宜野湾市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宜野湾市]

沖縄県宜野湾市周辺への移住

移住マップ(@e10map)では、各都道府県・市区町村の情報を掲載しています。

宜野湾市への移住計画や転居・支援の参考にご覧ください。

宜野湾市(ぎのわんし、沖縄語:ジノーン)は、沖縄本島中南部の中央に位置する市である。
キャッチフレーズは「ねたての都市(まち)ぎのわん」で、本市の広報紙の題名にもなっている。
「ねたて」とは「おもろさうし」にも表された言葉で、「物事の根元」、「共同体の中心」を意味する。

市区町村 沖縄県宜野湾市
地域 中部
人口(人) 96297
面積(平方km) 19.8
人口密度 4863.48

沖縄県宜野湾市の男性・女性の割合

沖縄県宜野湾市の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
沖縄県 宜野湾市 1,500円 3,500円 4% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,500円 3,500円 70,400円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 181,000円

沖縄県宜野湾市の移住支援情報など

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】沖縄県宜野湾市へ移住する長所・短所

宜野湾市へ移住するメリット

宜野湾市へ移住するデメリット

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談1-

沖縄は地域の繋がりが盛んなので、場所によっては外部から来た人が馴染みにくい地域もありますが、こちらは近年、土地開発を勧めている場所もあり、古くからの住宅地に加えて、新しいコミュニティーができている場所もあり、外から入ってきやすい環境がある。近隣に大学が3ヶ所あるので、家賃が低めな物件や、スーパーやコンビニ、大学病院など生活に必要な施設が揃っています。
また、沖縄自動車道のインター入り口が近いので、那覇空港方面や沖縄北部へのアクセスも良く、一般道からは沖縄で栄えている那覇市と北谷町へも30分前後で行くことができるので、どこに行くにも交通の便が良いと思います。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談1-

大学が近く安い物件がある分、学生が騒いだりする物件が近くにあったりします。朝と夕方の通勤ラッシュの時間帯は、大学へ通う学生の車も加わり渋滞が起きやすいです。
また、米軍の普天間基地があり、ヘリや戦闘機の訓練で日常的に騒音を感じる事が多いです。基本的に地域の物件は防音措置はされている事が多いですが窓ガラス越しに振動を感じたりします。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談2-

沖縄県内なので、亜熱帯気候ですし、また市内のどこに住んでも近くに海があるので、いつもリゾート気分が味わえます。県庁所在地の那覇市からも車で20分ほどでいけますので、生活をするのにも便利です。また休日には沖縄本島北部にドライブを出かけるのにも便利です。総合的に立地が良いかと感じます。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談2-

沖縄県内ですので、やはり米軍基地には悩まされます。特にこの宜野湾市は基地の中でも大型の普天間基地を抱えています。テレビのニュースや新聞報道でもたびたび取り上げられますが、戦闘機の騒音はかなりのものです。ひどい時には耳をふさぐほどです。また基地関連の事故などたびたび起こるのでやはり不安はぬぐえません。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談3-

メリットは大きく分けて3つあります。
一つ目は、学生にとってのメリットで、沖縄県内唯一の国立大学まで車で10分ほどです。
2つ目は医療費が高校生まで無料だということ。
最後に3つ目は、立地です。沖縄県内の人がショッピングなどでよく利用する、那覇市のメインプレイス、国際通り、北谷町のアメリカンビレッジ、
沖縄市のイオンモールの中間地点にあり、どの地域へもアクセスが良いことことが最大の魅力です。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談3-

デメリットも3つあります。
1つ目は米軍基地が近いため、騒音が時折ひどい場合があります。
2つ目は、58号線、330号線が近いが、夕方はものすごく混雑するため、帰宅ラッシュのときは普段の2倍の時間がかかることです。
3つ目は一部の地域ですが、昔ながらの飲み屋街は少し治安が悪く、非行少年や、酔っ払っている人が多いので、危険であることです。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談4-

沖縄本島中南部全域にいえることではありますが、
全国的に見て日本の都道府県のなかではかなり時間にルーズな県民性ということもあり、
その県民性の影響からか深夜遅い時間まで営業しているスーパー等が多い。
また、観光向けのビーチもあり娯楽施設も割とある。
高速インターが近くにあり、沖縄本島北部へのアクセスや、那覇へのアクセスもしやすい。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談4-

市の中心部に米軍基地がある事から、市の反対方面に車で向かう際は相当遠回りして向かわなければならない。また、車の交通量は時間や曜日に関わらず常に多く、どこかへ向かう際に走る道路が限られているため、ほとんどの道路が渋滞している。
深夜にヘリコプターが飛んでいる事も多く、場所や家によっては窓が振動するような音があり、気になる人は気になる。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談5-

立地としては、海があることが良い。リゾート施設はそんなに多くなく居住するには丁度いい。
福祉としては、保育園も程々に多いため周囲の市町村よりは入園のハードルは低い。
また、体育館など公共の施設の整備がちゃんとなされている。市役所の職員の対応が比較的丁寧な印象がある。

-宜野湾市へ移住した方の口コミや体験談5-

公共施設として公園が少ないのが問題としてある。周囲の市町村は遊具や清掃が行き届いているが、宜野湾市はそうではない。
コロナの自体が起きた時に市としての初動が遅いように思えた。
基地があるので騒音問題がある。また、土地の開発が進んでいるため、至るところでマンション建設の騒音問題が発生している。

沖縄県の市区町村一覧

Top