野田市への移住

[引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/野田市]

千葉県野田市周辺への移住

移住マップ(@e10map)では、各都道府県・市区町村の情報を掲載しています。

野田市への移住計画や転居・支援の参考にご覧ください。

野田市(のだし)は、千葉県北西部の東葛地域に位置する都市。
人口約15.5万人で、千葉県内では12位。

千葉県の最北端の市である。
関東平野のほぼ中央に位置しており、市の東を利根川、西を江戸川、南を利根運河によって、三方を河川に囲まれている。
利根川を挟んで対岸が茨城県、江戸川をはさんで対岸が埼玉県である。

市区町村 千葉県野田市
地域 西地域
人口(人) 153609
面積(平方km) 103.55
人口密度 1483.43

千葉県野田市の男性・女性の割合

千葉県野田市の住民税

都道府県 市区町村 均等割 所得割
都道府県 市町村 都道府県 市町村
千葉県 野田市 1,500円 3,500円 4% 6%
住民税の金額(400万円の場合) 1,500円 3,500円 70,400円 105,600円
住民税の年間金額(合計) 181,000円

千葉県野田市の移住支援情報など

市区町村 支援内容
野田市 結婚新生活支援事業として、新居の建築又はアパートへの転居に要する費用若しくは引っ越しに要する費用について1世帯最大24万円を交付(所得要件あり)
 

移住支援情報

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【体験談】千葉県野田市へ移住する長所・短所

野田市へ移住するメリット

野田市へ移住するデメリット

-野田市へ移住した方の口コミや体験談1-

東京理科大学野田キャンパスの最寄駅があり、一人暮らしをする学生が多いことから、アパートの家賃が安いこと。また、学生街であるので、安くて量の多い飲食店が多いことや、スーパーマーケットなども複数あり、飲食にはあまりこまらない。また、近くに江戸川病院、キッコーマン総合病院などの大きな病院があり、健康面で何かあった時もすぐ対応できる。

-野田市へ移住した方の口コミや体験談1-

遊ぶ所がカラオケ店、パチンコ店、清水公園ぐらいしかない。また、若者向けの洋服などを買うことができる店がない。何か生活必需品以外で買いたいものがあったときに東武アーバンパークラインを使って柏駅まで行かなければならない。東武アーバンパークラインが10分に一本しかこない。日曜日定休日の飲食店が多く、自炊しない人にとっては日曜日の飯に困る。

-野田市へ移住した方の口コミや体験談2-

自然災害が少ないことです。海がすぐ近くにあるわけでもないので津波の心配もなく、山もないので、土砂崩れの心配もありません。強いて言うなら、私の住んでいる家は少しだけ周りより低いところにあるのでやや浸水しやすいですが、家の中が水浸しになってしまうようなレベルのものは経験したことありません。

-野田市へ移住した方の口コミや体験談2-

メリットの反対に自然豊か、とはいいがたいことだと思います。場所によっては自然を感じられる場所もあるのかもしれませんが、私の家のそばには国道が走っており、工場が多くあります。トラックの交通量も多いので、排気ガスが気になることもあります。交通面で便利、とも取れますが、どこにでも車線があると感じられます。

-野田市へ移住した方の口コミや体験談3-

発展途上中であるため、野田市駅、愛宕駅が現在開発中であるため、これからの楽しみである。
開発中であるため、開発後のイメージでは今より大きくなる可能性を持っていると感じる。
特に野田市駅は、近くに飲食店が無くキッコーマン醤油の工場しかないが、開発後に
どれだけの飲食店、商業施設が出来るのか今から楽しみである。

-野田市へ移住した方の口コミや体験談3-

交通の便が不便である。
自宅から駅は近くにあるが、東京まで出るのに大回りしていく必要がある。
また、千葉県の主要都市に出るのにも不便である。
まめバスという市民のためのバスはあるが、元々の本数も少なく、自宅近くのまめバスは一日に数本しか走っていないため、活用も不便である。
年寄りが通うのは不便であるため、マイカーの使用が不可欠になる。

千葉県の市区町村一覧

Top