ももう閉店して5年になりますが、空いたままです。とにかく店がありません。

-広島市のメリット-

中国地方最大の都市なので、百貨店や飲食店、レジャー施設など全国的なものがそろっていること。交通の便もよく、市外や県外に行くのも便利。広島東洋カープの本拠地マツダスタジアムがあり、市内全体が赤で統一されて盛り上がっていてにぎやか。原爆ドームがあり、県外や海外からの観光客が多く訪れる。

-広島市のデメリット-

川が多いので地下鉄がないこと。道路が入り組んでいて道に迷いやすいし、交通機関も種類が多くて複雑なところ。近隣の市が環境の整備や施設の充実に力を入れ始めたため、今まで広島市で行われていたものや広島市にあった施設が近隣の市に移ってしまったのでイベントが少なくなった。原爆のイメージが強い。

 

都道府県ページへ

Top