福井県への移住【メリットやデメリット】

福井県の市区町村一覧

【体験談】福井県へ移住するメリット・デメリット

福井県へ移住するメリット

福井県へ移住するデメリット

-福井市のメリット-

教育面や福祉制度が充実しているため、子育てがしやすい町だと思います。特に学力・体力共に福井の子ども達は全国トップクラスのため、学校教育の内容も充実しています。犯罪なども少ないため、治安が良く、公園も多いため、たくさんの子ども達が公園で遊んでいます。福井県内でも大型のショッピングセンターや買い物に便利な施設が集まる市であるため、買い物には困りません。市内でも場所によりますが、どちらかというと閑静な住宅街が多く、住みやすい町だと思います。お米やお酒・お魚・お水もおいしいです。

-福井市のデメリット-

公共の交通機関が発達しておらず、車がないとどこにも行けないです。北陸本線の主要な路線ですら、1時間に1本しか電車がない時間帯もあり、駅前にはあまり時間を潰せるような場所もないです。お店やコンビニすら早い時間に閉まってしまい、夜は買い物をする場所がなかなかないので、注意が必要です。田舎なので、流行の最先端を行くようなものはあまり売っていません。

-あわら市のメリット-

・温泉街なので数多くのホテルや旅館が立ち並び、町が賑わっていること
・温泉街の割には静かで、地元住人も利用するお店が多いこと。
・小さな子どもがいても多くの補助を受けることができるので、家族で安心して暮らすことができること
・長年続く祭りが地域住民によって保存され、毎年催されていること

-あわら市のデメリット-

・電車やタクシー・バスがあまり走っていないので、地域住民は必ずといっていいほど車が必要になる
・祭りの間は賑わうが、それ以外はあまり人がいないこと
・温泉街なのに地域住民には割引などのサービスが充実していないところ
・温泉街と駅がかなり離れていて、間違って降りてしまう人が多いこと

 

都道府県ページへ

Top